キューブリック関連動画

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 キューブリックが『バリー・リンドン』を制作するとき、18世紀の再現に異常なまでの執念を燃やした話はよく語られますが、その資料となった画家たちの絵画と、『バリー…』でのシーンを比較した動画がありましたのでご紹介。

 ここに紹介されている画家たちとその絵は、「そのシーンに似た絵を集めた」というものであって、必ずしもキューブリックが「このシーンにはこの絵を参考にした」と断定できるものではありません(それが可能なのはキューブリック本人だけでしょう)。ただ、ウィリアム・ホガースやトマス・ゲインズバラ、ジョン・コンスタブル、ジョシュア・レノルズなどはよく名前の挙がる画家なので、これら18世紀の画家たちの多くの絵画を参考にしたのは間違いないでしょう。

 キューブリックが18世紀の再現に固執したのは、『2001年宇宙の旅』で21世紀の再現(・・・というより、可能な限りの未来予測)に固執したのと同様、作品の陳腐化を怖れたためではないかと考えています。キューブリックは自分の死後も作品は永遠に遺るのだから、自作になるべく長い期間、説得力と生命力を持たせたかったのではないでしょうか。それが成功を収めているのは、昨今のキューブリック作品の再上映や、『スタンリー・キューブリック展』の盛り上がりを見ても明らかです。

 同様の趣旨の動画ですが、こちらも参考にどうぞ。



上記動画で紹介されている絵画とその作者
"La mattina" William Hogarth
“Molly Longlegs” George Stubbs
“Il Campo di Grano” John Constable
“Assembly at Wanstead House” William Hogarth
"Blue Boy" Thomas Gainsborough
“Robert Orme” Joshua Reynolds
“La taverna” William Hogarth
“Mr and Mrs Andrews” Thomas Gainsborough
“Sarah Campbell portrait” Joshua Reynolds
“Penelope Unravelling Her Web” Joseph Wright of Derby.
“Il contratto" William Hogarth
“Morse's Gallery of the Louvre” Johann Joseph Zoffany,
“La passeggiata del mattino” Thomas Gainsborough
“L'incubo” di Johann Heinrich Fussli
“Malvern Hall Warwickshire” John Constable


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


──あなたは『現金に体を張れ』に出演しておられましたね?

 スタンリー・キューブリックの! まったく素晴らしい映画だ。

──誰を演じられましたか?

 私はマリー・ウィンザーの夫を演じた。競馬の係のね。いい映画だった。スタンリーの最初の映画だ。ニューヨークで短編を3000ドルで作ってから(※『非情の罠』のこと)、こっちに来て監督した映画だ。いい映画、素晴らしい監督だ。後の作品を見てもわかるだろう? 良い監督だ。

──それで、その映画で何をされていましたか?

 どういう意味だ? ショットガンで撃たれる役さ。覚えてないのか? 私の顔がめちゃくちゃになる・・・。

──どうやってそのシーンを撮ったんですか?

 メイクアップの男が良い仕事をしてくれた、本当に。素晴らしい男だった。BB弾を私の顔に貼り付けたんだ。それから私は妻を撃って殺して死ぬ。スターリングは恋人と一緒に逃げる。彼は素晴らしい俳優だった。昔落下傘兵をしていたんだ、知ってたかい? オリジナルのエンディングでは彼はFBIに蜂の巣にされて倒れて死ぬ予定だったんだ。だが彼は落下傘兵の仕事で背中を痛めていたからできなかった。だからエンディングを変えたんだ。覚えてるかい? 犬が出て来て、札束が舞い散るエンディングになったんだ。良いファミリー、良い男だった。キューブリックは私に『ロリータ』のためにイギリスに来て欲しかったんだが、イギリス側はスターを欲していた。私のような個性派俳優は望まれていなかったんだ。




 このインタビュアーは『現金…』を観ずにこのインタビューをしたんでしょうか。終始話が噛み合わす、ちょっとじれったいですね。とはいえ、『現金…』のオリジナルエンディングの話は貴重です。当初は完全なバットエンドだったんですね。『ロリータ』のキャスティングの話も出てきますが、これはハンバート役でしょうか? キルティ役でしょうか? どちらもあり得る話ですが、エリシャならハンバートのような気がします。

翻訳協力:Shinさま

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
手塚眞氏が語る、手塚治虫とキューブリックとのエピソードは5:07から。

 手塚眞氏は過去に幼い頃に父、手塚治虫に連れられて『2001年宇宙の旅』を観に言ったエピソードを語っていましたが、例の「キューブリック手紙事件」に言及したのを初めて見ました。興味深いのは手塚氏自ら「父は『2001年…』から逆影響を受けた」と語っていること。主に宇宙船のデザインなど未来イメージについてですが、それは手塚治虫だけでなく、日本中、いや世界中のクリエーターが影響を受けまくったのは周知の事実です。

 その「キューブリック手紙事件」は、長い間「手塚治虫のホラ話」と疑われていました。と、いうのも時系列が合わなかった(手塚治虫の証言通りならキューブリックはまだ『2001年…』の制作に着手していない)からです。それは「【考察・検証】キューブリックが『2001年宇宙の旅』の美術監督を手塚治虫にオファーしたのは本当か?を検証する」の記事で検証した通り、手塚治虫自身が単に1年勘違いしていただけ、ということを証明してみせました。手紙の中身は焼失してしまいましたが、封筒は現存しているので現在この件を疑う人はもういないでしょう。

