キューブリック作品で印象的な台詞・言葉

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
acoalex
小説版で、アレックッスたちが押し入るこの時点で作家が執筆していたのが小説『時計じかけのオレンジ』

 この「時計じかけのオレンジ(A Clockwork Orange)」という言葉ですが、古いコックニー(ロンドンの下町言葉)の言い回しで「奇妙な」という意味で、それを気に入った原作者のアンソニー・バージェスが小説のタイトルに据えました。

 その原作小説では、小説家アレクサンダーがタイプライターで書いていた本のタイトルが『時計じかけのオレンジ』で、押し入ったアレックスはそれを面白可笑しく読み上げ、ビリビリに破いて床にぶちまける、というシーンがあります。また、よく勘違いされるのですがここでいう「時計じかけ」とは「機械じかけ」の意味で、見た目は有機物(人間)でも中身は機械、つまり物語後半でルドビコ療法によって暴力を振るおうとすると吐き気を催すよう、オペラント条件付けで「機械人間」にされてしまったアレックスの置かれた状況を示しています。原作小説にはルドビコ療法の効果を実証するステージの場面で、アレックスが「まるで俺は時計じかけのオレンジみたいじゃないか!」と叫ぶ場面があります。

 つまり「時計じかけ」というのは誤訳とまでは言えませんが、かなり不親切な訳で、正確に訳すなら「機械じかけ」と訳すべきものです。タイトルを『時計じかけのオレンジ』から『機械じかけのオレンジ』に変えてみると、物語の内容を端的に表現していて違和感なく納得できます。公開当時(1971年)であれば機械じかけの時計はそこここに存在していましたので、特に説明の必要はありませんでしたが、デジタル時計が常識な現在、「時計=機械」とすぐに結びつかずに混乱を招いてしまっているようです。試しにGoogleの画像検索で「clockwork」で検索すると時計の機械部分の画像が数多くヒットします。英語圏のでの「clockwork」とはこのイメージになります。

 キューブリックが小説版にある「時計じかけのオレンジ」が登場するシーンや台詞を省いた意図は不明ですが、推察するに「説明しなくても観ればわかるでしょう」ということではないかと思います。確かにそうなのですが、「時計じかけ=機械じかけ」のニュアンスが伝わりにくい日本語訳はちょっとハンデがあるかもしれないですね。

 なお、「アンソニー・バージェンスが一時期暮らしていたマレーシアの言葉では、人間のことを「orang」(オラン)という。「A Clockwork Orang(e)」=「時計じかけの人間」とも解釈できる」などという解説もありますが、バージェスやキューブリックがそう証言しているなどのソースが不明なため、ここでは採用していません。何卒ご了承ください。

初出:2013年2月13日
加筆・修正:2019年4月20日


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 オープニングに続けてのハートマン先任軍曹による新兵罵倒シーンの全セリフと、その邦訳です。訳は『フルメタル・ジャケット』DVD版字幕から採録しました。リズミカルで含蓄・示唆に富んだ麗しき罵倒語の数々をお楽しみください(笑。



<HARTMAN>

I am Gunnery Sergeant Hartman, your Senior Drill Instructor.
From now on, you will speak only when spoken to,
and the first and last words out of your filthy sewers will be "Sir!"
Do you maggots understand that?

訓練教官のハートマン先任(ガナリー)軍曹である
話し掛けられた時以外口を開くな
口でクソたれる前と後に“サー”と言え
分かったか ウジ虫ども


<RECRUITS>

Sir, yes, sir!

<HARTMAN>

Bullshit! I can't hear you.
Sound off like you got a pair.

ふざけるな!大声出せ!
タマ落としたか!


<RECRUITS>

Sir, yes, sir!

<HARTMAN>

If you ladies leave my island, if you survive recruit training,
you will be a weapon, you will be a minister of death, praying for war.
But until that day you are pukes!
You're the lowest form of life on Earth.
You are not even human fucking beings!
You are nothing but unorganized grabasstic pieces of amphibian shit!

貴様ら雌豚が おれの訓練に生き残れたら
各人が兵器となる 戦争に祈りをささげる死の司祭だ
その日まではウジ虫だ!
地球上で最下等の生命体だ
貴様らは人間ではない
両生動物のクソをかき集めた値打ちしかない!

