キューブリックブログ記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
IMG_1832

 公開時のスクリーン誌の復刻記事を集めた特集号『スクリーンアーカイブズ スタンリー・キューブリック監督 復刻号』がTOHOシネマズ日本橋・新宿のほか、スクリーン・オンラインで限定販売中です(TOHOシネマズ新宿は10月18日より販売開始)。

 掲載作品は『スパルタカス』『ロリータ』『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』『バリー・リンドン』『シャイニング』『フルメタル・ジャケット』『アイズ ワイド シャット』。内容は作品解説が主なので、特に目を引く記事はありません。ただ、故荻昌弘氏の解説は「映画愛」に溢れていて読んでいて嬉しくなりますね。

 あとは例の星新一氏による『2001年…』に対する「勘違い批判」ですが(詳細はここで)、これは星氏に限らず、当時の多くの「大人たち」がこういった反応を示したそうです。「映像志向」の作品を「演劇志向」で批判しても的外れ以外の何ものでもないのですが、公開当時の「空気」を知るにはいい資料と言えるでしょう。

 当事者のインタビューは『アイズ…』のトム・クルーズとニコール・キッドマンだけですが、残念ながら内容はあまりありません。ただ、キッドマンが語る「彼(キューブリック)は最初から夫婦の俳優を使うと決めていた」は、この作品を読み解くのに役立ちそうです(詳細はこちら)。

 本書に頻出する「クーブリック」という表記ですが、小説『2001年宇宙の旅』の翻訳者である伊藤典夫氏を中心に、「発音はクーブリックなのでそう表記すべし」としてSFファンを中心に一部に広まりました。しかし一般に定着するまでは至らず、当の伊藤氏も「本人も亡くなったのでこれからはキューブリックで」と白旗を上げたので、現在は「キューブリック」で統一されています。

 対面販売はTOHOシネマズ日本橋・新宿だけですので、ネットで購入するのが現実的かと思います。A4版48ページで1,800円(税別)という価格は割高感を覚えますが、掲載号数が書いてありますので古本を漁る際に目安になりそうです。スクリーン・オンラインのキューブリックページはこちらからどうぞ。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
LV

 彼とは25年の付き合いだった。それだけ長い間親しく付き合えば、家族のような気さえした。ただし本物の家族ではなくあくまで境界線があった。純粋に仕事上の関係だ。

 彼は私をアシスタントとして完全に信頼してくれた。家族を信頼するようにね。家族に近い存在だった。驚くほど親切な人だった。仕事以外の時はね。気にかけてくれていた。そういう意味では仕事だけの関係ではなかった。

 気にかけてもらうと私も応えなければと思った。彼の役に立ちたかったから、一度も逆らいはしなかった。一緒に仕事ができたことは大きな名誉だと思ってる。給料なんかには代えられないものだ。もっと個人的な何かだ。私にとってスタンリーはとても大切な人だった。




 2001年にパイオニアからDVDとして発売され、「キューブリックファン必見の1本」と煽ったわりにはキューブリック本人のインタビューがない、制作スタッフの小芝居がウザいと酷評したドキュメンタリーですが、逝去直後に制作された最速のドキュメンタリーとして、今となっては非常に資料性の高い一本となりました。このドキュメンタリーの中に、『キューブリックに魅せられた男』ことレオン・ヴィタリのインタビューがあり、その字幕をテキスト化してみたのが上記です。

 久しぶりに再見してみて興味深く思うのは、同じキューブリックの関係者でも、スタッフや俳優はキューブリックに対して否定的なのに対し(マルコム・マクダウェルもかなり批判的な口調)、キューブリックに近かったレオンやヤン・ハーラン、それに未亡人であるクリスティアーヌは喪失感をあらわにしている点です。それもそのはず、このドキュメンタリーが制作されたのは1998年秋冬頃から1999年7月頃にかけてで、逝去(1999年3月7日)からまだ数ヶ月しか経っていません。彼ら、彼女らの表情や口調からはそれがひしひしと感じられ、観ていてちょっと辛くなりました。

