キューブリック関連動画

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 『マイセン幻影』などのジョルジュ・シュルイツァーがメガホンを取ったサスペンス。旅行中に失踪した恋人を捜索し続ける男の行く末が描かれる。『パッション・ベアトリス』などのベルナール・ピエール・ドナデュー、『S&M ある判事とその妻』などのジーン・ベルヴォーツのほかヨハンナ・テア・ステーゲ、グウェン・エックハウスらが出演した。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:シネマトゥデイ/2019年4月4日




 以前この記事でご紹介しましたが、キューブリックが高評価を与えたサイコサスペンス映画の傑作『ザ・バニシング−消失−』(1988年作品・当時日本未公開)の本編映像が公開になったのでご紹介。

 「これまで観た映画の中で最も恐ろしい映画だ」とスタンリー・キューブリック監督が震撼−というキャッチコピーもさることながら、失踪するヒロイン、サスキア役はキューブリックが製作準備を進めていた幻の作品『アーリアン・ペーパーズ』の主人公ターニャ役にキャスティングされていたヨハンナ・テア・ステーゲです。この『アーリアン…』での衣装合わせやスクリーンテストの動画も残されていますので、そういった予備知識を入れつつ、このヨハンナのどこにキューブリックは魅力を感じたのかを考えながら鑑賞するというのもキューブリックファンとしてはアリなのかな、と思っています。

 4月12日(金)よりシネマート新宿他全国順次公開です。公式サイトはこちら
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 BFI(英国映画協会)が、スタンリー・キューブリック展のロンドン開催に合わせて2019年4月から5月にかけて『Kubrick: A definitive film season』と題し、イベントや特集上映をするそうです。

 上映作品は『時計じかけのオレンジ』『ロリータ』『非情の罠』『バリー・リンドン』『アイズ ワイド シャット』『シャイニング(144分版)』『現金に身体を張れ』『突撃』『スパルタカス』『2001年宇宙の旅』『フルメタル・ジャケット』。上映場所はBFIサウスバンクシアターです。

 また、マルコム・マクダウェルを迎えてのトークセッション、キューブリックに関するディスカッション、キューブリックに影響を受けた「Kubrickian(キューブリキアン)」たちの作品『メランコリア』『記憶の棘』『アメリカン・サイコ』『聖なる鹿殺し』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』『少年は残酷な弓を射る』『A.I.』『ダンケルク』『her/世界でひとつの彼女』『エンター・ザ・ボイド』『アンダー・ザ・スキン/種の捕食』『エクス・マキナ』の上映なども企画されています。

 『博士の異常な愛情』はありませんが、そちらはこっちで観てね、ということなんでしょうか? イベントの詳細はこちら
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 クラシックフィルム専門の配給会社「パーク・サーカス」によって、2019年5月17日よりイギリスで4K版『博士の異常な愛情』が公開されるそうですが、その予告編がYouTubeにありましたのでご紹介。また、義長女カタリーナ・キューブリックや、義弟でプロデューサーのヤン・ハーランが証言する『Stanley Kubrick Considers The Bomb』という短編ドキュメンタリーも同時上映されるそうです。

 かなり映像がクリアになっていますね。『博士…』はオリジナルネガを紛失してしまったため、キューブリックが状態の良いプリントから一コマ一コマカメラで撮影してコピー、それが現在のオリジナルフィルムですが、それを4K(ひょっとして『2001年…』のように8Kかも)スキャンしてレストア、DCP化したのではないでしょうか。ということは将来の4K版、8K版BDのリリースも予測できますし、おそらくそうなるでしょう。

 2015年にあった『ムービーマスターズ第一弾 スタンリー・キューブリック』という全国限定公開で、『博士…』は池袋の「新文芸坐」だけで上映されました。しかし、残念ながらソースはBD。今回はDCPですのでシネコンでも問題はないはず。上映が決定すれば『2001年…』ほどではないにせよファンが多いこの作品、話題にはなるでしょう。配給権を持つソニーさんにはぜひ日本での4K上映をご検討いただきたいですね。あと、ついでに商品化の許諾も。『博士…』のリッパー将軍Tシャツってあればちょっと欲しいです(笑。

 そのパーク・サーカスのサイトはこちら。プレスリリースはこちらです。

2016年3月29日追記:『博士…』はクライテリオン版BDで4K化(海外版のみ)されていますが、デモ映像を見る限りフィルムグレインが目立ち、4Kにしてはあまり画質が良くありません。今回の4K上映のマスターが新たにスキャンしたものなのか、クライテリオン版をリマスターしたものなのかは今のところ不明です。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 日本では今年で最後の『午前十時の映画祭』での上映が決定している『時計じかけのオレンジ』ですが、本国イギリスでは4月5日からの再上映が決定しました。その新予告編をご紹介。

 この『時計…』は、本国イギリスでは初公開の1972年以降、マスコミの執拗なバッシングや、悪質な脅迫に悩まされたキューブリックがイギリス国内での上映を禁止していましたが、その封印は逝去後の2000年になってやっと解かれました。2008年にも特別公開がありましたが、今回はそれ以来だと思います。上映時間は136分、2K DCPですので、日本での上映も同じマスターではないでしょうか。ロンドンではデザインミュージアムにて、2019年4月26日〜9月17日の日程で『スタンリー・キューブリック展』の開催が決定しています。それに合わせての公開でしょう。

 上記の新予告編の出来に関しては云々しませんが、やはりパブロ・フェロは偉大だった、ということでしょう。そのオリジナル予告編の制作裏話はこちらで記事にしていますので、興味のある方はぜひご覧ください。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 一足早く発売になった海外版をソースに、『2001年宇宙の旅』リマスターBDと4KUHDの画像比較動画がアップされていましたのでご紹介。

 こうして比べてみると結構色調が違いますね。全体的には4KUHDの方が赤味が強いように感じます。同じ8Kマスターを用いているはずなのに、ここまで違うのは何か理由があるのかどうかはわかりませんが、好みとしてはリマスターBDの方です。当然ですが、解像度は4Kの方が上です。画像のエッジの鮮明さがHDと4Kではここまで違うのか、と驚かされます。

 4Kの視聴レポートはいくつか目にしましたが、色調に関しては再生装置(液晶TVやBDプレーヤー)越しに比較したところでメーカーや設定でどうにでも転んでしまいますので、あまり意味はないと感じていました。一番確実なのはディスクをPCに読み込んで、画像データそのものを比較する方法です。この動画はおそらくそうしてPCでキャプチャしたものを比較しているようですので、かなり説得力がありますね。とても参考になる動画だと思います。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

このページのトップヘ