キューブリック関連動画

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 私は地元ブロンクスの野球チーム「バラクーダーズ」に所属していた。時折、同じくらいの年齢の男が遊びに来ていたが、その男はあまり良いスポーツマンではなかったので、チームのメンバーは彼が試合に加わることを嫌がった。しかし、私は「入れてあげなよ!」と言って彼を参加させた。その男がキューブリックだった。

 キューブリックが最初の短編映画(『拳闘試合の日』)を作った時、私が音楽家(ジュリアード音楽院オーボエ専攻)であることを知り、その作品のための映画音楽の作曲を依頼された。快諾したが、私はそれまで映画音楽を作曲したことがなかったため、多くの映画を見ることで勉強し始めた。その短編映画はRKOに買い取られ、それが私の映画音楽作曲家としての出発点となった。 

 当時は現在のように映画音楽を教える大学やクラスはなかったため、独学しかなかった。よって映画を見続けることで勉強し続けた。例えばバーナード・ハーマンがあるシーンで流している曲が、画にマッチしていなかった。つまり、そのシーンでハーマンが、目には見えない映画の登場人物の気持ちや心理を曲で表現していることを知った。場面で曲を終わらせる時も、そこには終わらせる必然性がなければならないことを私は知った。つまり映画音楽の文法を理解し始めた。やがて私は学ぶだけではなく、プロの作曲家の仕事や、映画内でのそれの使い方を自分なりに分析、批評するようになり、より映画音楽の手法を身につけた。

 キューブリックが「キューブリック」になりうる前は、私に自由に作曲をさせた。2本目からキューブリックは少しづつ自分のアイデアを出すようになり、徐々に要求も高くなって来た。3本目では既に私たちは激しく議論するようになっていて、それはどちらかが打ち負かされるまでの「ノックアウト・バトル」になった。その時期までにキューブリックは、自己の趣味とスタイルを作り上げる過程にいた。

 キューブリックは議論をする相手としてはハードであり、同時に賢くて才能があった。私たちは議論をしたものの、大体は意見の一致に至った。『突撃』で私はキューブリックのアイデアや意見に合わせると同時に、自分でも全てに納得のいく仕事ができて興奮した。

(ここからはフリード個人の作風の説明になるので省略。フリードのスタイルは『現金に体を張れ』で確立し、同作のメインテーマは彼のトレードマークになったとのこと)

翻訳協力:カウボーイさま




 キューブリック初期作品の音楽を担当したジェラルド・フリードのインタビュー動画がありましたのでご紹介。フリードとキューブリックはタフト高校時代、共通の友人であるアレキサンダー・シンガーを通じて知り合い、キューブリックの初ドキュメンタリー映画『拳闘試合の日』の音楽制作を依頼されたのを皮切りに(フリード曰く「彼は私以外に音楽家を知らなかったから。笑」)、『恐怖と欲望』『非情の罠』『現金に身体を張れ』『突撃』のサウンドトラックを担当しました。一般的に『突撃』は、キューブリックが書いた脚本にカーク・ダグラスが感銘を受け、制作を熱望したと伝わっていますが、フリードによると、カークは同じドイツで『バイキング』の撮影があり、その合間に『突撃』も撮影できるから、というのも理由だったそうです。

 『突撃』以降、キューブリックとフリードは一緒に仕事をすることはありませんでしたが、偶然にもキューブリックが『2001年宇宙の旅』を制作するにあたり参考に観た映画『To the Moon and Beyond』を担当したのもフリードでした。また、後年まで手紙などの交流はあったそうです。

 フリードはその後、『スター・トレック・シリーズ(TV・映画)』『スパイ大作戦』『ルーツ』などのサウンドドラックを担当、『トランスフォーマー:ダーク・オブ・ザ・ムーン』に楽曲提供するなど現在もコンポーザーとして活躍中です。
 
▼この記事の執筆に当たり、以下の記事を参考にいたしました。
A Friendship Odyssey: Stanley Kubrick and Gerald Fried
GERALD FRIED ON STANLEY KUBRICK
Gerald Fried:IMDb


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
有名な「Here's Johnny!」は本編とは異なるアウトテイク。これはイギリス版・アメリカ版も同じ。

 これはすごい!以前この記事で海外版(イギリス版・北米版)のバージョンはご紹介しましたが、その日本版も存在していたとは!しかもハロランのアップがないなど、使用シーンが若干異なります。「Here's Johnny!」は映画の採用テイクと異なるのはイギリス版・アメリカ版と同じですね。ナレーションは『ルパン三世』の次元大介役でおなじみの小林清志氏です。管理人も当時『シャイニング』のTVCMが流れていたのは記憶にあるのですが、ほとんど覚えていなかったので、録画し、保存していた方には感謝の念しかありません。

 それにしてもこれら映画の懐かしいことと言ったら!!同世代の方にとっては感涙ものでしょう。キューブリックがらみでは、『フルメタル…』のリー・アーメイが出演し、現在IMAXでファイナル・カット版が上映中の『地獄の黙示録』、後に『2001年』の続編『2010年』の監督をすることになるピーター・ハイアムズの『カプリコン・1』、『時計…』のマルコム・マクダウェルが悪役で出演した『ブルーサンダー』。有名どころでは『サタデーナイト・フィーバー』、『ブルース・リー 死亡遊戯』、『クレイマー・クレイマー』、『スターウォーズ』シリーズ、『未知との遭遇』、『マッドマックス』シリーズ、『エレファントマン』、『E.T.』、『愛と青春の旅だち』、『エルム街の悪夢』、『ニューヨーク1997』、『13日の金曜日』シリーズ、みんなだいすき『コマンドー』や『メガ・フォース』、洋画ではホラーやSFが多く、邦画は角川映画とアニメ(『ヤマト』『ガンダム』『幻魔大戦』『マクロス』『ナウシカ』『アキラ』)、東宝系のアイドル映画、そして香港映画が隆盛を誇っていた時代です。後になればなるほどバブル臭くなるのはご愛嬌。最後はなぜか黒澤映画のタイトルで〆。

 当時を知っている人は懐かしく、知らない人は当時の「時代の空気感」をぜひ感じ取ってください!

