キューブリック関連動画

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 「HALには2001年にはともかく、2101年には会えると思いますよ」アーサー・C・クラーク

 動画のタイトルは『アーサー・C・クラーク 宇宙を語る』ですが、本当の番組のタイトルは少し違います(お察しください。汗)。動画の長さは2時間半ありますが、実際は1時間半です。1995年のお正月に公共放送の衛星チャンネルでオンエアされたドキュメンタリー番組です。

 本棚には自著の日本語版があったり、例の「パートナー」と知り合った経緯も告白していますが、とにかくクラークの語りは饒舌で楽しい。『2001年…』の映像もふんだんにあり、キューブリックファンも満足できる内容になっています。

 現在、キューブリックは地球外知的生命体を映像化することに最後まで固執していたことがわかっていますが、キューブリックの逝去前は「キューブリックが宗教的に映画版を、クラークが科学的に小説版を制作した」というのはファンの共通認識でした。しかし、よく考えてみるとキューブリックもクラークも無神論者です。キューブリックの言う「科学的に定義された神」という説明も、結局は地球外知的生命体を映像化できなかったための、いわば「後付け論」でしかなく、キューブリックは「それまで誰も見たことがない異星人を、説得力ある姿で映像化する」という野心に取り憑かれていました。それとは逆にクラークは「私たちの想像力の範囲を超えているで、仄めかす程度でいい」と考えていました(キューブリックの執着ぶりを揶揄するような発言もしている)。最終的にキューブリックは「想像できないものは想像しようがない」と白旗を上げ、クラークの考えに従いましたが、これは「地球外知的生命体をどう描くか?」の話であって、人類と宇宙のありようについては二人の認識(神ではなく異星人)にほとんど違いはなかった、というのが事実のようです。

 このドキュメンタリーから4年後にキューブリックが、10年後にはクラークがこの世を去りました。キューブリックは知っての通りのマスコミ嫌いでしたが、クラークは日本のマスコミにもよく登場していました。このドキュメンタリーもそのうちの一つですので、時間のあるときにでもぜひご覧ください。

 ところで、34分あたりでクラークが予言した「一部のおかしな国」とはどの国のことなんでしょうかね?
 


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 これはすごい!よくこんなの残っていましたね。1973年にTVスポットとして使用された16mmフィルムなのですが、30秒に収めるために予告編の後半部分がカットされています。途中「R指定」というナレーション(多分)が入るのもレア。タイトル画像にもR指定と明確に表示されていて、公開当時物議を醸した映画であることが伺えます。下記の劇場版の予告編と比べてみると編集具合がよくわかりますね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 老舗映画YouTubeチャンネルの「WachMojo」。そのあまりにも独断と偏見ぶりに、いわゆる一つの「ネタ動画」だと思って見るべきチャンネルではあるのですが、そのMojoの日本版がオープンしたのにはいささか驚きました。これで本家の動画が自動翻訳なしに見れる・・・と思ったのですが、肝心の邦訳動画よりも、日本版独自のサブカル系動画を充実させるなど、思ったより違った方向に走ってしまっているようです。まあ本家も近年はサブカルネタも多く採り上げるようになってはいるんですが、これは単に中の人の好みなんでしょうか?

 それはともかくも、この動画です。タイトルを見て「まさか・・・」と思ったのですが、第1位がその「まさか」でした(笑。でもナレーションは特に何を解説するでもなく、ごくありきたりなもので、だったらどうしてこれを1位に持ってきたのかとても謎です。この動画に採り上げられている作品よりもっと有名な「理解できない映画」なんていくらでもありますからね。まあ、これも単に「中の人の好み」なんでしょう。

 この1位の作品を「面白い」と思っている人は、少なくとも(自分なりには)「理解」はしているはずです。キューブリックは「難解」であっても「理解」できるようには(不親切ですが)作っています。ですので「面白くない」「つまらない」と感じる人は「理解していないから」だということを自覚してほしいといつも思うのです。人間誰しも「理解できないもの」を「面白い」とは思わない(場合が多い)ものです。野球のルールを理解できていない人に、いくら野球の面白さを伝えようとしたところで伝わらないのと同じことです。もちろん理解した上で「つまらない」「面白くない」と批判や批評をするのはアリだと思います。ですが、この作品について語る時、「野球のルールを理解できていない人が、野球を見てつまらないと言っているのと同じレベル」であることは、残念ながら多くの場合に当てはまるのです。ですので「理解し」「面白い」と感じている私たちと話が全く噛み合わない・・・。そんな経験、皆様にも一度はあるのではないでしょうか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
アカデミー撮影賞発表シーンは1:59から。

