スタンリー・キューブリック展

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
DL0
スタンリー・キューブリック写真展『Through a Different Lens: Stanley Kubrick Photographs』のエントランス。

DL1
会場になったロサンゼルスの「スカーボール文化センター」

 以前この記事でお知らせしたキューブリックのルック社時代の写真展『Through a Different Lens: Stanley Kubrick Photographs』が2019年10月17日から2020年3月8日まで、ロサンゼルスのスカーボール文化センターで開催中です。そのレポートがロサンゼルス在住のShinさまより届きましたのでご紹介いたします。

 キューブリックの写真展『Through a Different Lens: Stanley Kubrick Photographs』に行って参りました。実際のキューブリックの写真の数々、ルック誌の実際の写真の掲載号を見ることができ、大感動でした。キューブリック監督の写真展といっても、白黒写真なのであまり人は来ないであろうと思っていましたが、そんなことはなく、老若男女数多くの人が来場していました。土曜日ということもあるかもしれません。規模は数年前のキューブリック展と比べると小さいですが、多くの写真と雑誌、詳細な解説が充実していて、私が今まで見たことなかった写真も多数ありました。さすがキューブリック、全ての写真が構図が完璧で、計算し尽くされ、美しかったです。

 特に感動したのは、ルックに初めて掲載されたニューススタンドでルーズベルト大統領死去の報を見る従業員の写真の、実際の雑誌掲載ページです。印象深かったのは「靴売りの少年」、「車を修理する男とその側に立つ女」などなど。また、ルック誌の巻頭ページに掲載された19才のキューブリックの天才ぶりを讃える記事は必見です。彼の才能を写真入りで褒め称え、最後に「空き時間には映画撮影の実験をし、ドキュメンタリー映画を作る日を夢見ている」と書かれています。なんという先見の明でしょうか、素晴らしいです。なんと言っても、キューブリックの写真が生で見れたこと、雑誌にちゃんと「キューブリック撮影」と写真の下にクレジットされているのを見ることができて感動しました。一時間ほどたっぷりキューブリックを堪能出来ました。ぜひこれを日本でも開催し、多くの日本人に見て頂きたいと思いました。


 以下はShinさまが撮影した写真です。キャプションは管理人が追記いたしました。

DL3
会場の雰囲気。やはり写真は写真集ではなくプリントで観てみたいもの。

DL2
右下に一回り大きく掲載された、キューブリック初のルック雑誌掲載作品。キューブリックはこのときまだ16歳。

DL4
後のドキュメンタリー『拳闘試合の日』の元になったカルティエ兄弟の試合記事。

DL5
指揮者レナード・バーンスタインの若き日の取材写真もキューブリック。

DL6
ドアに口紅で書いた「I HATE LOVE」。これはのちの『シャイニング』の「REDRUM」?

DL7
19歳の「ベテラン」カメラマンと紹介されている。当時キューブリックは社内で天才少年と呼ばれていた。

DL8
「How a Monkey Looks to People・・・」ときて、

DL9
「・・・and How People Looks to a Monkey」となる。猿に檻はなく、人間を檻に入れたキューブリックの皮肉な視点はすでに顕著だ。

 キューブリックのルック社時代の写真は、一括してニューヨーク市立博物館が収蔵しています。過去に写真展はイタリアのジェノバオーストリアのウイーンでの開催実績がありますが、昨年ニューヨークで開催された際『Through a Different Lens: Stanley Kubrick Photographs』というタイトルになり、今後はこのフォーマットで開催されるようです。またこれは写真集のタイトル(全ページを動画でご紹介しております)でもあります。展示はこの写真集に掲載された写真が中心ですが、それ以外もあるようですし、実際の掲載誌を見る機会はこの展覧会以外にありえません。

 そうなると俄然期待してしまうのは日本での開催ですが、レポートにもある様に比較的小規模の会場でも開催可能なので、関係者のみなさまには実現をぜひお願いしたいですね。

レポート・写真提供:Shinさま(Skirball Cultural Centerより掲載許可済み)


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2018年にフランクフルトで開催された『2001年宇宙の旅展』の様子を納めた動画。ニューヨークの展示もほぼこれを踏襲すると思われます。

‘2001: A Space Odyssey’ Exhibit Coming to Museum of the Moving Image

Calling all Kubrick fans: the Museum of the Moving Image will open its pod bay doors next year for a 2001: A Space Odyssey exhibit. The exhibit will contain the most comprehensive look at the film ever put together in a museum. Costumes, concept art, test footage and more from Stanley Kubrick’s iconic sci-fi epic will be on display starting January 2020.