Because I am hard, you will not like me.
But the more you hate me, the more you will learn.
I am hard, but I am fair!
There is no racial bigotry here!
I do not look down on niggers, kikes, wops or greasers.
Here you are all equally worthless!
And my orders are to weed out all non-hackers
who do not pack the gear to serve in my beloved Corps!
Do you maggots understand that?

貴様らはキビしいおれを嫌う
だが憎めば それだけ学ぶ
俺はキビしいが公平だ
人種差別は許さん
黒豚 ユダ豚 イタ豚を 俺は見下さん
すべて平等に価値がない!
おれの使命は役立たずを刈り取ることだ 愛する海兵隊の害虫を!
分かったか ウジ虫!


<RECRUITS>

Sir, yes, sir!

<HARTMAN>

Bullshit! I can't hear you!

ふざけるな!大声出せ!


<RECRUITS>

Sir, yes, sir!

<HARTMAN>

What's your name, scumbag?

スキン顔 名前は?


<SNOWBALL>

Sir, Private Brown, sir!

ブラウン二等兵です!

<HARTMAN>

Bullshit!
From now on you're Private Snowball!
Do you like that name?

本日より白雪丸(スノーボール)と呼ぶ
いい名前だろ?


<SNOWBALL>

Sir, yes, sir!

<HARTMAN>

Well, there's one thing that you won't like, Private Snowball!
They don't serve fried chicken and watermelon on a daily basis in my mess hall!

聞いて驚くな スノーボール
うちの食堂では黒んぼ定食は出さん!


<SNOWBALL>

Sir, yes, sir!

<JOKER>

Is that you, John Wayne? Is this me?

あっちはジョン・ウェイン?こっちが僕?

<HARTMAN>

Who said that?
Who the fuck said that?
Who's the slimy little communist shit twinkle-toed cocksucker down here,
who just signed his own death warrant?
Nobody, huh?!
The fairy fucking godmother said it!
Out-fucking-standing!
I will P.T. you all until you fucking die!
I'll P.T. you until your assholes are sucking buttermilk.

誰だ!
どのクソだ!
アカの手先の おフェラ豚め!ぶっ殺されたいか?!
答えなし?
魔法使いのババアか!
上出来だ 頭がマンコするまでしごいて(PT)やる
ケツの穴でミルクを飲むまでシゴき倒す!


<HARTMAN>

Was it you, you scroungy little fuck, huh?!

貴様か 腐れマラは?


<COWBOY>

Sir, no, sir!

<HARTMAN>

You little piece of shit!
You look like a fucking worm! I'll bet it was you!

クソガキが!
貴様だろ おく病マラは!


<COWBOY>

Sir, no, sir!

<JOKER>

Sir, I said it, sir!

自分であります!

<HARTMAN>

Well ...no shit.
What have we got here, a fucking comedian? Private Joker?
I admire your honesty.
Hell, I like you.
You can come over to my house and fuck my sister.

そっちのクソか
勇気あるコメディアン おふざけ(ジョーカー)二等兵
正直なのは感心だ
気に入った 家に来て妹をファックしていい


<HARTMAN>

You little scumbag!
I've got your name! I've got your ass!
You will not laugh! You will not cry! You will learn by the numbers.
I will teach you.
Now get up!
Get on your feet!
You had best unfuck yourself or I will unscrew your head and shit down your neck!

スキン小僧が!
じっくりかわいがってやる!
笑ったり泣いたりできなくしてやる!
さっさと立て!
隠れてマスかいてみろ 首切ってクソ流し込むぞ


<JOKER>

Sir, yes, sir!

<HARTMAN>

Private Joker, why did you join my beloved Corps?

なぜ海兵になった?


<JOKER>

Sir, to kill, sir!

殺すためです!

<HARTMAN>

So you're a killer!

殺し屋志願か


<JOKER>

Sir,Yes Sir!

<HARTMAN>

Let me see your war face!

戦争の顔をしろ!


<JOKER>

Sir?

<HARTMAN>

You've got a war face?
Aaaaaaaagh!
That's a war face.
Now let me see your war face!

殺す時の顔だ!
(アアアアアアアーッ!)
これが殺しの顔だ
やってみろ!


<JOKER>

Aaaaaaaagh!