 登場する証言者は以下の通り。DVDはアマゾンやヤフオクでも投げ売り状態ですので、今なら購入しても悪くはないかな、と思っています。

ポール・ジョイス(ドキュメンタリー『スタンリー・キューブリック:見えない男』の監督)
マリット・アレン(『アイズ…』の衣装担当)
アレキサンダー・ウォーカー(映画評論家。キューブリックとは旧知の仲)
ミシェル・シマン(映画評論家。『KUBRICK』の著者)
アラン・ウィブリー(『シャイニング』の特殊効果監督)
ケン・アダム(『博士…』『バリー…』のプロダクションデザイナー)
ジョン・ウォード(『フルメタル…』のステディカムオペレーター)
ブライアン・ピータース(エルスツリー・スタジオ試写室の映写技師)
ポール・ウェルシュ(エルスツリー・スタジオの管理人)
ゴードン・スタインフォース(『シャイニング』の撮影助手)
フレデリック・ラファエル(『アイズ…』の共同脚本執筆者)
テリー・ニーダム(『シャイニング』『フルメタル…』の助監督)
マイケル・ターン(『時計…』のピート役)
マルコム・マクダウェル(『時計…』のアレックス役)
マレー・メルヴィン(『バリー…』のレント牧師役)
フィリップ・ストーン(『時計…』のアレックスの父親、『バリー…』のリンドン家の執事、『シャイニング』のグレイディ役)
ジュリアン・シニア(イギリスのワーナーの宣伝部長)
レオン・ヴィタリ(キューブリックのパーソナルアシスタント。『バリー…』のブリンドン卿、『アイズ…』の赤マント役)
ヤン・ハーラン(『時計…』以降のキューブリック作品の共同プロデューサー。キューブリックの義弟)
ドミニク・ハーラン(『アイズ…』でリゲティのピアノ曲を演奏。ヤン・ハーランの次男)
クリスティアーヌ・キューブリック(『突撃』の少女役。キューブリックの未亡人)


スキャン
20世紀の巨匠 スタンリー・キューブリック [DVD](amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kubrick_danny
ラッシュ(ビデオ)を観て笑うキューブリックとダニー。当時の規約で監督は子役との接触を制限され、撮影は年40時間、午後4時にはセットを退出しなければならなかった。



 「演技はもうしていなかったので、学校では『シャイニング』については触れずに過ごし、そのまま大人になりました。近年『キューブリックに魅せられた男』に出演し、レオン・ヴィターリの物語を語る上で小さな役割を果たせたこと、とても光栄に思っています。レオンは私の演技コーチであり、撮影現場における一番の親友でした。ダニー・トランスを演じる幼い少年を探す役目を担い、イリノイ州にいた私を見出してくれたのも彼です。彼は映画の撮影中、私の家族でした。レオンの映画制作に対する多大な努力と献身が、トニー・ジエラ監督の『キューブリックに魅せられた男』によって明らかになったことをとても嬉しく思っており、皆さんにもこの作品を私と同じように楽しんでいただけるといいなと願っています。ありがとう。」

ダン・ロイド

Danny Lloyd_BOY_NOW
撮影時(5〜6歳)と43歳時(現在は46歳)のダン(ダニー)・ロイド氏。

コメント文・写真提供:『キューブリックに魅せられた男』『キューブリックに魅せられた男』




 『シャイニング』でダニーを演じたダン(ダニー)・ロイド氏ですが、度々インタビューなどで語っている通り、キューブリックは当時まだ5〜6歳だったロイド氏に怖い思いをさせないよう、細心の注意を払っていました。しかし、トラブルもあったようで、斧を持って狂気の形相をするジャック・ニコルソンを目撃してしまい、ニコルソンはとっさにおどけて誤魔化したそうです。そんな努力もあってか、ティーンエイジャーになって初めて『シャイニング』をビデオで観て、実はホラー映画だったことを知ったのですが、そのときまでホームドラマを撮影していたと信じて疑わなかったそうです。

