キューブリック関連動画

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


映画「2001年宇宙の旅」公開50周年展
 
 フランクフルトの映画博物館では、3月21日から9月23日まで、スタンリー・キューブリック監督「2001年宇宙の旅」公開50周年を記念した特別展「Kubricks 2001. 50 Jahre A SPACE ODYSSEY」が開かれています。小道具や衣装、プロダクションノートや撮影中の写真など、貴重な資料を通し、映画史に多大な功績を残した同作品を改めて振り返ります。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:ドイツ・ニュースダイジェスト/2018年5月4日




 フランクフルトのドイツ映画博物館で開催中の『2001年宇宙の旅』公開50周年記念展覧会『Kubricks 2001. 50 Jahre A Space Odyssey』ですが、上記の記事はドイツ在住の記者の方のレポートです。でもやっぱりもっと詳細な展示内容を知りたいので、そろそろ誰かYouTubeにアップしてくれたりしていないかな?と考えて探したのが上記の動画です。見た限り、『スタンリー・キューブリック展』で展示されていたものより充実しているようです。でも最後のアレは謎(笑。単なる目隠しかな?

 この『2001年宇宙の旅』公開50周年記念展覧会の会期は9月16日まで。これ以降はスペイン・バルセロナで『スタンリー・キューブリック展』の開催が決定しています。日本に来るとしたら来年以降ですね(泣。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 キューブリックファンである管理人が、この動画を観てどう判定したかコメントするのは不公平だと思いますので、あえて何も言いません。ご覧になった方の判断にお任せしたいと思います。ちなみにキューブリック版は1980年、キング版は1997年公開です。

 ・・・ただ一言。「ダニーのキャスティングは間違っている気がする・・・!!」
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 キューブリックがルック社時代に撮影した写真を展示した写真展『Through a Different Lens:Stanley Kubrick Photographs』がニューヨーク市立博物館にて5月3日より開催中ですが、そのPVがアップされていたのでご紹介。ニューヨークといえばジャス、キューブリックといえばサントラに合わせた素早いカット割りですが、PVはまさにそんな感じ(笑。

 会期は10月28日まで。公式サイトはこちら
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


TIME Goes Inside Air and Space Museum's "2001: A Space Odyssey" Exhibit

〈前略〉

TIME was given special access to the exhibit and recorded the live performance of the film’s iconic theme song by the Barclay Brass band. Watch the 360° video below.

スミソニアン国立航空宇宙博物館の『2001年宇宙の旅』特別展

〈前略〉

 タイム誌は展覧会へ特別に招待され、Barclay Brassバンドによる映画のテーマソングのライブパフォーマンスを、360度VR動画で記録しました。

(全文はリンク先へ:TIME/2018年4月27日




 以前この記事でご紹介した ワシントンDCのスミソニアン国立航空宇宙博物館で現在公開中の『2001年宇宙の旅』特別展ですが、そのメインの展示である「白い部屋」のレプリカのインスタレーション(没入型展示)を、疑似体験できる360度VR動画がタイム誌によって制作され、公開になっています。

 昨年ロサンゼルスで展示されていた時から「再現度が高い」と話題になっていましたが、この動画を見るだけでもそれは伝わってきますね。この特別展の会期は2018年5月28日まで。公式サイトはこちら
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


Filmworker’ Trailer: Stanley Kubrick’s Personal Assistant Gives You Amazing Access to a Cinema Icon

After taking on the role of Lord Bullingdon in "Barry Lyndon," Leon Vitali devoted his life to working with Stanley Kubrick.

『フィルムワーカー』予告編:スタンリー・キューブリックのパーソナルアシスタントが、映画の巨匠を身近に

 レオン・ヴィタリは、 『バリー・リンドン』でブリンドン卿の役を務めた後、スタンリー・キューブリックとの仕事に専念しました。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:IndieWire/2018年4月18日




 以前この記事で第一報をお知らせした、レオン・ヴィタリを中心にしたドキュメンタリー『フィルムワーカー』の予告編がアップされました。5月11日よりアメリカの一部の映画館で上映が予定されているそうです。

 ヴィタリの肩書きはキャスティング監修、演技コーチ、ロケハン、サウンドエンジニア、色調補正、アシスタント・ディレクター、プロモーター、そしてキューブリック作品の復元監修と様々ですが、役者としては『バリー…』のブリンドン卿(成人)と『アイズ…』の赤マント役で出演しています。

 様々な役割の中で、特に『シャニング』でダニーの子守係、『フルメタル…』でのリー・アーメイの演技コーチ、来日しての『アイズ…』吹き替え版の演技指導などが知られています。特にトム・クルーズの吹き替えを担当した声優の森川智之に対し、ヴィタリはベッドシーンになるとスタジオにベッドを持ち込んで、寝そべりながら収録させたという逸話が残っています。

 ヴィタリは2008年にシネマトゥデイのインタビューに応えていますが、キューブリックの映画制作に対するスタンスを知るためには、知っておかなければならない重要な内容です。ぜひご一読ください。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