キューブリックブログ記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
PSAU_4
出品されたキューブリック作品のプロップの中では536万円以上と、一番落札予想価格の高い『シャイニング』の斧。

 以前こちらで記事にした、2019年9月30日よ10月1日にロンドンBFI IMAXで開催されるプロップストア・ライブオークションの出品カタログ(PDF)が閲覧、ダウンロードできるのでご紹介。カタログに掲載されているキューブリック作品関係は以下の通り。

PSAU_1

『2001年宇宙の旅』

(3)キース・ハムシャーによる宇宙ステーションVのライティングテスト写真
(複写・限定版)
[予想落札価格500〜700ポンド/67,000〜94,000円]

(4)ロバート・マッコールによる宇宙ステーションVのイラストレーション
(複写・限定版)
[予想落札価格400〜600ポンド/54,000〜80,000円]

PSAU_2

(5)ロバート・マッコールによる月面シーンのイラストレーション
(複写・限定版)
[予想落札価格400〜600ポンド/54,000〜80,000円]

(6)ロバート・マッコールによるディスカバリー号と木星のイラストレーション
(複写・限定版)
[予想落札価格400〜600ポンド/54,000〜80,000円]

(7)キース・ハムシャーによる白い部屋とモノリスのライティングテスト写真
(複写・限定版)
[予想落札価格400〜600ポンド/54,000〜80,000円]

(8)ロバート・マッコールによるディスカバリー号の遠心機のイラストレーション
(複写・限定版)
[予想落札価格400〜600ポンド/54,000〜80,000円]

(9)キューブリック直筆のプロダクションメモ
[予想落札価格1,200〜1,800ポンド/161,000〜241,000円]

(10)プロダクションに使用した台本ファイル
[予想落札価格2,000〜3,000ポンド/268,000〜402,000円]

PSAU_3

『バリー・リンドン』

(96)ライアン・オニールが着用したグレーのコート
[予想落札価格2,000〜3,000ポンド/268,000〜402,000円]

PSAU_4

『シャイニング』

(619)ジャック・ニコルソンが使用した斧
[予想落札価格40,000〜60,000ポンド/5,364,000〜8,046,000円]

PSAU_5

(620)ジャック・ニコルソンが着用したドレスシャツ
[予想落札価格2,000〜3,000ポンド/268,000〜402,000円]

 これ以外にもあるわあるはマニア垂涎のお宝ばかり! 『スター・ウォーズ』『エイリアン』『プレデター』『ゴーストバスターズ』『バットマン』『ギャラクティカ』『ジュラシック・パーク』『ロード・オブ・ザ・リング』『グレムリン』『ジョーズ』『インディ・ジョーンズシリーズ』『007シリーズ』などなど枚挙にいとまがありません。PDF266ページにおよぶこのボリューム感はすごい! オークションに参加する・しないは別にして、ダウンロードして眺めているだけでも幸せな気分に浸れるのでオススメです。

LAU
カタログのダウンロードはこちら。






KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
nope_1
おもちゃ箱をひっくり返したような、様々な映画やおもちゃ、お菓子関係のグッズが壁一面に飾られた店内。つぶさに見ていけば意外な発見があるかも?

 2019年8月18日にオープンして以来、「トイレが怖い!」と話題になっている東京・代々木にある『cafe&DINE in "nope"』に行ってきました。

 入店してすぐ、壁一面に飾られたアメリカントイなどの様々なグッズに圧倒されますが、これはおもちゃをただ「陳列」するのではなく、「壁一面に張り巡らす」をコンセプトに、映画モノを中心とした時代感あふれるアメリカントイで店内を埋め尽くしたから。そして、やっぱり気になるのはシャイニング・カーペットとその先にある「237号室」。ハロランさんにキツく「決して入るな!237号室には何もない!!」と忠告されていましたが、気になるものは気になります。はやる心を抑えて、とりあえずは着席してまずはオーダー。

 メニューは、日本だとあまり食べる機会の少ないフィリーチーズステーキ、マッケンチーズ、チリコンカンなどのアメリカ定番料理がメイン。その中でも特におすすめなのは、フィリーチーズステーキをチーズホットサンドで挟んだフィリーチーズステーキサンド。デザート系ならスニッカーズの味を再現したスニッカーズミルクシェイクや、シネマを意識したポップコーン味のミルクシェイク、キャラメルポップコーンとチュロスをトッピングしたコンセッションミルクシェイクなどで、他ではなかなか味わえないものばかり。これらおいしいお料理やドリンクをゆっくりと味わいながら、「生理現象」が到来するのを待ちましょう。