『シャイニング』のCMは27:42から

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 「HALには2001年にはともかく、2101年には会えると思いますよ」アーサー・C・クラーク

 動画のタイトルは『アーサー・C・クラーク 宇宙を語る』ですが、本当の番組のタイトルは少し違います(お察しください。汗)。動画の長さは2時間半ありますが、実際は1時間半です。1995年のお正月に公共放送の衛星チャンネルでオンエアされたドキュメンタリー番組です。

 本棚には自著の日本語版があったり、例の「パートナー」と知り合った経緯も告白していますが、とにかくクラークの語りは饒舌で楽しい。『2001年…』の映像もふんだんにあり、キューブリックファンも満足できる内容になっています。

 現在、キューブリックは地球外知的生命体を映像化することに最後まで固執していたことがわかっていますが、キューブリックの逝去前は「キューブリックが宗教的に映画版を、クラークが科学的に小説版を制作した」というのはファンの共通認識でした。しかし、よく考えてみるとキューブリックもクラークも無神論者です。キューブリックの言う「科学的に定義された神」という説明も、結局は地球外知的生命体を映像化できなかったための、いわば「後付け論」でしかなく、キューブリックは「それまで誰も見たことがない異星人を、説得力ある姿で映像化する」という野心に取り憑かれていました。それとは逆にクラークは「私たちの想像力の範囲を超えているで、仄めかす程度でいい」と考えていました(キューブリックの執着ぶりを揶揄するような発言もしている)。最終的にキューブリックは「想像できないものは想像しようがない」と白旗を上げ、クラークの考えに従いましたが、これは「地球外知的生命体をどう描くか?」の話であって、人類と宇宙のありようについては二人の認識(神ではなく異星人)にほとんど違いはなかった、というのが事実のようです。

 このドキュメンタリーから4年後にキューブリックが、10年後にはクラークがこの世を去りました。キューブリックは知っての通りのマスコミ嫌いでしたが、クラークは日本のマスコミにもよく登場していました。このドキュメンタリーもそのうちの一つですので、時間のあるときにでもぜひご覧ください。

 ところで、34分あたりでクラークが予言した「一部のおかしな国」とはどの国のことなんでしょうかね?
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 これはすごい!よくこんなの残っていましたね。1973年にTVスポットとして使用された16mmフィルムなのですが、30秒に収めるために予告編の後半部分がカットされています。途中「R指定」というナレーション(多分)が入るのもレア。タイトル画像にもR指定と明確に表示されていて、公開当時物議を醸した映画であることが伺えます。下記の劇場版の予告編と比べてみると編集具合がよくわかりますね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 老舗映画YouTubeチャンネルの「WachMojo」。そのあまりにも独断と偏見ぶりに、いわゆる一つの「ネタ動画」だと思って見るべきチャンネルではあるのですが、そのMojoの日本版がオープンしたのにはいささか驚きました。これで本家の動画が自動翻訳なしに見れる・・・と思ったのですが、肝心の邦訳動画よりも、日本版独自のサブカル系動画を充実させるなど、思ったより違った方向に走ってしまっているようです。まあ本家も近年はサブカルネタも多く採り上げるようになってはいるんですが、これは単に中の人の好みなんでしょうか?

 それはともかくも、この動画です。タイトルを見て「まさか・・・」と思ったのですが、第1位がその「まさか」でした(笑。でもナレーションは特に何を解説するでもなく、ごくありきたりなもので、だったらどうしてこれを1位に持ってきたのかとても謎です。この動画に採り上げられている作品よりもっと有名な「理解できない映画」なんていくらでもありますからね。まあ、これも単に「中の人の好み」なんでしょう。

 この1位の作品を「面白い」と思っている人は、少なくとも(自分なりには)「理解」はしているはずです。キューブリックは「難解」であっても「理解」できるようには(不親切ですが)作っています。ですので「面白くない」「つまらない」と感じる人は「理解していないから」だということを自覚してほしいといつも思うのです。人間誰しも「理解できないもの」を「面白い」とは思わない(場合が多い)ものです。野球のルールを理解できていない人に、いくら野球の面白さを伝えようとしたところで伝わらないのと同じことです。もちろん理解した上で「つまらない」「面白くない」と批判や批評をするのはアリだと思います。ですが、この作品について語る時、「野球のルールを理解できていない人が、野球を見てつまらないと言っているのと同じレベル」であることは、残念ながら多くの場合に当てはまるのです。ですので「理解し」「面白い」と感じている私たちと話が全く噛み合わない・・・。そんな経験、皆様にも一度はあるのではないでしょうか。

このページのトップヘ