キューブリック関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2001_cut1
カットされたシーンではもっとも有名な、フロイド博士が月面生活を視察するシーン。ここにはキューブリックの二人の娘(長女カタリーナ、次女アンヤ)が出演している。

“The additional footage from 2001: A Space Odyssey has always existed in the Warner vaults. When [director Stanley] Kubrick trimmed the 17 minutes from 2001 after the NY premiere, he made it clear the shortened version was his final edit. The film is as he wanted it to be presented and preserved and Warner Home Video has no plans to expand or revise Mr. Kubrick’s vision.”

 「ワーナーは『2001年宇宙の旅』の追加フッテージを保管庫に収蔵してきました。スタンリー・キューブリックがNYプレミアのあと『2001年…』から17分をカットしたとき、キューブリックは短縮版が最終版であることを表明しました。ワーナーホームビデオは、キューブリックの見解を追加したり修正したりする予定はありません」と語った。

(全文はリンク先へ:BbloomsMag/2017年10月10日




 以前ここで記事にした「カンザス州の保管庫で見つかった」フィルムはワーナーが保管していて、それを公開するつもりはないとワーナーが声明を出したようです。

 キューブリックが制作したキービジュアルを改悪したパッケージを平気でリリースするくせに、こういうところでは律儀にキューブリックの遺志を守ろうとするワーナーには違和感を感じますが、「商売的に一番効果的なタイミングを狙っているだけじゃないの?」と穿った見方もできなくもないですね。「幻の17分間(ファンには19分間として知られていた)のフィルムが見つかった」というニュースが流れたのは2010年の年末でしたが、7年も経ってのプレスリリースには唐突さも感じます。

 そろそろ4K版BDの発売も考えられますし、ワーナーの声明も本編に追加する形じゃなく、特典映像としてリリースする可能性は否定していないように感じます。そうなると嬉しいことは嬉しいですが、この「今になって」の声明発表は「特典映像としての価値がどれほどあるかの観測気球」として発せられたのだとしたら「ワーナーさん商売上手っすね」の一言でも言いたくなりますね。

 カットされたシーンは以下の通り。

・「人類の夜明け」で猿人たちがモノリスに反応するシークエンスの短縮
・オリオン号のドッキングの過程と宇宙ステーションのフッテージ
・ハロッズでフロイドがお土産にブッシュベビーを買うシーン
・クラビウス基地の人工池でスケッチをしている子供たちのシーン
・ディスカバリー号での宇宙飛行士の運動シーンの短縮
・ボーマンがAE35ユニットを倉庫から取り出すシーン
・プールがスペースポッドで離船するシーンのカットとプールの呼吸音の短縮
・HALがプールを殺害する前に無線を切るシーン

・「月を見るもの」が骨を道具として使う方法を思いついた際の、一秒間のモノリスのフラシュバックが「追加」された
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mt

 メディコム・トイはジャンルや枠に縛られない自由なトイメーカーだ。精巧なアクションフィギュア、世界的な人気を誇るBE@RBRICK、レトロなソフトビニール製人形。「自分たちが欲しいものをつくる」という確固たる意思のもと、ファッションや音楽やアートの領域とも縦横無尽に行き来をしながら成長を続けてきた。設立21年目を迎えた今、代表取締役社長の赤司竜彦氏は現状をどのように捉えているのだろう。

〈中略〉

赤司 発表から少し時間がかかってしまいましたが、やはりスタンリー・キューブリック監督の商品「RAH アレックス」「MAFEX SPACE SUIT/発売日調整中」)はぜひご覧になっていただきたいです。

特に『時計じかけのオレンジ』のアレックスを作ることは自分にとって3大悲願のひとつだったので、夢が叶ってしまって一抹の寂しさもあります。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:OPENERS/2017年7月21日



 キューブリック作品の版権管理がきちんと行われるようになった関係からか、オフィシャルなグッズやモデルが次々とリリースされていますが、特にこのアレックスのフィギュア化は悲願だったそうです。その思い入れは発表された写真を見る限り、こだわり抜かれた素晴らしいもののようですね。『2001年…』の宇宙服姿のボーマンとプールですが、こちらもクオリティは高く、現在発売中です。管理人も東京スカイツリータウンのメディコムトイで宇宙服フィギュアの現物を見てきましたが、なかなかできは良いように感じました(・・・が、管理人はフィギュアは完全に門外漢であることをご承知おきを)。

 このメディコムトイですが、以前『時計…』の「ロッキングマシーン」「クライスト・アンリミテッド」のレプリカを発売していましたが、再発されるとの噂もあるようです。今後のメディコムトイの発表には要注意ですね。


RAH リアルアクションヒーローズ RAH RAH アレックス 「時計仕掛けのオレンジ」 ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア(amazon)



MAFEX マフェックス SPACE SUIT ORANGE Ver. 『2001: a sapce odyssey』 ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み アクションフィギュア(amazon)



MAFEX マフェックス SPACE SUIT YELLOW Ver. 『2001: a sapce odyssey』 ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み アクションフィギュア(amazon)
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2001年宇宙の旅 [Blu-ray](amazon)



フルメタル・ジャケット [Blu-ray](amazon)


 映画館に大規模かつ高品質な音響機器をセッティングし、作品の持つ“音”を大音量で表現する映画祭「丸の内ピカデリー爆音映画祭」(以下、爆音映画祭)が大好評につき、2回目の開催が決定! 10月13日(金)〜11月10日(金)の期間、丸の内ピカデリー3にて実施される。

