キューブリック関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

アイズ ワイド シャット [Blu-ray]


Nicole Kidman On ‘Big Little Lies’, Kubrick And Taking Chances: “I Don’t Approach Things From That Safe Place”

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:DEADLINE HOLLYWOOD/2017年8月16日




 ニコール・キッドマンのインタビュー記事がありましたのでご紹介。この『ビッグ・リトル・ライズ』とは、キッドマンが主役の一人を演じるTVドラマのタイトルです。ざっとGoogle翻訳を通して読むと、14歳の時にキューブリックの『時計じかけのオレンジ』を授業で観て衝撃を受けたことが語られていますが、『アイズ…』については

 彼女がキューブリックと『アイズ ワイド シャット』を作ったとき、キッドマンとクルーズはイギリスで2年間過ごしました。「6ヶ月間はリハーサルだけだった」と彼女は回想します。彼女はその頃を振り返り、「神に感謝します。私は結婚していて、そこには私の子供たちもいました。それはやり遂げようと急ぐようなものではありませんでした。私はスタンリーと共にそこにいて、私は何も気にしていませんでした」

 キッドマンは、キューブリックは誤解されていると感じています。彼のことを知っている人々が彼について語るとき、キューブリック作品の批評家とは全く異なることを言います。彼女は同意します。「スタンリーはいたずらっ子でした。挑発的で、面白い人です。彼は素晴らしいウィットを持っていました。彼は哲学者でしたが、説教はしませんでした。それは常に好奇心と疑問の探究から来ていたものでした。」


とコメントしています。

 とてもキッドマンらしい、余裕のあるコメントです。常にキューブリックの強いプレッシャーに晒され続けたクルーズとは違い、キューブリックはキッドマンに対等な立場での「シーンの探求」を求めました。それはこのインタビューからも明らかです。キッドマンはキューブリックの真意を理解し、それに全面的に協力しました。しかし、役者全員がそうだったわけではなく、中には随分と腹を立てた人もいたようです。そういった役者が評論家に否定的な意見を言い、それを記事にすれば「批評家とは全く異なることを言います」となるわけです。権威ある(知名度のある)評論家の意見は常に正しい、というのは幻想に過ぎません。私たちファンが持つ「キューブリック像」はそれぞれ微妙に違っていると思いますが、それは「評論家の評論ソース」ではなく「キューブリック本人もしくは関係者ソース」に基づいていなければなりません。当ブログはそれを提供する場でもあります(それに基づく管理人の私見の発表の場でもありますが。笑)。「評論家の評論ソース」はその評論家のバイアスがかかっているという前提のもと、参考程度にしておくべきでしょう。

 ところで最近、キッドマンがキューブリックの秘密を暴露しただのなんだのという明らかな「嘘記事」がリツイートされていました。「アメリカ政府はUFOと宇宙人を秘匿している!」並みにレベルの低い記事ですが、真に受ける人もままいるようです。アクセス稼ぎが目的であるのは明白ですので、そんな連中の「エサ」になりたくないのなら延髄反射するのではなく、なぜこんな記事が書かれるのか、書いた連中の真意は何か、もっと「探求」するクセをつけておくべきですね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
digitamin_yf14128

 トイメーカーのメディコム・トイが「表参道ヒルズ スペースオー」で7月22日〜27日に開催したイベント「MEDICOM TOY EXHIBITION’17」。数多くの最新アイテムが集結した会場の模様をレポート!

〈中略〉

■「REAL ACTION HEROES」シリーズ

 全身フル可動の全高約300ミリの精巧なアクションフィギュア。特撮や映画、アニメなど幅広い作品が登場。

 今回の目玉は『仮面ライダーアマゾンズ シーズン2』に登場する3人のライダーと『時計じかけのオレンジ』のアレックス。特に『時計じかけのオレンジ』はいろいろな大人の事情で、立体化は不可能と言われてきた作品。昨年、発表になりながら、ついにお披露目!

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:週プレNEWS/2017年8月6日




 おおっ、ついにお披露目ですか。リンク先のキャプションには

 PVC製頭部はアレックスをイメージさせる造型で、眼球可動システムも採用! 質感にこだわった布製コスチューム、特徴的なカフスなどのアクセサリーも再現!