 この一連のエピソードを以ってキューブリックは子供には優しいと評する向きもありますが(実際に子供と動物には優しかった)、やはり映画制作現場での最高責任者としての判断もあったかと思います。たった5歳くらいの子供はちょっとの心的ストレスで「イヤイヤ」を始めてしまいます。もしそうなれば撮影は滞ってしまい、時間を無駄にしたくないキューブリックにとって、それは是が非でも避けなければなりません。その証拠にキューブリックはダニー・ロイドの代役を三人も用意しています。キューブリックはあらゆる事態を想定して準備を怠らない監督でした(もちろんそれでも突発的な事態は起こりました。例えば火事とか)。

 ダン・ロイド氏にとって『シャイニング』の撮影はキューブリックよりも、レオン・ヴィタリとの思い出が多いようです。レオンはこの『シャイニング』での仕事ぶりを評価され、ありとあらゆる雑用(だが重要な仕事)を任されるようになりました。それによってレオンは疲弊してしまうのですが、それ以上に疲弊していたのは当のキューブリックでした。そのことは『キューブリックに愛された男』でパーソナルアシスタント兼運転手のエミリオ・ダレッサンドロが証言しています。

 『キューブリックに愛された男』『キューブリックに魅せられた男』。この2本のドキュメンタリーは、キューブリックに人生を捧げた2人の男の激烈な物語です。ですが、それ以上激烈に「映画に人生を捧げた」のがキューブリックだということがよくわかるドキュメンタリーでもあります。2019年11月1日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかカップリング上映で全国順次公開されます。ぜひ劇場に足を運んで、それをその目でお確かめください。

加筆修正:2019年9月24日

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
DRSTRANGE_LIPPER

 以前ご紹介した、エリシャ・クックのインタビュー記事

「(ヘインドンは)昔落下傘兵をしていたんだ、知ってたかい? オリジナルのエンディングでは彼はFBIに蜂の巣にされて倒れて死ぬ予定だったんだ。だが彼は落下傘兵の仕事で背中を痛めていたからできなかった。だからエンディングを変えたんだ。」

とあり、気になって調べたのですが、このスターリング・ヘインドンという俳優はものすごい経歴の持ち主でした。IMDbによると、

 (ヘインドンは)ハリウッドを辞めてCOI(情報調整局、後のOSS:アメリカ戦略情報局)のコマンダーになった。「ジョン・ハミルトン」という名前で海兵隊に加わり、アドリア海のドイツ封鎖を超えて銃と物資をユーゴスラビアのパルチザンに送り、ゲリラ活動のためにクロアチアにパラシュートで降りた。

とあります。

 戦後にその活躍からユーゴのチトー大統領から勲章を贈られるのですが、当時のユーゴは共産党政権だったため、ヘインドンはハリウッドの赤狩りのターゲットにされてしまいます。それについては日本語版wiki

 戦後、マッカーシズムが台頭して下院非米活動委員会が結成され、ハリウッドにおける共産主義者のリストアップを開始すると、大戦中にユーゴスラビアのチトーなど共産主義者たちと交流を持っていたヘイドンにも追及の手が伸びる。ヨットを購入した借金の返済をするために映画界への復帰を願っていたヘイドンは、追及をのがれるために協力的密告者として証言台に立ち、そのことが後の彼の人生に暗い影を落すことになる。