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:FILM/2019年7月26日




 以前Twitterでキューブリックの長女、カタリーナがチラッとつぶやいていましたが、2020年1月18日から7月19日の期間で『2001年宇宙の旅展』が、ニューヨークの「ミュージアム・オブ・ザ・ムービングイメージ」で開催されることが決定したようです。

 内容はおそらく2018年にフランクフルトで開催された『2001年宇宙の旅展』と同様になると思われますが、追加展示に「グレゴリー・ニコテロ制作の原寸大スペースポッド」「海洋堂のディススカバリー号の完全再現モデル」「白い部屋のインスタレーション」などいくつか考えられますね。

 キューブリックの生まれ故郷であるニューヨークでの初開催になりますが、ニューヨークは『2001年…』の生まれ故郷でもあります。クラークとキューブリックが初めて対面したのも、プロジェクトをスタートさせたのも、キューブリックが手塚治虫に送った手紙の住所もニューヨークでした。キューブリックは1965年の夏頃にニューヨークからロンドンに渡るのですが、再びニューヨークに戻るのは1968年4月の『2001年…』プレミア上映の時。そこで起こった『2001年…』に対する業界人、マスコミ関係者からの屈辱的な反応はファンの方ならよくご存知でしょう。

 この期間中は『スタンリー・キューブリック展』はお休みになるので、日本での開催は早くても来年の夏以降ということになります。開催場所である「ミュージアム・オブ・ザ・ムービングイメージ」の公式サイトはこちら。そのうち公式ページもオープンするでしょう。

・・・いい加減に日本で(何回目か覚えていないくらいの以下略。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
THDLens_LA

 キューブリックのルック社時代の写真を集めた写真展『Through a Different Lens: Stanley Kubrick Photographs』が、ロサンゼルスのスカーボール文化センターで2019年10月17日〜2020年3月8日の期間で開催されるそうです。昨年ニューヨークで開催されたものと同じような展示になると思いますが、写真を収蔵するニューヨーク市立博物館は作品の貸し出しに応じている様なので、日本でもぜひ開催して欲しいですね。

 公式サイトはこちら。写真を収蔵しているニューヨーク市立博物館の公式サイトはこちら、同名の写真集を紹介した記事はこちらです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 キューブリックの逝去から20周年を経て、『スタンリー・キューブリック展』がついにロンドンに上陸しました。

 『スタンリー・キューブリック展』がついにロンドンに上陸しました。アメリカの有名な映画監督の生涯と作品を記念するこの展覧会は、1960年代初頭にキューブリックが移住したイギリスを訪れることなく、ドイツからメキシコ、カナダ、スペイン、ブラジル、デンマーク、ポーランド、そして韓国まで、世界を巡回していました。キューブリックは1999年に亡くなっています。

 キューブリックの義長女カタリーナ・キューブリックは、その展覧会の創設以来ほとんどの展示を見てきましたが、観るたびに新しい発見があり、それをロンドンのデザインミュージアムが提供したと語りました。「彼らは素晴らしい『時計じかけのオレンジ』の車を発見しました。キャットレディーの家にあった彫刻もこれまでになかったものです。私はなぜ217号室が237号室になったかを説明する手紙を見つけました。このように、いつも新しい発見があります」とカタリーナは説明しました。「そして、それらをデザインミュージアムがレイアウトした方法は、スタンリーの人生を通り抜けるものです。それぞれの部屋はそれぞれ1つの映画作品に捧げられています。それは一種の連鎖です」

 約700点のオブジェ、映画、そしてインタビューを展示したこの展示は、キューブリックの創造力に光を当てました。 『2001年の宇宙の旅』のHAL9000のモックアップから『バリー・リンドン』や『シャイニング』の衣装、そして『時計じかけのオレンジ』のミルクバーのマネキンまで。カタリーナは父の映画は独創性を作品に注ぎ込み、その魅力は「魔法」であるため、時間の経過に耐えてきたと考えています。

 「数ヶ月で入れ替わる映画はたくさんありますが、これらは本物の芸術作品です。それはスタンリーが語った物語、物語の力、そしてその映画の一つ一つについての研究と、スタンリーがした仕事の量の証明であり、観客を裏切りることありません。観客はスタンリーの全てを提供され、そして全てに先立つ物はスクリーン上の映画です」と彼女は言いました。

『スタンリー・キューブリック展』は、2019年9月15日までデザインミュージアムにて開催中です。

(動画説明文/2019年4月27日)