とありますが、眼球を動かしてあの特徴的な「キューブリックの睨み」を再現できるんですね。これは欲しがる人は多そう。価格など詳細は以前の記事、もしくは下のamazonリンクを参照してください。管理人はフィギュアには興味はないのですが、詳細は知りたいと思いますので、購入された方がいらっしゃいましたら、ツイッターなどで存分に自慢して欲しいです。教えてくださればRTしますよ!


RAH リアルアクションヒーローズ アレックス「時計仕掛けのオレンジ」 ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア(amazon)
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

時計じかけのオレンジ [Blu-ray]


 1972年に日本公開されたスタンリー・キューブリック監督の名作『時計じかけのオレンジ』。衝撃的な暴力描写で知られる本作の魅力を徹底解説します!

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:ciatr/2017年7月6日




 この『ciatr』は「映画系キュレーションサイト」だと思われますが、もうね、肝心な部分で記事の内容が間違っていると、このサイト全体の信頼性に関わりますけどよろしんでしょうか?

 病院で目を覚ましたアレックスは元の人格に戻っていました。ルドヴィコ療法の問題点が発覚し失脚を恐れた内務大臣は、アレックスに元の人格に戻ったように振る舞うよう頼みます。アレックスは大音量の第九番を聴き、邪悪な笑みを浮かべたのでした。

 説明するのもバカらしいですが、「元の人格に戻った」のではなく「元の人格に戻した」ですね。「元の人格に戻ったように振る舞うよう頼みます」ではなく「元の人格に戻したアレックスに政府の広告塔になるように頼みます」です。政府が有名人になったアレックスの洗脳を解き、その上で支持率の落ちた政府の人気回復の広告塔として利用しようとする意図を汲み取ったアレックスが、それを快諾するという最悪(物語が始まった時点よりも状況は悪くなっている)でブラックなオチです。この重要なオチを理解せず、堂々と「徹底解説」や「ネタバレ」と小見出しに掲げる神経はどこからくるんでしょう?

 キュレーションサイトの記事には「映画を観ないでwiki観て書きました」的なものも散見されます。まあ、記事の内容なんてどうでもよく、アクセス数が稼げればいいと考える連中がやっていることなので「そんなもの」として流し読みするか、無視するかでいいと思いますが、ここでこうして訂正記事を書くことで採り上げてしまうと、連中のアクセス稼ぎに加担してしまうことにもなるので、その点はちょっと複雑ですね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2001年宇宙の旅 [Blu-ray](amazon)


 20世紀から21世紀当初には優れたSF映画がたくさんあった。これらの作品は希望と夢と悪夢の未来を大スクリーンに描き出し、衝撃的だが現実離れした予言を行なった。

 そして時は流れ2017年。中にはびっくりするほど的確な未来予測もあったが、外れてしまったものもあった。

 ちょっと時間軸がずれただけで、そのあと起こりうる可能性も高いものもから、ちょっとこじつけなんじゃないの?と思うものまで、その主だった10作品が海外ランキングサイトにて特集されていたので見ていくことにしよう、そうしよう。

〈中略〉

 SF映画史上の最高傑作に挙げられる本作品。劇中で描かれたいくつもの未来の技術が、後に現実に登場している。

 本作品がリスト入りしたのは、宇宙旅行の時系列に問題があるからだ。現段階では木星はおろか、火星への有人飛行も実現しておらず、2001年にHAL 9000のようなコンピューターも開発されていない。

 制作当時、スタンリー・キューブリックらは最新の宇宙技術について綿密な調査を行なっており、映画にリアリズムを与えることに成功した。

 同時に、未来的な雰囲気を演出するために現実の科学者を追い抜く必要もあった。このために興味深い技術が映画に登場しているが、それは現在と過去の趣を持つ。

 例えば、電話付きのブリーフケースだ。これはタブレットやスマートフォンとの類似点が見られるが、いずれにせよ2001年には登場していない。

 『2001年宇宙の旅』には、現代社会を超えている技術と古い技術が混在している。時系列の点ではまったく未来の予測を間違っていたが、方向性の点では正しかった。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:カラパイア/2017年7月2日




 『2001年…』関連の資料を読んでみると、キューブリックは最初からできるだけ正確にされた未来予測に基づく映画を作ろうとしたわけではなく、割とアバウトな「未来感」を持った映画を考えていたようです。手塚治虫に美術監督のオファーをしたのもそれが理由ですし、クラークとの共同作業で作り出された物語も、当初はいわゆる「当時のSF映画のクオリティの範囲」を大きく飛び越えるようなものではありませんでした。それが「超リアリズム主義」に変わったのは、スタッフにNASAを退職したばかりのフレデリック・オードウェイハリー・ラングが参加したのかきっかけだったのではないでしょうか。