 このラジオ番組「岡村洋一のシネマストリート」は、かわさきFM(79.1MHz)で毎週月曜日13:00〜15:00放送だそうです。興味のある方は聴いてみてはいかがでしょうか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
LVinter

──キューブリックが死去してからの『アイズ ワイズ シャット』の編集の経験を教えてください。

 幸運なことに、彼が編集したカットが残っていたんだ。ニューヨークにいるテリー・セメル、ボブ・デイリー、そしてトム・クルーズとニコール・キッドマンに見せるために送ったものがね。音楽なども追加したもの全て入っていた。なのでいつも通りの作業だったんだ。私が何か加えたり、削ったりする余地はなかった。ただアメリカでの検閲を除いてね。皮肉なことさ。イギリスでも他のどの国でも問題なかったのに、いきなり「検閲」だからね。確かに難しかった。しかしそれはキューブリックが生きていた時もそうだったからね。彼はいつもより良いものを作るために闘っていたから。だから彼が亡くなってからも彼のように僕たちは働いたんだ。より良い作品にするために。まさに 「試練」だったよ。彼がなにをあの映画に望んでいるか、ということを理解するというためにね。

──キューブリックが好きだった映画は何だったのでしょうか?彼が『ハード・プレイ』が好きだったというのは本当ですか?

 本当ですよ。スクリューボール・コメディ系の映画がお気に入りだった。あとはマックス・オフリュス監督の『たそがれの女心』も。私も好きな映画だ。美しい技術と、俳優が自由になっているところが素晴らしい。キューブリックは映画のそういう(イングマール)ベルイマン監督的なものが気に入っていたんだ。セリフや意識下のものをとても重要に考えていた。

──『バリー・リンドン』で役をゲットした経緯は?

 『2001年…』と『時計…』を見て、彼と仕事がしたい!と思ったんだ。丁度その時に彼は『バリー・リンドン』の準備中だった。彼が『バリー…』を作ろうと思ったのはロッド・スタイガーがナポレオン(『ワーテルロー』のこと)をやってしまって、同じことをやりたくなかったから。そのおかげで、彼と会えて、一緒に働くことになったんだ。『A.I.』もそう。その時には彼の欲しい特撮の技術がなかったから諦めたんだ。それから時が経って、『シンドラーのリスト』が公開されて大評判になった。彼は気づいたんだ、これはまずいって。なぜならハリウッドでは「もうこっちにはホロコースト映画がある。何でまた同じものを作らなきゃいけない?」って言われるからね。でも考えて欲しい。一千もの恋愛映画があるからって、新たな恋愛映画を作るのをやめるかい?全くおかしな話だよ。まあ、そういう訳でスタンリーはいつも自分の映画を保留にしてたんだ。準備ができたら作ろうという映画がね。『A.I.』のことで言えば、『アイズ…』の撮影が終わった時にスタンリーは言ってくれたんだ、「レオン、どうだい?新しい映画のために数年また働かないか?」って。とても興奮したよ。これはすごいことになる、って思った。待ち遠しかったよ。残念なことに叶うことはなかったけどね・・・。

──現在の映画で、キューブリックが気にいると思う映画はありますか?

 もちろん。『ファントム・スレッド』は気にいると思う。『ROME』、『パンズ・ラビリンス』もね。多くの映画を愛すると思う。もし彼が今も生きていたら、僕たち二人は一緒に毎週末集まって映画を観ただろうね、音がうるさいプロジェクターを使ってね。昔のように。




 今年のカンヌ映画祭に4K版『シャイニング』が上映されましたが、その際にゲストとして招かれたレオン・ヴィタリへの質問をスタンリー・キューブリック公式アカウントで募集していました。そのアンサー動画の訳になります。

 ここでレオンが語っている『アイズ…』のアメリカの検閲のことですが、これは『アイズ…』の乱交シーンに対して、アメリカではR指定(オリジナルのままだとNC-17(X)指定になる可能性があった)を得るために、デジタル修正が加えられてしまった件です。日本ではオリジナルのまま公開されましたが、これについては当時、ファンの間からかなりの批判の声が挙がりました。詳細はこちらでご確認ください。

 また、キューブリックが何らかの形で支持を表明した映画のリストは『スタンリー・キューブリックが好んだ映画のマスター・リスト(2016年7月25日改訂版)』にまとめてありますので、興味のある方はぜひご覧ください。

翻訳協力:Shinさま

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
SSV

 ネット動画の世界もそろそろ4Kが頻繁に見られるようになってきました。その4KCGで再現した『2001年宇宙の旅』宇宙ステーションV(ファイブ)の動画なのなのですが・・・モデリングの作り込みが甘く、せっかくの4Kを活かしきれていない気がします。シャドウが強すぎですし、窓も光らせて欲しかったですね。ちょっと残念です。

 ところでこの宇宙ステーションVが「作りかけ(未完成)のまま運用」であるというのが、リアルに感じる一因だと思うのですが、このアイデアは『2001年…』が初めてだと思っています。それ以前に例があれば掲示板などでぜひお知らせください。

このページのトップヘ