<HARTMAN>

Bullshit!
You didn't convince me!
Let me see your real war face!

それで殺せるか!
気合いを入れろ!


<JOKER>

Aaaaaaaaaaaaaaaaagh!

<HARTMAN>

You didn't scare me!
Work on it!

迫力なし
練習しとけ


<JOKER>

Sir,Yes Sir!

<HARTMAN>

What's your excuse?

貴様の言い訳は?


<COWBOY>

Sir, excuse for what, sir?

言い訳ですか?

<HARTMAN>

I'm asking the fucking questions here, Private. Do you understand?!

アホ相手に質問するのは おれの役だ


<COWBOY>

Sir,Yes Sir!

<HARTMAN>

Well thank you very much! Can I be in charge for a while?

続けてよろしゅうございますか?


<COWBOY>

Sir,Yes Sir!

<HARTMAN>

Are you shook up? Are you nervous?

不安か?


<COWBOY>

Sir, I am, sir!

そうであります!

<HARTMAN>

Do I make you nervous?

俺のせいか?


<COWBOY>

Sir!

<HARTMAN>

Sir, what?
Were you about to call me an asshole?!

何だ?
おれをクソバカと呼びたいか?


<COWBOY>

Sir, no, sir!

違います!

<HARTMAN>

How tall are you, Private?

身長は?


<COWBOY>

Sir, five foot nine, sir!

180センチです

<HARTMAN>

Five foot nine? I didn't know they stacked shit that high!
You trying to squeeze an inch in on me somewhere, huh?

まるで そびえ立つクソだ
サバ読んでるな


<COWBOY>

Sir, no, sir.

本当です

<HARTMAN>

Bullshit!
It looks to me like the best part of you ran down the crack of
your mama's ass and ended up as a brown stain on the mattress!
I think you've been cheated!
Where in hell are you from anyway, Private?

パパの精液がシーツのシミになり ママの割れ目に残ったカスが お前だ!
どこの穴で育った?


<COWBOY>

Sir, Texas, sir!

テキサスです

<HARTMAN>

Holy dogshit! Texas! Only steers and queers come from Texas, Private Cowboy!
And you don't look much like a steer to me, so that kinda narrows it down!
Do you suck dicks!

テキサスで取れるのは種牛と おカマだ
種牛には見えんからおカマだ!
吸うんだろ?


<COWBOY>

Sir, no, sir!

<HARTMAN>

Are you a peter-puffer?

おフェラ豚か?


<COWBOY>

Sir, no,sir!

<HARTMAN>

I'll bet you're the kind of guy that would fuck a person in the ass
and not even have the goddam common courtesy to give him a reach-around!
I'll be watching you!

カマを掘るだけ掘って 相手のマスかきを手伝う外交儀礼もないやつ
きっちり見張るぞ!


<HARTMAN>

Did your parents have any children that lived?

両親が生かしておいた子がいるのか?


<PYLE>

Sir, yes, sir!

<HARTMAN>

I'll bet they regret that!
You're so ugly you could be a modern art masterpiece!
What's your name, fatbody?

お前を見たら嫌になる!
現代美術の醜さだ!
名前はデブか?


<PYLE>

Sir, Leonard Lawrence, sir!

ローレンスです

<HARTMAN>

Lawrence?
Lawrence, what, of Arabia?

“アラビアのローレンス”か?


<PYLE>

Sir, no, sir!

<HARTMAN>

That name sounds like royalty!
Are you royalty?

気品ある名だ
王族か?


<PYLE>

Sir, no, sir!

いいえ

<HARTMAN>

Do you suck dicks?

貴様も吸うんだろ


<PYLE>

Sir, no, sir!

<HARTMAN>

Bullshit! I'll bet you could suck a golf ball through a garden hose!

ホースでゴルフボールを吸い込む口だ!


<PYLE>

Sir, no, sir!

<HARTMAN>

I don't like the name Lawrence!
Only faggots and sailors are called Lawrence!
From now on you're Gomer Pyle!

名前が気に食わん
おカマ野郎か水兵の名だ
ほほえみデブ(ゴーマー・パイル)と呼ぶ


<PYLE>

Sir, yes, sir!

<HARTMAN>

Do you think I'm cute, Private Pyle? Do you think I'm funny?