SK&METY
『スパルタカス』を撮影中のキューブリックとラッセル・メティ。

 「スタンリーと撮影監督ラッセル・メティの仲は散々なものだった。冗談なのか本気なのかわからなかったが、ラスはよく『さあ、あのブロンクスのユダヤ男をクレーン車から追い出してやろう』と言った。スタンリーはちっとも気に留めなかった。少しもだ」(ローレンス・オリビエ)

 「ラッセル・メティにとって、キューブリックはやっと髭が生えてきた青二才にしか思えなかったのだろう。『こいつが映画を監督するのか。こいつにカメラを置く位置を指示されるのか。冗談だろう』それが彼の態度だった」(トニー・カーティス)

(引用:評伝『映画監督 スタンリーキューブリック』より)




 ラッセル・メティは『G・I・ジョウ』(1945)、『凱旋門』(1948)、『心のともしび』(1954)、『荒馬と女』(1961)など数多くの作品に参加し、ハリウッドの黄金期を支えた伝説的な撮影監督で、特にオーソン・ウェルズの『黒い罠』(1958)では冒頭の長回しによる撮影が有名です。そんなメティにとってアンソニー・マン監督の代わりにやってきた、当時若干30歳のキューブリックなど青二才にすぎず、20歳以上も年上の自分がキューブリックの指示に従うなど屈辱以外の何者でもなかったのでしょう。一時期、クレジットから自分の名前を削除するように求めたこともあったそうです。

 一方のキューブリックはカメラマン出身でもあり、撮影に関しては並々ならぬこだわりを持っていました。ハリウッドデビュー作『現金に体を張れ』で、名カメラマンのルシアン・バラードと対立した時と同じように、『スパルタカス』おいても相手が誰であろうと、自流を貫き通しました。プロデューサーであるエドワード・ミュールにメティが辞めると脅した時も、キューブリックは「黙って椅子に座って仕事をすればいい。僕が撮影監督をやる」と言い放ったそうです。

 『スパルタカス』は1960年アカデミー賞で撮影賞(カラー)を受賞しましたが、撮影監督のクレジットはメティなので受賞したのはメティでした。しかし、前述の通り実際にその仕事をしたのはキューブリックでした。メティはアカデミー賞受賞における興行的な価値を考え、受賞を辞退したり、表立って映画やキューブリックを批判することは避けましたが、この動画で見られる「ちっとも嬉しそうではない受賞スピーチ」は、そんなメティの屈辱的な思いが透けて見える、非常に貴重なものだと言えるでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 現在、ニューヨークの映像博物館(Museum of the Moving Image)で開催中の『エンビジョニング2001』(Envisioning 2001: Stanley Kubrick's Space Odyssey)の展示を紹介した動画がありましたのでご紹介。

 詳細はともかく、展示の雰囲気はよくわかります。宇宙船のモデルや無重力トイレの注意書きはレプリカでしょう。猿人、宇宙服やヘルメット、HALは製作当時の衣装やプロップです。ハミルトンの腕時計やアルネ・ヤコブセンのカトラリーは、一般流通した商品だと思います(詳細不明)。「赤かピンクか論争」で「ピンク」と判定されたジンチェアは、カバーがピンク(マゼンタ)に変更されたようです。ハーディ・エイミスがデザインした「未来の服」のデザイン画が充実しています。

 図面やメモなどの紙資料は拡大コピーして展示という方法を採っていますが、実物を見たかった方には不満があるかも知れません。ただ、照明を当てて展示するという方法は紙の劣化を促してしまいますので、このあたりの判断は難しいところ。

 開催は7月19日まで。公式ホームページはこちらです。

 

このページのトップヘ