〈中略〉

■上映作品
『ブレードランナー 2049』『ブレードランナー ファイナル・カット』『ダンケルク』『インターステラー』『インセプション』『フルメタル・ジャケット』『2001年宇宙の旅』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『マッドマックス2』『ハドソン川の奇跡』『ジャージー・ボーイズ』『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』『悪魔のいけにえ』『地獄の黙示録 劇場公開版』『キングスマン』『メッセージ』『あゝ、荒野 <前篇・後篇>』『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』『この世界の片隅に』

期間:10月13日(金)〜11月10日(金)
会場:丸の内ピカデリー3
※各日上映スケジュールは決定次第、公式サイトにて発表

(全文はリンク先へ:Cinema Cafe net/2017年9月22日





 『2001年…』を映画館で鑑賞できる機会は少ないので、未見の方はぜひ・・・は当たり前として、それ以外でもなかなか心惹かれるラインナップ。でもなぜここに『マクロス』? 爆音でミンメイってすごそうですね。

 前回は若干地味なラインナップでしたが、今回は映画史にその名を刻む名作がずらり。前売りで押さえとかないと良席で観れないかも。詳細は順次公表されるそう。公式サイトはこちら。チェックしておきましょう。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2001年宇宙の旅 [Blu-ray](amazon)


 スタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』(1968)といえば、あまりのデティールのこだわりぶりに「キューブリックは未来を再現した」とまで言われたSF映画。

〈中略〉

 『2001年宇宙の旅』のマーチャンダイジングは、製作したMGM映画の経営不振(2010年には破産、再建中)や目まぐるしく変わる資本関係があり、不安定な状態が続いていた。 

加えて日本では商品化権エージェントの破綻やらがあって、ライセンシーは一体どこに申し込みをすればいいのやらという状態だったんですわ。

 これ、ライセンスビジネスや著作権用語では「オーファンタイトル」といいますね。オーファン=孤児ということで保護者=権利者が分からないという意味。

 商品企画担当にとって一番困る状態だよね、せっかくいいアイデアを思いついたのに誰に許諾を求めたらいいか分からないってのは。

 少し前に、ワーナー映画が窓口代行ということになり、一気にあれこれ動き出した次第。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:サンスポ・ヲタカル/2017年9月6日





 キューブリック作品の『ロリータ』以降(日本では『博士…』のみソニー・ピクチャーズ)の販売・興行権を持つワーナーが窓口になるのは自然なことだと思うのですが、キューブリックの逝去以降、キューブリック側で権利関係をまとめる体制ができていなかったのではないか、と想像しています。というのも、キューブリックのツイッターやフェイスブックのオフィシャルアカウントが作成されたのが、2016年6月とつい最近だからです。

Stanley Kubrick (Twitter)
Stanley Kubrick (Facebook)

 昨今のキューブリック作品の商品化は、宙ぶらりんになっていたキューブリック作品の権利関係を処理できる体制が整ったため、その窓口をワーナーが代行することによってやっと可能になった、というのが管理人の読みですが、どちらにしてもこれでキューブリック作品関連の商品化が加速度的に進むことが予想されますので、今後の展開が楽しみですね。

[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
KN
クリストファー・ノーラン(wiki)
Christopher Nolan(IMDb)

 『ダークナイト』『インセプション』『インターステラー』などを手掛けたクリストファー・ノーラン監督の最新作『ダンケルク』が9月9日(土)から全国ロードショー公開される。第2次世界大戦下、英仏連合軍のダンケルクからの撤退を描いた本作は、ノーラン監督にとっては、初めて実話を基に描いた戦争映画。陸海空と、それぞれ異なる時間軸の出来事を、一つの物語として同時進行させた視点が目を引く。そんな本作について、来日したノーラン監督に話を聞いた。

〈中略〉

−監督の頭の中をのぞいてみたいという人も多いようですが、常にいい映画の作り手であるためにどんなことを意識したり、心掛けたりしていますか。 

 映画監督はスペシャリストではないと思います。脚本、芝居、写真、映像技術について、どれも多少は知っているというゼネラリストであることが大事だと思います。スタンリー・キューブリックが「映画監督が映画を学ぶ最良の方法は、映画を作ることだ」と言っていました。つまり作り続けることが大切なのです。それ以外は、これという具体策はないと思います。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:エンタメOVO/2017年9月6日




 スピルバーグやリドリー・スコットはキューブリック存命時代の映画監督で、直接交流もありましたので「キューブリック・フォロワー」と言えると思いますが、映画監督なった時点でキューブリックが逝去してしまっているノーランあたりの世代になると「キューブリック・チルドレン」と言えるでしょうね。

 ノーランがここで語っている「映画監督が映画を学ぶ最良の方法は、映画を作ることだ」は、キューブリックがインタビューなどで繰り返し語ってきたことで、本人も劇映画デビュー作『恐怖と欲望』で実際に行動に移しています。キューブリックはその経験を「映画制作の何を知らないのかさえ知らなかった」と振り返っていますが、そこで得た経験は大きかったようで、話が映画制作に関することに及ぶと必ずこの持論を語っていました。

 ところで、この『ダンケルク』ですが評判が良いようなので、管理人も観に行きたいと思っています。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