キューブリック関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

アイズ ワイド シャット [Blu-ray]


 米人気俳優トム・クルーズ(54)と元妻の女優ニコール・キッドマン(49)が映画で共演し、なんとベッドシーンを演じる企画が持ち上がっている。英紙デーリー・メール(電子版)が報じた。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:東スポWeb/2017年6月18日



 なんだか1999年の『アイズ…』公開当時の扇情報道を彷彿とさせるニュースですね。当時は夫婦だった「クルーズとキッドマンの濃密なベッドシーンがある!」とか「クルーズが女装姿になる!」とかセンセーショナルに報道され、トム・クルーズ人気もあってかキューブリック作品中最高の興行収入を挙げるのですが、評判は「期待はずれ」「ぜんぜんエロくない」「映像は美しいが意味不明」という散々なもの。キッドマンの最後の重要な台詞「ファック」の意味を「セックス」としか理解できず(これは字幕で「セックス」と訳した偉大なる誤訳字幕翻訳家、戸田奈津子女史の多大なる負の功績でもあるのですが)、トンチンカンな論評が「識者」によって一般に流布されてしまった影響も否定できません(現在のDVDやBDは「ファック」と修正されています)。

 キューブリックはセンセーショナリズムしか扱わないイエロー・ジャーナリズムを逆手にとって、それに盲目的に追従する大衆を痛烈に皮肉ってみせた(・・・という解釈もできるという理解でお願いします)のですが、あれから18年も経とうというのに「大衆」というのはちっとも進歩がないですね。ソースもデイリーですし、イエロージャーナリズムの権化たる東スポがこのような配信記事を採り上げるというのも相変わらずです。

 キューブリックがそのジャーナリズムの世界の出身(グラフ誌「ルック」社のカメラマンだった)という事実は、「ジャーナリズムの正体を知るもの」としてキューブリック作品の節々に反映されていると思うのですが、この論点からの批評はあまり聞かれないようです。『2001年…』の箝口令とHALの暴走のくだり、『時計…』での政府や反権力者のマスコミの利用っぷり、『フルメタル…』での軍の情報統制やプロパガンダ、そしてこの『アイズ…』での扇情的な報道(を予測したストーリーテリング)の逆利用。これらはキューブリックのマスコミ不信のなせる技です。自身のプライベートを面白おかしくデマを撒き散らすマスコミに沈黙を貫き通したのも、マスコミの手の内を知るものとして「その手に乗るか」という意思表示でしょう。

 それらに加え、キューブリック作品はそこに描かれた事象を客観的に、冷徹に観察する「ジャーナリスティックな視点」を感じることができます。過去にそれを「「フィクション」を「ドキュメント」するカメラマンの眼」という記事にまとめたのですが、ホームページ時代の1998年に書かれたこの大昔の記事(紋切り型口調が気恥ずかしいですが)を、今頃になってふと思い出してしまいましたね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

博士の異常な愛情 [Blu-ray](amazon)


 ロシアのプーチン大統領とアメリカの映画監督オリバー・ストーン氏が、故スタンリー・キューブリック監督の映画「博士の異常な愛情」を一緒に鑑賞していたことが明らかになった。

 6月12日にアメリカの衛星テレビ「ショウタイム」で放送された、ストーン氏制作のドキュメンタリー番組で紹介された。

(全文はリンク先へ:HuffPost Japan/2017年6月13日




 できればストーンではなく、トランプと肩を並べて爆笑しながら観て欲しかったですが、「プーチンが『博士…』を観た」という事実は、キューブリックファンにとってはちょっと意識してしまいますね。今後、核関連のニュースがロシアから流れてくるたびに「『博士…』を観たプーチンがこう言っている」というバイアスが良くも悪くもかかってしまいますので。

 インタファクス通信によると、映画を見終わった後、プーチン氏は「当時と今とでは状況はあまり変わっていない。兵器のシステムがより複雑になったということぐらいで、『報復のための兵器システム』という根本思想は変わっていない」と感想を述べた。

とのことですが、核抑止力が現在の平和の均衡を保っているという一面は疑いもない現実です。しかしその反面、核の暴走の行く末が破滅なら、それを回避するために我々は一体何をすべきか?という問いに、世界の指導者は常に「正解」を出さなければいけません。しかもその「正解」は長い年月が経ち、「歴史」になってみないとわからないというやっかいなものです。もしかしたら映画は、そのやっかいな正解を可能な限り正確に予測する最良の媒体かも知れません。キューブリックが意図したのか、していなかったのかはわかりませんが、いくつかのキューブリック作品がそういった未来予測の役割の一旦を担っているのだとしたら、やはり「キューブリックは天才」(本人は嫌がっていたようですが)という評価は揺るぎないと思わざるを得ませんね。

[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
lolita_shooting
『ロリータ』を撮影中の1961年頃のキューブリック。左側で天を仰ぐのはキューブリックとことあるたびに対立した撮影監督のオズワルド・モリス

Stanley Kubrick Almost Moved to Australia Before Dr. Strangelove Because He Was Worried About Nukes

Perth, Australia is the most remote major city on the planet. Which is apparently why it appealed to legendary director Stanley Kubrick. New research reveals that Kubrick was so concerned with the possibility of nuclear war that he actually planned to move to Perth in 1962.