おかしいか デブ二等兵


<PYLE>

Sir, no, sir!

<HARTMAN>

Then wipe that disgusting grin off your face!

気色悪い笑みを消せ!


<PYLE>

Sir, yes, sir!

<HARTMAN>

Well, any fucking time, sweetheart!

早く顔面に伝えろ!


<PYLE>

Sir, I'm trying, sir.

ガンバってます

<HARTMAN>

Private Pyle, I'm gonna give you three seconds
excactly three fucking seconds
to wipe that stupid-looking grin off your face,
or I will gouge out your eyeballs and skull-fuck you!
One! Two! Three!

デブ二等兵 3秒やる
3秒だ 間抜け!
アホ面を続けるなら 目玉えぐって頭ガイ骨マンコしてやる!
1! 2! 3!


<PYLE>

Sir,I can't help it, sir!

できません

<HARTMAN>

Bullshit!
Get on your knees, scumbag!

ひざまづけ クズ肉!


<HARTMAN>

Now choke yourself!

首を絞めろ

Goddamn it, with my hand,numbnuts!!

おれの手を使え ボケ!

Don't pull my fucking hand over there! I said choke yourself!
Now lean forward and choke yourself!

だれが手を引っ張れと言った!? どアホ!
自ら首を絞めろ!

Are you through grinning?

まだ笑いたいか?


<PYLE>

Sir, yes, sir!

<HARTMAN>

Bullshit! I can't hear you!

大声を出せ!


<PYLE>

Sir, yes, sir!

笑いません!

<HARTMAN>

Bullshit!I still can't hear you! Sound offlike you got a pair!

ふざけるな!大声だせ!タマ落としたか!


<PYLE>

Sir, yes, sir!

<HARTMAN>

That's enough! Get on your feet!

よし 起立!

Private Pyle, you had best square your ass away and
start shitting me Tiffany cuff links … or I will definitely fuck you up!

ケツの穴を引き締めろ! ダイヤのクソをひねり出せ!
さもないとクソ地獄だ


<PYLE>

Sir, yes, sir!

了解しました!

▼この記事の執筆に当たり、以下の記事を参考にいたしました。
坂の上の雲:ハートマン軍曹語録(フルメタルジャケット)- 原文&和訳

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
a-clockwork-orange

 小説の英語版『時計じかけのオレンジ』の巻末に掲載されていた「ナッドサット言葉辞典」を和訳したものに、映画版で追加使用された言葉を「※」で表記しました。オレンジ色の言葉が映画版で使用されたものです。表記は「原語(日本語表記)|英語での意味(その和訳)」です。ロシア語などの言語のルーツは省略しましたが、知りたい方は出典を参照ください。間違いなどありましたら掲示板でご指摘ください。その際は「誠に恐縮アピ・ポリ・ロジー」。





Appypolly loggy(アピ・ポリ・ロジー)|Apology(お詫び)



Baboochka(バブーチカ)|Old woman(老女)
Baddiwad(バッディワッド)|Bad(悪い)
Banda(バンダ)|Band(ギャング)
Bezoomy(ビズムニー)|Mad(狂った)
Biblio(ビブロ)|Library(図書館)
Bitva(ビトバ)|Battle(戦い)
Bog(ボッグ)|God(神様)
Bolnoy(ボルノイ)|Sick(病気)
Bolshy(ボルシャイ)|Big(でかい)
Bratchny(ブラッチニー)|Bastard(クソ野郎)
Bratty(ブラッティ)|Brother(兄弟・友達)
Britva(ブリトバ)|Razor(カミソリ)
Brooko(ブロッコ)|Belly(腹)
Brosay(ブロショイ)|Throw(投げる)
Bugatty(ブガティ)|Rich(豊かな)



