キューブリック関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

バリーリンドン [DVD](amazon)


 映画『カポーティ』や『マネーボール』のベネット・ミラー監督が、アカデミーのメンバーの特別試写会で、スタンリー・キューブリックの名作『バリー・リンドン』についての思い入れを語った。

 同作は、あるアイルランドの青年(ライアン・オニール)が、18世紀ヨーロッパ貴族社会で成り上がっていく栄華と没落の半生を描いた作品で、当時の世界観を忠実に再現していることでも注目を浴びた作品だ。

 ベネット・ミラー監督にとって名作『バリー・リンドン』とは「これまで鑑賞した映画の中でも、最も美しい映像の映画だと思っている。NASAのために開発されたレンズや、改造されたカメラなども興味あるが、映画内のすべての分野で高いレベルに到達していると思っているんだ」と語り、最も好きな作品の一つだったそうだが、これまで一度も映画館で鑑賞したことがなかったらしい。

 この映画を配給したワーナー・ブラザースには、唯一アンサー・プリント(完成した映画が現像所から戻ってきた最初のプリント)しか残っていなかったそうで、「僕らが今回の試写のために、そのアンサー・プリントを送ってくれるようにワーナーに頼んだら、このプリントしかないため無理だと言われたんだよ。だが、彼らはこの試写のために特別に新たなプリントを用意してくれたんだ」と明かした。

 忠実に再現された時代背景について「キューブリックが予算の都合で映画化できなかったナポレオンを題材にした映画を通して、おそらく彼はこの時代(バリー・リンドン)の背景に興味を持ったと思うんだ。ただ、そのナポレオンのリサーチが、この映画で描かれているズーム・インとズーム・アウトのスローペースで描くことを決断することになったのかまではわからないが、映画内のスタイルやストーリーが鑑賞した後に、いつの間にか僕らの中で個人的なものになっている。特にナレーションの使い方が、まるでキューブリックの頭脳をのぞいているか、あるいは彼の観察の仕方を見せられている気がして、とても興味深いと思う」と語った。

(以下リンク先へ:シネマトゥデイ映画ニュース/2012年5月27日)




 『バリー…』を映画館でしかもフィルム鑑賞とは羨ましい。まあ同じ業界人だから許されたことですが、それよりも気になったのはオリジナルネガが残ってないなんて、ものすごく残念。昔名画座で観たもの結構フィルムの状態が悪かった記憶がありますが、これでなかなか『バリー…』がリバイバルされない理由がわかりました。ワーナーには是非その貴重なプリントからのデジタル起こしでも構わないので、是非とも映画館での上映の実現をお願いしたいですね。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

シャイニング [Blu-ray](amazon)


 英Total Film誌が、モダンホラーの巨匠スティーブン・キング原作の映画およびテレビドラマ50作品をランキングした。

 多作なキングの小説を原作とするたくさんの映像作品のなかから第1位に選ばれたのは、フランク・ダラボン監督、ティム・ロビンス主演作「ショーシャンクの空に」(1994)。希望をテーマにした名作として、広く支持されている作品だ。原作「刑務所のリタ・ヘイワース」は、キングの非ホラー系小説を集めた中編集「恐怖の四季(Different Seasons)」に収められている。

 ダラボン監督作品は、3位の「グリーンマイル」、8位の「ミスト」と合わせて、実に3作品がトップ10にランクイン。キングとの相性の良さを感じさせる。逆に2位の「シャイニング」は、映画としては高く評価されているものの、原作との違いが多く、キングがキューブリック監督を批判していたことは有名だ。

 なお、今回の50作品は、ベストからワーストへとランキングされており、実質30位以下はワースト作品という扱いになっている。最下位の50位には、「マングラー2」(02)がランクインした。