 彼らを通して当時最先端のNASAのテクノロジーやデザインがキューブリックの元に届きだすと、とたんにキューブリックの「こだわりの虫」が騒ぎ出し、それまで決定稿と思われていた脚本に次々にNGを出し始めます。また、NASAを通じて当時NASAに協力していた関連各企業(IBMやGM、ベルなど)とのコネができたことをいいことに、映画内で企業の宣伝(セットやガジェットにロゴを入れる)をするのと引き換えにデザインを担当させるという方法を採用しました。このことが素人が勝手にデザインしていたそれまでのSF映画のセットデザインをはるかに凌駕した主な理由ではないかと考えています。同年に公開された『猿の惑星』にも宇宙船や冷凍睡眠装置が登場しますが、専門家のデザインと素人のデザインの違いははっきりと見て取れます。キューブリックが一番苦労したデザインは専門家のいない「宇宙人」(結局全てボツにした)だったことを考えると、『2001年…』が公開から50年になろうとしていうのに輝きを失わないのは、キューブリックの功績は当然としても、それに陰に日向に協力した数多くの「専門家」(もちろん科学者でもあったアーサー・C・クラークを含む)の存在があったことは、もっと周知されてしかるべきだと思っています。
 
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

バリーリンドン [Blu-ray](amazon)


 クライテリオンから届いた10月のBLU-RAYリリース・ラインナップ。10/17登場予定となっているのが、今年の目玉作品のひとつとなる巨匠スタンリー・キューブリック監督作『バリー・リンドン』(75)です。

 18世紀のヨーロッパを舞台に、貴族に成り上がろうとする男の数奇な運命が描かれる。出演は『ある愛の詩』『ペーパー・ムーン』のライアン・オニール、『ベニスに死す』『ホワイトハンター ブラックハート』のマリサ・ベレンソン。アカデミー撮影・音楽(編曲/歌曲)・美術監督/装置・衣装デザイン賞受賞。同作品・監督・脚色賞ノミネート。

 35mmオリジナルネガからの4Kスキャン/ワークフロー版。狂おしいまでに拘り抜いたカメラ美術画、厳密に再現された衣装や風俗等々、どのように再現されるか、乞うご期待です!お楽しみに。

(詳細はリンク先へ:Stereo Sound Online/2017年7月18日

※記事にある動画は昨年イギリスで再上映された際の予告編で、今回の4K版のものではありません。





 記事中に「35mmオリジナルネガからの4Kスキャン」とありますが、これが事実ならちょっとしたトピックです。実は『バリー…』のオリジナルネガは紛失したとされているからです。それがついに発見され、キューブリックの指示通りのアスペクト比、1:1.66での4K化ということになります。

 特典については

・Blu-rayは新4Kデジタル復元、非圧縮モノラルサウンドトラック付き

・Blu-rayのDTS-HDマスターオーディオはアルティメイト5.1サラウンドサウンドトラック

・1976年のキューブリックのオーディオインタビューからの抜粋だけでなく、キャストとクルーのインタビューを収録した新ドキュメンタリー

・1980年の撮影監督ジョン・オルコットのインタビューからの抜粋だけでなく、撮影助手のダグラス・ミルサムと撮影主任のルー・ボーグによる映画の画期的なビジュアルに関する新番組

・アカデミー賞を受賞したプロダクションデザイナー、ケン・アダムと、歴史家クリストファー・フレイリングの新番組

・編集のアンソニー・ローソンの新しいインタビュー

・1976年にオスカー賞を受賞した衣装デザイナー、ウルラ=ブリット・ショダールンドのフランステレビによるインタビュー

・批評家ミシェル・シマンの新しいインタビュー

・レオン・ヴィタリが監修した5.1サラウンドサウンドトラックについての新しいインタビュー

・芸術学芸員のアダム・エーカーが、映画からインスパイアされた美学を分析する新しい作品

追加:『アメリカン・シネマトグラファー』1976年3月号から、批評家ジェフリー・オブライエンによるエッセイ

となっています。特にレオンのインタビューが興味を惹かれます。期待して10月を待ちましょう。また、ワーナー版での発売も期待したいですね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