 「生理現象」を催したら、意を決してトイレへ直行。トイレは入口からして嫌な予感。カーペットもルームナンバーも鍵もエレベーターの階数表示も何かを思い出させます。本来ならキッチンナイフを持っていくべきかもしれませんが、当然ありませんので代わりにハンカチを持参してください。

nope2

 扉を開け、中に入ってみると「嫌な予感」は的中! やっぱりあの方が「おコンバンワ!!」恐怖におののくあの方も!! 60ものドアをぶち壊し、撮影に3日間もかけたという例の顔が扉の裏側からお出迎えしてくれます。こんな顔に睨まれると出るものも引っ込みそうですね。

nope3

 映画でちらっと映るだけのシャワーや、逃げられない窓枠まで完備しているのもすごい。「お願い!ジャック!やめて!!」「ダニー逃げて!隠れるのよ!!」さらに、ファンならトイレに流れる「BGM」も聞き逃せませんよ!

nope4

 というわけで、キューブリックファンであればとっても楽しめるのですが、元ネタを知らないと「単に怖いトイレ」ということになってしまう可能性があります。ですので、「なにこれ!意味わかんない!」と言われたら、「これを観ればわかるよ」と、さりげなく『シャイニング』をオススメして、鑑賞後に再度お店を訪れればより楽しめるでしょう。

 もちろん『シャイニング』ネタばかりでなく、『スター・ウォーズ』『スター・トレック』『スーパーマン』『バットマン』『スパイダーマン』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『E.T.』『グレムリン』などの映画グッズ、様々なトイのクロスオーバー、マイケルやワム!などのポップ・ミュージック、スピルバーグのサインなどなど、店内は80'sであふれかえっています(映画『レディ・プレイヤー1』の世界観と重なったのは偶然だったそうですが、偶然とは言いつつも、ちゃっかりと「3本の鍵」を映画の内容に沿って店内装飾の中に紛れ込ませているそうです)。あの時代を知っている人には懐かしく、知らない人には新鮮に感じる・・・そんな「懐かしき良きアメリカ」にタイムスリップできる、まるで「おもちゃ箱の中」のようなお店です。

 店内のおもちゃは日々増殖中で、シーズンごとに一部模様替えをしたり、公開中の映画に合わせた模様替えも展開予定(バットマン80周年記念に合わせて壁面棚をバットマンで埋め尽くしたり、ハロウィン仕様にするなど)だそうです。『シャイニング』トイレも徐々にパワーアップするとのことですので、キューブリックファンとしても期待できますね。

 お店の場所は代々木ですが、JR・都営大江戸線代々木駅はもちろん、小田急線南新宿駅、そしてJR新宿駅からも南口や新南口を使えば徒歩でアクセスできます。新宿サザンテラスを南に向かって歩き、階段を降りてファミリーマートすぐの信号を右に渡り、目の前の路地を少し歩いた右側のレンガのビルの2階です。

 営業時間は午前11時から午後10時まで、年中無休ですが不定休でお休みの場合もあるので、公式Twitterをチェックしておきましょう。

cafe&DINE in "nope"
東京都渋谷区代々木1-58-7 2F
TEL:03-6276-1983

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
4c908911
『フルメタル・ジャケット』は黄緑色というよりは草色、『時計じかけのオレンジ』は茶色よりのボルドー。かなり微妙な色なので現物でご確認を。

 今年はいったい何社からキューブリック作品のTシャツが発売されたやら・・・。当ブログで把握しているだけでもWEGOイオンGUユナイテッドアローズ・グリーンレーベルnico and...パニカムトーキョー、つい先日からはヴィレッジ・ヴァンガード下北沢店、その他セレクトショップ、アンダーカバーも『時計…』とのコラボ商品の販売を開始しました。そしてこの秋、再びイオンのA BASE-Tから『時計じかけのオレンジ』『フルメタル・ジャケット』のロング(長袖)Tシャツが登場です。

 デザインは『時計…』は4人のドルーグのシルエットとロゴ、『フルメタル…』は今夏の半袖Tシャツと同じデザインです。生地は一瞬スウェットかと思うほど少々厚め。ですが柔らかいので着心地はよさそう。価格はイオンの良心価格で1,380円(税別)。サイズはS、M、L、LL、LLLです。

 ロンTは半袖Tよりも需要は少ないでしょうから、多くは生産していないかもしれません。それにイオンはネットショップに商品が登録されるまでタイムラグがあるので、どうしても欲しい方は実店舗での早めの入手をおすすめいたします。

情報提供:あっぷるさま

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
08e8c71b

 脚本が残っていたんですね。日付がないので時期は不明ですが、少なくとも脚本時には仮題として『バイオレンスの日(Day of Violence)』というタイトルが与えられていた時期があった、ということがこれでわかります。クレジットは伝えられている通り「脚本:スタンリー・キューブリック、追加台詞:ジム・トンプソン」となっています。