 トップ20は以下の通り(映画と異なる場合のみ、原作邦題を付記)。

1.「ショーシャンクの空に」(94/フランク・ダラボン監督) 原作「刑務所のリタ・ヘイワース」
2.「シャイニング」(80/スタンリー・キューブリック監督)
3.「グリーンマイル」(99/フランク・ダラボン監督)
4.「スタンド・バイ・ミー」(86/ロブ・ライナー監督)
5.「ミザリー」(90/ロブ・ライナー監督)
6.「キャリー」(76/ブライアン・デ・パルマ監督)
7.「黙秘」(95/テイラー・ハックフォード監督) 原作「ドロレス・クレイボーン」
8.「ミスト」(07/フランク・ダラボン監督) 原作「霧」
9.「デッドゾーン」(83/デビッド・クローネンバーグ監督) 原作「デッド・ゾーン」
10.「ザ・スタンド」(94/米ABCのミニシリーズ)
11.「イット(It)」(90/トミー・リー・ウォレス監督/米ABCのミニシリーズ)
12.「1408号室」(07/ミカエル・ハフストローム監督)
13.「アトランティスのこころ」(01/スコット・ヒックス監督)
14.「ゴールデンボーイ」(98/ブライアン・シンガー監督)
15.「クリープショー」(82/ジョージ・A・ロメロ監督) キング脚本作品
16.「バトルランナー」(87/ポール・マイケル・グレイザー監督) リチャード・バックマン名義
17.「死霊伝説」(79/トビー・フーパー監督) 原作「呪われた町」
18.「クリスティーン」(83/ジョン・カーペンター監督)
19.「ペット・セメタリー」(89/メアリー・ランバート監督) 原作「ペット・セマタリー」
20.「シークレット・ウインドウ」(04/デビッド・コープ監督) 原作「秘密の窓、秘密の庭」

(映画.com速報/2012年3月21日)




 はっきり言って順当過ぎるくらい順当なランキングですね。と言っても半分くらいしか観てませんが・・・。しかし上位を除いて漂ってくるこのB級臭さは何なのでしょうか。キング作品って基本的に映像化には向かない気がするんですよね。ファンはどう思っているんでしょうか。


ショーシャンクの空に [Blu-ray](amazon)



グリーンマイル [DVD](amazon)



スタンド・バイ・ミー [Blu-ray](amazon)



ミザリー [Blu-ray](amazon)



キャリー (特別編) [DVD](amazon)



黙秘 [DVD](amazon)



ミスト [Blu-ray](amazon)



デッドゾーン [DVD](amazon)



スティーブン・キングのザ・スタンド [DVD](amazon)
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kubrick450

 映画『時計じかけのオレンジ』が1972年2月に全米公開されるにあたり、ニューズウィーク誌の1月3日号でスタンリー・キューブリックの写真が表紙を飾った。撮影機材を右手に持ち、左手人差指がこちら側に差し向けられたキューブリックの顔のアップ写真を、どこかで目にしたことがある人も多いだろう。実はこの写真を撮ったのは、ほかでもない、キューブリック本人だったのだそう。

 当時、MGMやワーナーなどで宣伝・マーケティングの重職につき、キューブリックからも絶大な信頼を得て、密接に仕事をしていたマイク・カプランが、ウェブサイトmoviefone.comに寄せたコラムにおいて、メディアでの取り上げられ方について、キューブリックがいかにコントロールフリークだったかを語っている。

 キューブリックは、「インタビュー記事の中で、自分が語った受け答えについては、本意を正確に伝えていると納得できるまで徹底的に校正をほどこした」そうで、「何日も費やして、満足のいくまで表現をそぎ落としていく。その結果、見事なまでにさえわたった表現ができあがった」のだそう。

 映画監督として名声を確立する以前に、すでにルック誌に掲載された一連の写真によりカメラマンとして一級の腕前を見せていたキューブリックが、表紙の写真に並々ならぬこだわりを見せたのは当然だった。特集記事に合わせて表紙が決定したとき、「わたしが撮影すると伝えてくれ。仕様を聞いておいてほしい」とカプランに伝えたそうだ。

 「ニューズウィーク誌のカメラマンが撮らない表紙なんて前代未聞」とアートディレクターのひんしゅくを買うも、結局、特集記事の大きさに、キューブリックの主張が通った。キューブリックは、エグゼクティブ・プロデューサーを撮影位置に立たせ、1時間かけて照明やアングルを調節した末に、最後に自らがその位置に立ち、プロデューサーにただカメラのボタンだけを押させた、とカプランはつづっている。