 これだけの情報だけでヘイドンの思想を云々するのはどうかとは思いますが、アメリカ戦略情報局に志願していることから愛国者であったろうことは想像に難くありません。ですが第二次世界大戦中は米ソは連合国として手を組んでいました。つまりアメリカのために働くことは、ソ連のために働くことでもあったのです。結果、ユーゴの共産党政権と繋がりができてしまい、そのことで赤狩りのターゲットにされ、ハリウッドに復帰をしたいがために「(共産党に参加したことは)私が今までの人生の中で行った、最も愚かで最も無知なこと」と証言、それが「裏切り」(「ハリウッド・テン」が密かに賞賛され、裏切り者は忌避されるのが当時のハリウッドの空気だった)と取られてしまいました。

 ヘイドンはこの行動を後悔し、その後は委員会への協力を拒否したそうですが(キューブリックが『現金に体を張れ』でヘイドンの名前を出した時、ユナイトの上司の微妙な反応はこの件が影響していたのかも知れない)、好むと好まざるかに関わらず、マッカーシズムの嵐に巻き込まれてしまったことが、『博士の異常な愛情』のリッパー将軍のセリフ「(水に)フッソを入れるのは、共産主義者が考え出した最も悪質な謀略だ!」での迫真の演技に繋がったのかも知れませんね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
PSAU_4
出品されたキューブリック作品のプロップの中では536万円以上と、一番落札予想価格の高い『シャイニング』の斧。

 以前こちらで記事にした、2019年9月30日よ10月1日にロンドンBFI IMAXで開催されるプロップストア・ライブオークションの出品カタログ(PDF)が閲覧、ダウンロードできるのでご紹介。カタログに掲載されているキューブリック作品関係は以下の通り。

PSAU_1

『2001年宇宙の旅』

(3)キース・ハムシャーによる宇宙ステーションVのライティングテスト写真
(複写・限定版)
[予想落札価格500〜700ポンド/67,000〜94,000円]

(4)ロバート・マッコールによる宇宙ステーションVのイラストレーション
(複写・限定版)
[予想落札価格400〜600ポンド/54,000〜80,000円]

PSAU_2

(5)ロバート・マッコールによる月面シーンのイラストレーション
(複写・限定版)
[予想落札価格400〜600ポンド/54,000〜80,000円]

(6)ロバート・マッコールによるディスカバリー号と木星のイラストレーション
(複写・限定版)
[予想落札価格400〜600ポンド/54,000〜80,000円]

(7)キース・ハムシャーによる白い部屋とモノリスのライティングテスト写真
(複写・限定版)
[予想落札価格400〜600ポンド/54,000〜80,000円]

(8)ロバート・マッコールによるディスカバリー号の遠心機のイラストレーション
(複写・限定版)
[予想落札価格400〜600ポンド/54,000〜80,000円]

(9)キューブリック直筆のプロダクションメモ
[予想落札価格1,200〜1,800ポンド/161,000〜241,000円]

(10)プロダクションに使用した台本ファイル
[予想落札価格2,000〜3,000ポンド/268,000〜402,000円]

PSAU_3

『バリー・リンドン』

(96)ライアン・オニールが着用したグレーのコート
[予想落札価格2,000〜3,000ポンド/268,000〜402,000円]

PSAU_4

『シャイニング』

(619)ジャック・ニコルソンが使用した斧
[予想落札価格40,000〜60,000ポンド/5,364,000〜8,046,000円]

PSAU_5

(620)ジャック・ニコルソンが着用したドレスシャツ
[予想落札価格2,000〜3,000ポンド/268,000〜402,000円]

 これ以外にもあるわあるはマニア垂涎のお宝ばかり! 『スター・ウォーズ』『エイリアン』『プレデター』『ゴーストバスターズ』『バットマン』『ギャラクティカ』『ジュラシック・パーク』『ロード・オブ・ザ・リング』『グレムリン』『ジョーズ』『インディ・ジョーンズシリーズ』『007シリーズ』などなど枚挙にいとまがありません。PDF266ページにおよぶこのボリューム感はすごい! オークションに参加する・しないは別にして、ダウンロードして眺めているだけでも幸せな気分に浸れるのでオススメです。

LAU
カタログのダウンロードはこちら。




このページのトップヘ