キューブリック関連動画

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
登壇した、レオン・ヴィタリ、カタリーナ・キューブリック、ヤン・ハーラン、アルフォンソ・キュアロン(左から)。

"This is a seriously cool ghost movie. Don't believe any of the conspiracy theories because it's all s---," she said. "I only said that because I've had some champagne."

Cuaron agreed. "Kubrick would have really gotten a laugh out of all of these conspiracy theories," said the director. "By all reports, he believed in films not to be explained but to be experienced. A little bit like music, he used to say."

〈前略〉

 「この作品はすごくクールな幽霊映画です。陰謀論は信じないでくださいね。なぜなら・・・」とカタリーナは言いました。「私はシャンパンを飲んじゃったので、それしか言えないです」

 キュアロンは同意しました。 「キューブリックは、これら陰謀論のすべてを心底笑い飛ばしたはずです」と監督は述べました。 「伝えられるところによると、彼は映画は説明されるものではなく経験されるべきだと信じていました。音楽に少し似ている、とスタンリーは話していました」

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:The New York Times/2019年5月18日



 カンヌ映画祭の「カンヌ・クラシック」で2019年5月17日、レストアされた4Kシャイニングの記念上映が行われました。プレゼンターはアルフォンソ・キュアロン監督、ゲストはキューブリックの長女カタリーナと、4Kレストア版の監修を担当したレオン・ヴィタリ、プロデューサーのヤン・ハーランです。

 動画を見る限り寂しい客入りだったようです。昨年のカンヌは『2001年宇宙の旅』の70mmアンレストア版がクリストファー・ノーランによって発表・上映されましたが、ゲストは出演俳優のキア・デュリアが登場しました。今回も主演俳優であるジャック・ニコルソン(最近その動向を聞きませんが・・・)が登場していれば話題になったでしょうけど、直接『シャイニング』と関わりのないキュアロンをプレゼンターに仕立て上げたにも関わらず、少々盛り上がりに欠けたようです。

 ファンにとっては「4K化・レストアされた『シャイニング』の143分(144分とも)版のデジタルデータが存在する」という事実だけで興奮ものです。今年の10月1日には米版UHD BDのリリースも決定しているようですし、日本版UHD BDやシネコンやIMAXでの4K上映も期待できます。ワーナーさんには昨年の『2001年』の盛り上がりの事例を参考に、ぜひ全国規模での上映をお願いしたいですね。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 キューブリックの逝去から20周年を経て、『スタンリー・キューブリック展』がついにロンドンに上陸しました。

 『スタンリー・キューブリック展』がついにロンドンに上陸しました。アメリカの有名な映画監督の生涯と作品を記念するこの展覧会は、1960年代初頭にキューブリックが移住したイギリスを訪れることなく、ドイツからメキシコ、カナダ、スペイン、ブラジル、デンマーク、ポーランド、そして韓国まで、世界を巡回していました。キューブリックは1999年に亡くなっています。

 キューブリックの義長女カタリーナ・キューブリックは、その展覧会の創設以来ほとんどの展示を見てきましたが、観るたびに新しい発見があり、それをロンドンのデザインミュージアムが提供したと語りました。「彼らは素晴らしい『時計じかけのオレンジ』の車を発見しました。キャットレディーの家にあった彫刻もこれまでになかったものです。私はなぜ217号室が237号室になったかを説明する手紙を見つけました。このように、いつも新しい発見があります」とカタリーナは説明しました。「そして、それらをデザインミュージアムがレイアウトした方法は、スタンリーの人生を通り抜けるものです。それぞれの部屋はそれぞれ1つの映画作品に捧げられています。それは一種の連鎖です」

 約700点のオブジェ、映画、そしてインタビューを展示したこの展示は、キューブリックの創造力に光を当てました。 『2001年の宇宙の旅』のHAL9000のモックアップから『バリー・リンドン』や『シャイニング』の衣装、そして『時計じかけのオレンジ』のミルクバーのマネキンまで。カタリーナは父の映画は独創性を作品に注ぎ込み、その魅力は「魔法」であるため、時間の経過に耐えてきたと考えています。

 「数ヶ月で入れ替わる映画はたくさんありますが、これらは本物の芸術作品です。それはスタンリーが語った物語、物語の力、そしてその映画の一つ一つについての研究と、スタンリーがした仕事の量の証明であり、観客を裏切りることありません。観客はスタンリーの全てを提供され、そして全てに先立つ物はスクリーン上の映画です」と彼女は言いました。

『スタンリー・キューブリック展』は、2019年9月15日までデザインミュージアムにて開催中です。

(動画説明文/2019年4月27日)