(鯨岡孝子)

(シネマトゥデイ映画ニュース/2012年3月4日)




 まあ、キューブリックらしいエピソードではありますね。その表紙が上記です。かっこいいじゃないですか、監督!風船売りのおじさん(クリスティアーヌ談)の実態とは全然違いますね。


時計じかけのオレンジ [Blu-ray](amazon)
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

博士の異常な愛情 [Blu-ray](amazon)



2001年宇宙の旅 [Blu-ray](amazon)


 アカデミー賞といえば映画界最高の栄誉と言われているが、過去に作品賞を受賞した作品の中には、実は、首を傾げたくなるものも少なくない。米エンターテインメント・ウィークリー誌は、第84回アカデミー賞授賞式を記念して、これまでに作品賞を授与された映画のなかで、過大評価されていると思われる作品を選出。昨年作品賞を受賞した「英国王のスピーチ」や「アメリカン・ビューティー」「恋におちたシェイクスピア」といった近年の作品から、「わが谷は緑なりき」「マイ・フェア・レディ」「80日間世界一周」などの「名作」まで、計18作品を挙げている。

 ちなみに、以下はエンターテインメント・ウィークリー誌が選んだ過大評価作品と、その選考理由。

「わが谷は緑なりき」(41)……「市民ケーン」に勝ったという事実は、いまだに犯罪行為といえる

「地上最大のショウ」(52)……時代遅れで、陳腐でナンセンス。なのに、「真昼の決闘」に勝っている

「80日間世界一周」(56)……ジェームズ・ディーンの「ジャイアント」が取るべきだった

「マイ・フェア・レディ」(64)……「博士の異常な愛情」が取るべきだった

「わが命つきるとも」(66)……「バージニア・ウルフなんかこわくない」のほうがずっとまし

「オリバー!」(68)……救いようがないほど古くさくて凡庸。同年には「2001年宇宙の旅」と「ローズマリーの赤ちゃん」という傑作があったのに、ノミネートすらされていない

「普通の人々」(80)……もっとも許せないのは、「レイジング・ブル」を負かしたという事実。これまでのアカデミー賞の歴史のなかで、もっとも理解に苦しむ選考

「炎のランナー」(81)……これが「レッズ」や「レイダース 失われたアーク《聖櫃》」より優れた映画だって?

「ガンジー」(82)……ベン・キングズレーは素晴らしい。でも、同年の「E.T.」や「トッツィー」のほうが良いと思わない?

「愛と哀しみの果て」(85)……「蜘蛛女のキス」「女と男の名誉」といった凡庸なライバルに救われた

「ラスト・エンペラー」(87)……フラッシュバックが多いとはいえ、映像的には魅了してくれる。しかし、主人公が退屈きわまりない

「ダンス・ウィズ・ウルブズ」(90)……「グッドフェローズ」が、この長ったらしくて説教臭いケビン・コスナーのエゴ丸出し映画に負けたとは

「フォレスト・ガンプ」(94)……ひどい映画というわけじゃない。でも、「パルプ・フィクション」を負かしたことが許せない

「イングリッシュ・ペイシェント」(96)……正直に答えてほしい。もう一度見るとしたら、この映画とコーエン兄弟の「ファーゴ」とどっちを選ぶ?

「恋におちたシェイクスピア」(98)……「プライベート・ライアン」よりもいい映画だって? 50年後も語り継がれているのは、どっちの映画だと思う?

「アメリカン・ビューティー」(99)……1999年のトップ10を選ぶなら、「マルコヴィッチの穴」「インサイダー」「マトリックス」「シックス・センス」「マグノリア」「スリー・キングス」「ボーイズ・ドント・クライ」「女子高生ギャルに気をつけろ!」「ファイト・クラブ」。サム・メンデス監督のこの映画はトップ10にも入らない

「クラッシュ」(05)……「ブロークバック・マウンテン」が取るべきだった

「英国王のスピーチ」(10)……良く出来た時代劇だが、過去50年のあいだいつ公開されても良かった映画。現代を反映した「ソーシャル・ネットワーク」が取るべきだった

(映画.com ニュース/2012年3月4日)




