スタンリー・キューブリック展

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
107c6277

 キューブリックの地元であるイギリスのセントオールバンズ博物館で、2010年9月に開催された展覧会『キューブリック・ア・フィルム・オデッセイ』で展示された『時計じかけのオレンジ』の広告の版下です。この展覧会は現在世界を巡業中の『スタンリー・キューブリック展』とは別に、ロンドン芸術大学内にあるスタンリー・キューブリック・アーカイブの協力で独自に開催されたようです。その様子はこちらでレポートされています。

 ことろでこの版下とは、要するにアナログ印刷時代に存在した印刷原稿のことですが、なぜこんなものがキューブリックの手元にあったのでしょう?他国の広告にもいちいちチェックをするキューブリックですから、刷り上がった広告が遺されていたのなら何の不思議もないのですが、印刷原稿ですからね・・・。この広告の仕上がりが気に入らなくて「版下を確認させろ」と要求したのかもしれません。よく見ると公式イラストの手とナイフを、映画のワンシーンのスチールと勝手に合成してますね(汗。これがキューブリックの逆鱗に触れたのかも。詳しい経緯をご存知の方がいらっしゃいましたら是非お知らせください。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kubrick-exhibit
※2012年11月からロサンゼルスのLACMAで開催された『スタンリー・キューブリック展』

 現在メキシコ・モンテレイの現代美術館で開催中の『スタンリー・キューブリック展』ですが、韓国ソウルで2015年〜2016年の冬、サンフランシスコで2016年夏に開催が予定されているそうです。ただ、2015年11月から2016年2月まで韓国・ソウル市立美術館で開催との発表が公式サイトであり、その後取り消された経緯がありますので正式発表までは待ったほうが良さそうです。韓国開催の前後でも日本に寄ってくれれば嬉しいのですが、さてどうなりますか。

 今までの開催地リストはこちら
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 現在メキシコ・モンテレイの現代美術館(MARCO)で開催中のスタンリー・キューブリック展ですが、オフィシャル・ビデオがアップされていましたのでご紹介。割とシンプルな展示で見やすそうなのは好感ですね。ところで、ここでご紹介した『シャイニング』の迷路模型はこの展覧会から展示されているようです。今までのレプリカは明らかに映画で使用された模型とはレイアウトが異なっており、著しくクオリティが低かったのでこのために作り直したみたいですね。まあどのみちレプリカなのであまり意味はないですが。

 その迷路模型が登場するリポート動画は以下をどうぞ。

【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


  メキシコ・モンテレイの現代美術館(MARCO)で3月6日から7月26日までの日程で始まったスタンリー・キューブリック展のリポート動画がアップされていましたのでご紹介。いつもの展示物が並んでいますが、関係者の出席は今回はヤン・ハーランだけのようです。クリスティアーヌは行かなかったんでしょうか? 早く日本での開催(以下略。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kubrick-exhibit
※2012年11月からロサンゼルスのLACMAで開催された『スタンリー・キューブリック展』

Exhibiran en Monterrey objetos de los filmes de Stanley Kubrick

MONTERREY, N.L. (apro).- El resplandor del director de cine, Stanley Kubrick, brillara en esta ciudad con una exposicion en el Museo de Arte Contemporaneo (Marco) de mas de mil objetos relacionados con su trabajo cinematografico.

(以下リンク先へ:proceso.com/2015年2月17日




 メキシコ・モンテレイの現代美術館(MARCO)で開催されるスタンリー・キューブリック展の日程が、3月6日から7月26日までに決定したようです。ずいぶんとギリギリの発表ですが、準備は進んでいるんでしょうか?その内レポート動画がアップされると思いますので、そうなりましたらまたここでご紹介したいと思います。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