Cal(カル)|Shit(クソ)
Cancer(ガン)|Cigarette(タバコ)
Cantora(キャントラ)|Office(事務所)
Carman(カーマン)|Pocket(ポケット)
Chai(チャイ)|Tea(紅茶)
Charlie(チャーリー)|Chaplain(牧師)
Chasha(チャシャ)|Cup(カップ)
Chasso(チャソー)|Guard(守る)
Cheena(チーナ)|Woman(女)
Cheest(チェースト)|Wash(洗う)
Chelloveck(チェロベック)|Fellow(男・人)
Chepooka(チープカ)|Nonsense(ナンセンス)
Choodessny(チューデセニー)|Wonderful(素晴らしい)
Chumble(チャンブル)|Mumble(モグモグ言う)
Clop(クロップ)|Knock(ノック)
Cluve(クルーブ)|Beak(くちばし)
Collocol(コロコル)|Bell(ベル)
Crark(クラーク)|Yowl(啼き声)
Crast(クラスト)|Steal(盗み)
Creech(クリーチ)|Scream(悲鳴)
Cutter(カッター)|Money(小銭)



Dad(ダッド)|パパ※
Dama(ダーマ)|Lady(女性)
Ded(デッド)|Old Man(老人)
Deng(デング)|Money(お金)
Devotchka(デボチカ)|Girl(女の子)
Dobby(ドッディ)|Good(良い)
Domy(ドーミー)|House(家)
Doobidoob(ドゥービードゥー)| 分かった※
Dook(ドーク)|Ghost(幽霊)
Dook(ドゥーク)|常識※
Dorogoy(ドロブイ)|Valuable(価値のある)
Drat(ドラト)|Fight(喧嘩)
Drencrom(ドレンクロム)|A drug(麻薬の一種)
Droog(ドルーグ)|Friend(仲間)
Droogy(ドルーギー)|(仲間たち)※
Dva(ドヴァ)|Two(2)



Eegra(イーグラ)|Game(ゲーム)
Eemya(イーマ)|Name(名前)
Eggiweg(エッギィウェッグ)|Egg(卵)
Em(エム)|Mum(ママ)



Fagged(ファゲッド)|Tired(つまらない)
Filly(フィリー)|Play(弄ぶ)
Firegold(ファイヤゴールド)|A particular drink(麻薬の一種)
Forella(フォレラ)|Trout(クソババア)



Gazetta(ギャゼッタ)|Newspaper(新聞)
Glazz(グラズ)|Eye(目)
Glazzy(グラジー)|Eyes(両目)※
Gloopy(グルーピー)|Stupid(バカ)
Godman(ゴッドマン)|Priest(聖職者)
Golly(ゴリー)|Unit of Money(お金の単位)
Goloss(ゴロス)|Voice(声)
Goober(グーバー)|Lip(唇)
Gooly(ゴーリー)|To Walk(歩く)
Gorlo(ゴルロー)|Throat(喉)
Govoreet(グブリ)|To speak(話す)
Grazhny(グラジニー)|Dirty(汚い)
Grazzy(グラジー)|Soiled(汚れる)
Gromky(グロムキー)|Loud(うるさい)
Groody(グルーディ)|Breast(胸)
Gruppa(グルッパ)|Group (グループ)
Guff(ガフ)|Laugh(笑う)
Gulliver(ガリバー)|Head(頭)
Guttiwuts(ガディワッツ)|Guts(内臓)



Hen-korm(ヘン・コーン)|Chickenfeed(はした金)
Hi,hi,hi,there(ハイハイハイゼア)|やあみんな※
Horn(ホーン)|To Cry Out(大声で叫ぶ)
Horrorshow(ホラーショー)|Good, well(素晴らしい)
Hound-and-Horny corny (ハウンド・アンド・ホーニーコーニー)|corny(陳腐)



In-out-in-out(インアウト・インアウト)|Sex(セックス)
Interessovat(インタレソバット)|To interest(興味を持つ)
Itty(イッティ)|To go(行く)



Jammiwam(ジャミワム)|Jam(ジャム)
Jeezny(ジーズニー)|Life(人生)



Kartoffel(カートフェル)|Potatoes(ジャガイモ)
Keeshkas(キーシュカ)|Guts(内臓)
Kleb(クレブ)|Bread(パン)
Klootch(クルーチ)|Key(鍵)
Knifey moloko(ナイフィー・モロコ)|麻薬入り牛乳※
Knopka(ノプカ)|Button(ボタン)
Kopat(コパト)|To Dig(掘る)
Koshka(コシュカ)|Cat(猫)
Kot(コット)|Tomcat(オス猫)
Krovvy(クルービー)|Blood(血)
Kupet(クーペット)|To Buy(買う)