 記事のタイトルを見て大体予想がつきました。まあ、そうですよね。特別キューブリックのファンじゃなくてもそう思います。アカデミー賞は不可解な選考がまかり通る不可解な賞ですから、こういった不満が出て当然。日本のマスコミは業界とグルになってやたらアカデミー賞を持ち上げるだけで、問題提起なんてしようともしないですからね。こういった記事が出るだけアメリカのマスコミの方がマシです。

 まあ批評や批判精神を一切放棄し、業界にひたすら迎合しゴマをする日本のマスゴミなんぞに期待する方が時間のムダ。昔は舌鋒鋭い批評家がいましたが今じゃどっちを向いても太鼓持ちだらけ。ネットの口コミや個人のブログの方がよっぽど信頼が置けます。


わが谷は緑なりき [Blu-ray](amazon)



地上最大のショウ [DVD](amazon)



80日間世界一周 [DVD](amazon)



マイ・フェア・レディ [Blu-ray](amazon)



わが命つきるとも [DVD](amazon)



オリバー! [DVD](amazon)



普通の人々 [DVD](amazon)



炎のランナー [Blu-ray](amazon)



ガンジー(1枚組) [Blu-ray](amazon)



愛と哀しみの果て [Blu-ray](amazon)



ラストエンペラー コレクターズ・エディション(初回生産限定) [Blu-ray](amazon)



ダンス・ウィズ・ウルブス [Blu-ray](amazon)



フォレスト・ガンプ 一期一会 [Blu-ray](amazon)



イングリッシュ・ペイシェント [Blu-ray](amazon)



恋におちたシェイクスピア [Blu-ray](amazon)



アメリカン・ビューティー [Blu-ray](amazon)



クラッシュ [Blu-ray](amazon)



英国王のスピーチ スタンダード・エディション [Blu-ray](amazon)
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

シャイニング [Blu-ray](amazon)


 リーアム・ニーソンがアラスカの極寒の地でオオカミと闘う「ザ・グレイ(原題)」(ジョー・カーナハン監督)が全米で公開されたのを機に、米タイム誌が「寒そうな映画」のベスト10を発表した。

 戦慄をもたらす恐怖映画ではなく、文字通り、見ているだけで凍えそうな極寒の地が舞台となった映画のリスト。しかし、なかにはスタンリー・キューブリック監督の「シャイニング」のように、その両方を兼ね備えた作品もあるようだ。

ベスト10は以下の通り(順不同)。製作年度のあとは舞台となった寒い場所

▽「ファーゴ」(96) 米ミネソタ州&ノースダコタ州
▽「ドクトル・ジバゴ」(65) ロシア
▽「極北のナヌーク(極北の怪異)」(22) カナダ北東部
▽「生きてこそ」(93) アンデス山中、チリとアルゼンチンの国境
▽「ぼくのエリ 200歳の少女」(08) スウェーデン、ストックホルム郊外
▽「遊星からの物体X」(82) 南極大陸
▽「ホワイトウイザード 極光伝説」(87) ノルウェー北部
▽「シャイニング」(80) 米コロラド州ロッキー山脈のホテル
▽「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」(80) 惑星ホス
▽「デイ・アフター・トゥモロー」(04) アメリカ北東部

(映画.com ニュース/2012年1月30日)




 やっぱり登場『シャイニング』(笑。でも、『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』は寒そうでした?あの惑星のシーンだけですよね?個人的には邦画ですが『八甲田山』を挙げたいです。『シャイニング』よりよっぽど寒い!


ファーゴ [Blu-ray](amazon)



ドクトル・ジバゴ アニバーサリーエディション [Blu-ray](amazon)



極北の怪異(極北のナヌーク) 《IVC BEST SELECTION》 [DVD](amazon)



生きてこそ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD](amazon)



ぼくのエリ 200歳の少女 [Blu-ray](amazon)



遊星からの物体X [Blu-ray](amazon)



スター・ウォーズ 帝国の逆襲(エピソードV) (リミテッド・エディション2枚組) [DVD](amazon)



デイ・アフター・トゥモロー [Blu-ray](amazon)



八甲田山 特別愛蔵版 [DVD](amazon)


【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