 キューブリックの義長女、カタリーナさんは3歳の頃にキューブリックと再婚したクリスティアーヌに連れられてキューブリックの義長女となりました。キューブリックはカタリーナさんを実の娘(次女アンヤ、三女ヴィヴィアン)と分け隔てなく厳しく(カタリーナさん曰く「ボーイフレンドにも口うるさく干渉してきた」)接したようです。そのカタリーナさんは『時計じかけのオレンジ』のレコードショップの客役や『バリー・リンドン』での村の娘役、『アイズ ワイド シャット』でトム・クルーズの患者の少年(カタリーナの長男アレックス)の母親役としてエキストラ出演しています(詳細はここで)。その後映画制作の裏方として関わるようになり、『シャイニング』ではロケーション・リサーチを担当。『アイズ…』ではクルーズのマンションの壁を飾っていた絵画を提供しています。

 そのカタリーナさんが、地元ロンドンでの開催であるこの『スタンリー・キューブリック展』では、かなり突っ込んだ役割を果たした(それまではどちらかというとオープニング・ゲスト的な扱いだった)であろうことは、このインタビューからも十分察することができます。また、このインタビューでは触れられていませんが、『時計…』のコロバ・ミルクバーのヌードテーブルやウェイトレスの衣装デザインを当初担当していた、アレン・ジョーンズの没デザインが今回初めて展示されていることも、その「苦労」をしのぶことができます。個人的な推察ですが、この展示はロンドンでキューブリック展が開催されることを知ったアレン・ジョーンズ側が自分の作品を展示するように強引にねじ込んできたのではないかと思っています。そうでないと、ここに来て突然の展示や、展示の扱いの大きさが説明できませんので。

 その他、『シャイニング』のタイプライターの用紙ですが、おそらく各国語版が展示されているのだと思います。これもティンバーライン・ロッジの手紙と同じくロンドン芸術大学内のスタンリー・キューブリック・アーカイブに所蔵されていたもので、今回初展示になります。同様にダニーのジャンパー(迷路で着ていたもの)も同所に所蔵されているのですが、なぜか『スタンリー・キューブリック展』で展示されたことはありません。『時計…』で「デュランゴ95」として登場したスポーツカー「アダムスプローブ16」は、撮影に使用されたブルーグレーではなく現存する唯一のオレンジカラーのもの。展示はこのロンドンが最初で最後ではないかと思います。同じく『時計…』のペニス型彫刻「ザ・ロッキング・マシーン」やキリスト像「ザ・クライスト・アンリミテッド」はレプリカで、おそらくメディコム・トイが発売したものを展示しているのではないでしょうか。

 このように、今まで世界を巡回してきた『スタンリー・キューブリック展』の中でも、展示の充実度はかなりのものであることが伺えます。ぜひに日本にも来て欲しいですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
beyond1
銀座の資生堂ギャラリーで2017年11月21日〜12月24日まで展示されていた『善悪の荒野(Beyond good and evil, make way toward the waste land.)』と題されたアート作品

 現在ロンドン・デザインミュージアムで開催中の『スタンリー・キューブリック展』ですが、日本でも多くの方が関心を持たれているようで、当ブログで2012年頃から日本開催をお願いしてきた管理人としても嬉しい限りです。最近、キューブリックの長女であるカタリーナ(キャサリーナとも)さんがTwitterを使い始めたらしく「Please come to Japan!」とメッセージを送ったところ「A museum in Japan has to want the exhibition there. Maybe you could organise that?(舌出しと考える絵文字)」というなんとも返事に困る返信をしていただきました。皮肉っぽいニュアンスはともかくも、キューブリック展開催には美術館側からのオファーと組織が必要とのことなので(まあ、当たり前といえばそうなのですが)、そのご協力を皆さまにツイートさせていただきました(カタリーナさんからは「ジョークだった」とやんわり謝罪されているのでお気になさらないように)。

 おそらくカタリーナさんは「そんなに簡単に言わないで、ロンドンだって大変だったんだから!」という気持ちがあったからだと推察しますが、まさにその通りで、キューブリックのお膝元であるロンドンでさえ「今になってやっと」ですから、この日本での開催がいかに困難かは察するに余りあるものがあります。しかしそれを望むのがファンというもの。そこで誠に勝手ながらKUBRICK.Blog.jp 管理人が、その考察とご提案をここでさせていただけたらと思います。

