キューブリック関連動画

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



アークティック・モンキーズ、新作より「Four Out Of Five」のMVを公開

 約5年ぶりの新作『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』をリリースしたばかりのアークティック・モンキーズが、アルバムからのリード・トラック「Four Out Of Five」のMVを公開した。

 監督を務めたアーロン・ブラウン&ベン・チャペルは、2013年の前作『AM』に収録された「R U Mine?」や、「Why’d You Only Call Me When You’re High?」も手がけたコンビで、撮影は英ヨークシャーにて敢行。既にファンの間では、スタンリー・キューブリックの世界観を思わせると話題になっている。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Rolling Stone/2018年5月14日




 キューブリックが好んで使用したカメラワークといえば「横移動・前後移動のドリーショット」「ローポジションのステディカム」「広角レンズによる手持ち撮影」「ゆっくり、もしくは素早いズームイン・ズームアウト」などですが、このMVにはそのほとんどが使われています。しかも「一点透視でシンメトリーな構図」や「一瞬のインサートカット」まで登場。車の運転シーンのチープなリア・プロジェクションは『時計…』への、鍵のアップや二人の女の子は『シャイニング』へのオマージュでしょう。さらにロケ地は『バリー・リンドン』でリンドン家の邸宅の外観として使用されたカースル・ハワード。これで馬まで登場するとなると、もう確信犯としか言いようがありません(笑。

 このアークティック・モンキーズというイギリスのバンドについてはよく知らないのですが、将来を期待されている有望株だそうです。サウンドが1960年代的なのはメンバーの嗜好によるものが大きいようですね。今後の彼らの活動に注目しておきたいと思います。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 2018年4月15日、74歳で亡くなった「ハートマン軍曹」「ザ・ガニー(軍曹)」ことR・リー・アーメイへの追悼動画がアップされていましたのでご紹介。

 アーメイが演じた『フルメタル…』のハートマン軍曹は、ドリル・インストラクター(教練指導官)像を決定づけるものとして、これからも永遠に語り継がれることでしょう。

だが肝に銘じておけ。
海兵は死ぬ。死ぬために我々は存在する。

だが海兵は永遠である。
つまり ― 貴様らも永遠である!!


The Gunny, R.I.P.
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


映画「2001年宇宙の旅」公開50周年展
 
 フランクフルトの映画博物館では、3月21日から9月23日まで、スタンリー・キューブリック監督「2001年宇宙の旅」公開50周年を記念した特別展「Kubricks 2001. 50 Jahre A SPACE ODYSSEY」が開かれています。小道具や衣装、プロダクションノートや撮影中の写真など、貴重な資料を通し、映画史に多大な功績を残した同作品を改めて振り返ります。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:ドイツ・ニュースダイジェスト/2018年5月4日




 フランクフルトのドイツ映画博物館で開催中の『2001年宇宙の旅』公開50周年記念展覧会『Kubricks 2001. 50 Jahre A Space Odyssey』ですが、上記の記事はドイツ在住の記者の方のレポートです。でもやっぱりもっと詳細な展示内容を知りたいので、そろそろ誰かYouTubeにアップしてくれたりしていないかな?と考えて探したのが上記の動画です。見た限り、『スタンリー・キューブリック展』で展示されていたものより充実しているようです。でも最後のアレは謎(笑。単なる目隠しかな?

 この『2001年宇宙の旅』公開50周年記念展覧会の会期は9月16日まで。これ以降はスペイン・バルセロナで『スタンリー・キューブリック展』の開催が決定しています。日本に来るとしたら来年以降ですね(泣。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 キューブリックファンである管理人が、この動画を観てどう判定したかコメントするのは不公平だと思いますので、あえて何も言いません。ご覧になった方の判断にお任せしたいと思います。ちなみにキューブリック版は1980年、キング版は1997年公開です。

 ・・・ただ一言。「ダニーのキャスティングは間違っている気がする・・・!!」
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 キューブリックがルック社時代に撮影した写真を展示した写真展『Through a Different Lens:Stanley Kubrick Photographs』がニューヨーク市立博物館にて5月3日より開催中ですが、そのPVがアップされていたのでご紹介。ニューヨークといえばジャス、キューブリックといえばサントラに合わせた素早いカット割りですが、PVはまさにそんな感じ(笑。

 会期は10月28日まで。公式サイトはこちら
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