Lapa(ラパ)|Paw(前足)
Lewdies (リューディ)|People(人々)
Lighter(ライター)|Crone(複製)
Litso(リッツォ)|Face(顔)
Lomtick(ロムチック)| Slice(スライス)
Loveted(ラブテッド)|Caught(捕えられた)
Lubbilubbing(ラブラビング)|Making love(性行為)
Luscious Glory(ラシャス グローリー)|Hair(髪)



Malchick(マルチック)|Boy(少年)
Malenky(マレンキー)|Little(ちょっと)
Maskies(マスキー)| マスク※
Maslo(マスロ)|Butter (バター)
Merzky(メルズキー)|Filthy(不潔な)
Messel(メッセル)|Thought(考え)
Mesto(メスト)|Place(場所)
Millicent(ミリセント)|Policeman(警察官)
Minoota(ミノータ)|Minute(分)
Milk plus(ミルク・プラス)| 麻薬入り牛乳※
Molodoy(モロドイ)|Young(若い)
Moloko(モロコ)|Milk(牛乳)
Moloko plus(モロコ・プラス)|麻薬入り牛乳※
Moodge(ムージ)|Man(人)
Morder(モルダー)|Snout(鼻)
Mounch(マンチー)|Snack(軽食)
Mounch-wunching(マンチー・ウンチング)|軽食を食べている※
Mozg(モズグ)|Brain(脳)
Mum(マム)|ママ※



Nachinat(ナッチナット)|To Begin(始める)
Nadmenny(ナッドメニー)|Arrogant(尊大な)
Nadsat(ナッドサット)|Teenage(10代)
Nagoy(ナゴイ)|Naked(裸)
Naughty,Naughty,Naughty!(ノーチーノーチーノーチー!)|いけないンだ!※
Nazz(ナズ)|Fool(馬鹿)
Neezhnies(ニーズニー)|Underpants(下着)
Nochy(ノチー)|Night(夜)
Noga(ノガ)|Foot(足)
Nozh(ノズ)|Knife(ナイフ)
Nuking (scent) Smelling (of perfume)(ナキング・スメリング)|to smell, take a whiff(匂いを嗅ぐ)



Oddy-knocky(オッディ・ノッキー)|Lonesome(一人ぼっち)
Odin(オディン)|One(1)
Okno(オクノ)|Window(窓)
Oobivat(ウービバット)|To Kill(殺す)
Ookadeet(ウーカビート)|To leave(去る)
Ooko(ウーコ)|Ear(耳)
Oomny(オムニ)|Clever(賢い)
Oozhassny(ウザースニー)|Terrible(ひどい)
Oozy(ウージー)|Chain(鎖)
Orange(オレンジ)|Man(男)
Osoosh(ウースシュ)|To Dry(乾かす)
Otchkies(オチキー)|Eyeglasses(眼鏡)



Pan-handle(パンハンドル)|Erection(勃起)
Pee(ピー)|Father(パパ)
Pee and Em(ピーアンドエム)|両親※
Peet(ピート)|To Drink(飲む)
Pishcha(ピスチャ)|Food(食べ物)
Platch(プラッチ)|To Cry(泣く)
Platties(プラティ)|Clothes(服)
Plenny(プレニー)|Prisoner(囚人)
Plesk(プレスク)|Splash(跳ねる)
Pletcho(プレチョー)|Shoulder(肩)
Plott(プロット)|Flesh(肉体)
Podooshka(ポドーシュカ)|Pillow(枕)
Pol(ポル)|Sex(セックス)
Polezny(ポレズニー)|Useful(役に立つ)
Polyclef(ポリークレフ)|Skeleton key(合鍵)
Pony(ポニー)|To understand(理解する)
Poogly(プーガリ)|Scared (怯えた)
Pooshka(プーシカ)|Gun (銃)
Pop-disk(ポップディスク)|Pop-music disc(ポップレコード)
Prestoopnik(プレストゥプニク)|Criminal(犯罪者)
Pretty Polly(プレティ・ポリー)|Money(大金)
Privodeet(プリヴォディート)|To lead somewhere(どこかに導く)
Prod(プロッド)|To produce(生じる)
Ptitsa(プティッツァ)|Girl(女)
Pyahnitsa(ピャニトサ)|Drunk(酔う)



