スタンリー・キューブリック展

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ske_jcm
前回のソウルに比べてこじんまりとした展示のようです。

 現在サンフランシスコのユダヤ現代美術館で開催中の『スタンリー・キューブリック展』のフォトギャラリーがアップされていたのでご紹介。

 オープニングにはヤン・ハーランとカタリーナ・キューブリック両氏の顔が見えますが、クリスティアーヌは出席しなかったようです。前回のソウルも欠席していますので、高齢ですし体調面が心配ですね。日本で開催の暁には是非クリスティアーヌの来日もお願いいたします。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 展示の雰囲気がよくわかりますね。クリスティアーヌやヤン・ハーラン、カタリーナも登場しています。こちらにも記事がありますが、蝋人形(?)のキューブリックがリアルすぎ(笑。『時計…』のアートワークを担当したフィリップ・キャッスルはこの展覧会のために新作を描き下ろしたようです(左側のキューブリックの肖像と作品のビジュアル)。これ、ポスターにして欲しいですね。

 開催はロンドンのサマーセットハウスで8月24日まで。
 
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 『シャイニング』の生け垣迷路のレプリカを製作したアダム・サヴェッジがサンフランシスコのユダヤ現代美術館で開催中の『スタンリー・キューブリック展』をリポートした動画が上がっていましたのでご紹介。

 特に特筆すべき新しい展示はないようですが、『バリー…』で使用された例のNASAレンズとミッチェルカメラを嬉々として説明していますね。アダムはILMに所属していた当時、『A.I.』のモデル製作を担当していたそうです。キューブリックが生きていたらさぞかし素晴らしい経験になっていたんでしょうけど、結局はスピルバーグのプロジェクトになってしまいました。でも参加できたのはとても嬉しかったようです。あとは『2001年…』の「月を見るもの」の衣装や『博士…』の最高作戦室の模型(レプリカ)、『ナポレオン』のカードチェストや資料の紹介などです。

 韓国やトロント、LAは割と凝った展示でしたが、今回はこじんまりとしたコンパクトな展示のようです。この展覧会は10月30日まで。次はメキシコシティのCineteca Nacional Mexicoで12月1日から2017年3月31日までの開催が決定しています。その次は・・・さて、どうなることになりますやら。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 現在サンフランシスコのユダヤ現代美術館で『スタンリー・キューブリック展』が開催中ですが、まだ詳細は伝わってきていません。ですのでその前、韓国のソウル現代美術館で開催されたキューブリック展の展示の様子を映したHD動画(スライドショー)がありましたので、とりあえずこちらをご紹介します。

 いつもの展示が並んでいますが、こういうのを観てしまうと「早く日本でも!」と思ってしまいますね。その際はできましたらキューブリック展だけでなく、キューブリック作品の再上映やキューブリックのルック時代の写真展、豪華なゲスト(クリスティアーヌ、ヤン・ハーラン、カタリーナ、キア・デュリア、マルコム・マクダウェル・・・)、そして手塚治虫黒澤明の手紙の展示など、半年くらいかけて大々的に開催してほしいですね。ツイッターなどを見ても、今の若い層にもキューブリックはリスペクトされていますし(多分マンガやアニメに与えた影響が大きかったせいかと思われます)、BDやDVDで簡単にキューブリック作品が観られるようになった昨今、幅広い世代でかなりの集客が期待できると思うのですが。もし当ブログが集めたキューブリックに関する情報や資料がお役に立つならどんどん使っていただいて構いません。素晴らしい企画を期待しております。

 サンフランシスコの次はメキシコでの開催が決定していますので、来年こそ! ファンは首を長〜くして待っていますので。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 ダフト・パンクのトーマ・バンガルテルやジャーヴィス・コッカーは、映画監督スタンリー・キューブリックの生涯を記念した展覧会に作品を提供している。

 「デイドリーミング・ウィズ・スタンリー・キューブリック」と題されたこの展覧会は、ロンドンのサマセット・ハウスで来月より開催される。『時計じかけのオレンジ』、『シャイニング』、『フルメタル・ジャケット』といった作品で知られるスタンリー・キューブリックだが、多くの現代アーティストが彼へのオマージュとなる自身の作品を提供している。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:NME JAPAN/2016年6月20日




 7月6日から8月24日まで、ロンドンのサマーセットハウスで開催中です。作品の提供者は以下の通り。キューブリックの直接の関係者は妻のクリスティアーヌ、『アイズ…』で謎の儀式音楽を提供したジョスリン・プーク、『時計…』と『フルメタル…』でアートワークを担当したフィリップ・キャッスルの名前があります。オフィシャルサイトはこちら。展示内容もチラホラとわかってきましたので、また改めて記事にしたいと思います。

Adam Broomberg & Oliver Chanarin
Carl Craig
Charlotte Colbert
Chris Levine
Christiane Kubrick
David Nicholson
Dexter Navy
Doug Foster
Doug Aitken
Futura
Gavin Turk
Harland Miller
Haroon Mirza & Anish Kapoor
Iain Forsyth & Jane Pollard
Invader
Jamie Shovlin
Jane & Louise Wilson
Jason Shulman
Jocelyn Pook
John Isaacs & James Lavelle with Azzi Glasser
Jonas Burgert
Joseph Kosuth
Julian Rosefeldt
Keaton Henson
Koen Vanmechelen
Marc Quinn
Mark Karasick
Mat Chivers
Mat Collishaw
Max Richter
Michael Nyman
Mick Jones
Nancy Fouts
Nathan Coley
Norbert Schoerner
Paul Fryer
Paul Insect
Peter Kennard
Philip Castle
Philip Shepherd
Pink Twins
Polly Morgan
Rachel Howard
Rut Blees Luxemburg
Samantha Morton & Douglas Hart
Sarah Lucas
Seamus Farrell
Stuart Haygarth
Thomas Bangalter
Toby Dye
Warren du Preez & Nick Thornton Jones
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