キューブリック関連動画

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
アカデミー撮影賞発表シーンは1:59から。

SK&METY
『スパルタカス』を撮影中のキューブリックとラッセル・メティ。

 「スタンリーと撮影監督ラッセル・メティの仲は散々なものだった。冗談なのか本気なのかわからなかったが、ラスはよく『さあ、あのブロンクスのユダヤ男をクレーン車から追い出してやろう』と言った。スタンリーはちっとも気に留めなかった。少しもだ」(ローレンス・オリビエ)

 「ラッセル・メティにとって、キューブリックはやっと髭が生えてきた青二才にしか思えなかったのだろう。『こいつが映画を監督するのか。こいつにカメラを置く位置を指示されるのか。冗談だろう』それが彼の態度だった」(トニー・カーティス)

(引用:評伝『映画監督 スタンリーキューブリック』より)




 ラッセル・メティは『G・I・ジョウ』(1945)、『凱旋門』(1948)、『心のともしび』(1954)、『荒馬と女』(1961)など数多くの作品に参加し、ハリウッドの黄金期を支えた伝説的な撮影監督で、特にオーソン・ウェルズの『黒い罠』(1958)では冒頭の長回しによる撮影が有名です。そんなメティにとってアンソニー・マン監督の代わりにやってきた、当時若干30歳のキューブリックなど青二才にすぎず、20歳以上も年上の自分がキューブリックの指示に従うなど屈辱以外の何者でもなかったのでしょう。一時期、クレジットから自分の名前を削除するように求めたこともあったそうです。

 一方のキューブリックはカメラマン出身でもあり、撮影に関しては並々ならぬこだわりを持っていました。ハリウッドデビュー作『現金に体を張れ』で、名カメラマンのルシアン・バラードと対立した時と同じように、『スパルタカス』おいても相手が誰であろうと、自流を貫き通しました。プロデューサーであるエドワード・ミュールにメティが辞めると脅した時も、キューブリックは「黙って椅子に座って仕事をすればいい。僕が撮影監督をやる」と言い放ったそうです。

 『スパルタカス』は1960年アカデミー賞で撮影賞(カラー)を受賞しましたが、撮影監督のクレジットはメティなので受賞したのはメティでした。しかし、前述の通り実際にその仕事をしたのはキューブリックでした。メティはアカデミー賞受賞における興行的な価値を考え、受賞を辞退したり、表立って映画やキューブリックを批判することは避けましたが、この動画で見られる「ちっとも嬉しそうではない受賞スピーチ」は、そんなメティの屈辱的な思いが透けて見える、非常に貴重なものだと言えるでしょう。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 現在、ニューヨークの映像博物館(Museum of the Moving Image)で開催中の『エンビジョニング2001』(Envisioning 2001: Stanley Kubrick's Space Odyssey)の展示を紹介した動画がありましたのでご紹介。

 詳細はともかく、展示の雰囲気はよくわかります。宇宙船のモデルや無重力トイレの注意書きはレプリカでしょう。猿人、宇宙服やヘルメット、HALは製作当時の衣装やプロップです。ハミルトンの腕時計やアルネ・ヤコブセンのカトラリーは、一般流通した商品だと思います(詳細不明)。「赤かピンクか論争」で「ピンク」と判定されたジンチェアは、カバーがピンク(マゼンタ)に変更されたようです。ハーディ・エイミスがデザインした「未来の服」のデザイン画が充実しています。

 図面やメモなどの紙資料は拡大コピーして展示という方法を採っていますが、実物を見たかった方には不満があるかも知れません。ただ、照明を当てて展示するという方法は紙の劣化を促してしまいますので、このあたりの判断は難しいところ。