 オーストラリアのパースは地球上で最も遠い主要都市です。その事実がなぜ伝説的監督であるスタンリー・キューブリックにアピールしたのでしょう。新しい研究はキューブリックが核戦争の可能性に関心を持ち、1962年に実際にパースに移ろうと計画していたことを明らかにします。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:GIZMODO/2017年5月17日




 キューブリックが核戦争の危機から自身と家族を守るため、オーストラリアに移住することを考えていたのはよく知られた話ですが、具体的には『ロリータ』のポストプロダクション時、1962年だったそうです。モロに「キューバ危機」の年ですね。

 記事によると、船内で『ロリータ』の編集作業をしながらパースに移動しようと考えたらしいですが、当時の客船だと航海中の6週間もの間、他の客とバスルームを共用しなければならないことを知って断念したそう(笑。核戦争の恐怖よりバスルームの共用の方が嫌だというのは、プライベートを重んじるいかにもキューブリックらしい判断ですが、この「船内で編集作業をしながら移動」というアイデアは後の『2001年…』で実現させるので、執念深いといえば執念深いですね。結局移住は諦めて引き続きロンドンで映画製作を継続し、そこに骨を埋めることになるのですが、たとえ一時期はパースへ移住したとしても、核危機はその後収斂していくので、事態が落ち着く頃には、キューブリックはロンドンに戻ったように思います。オーストラリアという国が持つイメージと、キューブリック作品のイメージがあまりにもかけ離れているので、そのままオーストラリアに住み続けたとはちょっと思えないですね。

 核戦争の脅威から移住まで考えたキューブリックの恐怖心は、逆説的な「黒い笑い」となって傑作『博士の異常な愛情』として結実しますが、『私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』なんて長ったらしい副題に、この「パース移住計画」の影響が現れているのだとしたら、やっぱりこの「私」ってキューブリック自身のことなんでしょうね(笑。
 
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 マサチューセッツ,ボストン出身ポストハードコアバンドIce Nine Killsが新曲 “Enjoy Your Slay feat. Sam Kubrick” のLyric Videoを公開しました。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:ALTERNATIVE PRESS JAPAN/2017年5月27日




 イギリスのデスメタルバンド「Shields」のボーカル兼ギターで活動中のキューブリックの実孫サム・キューブリック(=フィニー)ですが、なかなかインディーズレベルから脱却できないためか、メジャーシーンで活動中のIce Nine Killsの新曲にボーカルとして参加したようです。しかもその曲は『シャイニング』のオマージュ満載。

 『Enjoy Your Slay feat. Sam Kubrick』ってもうキューブリックの孫であるという看板を背負う気マンマンですが、所属するShieldsの方はこれからどうするんでしょう? Youtubeでの再生数がここまで違うと、現実を突きつけられた気がしてなんだかとっても辛いですね。その所属するShieldsのYouTubeチャンネルはこちらになります。どれがサム君かは・・・一目瞭然ですね(笑。

 しかし、キューブリックの孫の活動ぶりを日本語で紹介した記事を初めて見ました。単なる邦訳記事だとしても貴重です。果たして彼らがメジャーになる日が来ることがあるのか? そして来日は!? 今後に注目です。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
47669d14

Cannes Film Review: ‘Filmworker’

Leon Vitali, who left acting to be Stanley Kubrick's right-hand man, is the subject of an arresting cinemaniac documentary.

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Variety/2017年5月19日




 今年のカンヌ映画祭でキューブリックの新作ドキュメンタリー『フィルムワーカー(Filmworker)』が上映されたようです。詳細はまだわかりませんが、記事によるとレオン・ヴィタリの証言を中心にしたドキュメンタリーで、出演者にはライアン・オニール、マシュー・モディーン、ダニー・ロイド、リー・R・アーミーなどの名前が挙がっています。現在のインタビュー出演としてはオニールとアーミーは確実で、その他はライブラリー出演か否か不明です。IMDbにも情報が上がっています・

 レオン・ヴィタリは『バリー…』以降のキューブリックを一番よく知る人物なのでその証言には興味があります。特典映像としてボックスセット等に収録されるのを期待したいですね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