Rabbit(ラビット)|Work(仕事)
Radosty(ラドシー)|Joy(喜び)
Raskazz(ラスカズ)|Story(物語)
Rasoodock(ラズードックス)|Mind(思案中)
Raz(ラズ)|Time(時間)
Razdrez (ラズドラズ)|Upset(動揺)
Razrez(ラズレズ)|To Rip(破る)
Rooker(ルッカー)|Hand(手)
Right,right(ライト・ライト)|OK※
Rookerfull(ルッカフル)| 雀の涙※
Rot(ロット)|Mouth(口)
Rozz(ロズ)|Policeman(刑事)



Sabog(サボグ)|Shoe(靴)
Sakar(サカール)|Sugar(砂糖)
Sammy(サミー)|Generous(寛容な)
Sarky(サーキー)|Sarcastic(皮肉な)
Scoteena(スコチーナ)|Cow(獣のようなメス牛)
Shaika(シャイカ)|Gang(ギャング)
Sharp(シャープ)|Female(女性)
Sharries(シャーリーズ)|Balls(ボール)
Shest(シェスト)|Pole(ポール)
Shilarny(シラルニー)|Concern(心配)
Shive(シーブ)|Slice, cut(薄く切る)
Shiyah(シーヤー)|Neck(首)
Shlaga(シュラガ)|Club(クラブ)
Shlapa(シュラパ)|Hat(帽子)
Shlem(シュレム)|Helmet(ヘルメット)
Shoom(シューム)|Noise(騒音)
Shoot(シュート)|Fool (馬鹿)
Sinny(シニー)|Movies, film(映画)
Skazat(スカザット)|To say(言う)
Skolliwoll(スコリウォル)|School(学校)
Skorry(スコリー)|Quick, quickly(早く)
Skriking(スクリキング)|Scratching(引っ掻く)
Skvat(スクバット)|To Grab(つかむ)
Sladky(スラブキー)|Sweet(甘い)
Sloochat(スルーチャット)|To happen(起こる)
Slooshy,Slooshied(スルージー、スルーシュ)|To listen, hear(調べ・聴く)
Slovo(スロボ)|Word(言葉)
Smeck(スメック)|Laugh(笑い)
Smot(スモット)|To look(見る)
Sneety(スニーティ)|Dream(夢)
Snoutie(スヌーティ)|Tobacco, snuff(嗅ぎタバコ)
Snuff It(スナッフ イット)|To Die(ぶっ裂く・死にたい)
Sobirat(ソビラット)|To Pick Up(拾う)
Sod(ソド)|Bastard、Sodomite(アナル野郎)
Sodding(ソッディング)|Fucking、Sodomy(クソッタレ)
Soomka(スームカ)|Bag(醜い)
Soviet(ソビエト)|Advice, order(アドバイス、命令)
Spat, Spatchka(スパット、スパチカ)|Sleep(睡眠)
Spoogy(スプーギー)|Terrified(おびえる)
Staja(スタージャ)|State Jail(刑務所)
Starry(スタリー)|Old, ancient(古い)
Steakywakes(ステーキウェイクス)|ステーキ※
Strack(ストラック)|Horror(恐怖)
Synthmesc(シンスメスク)|A particular drug(麻薬の一種)



Tally(トーリー)|Waist(腰)
Tashtook(タッシュトゥック)|Handkerchief(ハンカチ)
Tass(タス)|Cup (カップ)
Tolchock(トルチョック)|To hit(殴る)
Toofles(トーフル)|Slippers(スリッパ)
Tree(ツリー)|Three(3)


Ultra-violence(アルトラバイオレンス)|超暴力※



Vareet(ヴァリート)|To cook up(料理する)
Vaysay(ヴァイセイ)|Washroom, toilet(トイレ)
Veck(ベック)|Guy(男)
Vellocet(ベロセット)|A particular drug(麻薬の一種)
Veshch(ベスチ)|Thing(もの)
Viddy(ビディー)|To see(見る)
Voloss(ボロス)|Hair(髪)
Von (ボン)|Smell (におい)
Vonny(ボニー)|くさい※
Vred(ヴレッド)|To Harm(危害を加える)



