キューブリック関連動画

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

BGMが「ドナウ」ではないのが残念。


『2001年…』の該当シークエンス。走っているのはフランク・プール。

 クラークの小説『2010年宇宙の旅』の序文にあった以下の文章を読んで、ぜひその映像を見てみたいと思った方は多いのではないでしょうか。さすがYoutube、あるんですねその映像が。

 あの映画(※『2001年…』)のなかで技術的にもっともすばらしい場面のひとつは、フランク・プールが、ディスカバリー号の居住区をかこむ円弧状のトラックをぐるぐると走る部分だった。巨大な遠心機の回転によって「人工重力」が作られ、そんな運動ができるわけである。

 それから十年近くののち、大成功を収めたスカイラブのクルーが、ステーション内部にこれと似た構造を発見した。壁面にぐるりと取り付けられた貯蔵用の箱が、うまいぐあいになめらかな円弧を描くのである。スカイラブは回転していないが、才気煥発の住人たちはそれくらいではくじけなかった。やがてリスがかごに入れられたハツカネズミ式に、トラックをただ走りさえすれば、『2001年』のあの場面とほとんど見分けのつかない情景となることがわかった。これはテレビで地球に向けて放映され(バックミュージックはあらためて紹介するまでもない)、「スタンリー・キューブリック必見」のコメントが添えられた。やがてスタンリーは、わたしの送ったビデオ録画でこれを見ることになる(テープはとうとう返してもらえなかった。スタンリーはおとなしいブラック・ホールを整理用に飼いならしているからだ)。

(「『2010年宇宙の旅』はじめに」より)

 上の映像は著作権の問題からか、間の抜けたBGMになっていますが、オリジナルはクラークの説明の通りならBGMは『美しき青きドナウ』(※『2001年…』での該当シークエンスではハチャトゥリアンの『ガイーヌのアダージョ』でしたが、クラークが「紹介するまでもない」とするほど有名だとすれば『ドナウ』だと思います)だった筈です。

 このスカイラブ計画、詳細はwikiでご確認いただくとして、アポロ計画の残債流用という位置づけや、華々しいスペースシャトル計画の間にあったためか、今じゃすっかり地味な存在ですが、当時唯一の本格的な有人宇宙開発計画だったので心踊らせたものです。現在の国際宇宙ステーション(ISS)もこのスカイラブやアポロの実績があってこそ。もっと評価されてもいいと思いますね。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

日本語版


英語版

 観る者に強烈なインパクトを残す『時計…』の予告編ですが、その日本語版になります。単純に英語版のテキストを日本語に置き換えただけですが、ニコニコのコメントではフォントの評判が悪いようです。

 まあこの時代、フォント(書体)の数は限られていて、ゴシック系で太めのものってなかったんじゃないでしょうか。バランスも悪くて確かにダサいですが、この時代の広告や出版物を見ても同じようなものなので、逆に「味」として楽しんで欲しいですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 映画監督スタンリー・キューブリックの名言を集めた動画の第二弾です(第一弾はこちら)。主に映画製作論、技術論などに関する言葉を集めてみました。宜しければご覧ください。ニコニコ版はこちら

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 もし有名監督がクリスマスを映画化したらどうなるか?というパロディ動画。もちろんキューブリックも登場。個人的にはスピルバーグマーティン・スコセッシ、マイケル・ムーアあたりがツボでした(笑。でもこのメンツに何故エイゼンシュテインが混ざっているのかが謎。製作者の趣味でしょうかね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
02
Eyes Wide Shut (1999) - Original Kubrick Cut Teaser




 『アイズ…』の予告編は数種類ありますが、キューブリックが編集したのは上記動画のみです。実はこの撮影、トム・クルーズとニコール・キッドマン、そしてキューブリックだけの3人で行ったそうで、撮影の際には雰囲気を盛り上げる為に、セットでも同じように『バッド・バッド・シング』が流されました。よく見るとキッドマンの腰を振る仕草はリズムを取っているようにも見えますね。

 キッドマンはこの一連の撮影についてインタビューで

 「スタンリーは映画の中の二人の性生活が、実際の私たちの性生活であるかのように見せようとしていて、挑発的だった。でも私たちは気にとめなかった。明らかにそれは私たちではなかった」

(MAASH/2012年10月25日)


と答えています。つまり観客のノゾキ趣味を理解した上で、わざとそれを煽るような予告編を作ったのです。そしてその挙げ句、最後に突きつけた台詞が「ファック」ですからね。本当に底意地の悪い監督です(笑。

このページのトップヘ