キューブリック関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
『ドクター・スリープ』 日本版予告編

〈前略〉

 ところで予告編には、「REDRUM」の文字や三輪車をこぐダニー、血があふれるエレベーター、不気味な双子など、スタンリー・キューブリック監督の傑作『シャイニング』(1980)で描写されたイメージが登場し、非常に大きな影響を受けているのは明らかだ。本作は、キングの小説の映画化なのか、それともキューブリックの映画の続編なのか? 監督は「製作が発表されてから、一番よく聞かれたのがその質問だよ。これは小説『シャイニング』の続編を忠実に映画化したもの。だけど、同時にキューブリックが『シャイニング』の映画化で確立したシネマティック・ユニバースに存在している。この調整が実は最も大変で、ワクワクする部分だったんだ」と説明する。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:シネマトゥデイ/2019年6月14日




 スティーブン・キングが執筆した小説『ドクター・スリープ』は、小説『シャイニング』の続編であり、キューブリックの『シャイニング』の続編ではありません。ですが、その小説『ドクター・スリープ』を映画化する際、旧作『シャイニング』の映像の流用は、映画会社的には興行収入的観点からして、全く知られていないTVドラマ版『シャイニング』の映像を使う、という選択肢はなかったはずです。やはり予告編で使用されている映像は全てキューブリックが改変したものばかりでした。原作者のスティーブン・キングはキューブリック版『シャイニング』を酷評し、憎んでさえいるのは周知の事実ですが、当のキングはこの事実をどう思うのでしょうか? キング自身がキューブリック版を嫌うのは構わないとしても、その影響力と完成度は認め、今後公式にキューブリック版を批判することは、いいかげん控えてほしいものです。

 ところでこの『ドクター・スリープ』という物語、小説は未読ですがあらすじを読んだだけでも、キングお得意のチープなB級感満載(予告編では壊れた扉のシーンのSEがヒント)のストーリーとなっています。もちろんキングファンは「そこが好き」なのですが、キューブリック版『シャイニング』の印象をひきづって鑑賞するとガッカリするのは必至(『2010年』のように別モノとして楽しめれば御の字)ですので、期待値はあまり上げない方がよろしいのではないかとは思います。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
PATHS OF GLORY_kubrick
『突撃』を撮影中のカーク・ダグラスとキューブリック。『God Fearing Man』の脚本は『突撃』の後、1958年頃に書かれた。本人が語る「誰も欲しがらなかった2本の脚本」の内のひとつだと思われる。

TV Drama Based on Stanley Kubrick Script Set for Production

A high-end television drama based on an original screenplay by acclaimed filmmaker Stanley Kubrick has been set as a first scripted project for new European production company Media Musketeers. “God Fearing Man” was one of two initial projects announced Tuesday by the company, which was officially launched in April by former Warner Bros executive Chris Law and former Apple executives Sebastien Janin and Andy Docherty.

“God Fearing Man” is based on a book by Herbert Emerson Wilson and Kubrick’s original screenplay which tell the true story of a Canadian church minister-turned-safecracker who became one of the most successful bank robbers in U.S. history.

Media Musketeers will collaborate with U.K. independent producer ForLan Films on the project. ForLan has developed the project as a four-hour TV drama, working with Philip Hobbs, who served as co-producer on Kubrick’s 1987 Vietnam War classic “Full Metal Jacket.” Hobbs will produce alongside ForLan’s Steve Lanning. Janin and Docherty will serve as executive producers.

 評価の高い映画監督スタンリー・キューブリックによって書かれたオリジナル脚本に基づくハイエンドのテレビドラマは、新しいヨーロッパの制作会社、メディア・マスケーターズの最初のプロジェクトとして立ち上がりました。『God Fearing Man』は、火曜日に同社が発表した2つの最初のプロジェクトのうちの1つであり、4月にワーナー・ブラザーズの元幹部Chris Lawとアップルの元幹部Sebastien JaninとAndy Dochertyによって正式に発表されました。

 『God Fearing Man』は、ハーバート・エマーソン・ウィルソンの小説とキューブリックのオリジナル脚本に基づいています。これは、アメリカの歴史で最も成功した銀行強盗の一人となった、牧師から転身した金庫破りのカナダでの実話を基にしています。

 メディア・マスケーターズは英国の独立制作会社、フォーラン・フィルムズと共同でプロジェクトを行います。フォーランは、このプロジェクトを4時間のテレビドラマとして制作します。フィリップ・ホッブスは、1987年制作のベトナム戦争映画の名作『フルメタル・ジャケット』の共同プロデューサーを務めていました。 JaninとDochertyがエグゼクティブプロデューサーを担当します。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:VARIETY/2019年5月14日




 以前こちらで記事にした、ハーバート・エマーソン・ウィルソンの小説『私は1600万ドルを盗んだ』をキューブリックが脚本化し、それを基にしたTVドラマ『God Fearing Man』の制作が進行中のようです。