 そのキューブリック展ですが、大きく以下の3つの点を考慮すべきかと思います。

(1)ライトなファン向けか、コアなファン向けか

(2)ルック社カメラマン時代のキューブリックの扱いをどうするか

(3)『ナポレオン』や『アーリアン・ペーパーズ』などの未完作品をどう扱うか


 (1)は後回しにして、まず(2)については、別枠で写真展を開催すべきだと考えます。昨年(2018年)の5月3日から10月28日の期間、ニューヨーク市立博物館で『Through a Different Lens:Stanley Kubrick Photographs』と題して写真展が開催されました。それに合わせて同名の写真集もすでに刊行されています。ですので、キューブリック展では最低限触れる程度で良いかと考えます。理想を言えば『キューブリック展』と『キューブリック写真展』を別施設の同時期開催ですが、もし『キューブリック展』のオファーが競合し、それが実現しなかった関係者様は、より小規模な施設でも開催可能な『キューブリック写真展』の開催を企画されてみることをお勧めいたします。キューブリックがルック社時代に撮影した写真の権利は、ニューヨーク市立博物館が全て所有しております。過去の事例としてイタリア・ジェノバオーストリア・ウィーンでの開催事例がありますので、それぞれご参照ください。

 (3)についてですが、これも最低限で良いかと考えます。というのも、当ブログでこれら未完作品に関する記事は人気がないからです(笑。コアなファンの方は興味を示していただけるのですが、ここまでディープな情報に興味を示すファンはそんなに多くないな、というのが管理人の実感です(もちろん当ブログではそんなことは一切気にせず、今後も記事にするつもりです)。

 次に、当ブログの現在までのアンケート結果をこちらでご覧ください。このように、現在キューブリックファンは男性比率が多いものの、女性も約1/4とキューブリック作品の特性(エロや下ネタが多い)を考えれば健闘していて、世代に至っては30代以下の世代もそれなりに分布している印象です。このアンケートを始めた当初は圧倒的に男性が多く、世代も40代以上が多数を占めていたのですが、約6年でファン層が広がった事実がここからもわかります。

 そして、昨今の展覧会のトレンドも無視できません。すなわち「インスタレーション(体験型展示)」です。その一例ですが、銀座の資生堂ギャラリーで2017年11月21日〜12月24日まで『1/2 Century later.』と題したアート展が開催されました。そこに展示されていたのは『2001年宇宙の旅』に登場した「白い部屋」を模した展示でした(上記画像)。この展示はキューブリックファンの話題を集めましたが、それは劇中のワンシーンを展示で再現する「体験型展示」だったからです。もちろん展示点数の多いキューブリック展では同じようにはできませんが、現在ロンドンで開催中のキューブリック展も、写真や動画で見る限りはそういった方向性を感じ取ることができました。

 ただ、そうなるとおのずと展示点数は少なくなり、作品の世界観再現のためにレプリカの展示が多くなるという問題があります。キューブリック作品のプロップやセットはほとんど残ってなく(現存するものはかなり貴重)、現在展示されている大型のプロップはレプリカ、大量生産品は同型他機種がほとんどです。コアなファンからしてみれば「そんな価値のないレプリカよりも、実際に映画製作に使用した台本やメモ、手紙、スケッチ、絵コンテ、ストーリーボードなどの紙資料を展示してほしい」と思うかも知れませんし、管理人もそう思います。しかし、ここはそれをグッと我慢し、「いかにキューブリック作品の世界観に没入できるか」という体験型展示を目指すべきだと考えます。それに最適な一例として、海洋堂さんの『ディスカバリー号プロップ完全再現モデル』の展示を希望いたします。現在キューブリック展で展示中のディスカバリー号の模型はお世辞にも工作精度の高いものとは言えません。海外のキューブリック関係者に「日本のものづくりの真髄」を見せつけるためにも、是非の実現を希望いたします。

 他には、紙ものの展示縮小はやむなしとの意見と逆行するようですが「黒澤明との手紙「スタンリー・キューブリック・アーカイブ」に残っていれば)」と「手塚治虫との手紙(封筒のみ手塚治虫の遺族が所有)」の展示もキューブリックと日本とのつながりを示す貴重な資料なので展示を期待したいです。

 このような点を勘案すると(1)の結論は「ライトなファン向け」となります。もちろん集客の面からもそちらの方が有利なのは言うまでもありません。コアなファン向けには『The Stanley Kubrick Archives』の邦訳本を発刊していただければある程度溜飲は下がるでしょう。そうなると出版社さんも巻き込まなければなりませんが。

 実現するか否かはともかく、以上がKUBRICK.Blog.jp 管理人の『スタンリー・キューブリック展』に関する(勝手な)考察とご提案です。なお、Twitterでも申し上げたように、当ブログはその実現のための内部資料であれば、許可も報告も不要でご自由にご活用していただけます。関係者様各位の賢明なるご判断を何卒よろしくお願いいたします。

参考:『スタンリー・キューブリック展』関連リンク
ニューヨーク市立博物館
スタンリー・キューブリック展公式サイト
スタンリー・キューブリック・アーカイブ(ロンドン芸術大学内)
『スタンリー・キューブリック展』開催地リスト

このページのトップヘ