 開催は7月19日まで。公式ホームページはこちらです。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 『トランボ/ハリウッドに最も嫌われた男』でダルトン・トランボを演じたブライアン・クランストンが、『シャイニング』のパロディCMでジャック役を演じるなんて、タチの悪い冗談みたいな話ですが、『スパルタカス』でトランボにさんざん苦労させられたキューブリックが観たら何て言うでしょう? このCM、マウンテン・デューが2020年2月2日に行われるスーパーボウルでオンエアするそうですが、そういえばキューブリックはアメフトファンでしたね。

 パロディ自体はなんのヒネリもないものですが、この記事でご紹介した「ディープフェイク」のように見えます。ですが、どうやらセットを立てて撮影したようです。ちなみにウェンディ役はダイアナ・ロスの娘、トレイシー・エリス・ロスです。

 まあ『シャイニング』の愛され加減は今に始まったことではないですが、以前こちらでご紹介した数々の『シャイニング』パロディCMの既出のアイデアの範疇でしかないのは、ちょっと残念ではありますね。



 タイプライターのバージョンもありました。
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 映画制作において、楽な仕事なんて(現場レベルでは)まったくないと言っていいかと思いますが、中でもカメラマンやカメラオペレーターの苦労は他に比するものがないくらい大変な仕事です。この動画はそんなカメラマンやカメラオペレーターの悪戦苦闘ぶりが一挙に紹介されていて、大変興味深いものになっています。

 0:45に登場する『シャイニング』で、シェリー・デュバルを追いかけるギャレット・ブラウンのシーンを始め、様々な映画の様々な撮影風景が登場しますが、こうして見ると現場では様々な工夫が凝らされているのがわかります。

 ショットの代表的な例に

(1)カメラを肩や三脚に乗せたパンやチルト
(2)カメラを乗せた台車(車輪付きやレール)を走らせるドリーショット
(3)カメラをクレーンに乗せたクレーンショット
(4)ステディカムを使った手持ち撮影

などがありますが、これらを色々組み合わせたり、他の移動手段(バイク、車など)を使ったり、中にはスタントまがいのワイヤーアクションまで。カメラマンも命がけです。

 エンドクレジットに掲載されたカメラマンの名前には敬意しかありませんが、この動画で多く使用されているのがステディカムであるとう事実が、いかにこの装置の発明が画期的だったかを物語っています。発明者のギャレット・ブラウンと、その特性を存分に生かしきった映像を史上初めて『シャイニング』で実現(ステディカムを使用した史上初の映画は『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』)させたキューブリックは、やはり特筆すべき「先駆者」だと思いますね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


10位:イングマール・ベルイマン
9位:ウディ・アレン
8位:スティーブン・スピルバーグ
7位:オーソン・ウェルズ
6位:フランシス・F・コッポラ
5位:黒澤明
4位:フェデリコ・フェリーニ
3位:マーティン・スコセッシ
2位:アルフレッド・ヒッチコック
1位:スタンリー・キューブリック

選外:クエンティン・タランティーノ、ロマン・ポランスキー、ジャン・ルノワール、ジャン=リュック・ゴダール、コーエン兄弟、デヴィッド・リンチ、




 順位はともかくも、10人となると妥当な線だとは思います。あと当落選上で思い浮かぶのはリドリー・スコット、ジェームズ・キャメロン、アンドレイ・タルコフスキー、ジョン・フォード、フランソワ・トリュフォー、小津安二郎などでしょうか。(他にありましたらごめんなさい。汗)

 そういえばチャップリンがいませんが、いわゆる「現代的映画」はトーキー以降なので、除外されてもやむなしかと。トーキー以前と以降では「映画の語り方」がカラー化以前、以降以上に根本から違うので、トーキー以前の名監督はそのカテゴリで選ぶべきだと思います。もっともキューブリックは「トーキー以降にトーキー以前の方法論を好んで使った」映画監督なんですけどね。

 スピルバーグやスコセッシ以降の世代が圏外なのは、まだバリバリの現役なので評価が定まっていないからでしょう。優秀な監督はたくさんいますが、「偉大」となると「巨匠感」が必要になってきます。今後に期待ですね。

このページのトップヘ