キューブリック作品のロケーション

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Domme01
フランス南西部、ドンム(Domme)の風景(wikipediaより)

 以前この記事でご紹介した通り、キューブリックはフランス南西部の村「ドンム」に別荘を持っていました。この事実を知った時、「旅行嫌いのキューブリックがまさか!」と思ったのですが、調べてみるとこのドンムの地を別荘に選んだ理由が見えてきて、納得できました。

 おそらくキューブリックの家族(特にクリスティアーヌ)はバケーションのひとつもしたがらない旅行嫌いのキューブリックを、なんとか説き伏せようと色々腐心したのでしょう。ですが、旅先ではホテル住まいになり、プライバシーもなく、狭い部屋に長期間家族が押し込められる事態をキューブリックが了承するとは思えません。そうなると別荘ということになりますが、飛行機嫌いのキューブリックを納得させる候補地はロンドンから1日で車で行ける範囲でなければなりません。治安も気候も良いところで、人目につきやすい大都市はNGとなると候補地は結構絞られます。家族はヨーロッパでバケーションと言えばだれもが憧れるプロヴァンスやコート・ダ・ジュールなどの南仏を希望したかもしれませんが、車で行くには遠すぎます。結果、南仏に近いフランス南西部のこじんまりとした、しかし大変美しい村であるドンムに別荘を持つことを決めたのではないでしょうか。

 Googleによるとロンドン〜ドンム間は現在では車で約9時間。当時はユーロトンネルはないのでドーバー海峡はフェリー移動だとすると、乗り換えや休憩を加味して約10〜12時間。朝6時に出発しても夜6時に到着ですので、移動のためのホテル泊を拒否したのなら、これがギリギリキューブリックが了承する範囲でしょう。

full (5)
当初ハートフォードシャーの自宅の庭かと思いましたが、あきらかに植物がイギリスっぽくありません。

full (10)
赤ちゃんを抱き上げるキューブリック。次女アンヤの長男サムではないかと思われる。

 写真が残っていますので、キューブリックは少なくとも一回はここを訪れています。赤ちゃんを抱き上げていますが、これは次女アンヤの長男サムだと思われます。となると、時期は1990年代前半くらいでしょうか? 作品で言えば『アーリアン・ペーパーズ』『A.I.』の頃ですので、『アーリアン…』で東ヨーロッパでロケ(おそらく撮影中は家を借りるなど長期滞在するつもりだったはず)をする予定だったのが中止され、その代替にこの地をバケーションとして訪れたのかもしれません。

 どちらにしても記事にある通り、売りに出されて随分と時間が経っていますから、すでに他人の手に渡っていると考えるのが自然です。キューブリックファンの「聖地」とするにはちょっと根拠薄弱ですが「フランスで最も美しい村の一つ」だそうですので、近くに赴くことがあれば立ち寄ってみるのも良いかと思います。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Albert_Bridge
Albert bridge(wikipedia)

 『時計じかけのオレンジ』で、家を追い出されたアレックスがホームレスに襲撃されたシーンなどが撮影された、ロンドンのテームズ川に掛かる橋。アレックスが思いつめて水面を見つめるシーンや、ホームレスが集まっていた橋の下の通路もここがロケ地。

 アレックスが佇んでいた川のほとりはGoogleマップによるとこちら。当時も今もそんなに変わっていないようです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Lavenham_Guildhall
Lavenham Guildhall(wikipedia)

 『バリー・リンドン」のラストシーン、足を失ったバリーが療養した後アイルランドへ帰国するシーンのロケに使用された、イギリス西部のサフォーク州・ラベンハムにあるギルドホール。

 1529年に羊毛組合(ギルド)が建設した建物で、1689年まで刑務所として使用され、1787年からは作業場として使用されました。1951年にナショナルトラストの財産となり、現在は一般に公開されているそうです。

 ちなみに当時キューブリックが住んでいたエルスツリーのアボッツ・ミードからは車で1時間30分くらい。外出(特に遠出)嫌いのキューブリックもこれなら納得でしょうね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
改装され、オープンしたウェスト・ノーウッド図書館・映画館のPV。「コミュニティと協議を重ね、地域の資産として図書館と映画館を開設した」とのこと。施設内には『時計じかけのオレンジ』のポスターが飾られている。

Picturehouse映画ではアレックスの出所試験の舞台として使用された。

 『時計じかけのオレンジ』のルドビコ療法お披露目シーンで使用されたロケ地、ウェスト・ノーウッド図書館にある「ネットルフォード・ホール」が映画館に改装され、装いも新たに「ウェスト・ノーウッド図書館・映画館(West Norwood Library & Picturehouse)」として、2018年11月9日にオープンしたそうです。

 2011年6月、銅屋根が盗難被害に遭ったため、図書館とホールが閉鎖されていましたが、改装工事を経てホールが映画館に生まれ変わりました。スクリーンは4つで、その内のスクリーン1が改装された旧ネットルフォード・ホールのようです。上記動画を見ればわかる通り、特徴的な天井はそのままで、オレンジ色のシートが意味深に配置されています。キャパはそれほど多くはなさそうですが、早速『時計じかけのオレンジ』の上映も期待したいところ。

 所在地は南ロンドンのウェスト・ノーウッド駅すぐ。公式フェイスブックはこちら

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
meed

DG3C6MnVwAA2Aw0
「ミード・ウォール(Mead Wall)」は湿地帯「クリフ・プールズ(Cliffe Pools)」を取り囲むように伸びた長い道。この道のどの場所でロケされたかまでは不明。(Google Map)

 『フルメタル・ジャケット』でフバイの司令部に向かう道路のシーンが撮影された、ロンドン東部のテムズ川河口付近にある湿地帯の道。ヤシの木が見えるが、それはスペインから輸入されたものを並べたもの。出演しているベトナム人たちは、当時ロンドンにはベトナム人居住区があり、そこでエキストラを雇ったそうだ。

このページのトップヘ