 この『私は1600万ドルを盗んだ』は、キューブリックが『突撃』公開後の1958年頃に進めていた企画で、ジム・トンプソンと共同で脚本を書き、カーク・ダグラスを主役に向かえて映画化するつもりでしたが、肝心のダグラスがこれを気に入らずボツになった経緯があります。本人も「復活させて映画化すつもりはない」と明言していますので、無名時代のキューブリックが書いた脚本にいかほどの価値があるのか疑問が残ります。

 気になったのは記事中にフィリップ・ホッブスの名前があること。ホッブスが『ルナティック・アット・ラージ』の脚本を見つけたとニュースになっていましたが、この脚本もホッブスが見つけたのでしょうか? この方、キューブリックの長女カタリーナの元夫で、結婚時『フルメタル・ジャケット』の共同プロデューサーを務めたのですが、『アイズ…』には病気で不参加、キューブリック逝去の際には様々な手配に奔走したそうです。その後カタリーナと離婚(原因は不明)してしまいましたが、結婚する前はケータリング業(おそらく映画関係)をしていたそうなので、プロデューサーとしての力量は全く不明です。

 記事には元ワーナーや元アップル幹部の名前もありますが、アップルが動画コンテンツのサブスク事業に乗り出しているのは周知の通りです。これからの5G時代、インフラはあれどコンテンツがないという事態は容易に想像できるので(この企画はTVシリーズですが)、こういった「ちょっとでも衆目を集められそうな企画」は今後も増えるでしょうし、その「衆目集め」のためにキューブリックなどのビック・ネームが利用されるということは起こりうるし、すでにこうして起こっています。

 こちらがメディア・マスケーターズ社のサイト、こちらがそのフォーラン・フィルムズ社のサイト、こちらがその該当ページですが、これを見る限り実績は怪しい感じがします。どちらにしてもPVくらいは観せてもらわないとなんとも判断がつかないし、以前記事になってからすでに5年近くも経っていますので、このまま話が立ち消えにならないことを祈るばかりです。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
anthony-burgess-2

 スタンリー・キューブリック監督の代表作「時計じかけのオレンジ」の原作となった、英作家アンソニー・バージェスの同名小説の続編と思しき未完の原稿が、伊ブラッチャーノにあるバージェス氏の旧宅で発見された。

〈中略〉

「兵役を終えて故郷に戻った1945年のある日、ロンドンのパブでコックニー訛りの老人が、誰かのことを『時計じかけのオレンジみたいにヘンな奴』と言っているのを耳にした。それから20年近くずっと、いつか何かのタイトルに使いたいと思っていた。古風な比喩的言い回しだが、伝統へのこだわりと突飛な技法が組み合わさったあの小説には、まさにぴったりのタイトルだった」と独創的なタイトルにまつわる秘話も披露している。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:映画.com/2019年4月30日




 ソースとなったIndiewireの元記事は見当たらなかったのですが、スミソニアンのニュース「‘A Clockwork Orange’ Follow-Up Found in Burgess Archives」やガーディアンの「The Clockwork Condition: lost sequel to A Clockwork Orange discovered」の記事を読む限り、続編「小説」と呼ぶには無理がありそうです。「それは200ページに及ぶタイプされた下書き、メモ、そしてアウトラインで構成」とあるので、おそらく草案・骨子・下書きといった程度でしょう。制作年は1972年〜73年。公開された『時計じかけのオレンジ』人気に目をつけた出版社がバージェスに「時計じかけ」タイトルの続編制作をもちかけ、バージェスも書こうと試みたのもの頓挫してしまったという、よくあるボツプロジェクトだったようです。バージェス本人も「The Clockwork Conditionはアイデア段階以上に発展しなかった」と1975年のインタビューで応えていると記事にはあります。その頓挫したプロジェクトの代わりにバージェスが書き上げた自伝的な短編小説が『Clockwork Testament』(未邦訳)。あまり採り上げられることもない作品なので、大した小説ではないのでは・・・と想像します。

 以前の「【企画作品】キューブリックの幻の脚本『燃える秘密』が2018年11月20日にオークションにかけられることが判明」という話題もそうですが、こういった埋もれた原稿を見つけ出した本人は、大衆の耳目を集めたいがために「幻の原稿発見!」などと大げさに騒ぎ立てますが、結局たいしたものではないので、そのまま時間の経過とともに忘れ去られてしまうものです。この件もおそらくこれで終わりでしょう。

 『時計じかけのオレンジ』のタイトルの由来は伝えられている通りでした。その記事はこちらにまとめております。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
theshining2