 キューブリックの義長女、カタリーナさんは3歳の頃にキューブリックと再婚したクリスティアーヌに連れられてキューブリックの義長女となりました。キューブリックはカタリーナさんを実の娘(次女アンヤ、三女ヴィヴィアン)と分け隔てなく厳しく(カタリーナさん曰く「ボーイフレンドにも口うるさく干渉してきた」)接したようです。そのカタリーナさんは『時計じかけのオレンジ』のレコードショップの客役や『バリー・リンドン』での村の娘役、『アイズ ワイド シャット』でトム・クルーズの患者の少年(カタリーナの長男アレックス)の母親役としてエキストラ出演しています(詳細はここで)。その後映画制作の裏方として関わるようになり、『シャイニング』ではロケーション・リサーチを担当。『アイズ…』ではクルーズのマンションの壁を飾っていた絵画を提供しています。

 そのカタリーナさんが、地元ロンドンでの開催であるこの『スタンリー・キューブリック展』では、かなり突っ込んだ役割を果たした(それまではどちらかというとオープニング・ゲスト的な扱いだった)であろうことは、このインタビューからも十分察することができます。また、このインタビューでは触れられていませんが、『時計…』のコロバ・ミルクバーのヌードテーブルやウェイトレスの衣装デザインを当初担当していた、アレン・ジョーンズの没デザインが今回初めて展示されていることも、その「苦労」をしのぶことができます。個人的な推察ですが、この展示はロンドンでキューブリック展が開催されることを知ったアレン・ジョーンズ側が自分の作品を展示するように強引にねじ込んできたのではないかと思っています。そうでないと、ここに来て突然の展示や、展示の扱いの大きさが説明できませんので。

 その他、『シャイニング』のタイプライターの用紙ですが、おそらく各国語版が展示されているのだと思います。これもティンバーライン・ロッジの手紙と同じくロンドン芸術大学内のスタンリー・キューブリック・アーカイブに所蔵されていたもので、今回初展示になります。同様にダニーのジャンパー(迷路で着ていたもの)も同所に所蔵されているのですが、なぜか『スタンリー・キューブリック展』で展示されたことはありません。『時計…』で「デュランゴ95」として登場したスポーツカー「アダムスプローブ16」は、撮影に使用されたブルーグレーではなく現存する唯一のオレンジカラーのもの。展示はこのロンドンが最初で最後ではないかと思います。同じく『時計…』のペニス型彫刻「ザ・ロッキング・マシーン」やキリスト像「ザ・クライスト・アンリミテッド」はレプリカで、おそらくメディコム・トイが発売したものを展示しているのではないでしょうか。

 このように、今まで世界を巡回してきた『スタンリー・キューブリック展』の中でも、展示の充実度はかなりのものであることが伺えます。ぜひに日本にも来て欲しいですね。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 キューブリックの長女、カタリーナには前夫(フィリップ・ホッブス)との間に三人の息子がいるのですが、その三男、ジャック・ホッブスはキューブリック邸内にスタジオを設け、ミュージシャン兼プロデューサーとして活動しています。そのジャックがキューブリック邸の敷地内をドローンで撮影した動画がYouTubeにありましたのでご紹介。

 広大な敷地と美しい景色に魅了されますが、途中登場するニット帽にメガネをかけた男性が次男のジョー・ホッブスに見えるのですが、確証はありません。邸宅だけでなく、周辺の広大な敷地(トム・クルーズとニコール・キッドマンが『アイズ…』の打ち合わせのためにヘリコプターで着陸したのもこの敷地)もキューブリックの私有地なので、当然ですが立ち入ることはできません。ですので聖地巡礼しても敷地入口の門までがせいぜいなのでおすすめしませんが、毎年『チルドウィックベリー・アートフェアー』というイベントが開催されていますので、その期間中なら敷地内に立ち入ることができます。ですので、その時期を狙って訪問するのはありかも知れませんね。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 本日2019年4月26日よりロンドンのデザイン・ミュージアムで開催されている『スタンリー・キューブリック展』の展示を紹介した動画です。

 衣装やプロップ、レンズなどいつもの展示が並んでいますが、『シャイニング』のタイプライターの原稿は撮影当時に準備されたもので、管理人が知る限り今回初めて展示されたものです。『時計じかけのオレンジ』のコーナーではハーマン・マキンクによる「ザ・ロッキングマシーン」「ザ・クライスト・アンリミテッド」の展示もありますが、これは撮影当時のものではなくレプリカでしょう。『時計…』では他にアレン・ジョーンズがデザインしたコロバ・ミルクバーのウェイトレスの衣装のデザイン(ボツになりましたが、その経緯はこちら)も見えます。アレックスの部屋にあったレコードプレーヤー「トランススクリプト・ハイドロリック・リファレンス・ターンテーブル」や小説家のタイプライターは裸展示ですので、撮影に使用されたものではなく同型の別ものだと思われます。