 よくキューブリックは脚本のクレジットで揉めますが、それはキューブリックにとって脚本は叩き台でしかないからです。脚本が完成しストーリーラインが決定すると、それをベースに俳優のキャスティング、セットやロケの手配をしますが、キューブリックの場合「撮影も創造の場」ですので、台本は撮影現場でどんどん変更になります。その影響で元の脚本から違った作品になってしまうのが常で(キューブリックは「脚本が完成するのは撮影が終わった時」と語っています)、その変更の判断ができるのはキューブリックだけであり、その結果、最終的な脚本のクレジットでキューブリックの占める割合が大きくなってしまうのです。

 もちろん叩き台としての当初の脚本や、その制作に協力してくれた小説家の役割を軽視しているわけではありません。ですが、キューブリック独自の撮影現場の方法論を知らなければ、脚本協力者からクレーム付くのも仕方ないといえば仕方ないですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
LVinter

──キューブリックが死去してからの『アイズ ワイズ シャット』の編集の経験を教えてください。

 幸運なことに、彼が編集したカットが残っていたんだ。ニューヨークにいるテリー・セメル、ボブ・デイリー、そしてトム・クルーズとニコール・キッドマンに見せるために送ったものがね。音楽なども追加したもの全て入っていた。なのでいつも通りの作業だったんだ。私が何か加えたり、削ったりする余地はなかった。ただアメリカでの検閲を除いてね。皮肉なことさ。イギリスでも他のどの国でも問題なかったのに、いきなり「検閲」だからね。確かに難しかった。しかしそれはキューブリックが生きていた時もそうだったからね。彼はいつもより良いものを作るために闘っていたから。だから彼が亡くなってからも彼のように僕たちは働いたんだ。より良い作品にするために。まさに 「試練」だったよ。彼がなにをあの映画に望んでいるか、ということを理解するというためにね。

──キューブリックが好きだった映画は何だったのでしょうか?彼が『ハード・プレイ』が好きだったというのは本当ですか?

 本当ですよ。スクリューボール・コメディ系の映画がお気に入りだった。あとはマックス・オフリュス監督の『たそがれの女心』も。私も好きな映画だ。美しい技術と、俳優が自由になっているところが素晴らしい。キューブリックは映画のそういう(イングマール)ベルイマン監督的なものが気に入っていたんだ。セリフや意識下のものをとても重要に考えていた。

──『バリー・リンドン』で役をゲットした経緯は?

 『2001年…』と『時計…』を見て、彼と仕事がしたい!と思ったんだ。丁度その時に彼は『バリー・リンドン』の準備中だった。彼が『バリー…』を作ろうと思ったのはロッド・スタイガーがナポレオン(『ワーテルロー』のこと)をやってしまって、同じことをやりたくなかったから。そのおかげで、彼と会えて、一緒に働くことになったんだ。『A.I.』もそう。その時には彼の欲しい特撮の技術がなかったから諦めたんだ。それから時が経って、『シンドラーのリスト』が公開されて大評判になった。彼は気づいたんだ、これはまずいって。なぜならハリウッドでは「もうこっちにはホロコースト映画がある。何でまた同じものを作らなきゃいけない?」って言われるからね。でも考えて欲しい。一千もの恋愛映画があるからって、新たな恋愛映画を作るのをやめるかい?全くおかしな話だよ。まあ、そういう訳でスタンリーはいつも自分の映画を保留にしてたんだ。準備ができたら作ろうという映画がね。『A.I.』のことで言えば、『アイズ…』の撮影が終わった時にスタンリーは言ってくれたんだ、「レオン、どうだい?新しい映画のために数年また働かないか?」って。とても興奮したよ。これはすごいことになる、って思った。待ち遠しかったよ。残念なことに叶うことはなかったけどね・・・。

──現在の映画で、キューブリックが気にいると思う映画はありますか?

 もちろん。『ファントム・スレッド』は気にいると思う。『ROME』、『パンズ・ラビリンス』もね。多くの映画を愛すると思う。もし彼が今も生きていたら、僕たち二人は一緒に毎週末集まって映画を観ただろうね、音がうるさいプロジェクターを使ってね。昔のように。




 今年のカンヌ映画祭に4K版『シャイニング』が上映されましたが、その際にゲストとして招かれたレオン・ヴィタリへの質問をスタンリー・キューブリック公式アカウントで募集していました。そのアンサー動画の訳になります。

 ここでレオンが語っている『アイズ…』のアメリカの検閲のことですが、これは『アイズ…』の乱交シーンに対して、アメリカではR指定(オリジナルのままだとNC-17(X)指定になる可能性があった)を得るために、デジタル修正が加えられてしまった件です。日本ではオリジナルのまま公開されましたが、これについては当時、ファンの間からかなりの批判の声が挙がりました。詳細はこちらでご確認ください。

 また、キューブリックが何らかの形で支持を表明した映画のリストは『スタンリー・キューブリックが好んだ映画のマスター・リスト(2016年7月25日改訂版)』にまとめてありますので、興味のある方はぜひご覧ください。

翻訳協力:Shinさま

このページのトップヘ