2019年のカンヌクラシックで4K版『シャイニング』をアルフォンソ・キュアロンが発表します

 今年のカンヌクラシックのラインナップが発表されました。1つの上映会がすぐに注目を集めています。アルフォンソ・キュアロンが『シャイニング』のリマスター版を発表します。

〈中略〉

『シャイニング』の深夜上映

メキシコの監督アルフォンソ・キュアロンによる究極のホラー映画のイベント上映。

『シャイニング』スタンリー・キューブリック監督(1980年・2時間26分・イギリス/アメリカ)

 ワーナーブラザーズのプレゼンテーション4Kリマスタリングは、オリジナルの35mmカメラネガを新しい4Kスキャナーを使用して行われました。マスタリングはワーナーブラザーズ・モーション・ピクチャー・イメージング、カラーグレーディングはジャネット・ウィルソン、キューブリックの元パーソナルアシスタントであるレオン・ヴィタリの監修のもとに行われました。

〈以下略〉

Cannes Classics 2019: Alfonso Cuaron to Present ‘The Shining’ in 4K

This year’s Cannes Classics lineup has been announced, with one screening immediately catching the eye: Alfonso Cuaron presenting the remastered version of “The Shining.” The “Roma” filmmaker will be on hand to introduce Stanley Kubrick’s horror classic, which is in the program alongside “Easy Rider,” three films from Luis Bunuel, Lina Wertmuller’s “Seven Beauties,” two from Milos Forman, and many others.

〈中略〉

Midnight Screening of “The Shining”

The ultimate horror film for an event screening presented by Mexican director Alfonso Cuaron.

“The Shining” by Stanley Kubrick (1980, 2h26, UK / USA)

A Presentation of Warner Bros. The 4K remastering was done using a new 4K scan of the original 35mm camera negative. The mastering was done at Warner Bros. Motion Picture Imaging, and the color grading was done by Janet Wilson, with supervision from Stanley Kubrick’s former personal assistant Leon Vitali.


〈以下略〉

(全文はリンク先へ:IndieWire/2019年4月26日




 昨年のカンヌはクリストファー・ノーランが監修した『2001年宇宙の旅』のアンレストア版が話題でしたが、今年は4K版『シャイニング』の上映が決定したようです。143分の北米版です(記事にありました)。シネコンやIMAXでの上映やBD化も期待できますね。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
DSC01275
『時計じかけのオレンジ』Tシャツの地の色の赤は、若干朱色がかった赤です。

 現在、全国(北海道・九州を除く)のイオン大型店にて、トップバリュの「A BASE-T」というブランドから『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』『フルメタル・ジャケット』のキューブリック作品Tシャツ3種類が880円(税別)で発売になっていましたので、早速購入してきました。

 昨年は6種・3サイズ展開だったのですが、今年は3種・4サイズ(S、M、L、LL)展開です。LLが追加になっていますが要望が多かったのでしょうか? 『時計じかけのオレンジ』TシャツはWEGOからも販売されていますが、サイズはMとLのみ。女性にも少なからずニーズがあるはずですので、Sを用意してくれたイオンさんは良心的だと言えます。でもまあ、そもそもWEGOとイオンとでは販売力が違いますので、はける枚数が多い分、価格を抑えたりサイズ展開をしやすいイオンさんが有利なのは当然と言えば当然です。だとしても税込でも1,000円を切る価格はやはり魅力的ですね。

 イオンは、よりどり2点で1,500円(税別)というさらに破格値の「Tシャツフェス」を2019年4月26日(金)〜5月6日(月)に開催すると予告しています。昨年に続いてもろにGWにぶつけてきましたが、昨年の状況を説明すると、キューブリックTシャツに限って言えば5月3日にはネットショップは完売、GW中には大都市圏近郊のイオンでは軒並み売り切れ、その後も入手希望者が後を絶たず「キューブリックTシャツ難民」が発生するという事態になりました。今年はどうなるかはわかりませんが、確実に入手したい方はTシャツフェス前に購入する方が無難かもしれません。

 ただ昨年の盛り上がりは「キューブリック作品商品化元年」と言える年で、それまで中に浮いていたキューブリック作品(ワーナが権利を持つ『ロリータ』『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』『バリー・リンドン』『シャイニング』『フルメタル・ジャケット』『アイズ ワイド シャット』の7作品)の版権をワーナーが一元管理することになったことによるものです。ですので、キューブリック作品のオフィシャル商品化(海賊版の商品はそれまでにも数多く存在していた)を心待ちにしていたファンが飛びついた、という経緯がありますので、今年は昨年ほど盛り上がるかどうかはわかりません。でも、Twitterでもそこそこ盛り上がっているようですし、ファンなら購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 イオン映画コラボTシャツ取扱店舗はこちら。イオンのネットショップでも現在販売中(2019年5月6日現在)です。

『2001年宇宙の旅』
『時計じかけのオレンジ』
『フルタメル・ジャケット』
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

このページのトップヘ