 また、この動画にはありませんが、デュランゴ95として登場したアダムスプローブ16(撮影に使われたブルーグレー・カラーのものでなく、現存するオレンジカラーのもの)も展示されているそうです。他にはキューブリック邸にあった資料などを納めた箱、フィルム缶、フィルム編集卓のスティーンベックなどの展示も今回が初めてですね。

 キューブリックの資料を一元保管・管理している「スタンリー・キューブリック・アーカイブ」があるロンドン芸術大学のお膝元での開催なので、そこからの追加展示がいくつかあるようです。ですので、やはり今回は内容が充実している印象。また新たな動画などで展示の詳細がわかりましたら、追加で記事にしたいと思います。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
『午前十時の映画祭10 - FINAL』90秒予告篇

『午前十時の映画祭10 - FINAL』30秒予告篇



 『時計じかけのオレンジ』が上映される『午前十時の映画祭10 - FINAL』の90秒版と30秒版の予告編動画がアップされていましたのでご紹介。

 なお、TOHOシネマズ 日本橋は上映未定で、「TOHOシネマズ 日本橋の上映につきましては未定となっております。詳細が決まり次第、当ホームページならびにTOHOシネマズホームページにてお知らせ致します。」とのアナウスンスが公式ホームページにありました。また、映倫区分がR-18+になるという話をTwitterで見かけたのですが、まだホームページには反映されていないようです。18歳未満で鑑賞をお考えの方はご注意ください。

【GROUP A】2019年10月4日(金)〜10月17日(木)

北海道 札幌シネマフロンティア
山形  MOVIE ON やまがた
新潟  T・ジョイ新潟万代
栃木  ユナイテッド・シネマ アシコタウンあしかが
茨城  シネプレックスつくば
千葉  TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ
埼玉  MOVIX三郷
埼玉  ユナイテッド・シネマ ウニクス南古谷
東京  【上映未定】TOHOシネマズ 日本橋
東京  立川シネマシティ
東京  イオンシネマ シアタス調布
神奈川 TOHOシネマズ ららぽーと横浜
神奈川 TOHOシネマズ 小田原
山梨  TOHOシネマズ 甲府
石川  イオンシネマ金沢フォーラス
静岡  静岡東宝会館
愛知  ミッドランドスクエア シネマ
岐阜  TOHOシネマズ 岐阜
三重  イオンシネマ津
京都  TOHOシネマズ 二条
大阪  TOHOシネマズ なんば
大阪  TOHOシネマズ くずはモール
岡山  TOHOシネマズ 岡南
広島  広島バルト11
愛媛  シネマサンシャイン大街道
福岡  福岡中洲大洋
大分  TOHOシネマズ アミュプラザおおいた
長崎  TOHOシネマズ 長崎
鹿児島 天文館シネマパラダイス

【GROUP B】2019年10月18日(金)〜10月31日(木)

岩手  中央映画劇場
宮城  MOVIX利府
栃木  TOHOシネマズ 宇都宮
群馬  MOVIX伊勢崎
千葉  TOHOシネマズ 市原
埼玉  こうのすシネマ
埼玉  TOHOシネマズ ららぽーと富士見
東京  TOHOシネマズ 新宿
東京  TOHOシネマズ 錦糸町 オリナス
東京  TOHOシネマズ 南大沢
神奈川 TOHOシネマズ 海老名
神奈川 TOHOシネマズ 上大岡
神奈川 シネプレックス平塚
長野  長野グランドシネマズ
富山  TOHOシネマズ ファボーレ富山
静岡  TOHOシネマズ 浜松
愛知  ミッドランドシネマ 名古屋空港
愛知  TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
滋賀  大津アレックスシネマ
大阪  高槻アレックスシネマ
大阪  大阪ステーションシティシネマ
和歌山 ジストシネマ和歌山
兵庫  TOHOシネマズ 西宮OS
島根  T・ジョイ出雲
香川  イオンシネマ宇多津
福岡  ユナイテッド・シネマなかま16
佐賀  シアター・シエマ
熊本  TOHOシネマズ 光の森
沖縄  シネマパレット

(引用元:午前十時の映画祭10〜FINAL『時計じかけのオレンジ』ページ)
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

このページのトップヘ