Warble(ウォーブル)|Song(歌)
Well,well,well(ウェルウェルウェル)|あれあれあれ※
Welly,welly,welly,welly,welly,welly,well!(ウェリーウェリーウェリーウェリーウェリーウェリーウェル!)|これはこれは!※
Wunching(ウンチング)|食べる※



Yahma(ヤーマ)|Hole(穴)
Yahoody(ヤホーディ)|Jew(ユダヤ人)
Yahzick(ヤジック)|Tongue(舌)
Yarbles(ヤーブル)|Balls, testicles(睾丸)
Yarblockos(ヤーブロッコ)|睾丸野郎※
Yeckate(イェッケト)|To Drive(運転)
Yes?(イエース)|あン?※



Zammechat(ザメチャット)|Remarkable(驚くべき)
Zasnoot(ザスノート)|To Sleep(眠る)
Zheena(ジーナ)|Wife(妻)
Zoobies(ズービー)|Teeth(歯)
Zvonock(ズボノック)|Doorbell(ドアベル)
Zvook(ズブーク)|Sound(響き)

(出典:Nadsat Dictionary Reprinted from the novel "A Clockwork Orange"

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
unkleum
※アメリカ陸軍による兵員募集ポスター。この人物が「アンクル・サム」。

iwyfmj
※アンクル・サムをハートマン軍曹に変えたパロディ・ポスター。

 アンクル・サム(Uncle Sam)は、アメリカ合衆国を擬人化した架空の人物。アメリカ合衆国の象徴とされる。また、アメリカ人一般をさすこともある。United States(アメリカ合衆国)と頭文字が同じU・Sなためこう名付けられたとされる。日本語としてはサムおじさんとも呼ばれる。

(引用先:wikipedia:アンクル・サム


 ハートマン軍曹のミニタリー・ケイデンス(訓練歌)で「アンクル・サムが大好きな、俺が誰だか教えてよ(I love working for Uncle Sam Let me know just who I am)」と歌われていましたが、ニュアンスを考えて意訳するとアンクル・サム=U・S=アメリカなので「アメリカを愛してる俺様を、一体誰だか知ってるかい?」となり、続けて「1、2、3、4、アメリカの海兵隊! 1、2、3、4、俺の愛する海兵隊!(1,2,3,4, United States Marine Corps! 1,2,3,4, I love the Marine Corps!)」となるので、愛国心や海兵隊に対する忠誠心を示す歌だということがわかります。

 ただ「アンクル・サム」自体が「アメリカおじさん」的な扱いなので、決して盲目的に愛国心を煽っているようには感じられません。それはベトナム戦争当時の徴兵制度で、一部の高所得者層の子弟は大金を払って弁護士を雇い、徴兵を免れていたという現実があるからです。パリス・アイランドに集められた新兵たちは、それができなかった中間所得者層以下の若者たちでした(教育レベルの低い層である事はスノーボールの「本の車庫」という台詞によって端的に示されている)。彼らは「本当は戦場なんて行きたかねえよ。だいたい金持ち連中は兵役逃れて反戦運動とか気楽なことやってんじゃん。なんで俺たちだけこんな目にあわなきゃいけないんだ?」という意識を持っていました。もちろん教官であるハートマン軍曹もその事は十分知っているので、この歌に限らず罵詈雑言のいちいちが皮肉に満ちているのはそのためです。大学生(当時は高所得者しか行けなかった)の多くを銃殺したチャールズ・ホイットマンを賞賛したり、戦争を他人事のようにクリスマスを祝う銃後の連中への当て付けに「ハッピー・バースデー・ディア・ジーザス」と歌う軍曹が愛されているのは、こういった新兵たちの心理をよく理解していたからなのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 『2001年…』でフランク・プールが受け取った地球からのバースデー・ビデオメッセージの最後に父親が言った台詞。何故か映画監督のジョン・ランディスがこの台詞を気に入ってしまい、自作品の中で度々言及しています。その登場シーンを集めた動画がこちら。



 最初から順に『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』(監督はギレルモ・デル・トロ)『ケンタッキー・フライドムービー』『狼男アメリカン』『マイケルジャクソン/スリラー(PV)』『ブルース・ブラザース』『スパイ・ライク・アス』。英語版wikiによるとこれ以外にこんなにも言及が・・・。何故ここまでランディスを駆り立てるのか、それはランディス本人のみぞ知る、です。

このページのトップヘ