キューブリック関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2001-a-space-odyssey-japanese-poster
「スタンリー・カブリック」の表記が時代を感じさせる『2001年宇宙の旅』の初公開時のポスター。よく見ると下の脚本の表記は「スタンリイ・カブリック」になっています。なんていい加減な(笑。




〈前略〉

 シリーズ「ポスターでみる映画史」の第3回となる本展は、フィルムセンターのコレクションを中心に、傍流からやがてメインストリームの地位を得たこの壮大なジャンルを取り上げる展覧会だ。『メトロポリス』や『キング・コング』といった古典作品、1954年の『ゴジラ』第1作以来、特撮技術の粋をつぎ込み、海外にも熱狂的なファンを生んだ日本の怪獣映画、1960年代以降のスタンリー・キューブリック監督ら新世代の台頭、全世界を席巻した「スター・ウォーズ」シリーズ以降のSF映画の黄金期など、このジャンルの豊かな系譜をたどる。壮大なポスターデザインに込められたイマジネーションの飛躍をお楽しみいただきたい。

会場:東京国立近代美術館フィルムセンター 展示室(7階)
会期:2018年1月4日(木)−3月25日(日)
開室時間:11:00am-6:30pm(入室は6:00pmまで)
休室日:月曜日は休室です
観覧料:一般250円(200円)/大学生130円(60円)/シニア・高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、MOMATパスポートをお持ちの方、キャンパスメンバーズは無料
※料金は常設の「日本映画の歴史」の入場料を含みます。
※( )内は20名以上の団体料金です。
※学生、シニア(65歳以上)、障害者、キャンパスメンバーズの方はそれぞれ入室の際、証明できるものをご提示ください。
※フィルムセンターの上映企画をご覧になった方は当日に限り、半券のご提示により団体料金が適用されます。
主催:東京国立近代美術館フィルムセンター

(全文はリンク先へ:デザイン情報サイト[JDN]/2017年12月11日




 手書きフォントの味が満載のこの時代のポスターは観ているだけでワクワクしますね。『2001年…』のポスターに関しては昔、神保町の古書店で実物を飾ってあったのを見た記憶がありますが、それ以外のポスターにも興味あります。特にキューブリックが『2001年…』の制作を開始する以前に観たと言われている『宇宙人東京に現る』のポスターはなかなかレトロなインパクトがあって面白いですね。

 『スター・ウォーズ』以降の近作のポスターにはあまり惹かれませんが、時を同じくしてその『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』の国際版キービジュアルを担当したイラストレーター、生鯣狼繊覆おらいのりよし)氏の展覧会が、2018年1月6日より上野の森美術館で開催されます。キューブリックとは直接関係ありませんが、昭和のSFやアニメにかぶれた人にとって、氏のイラストは強烈な印象を残しているはず。こちらも併せて是非どうぞ。

 「ポスターでみる映画史」の公式サイトはこちら。「生鯣狼租検廚慮式サイトはこちら
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ロリータ [Blu-ray](amazon)


 ナタリー・ポートマン(36)のハリウッドにおけるセクハラ経験は100回にも上るという。

 ナタリーは昨今のセクハラ騒動を受け、自らの経験を振り返ったところ、何らかの形で数えきれないほどの被害に遭っていたと気づいたそうだ。

〈中略〉

 そして過去には、ウラジーミル・ナボコフの小説をスタンリー・キューブリックが映画化した『ロリータ』に登場する小悪魔的な魅力をもつ少女のように見られたくなかったことから、意図的にセクシーなシーンのある役柄を避けていたと続けた。「キスシーンとか全ての性的なシーンをやりたくなかった時期は間違いなくあったわ。最初の頃の役柄では、私がロリータのようだという評価ばかりで、怖くなったの」「それも今の話題につながると思うの。1人の女性としてそういう風な見られ方をされた時『嫌だ』と思ったなら、自分を守るためにも何を遮断し、何を隠したらいいか?ってことよ」。

(全文はリンク先へ:VOGUE Japan/2017年11月22日

〈以下略〉




 最近アメリカ社会を騒がせているセクハラ問題ですが、キューブリック関連ではカーク・ダグラスの性豪ぶりが有名ですね。自身の控え室に駆け出しの女優を呼んで「退屈しのぎ」をさせた、というエピソードが関連書籍に登場しています。1950〜60年代の悪しき慣習はウーマンリブの1970年代を経ても変わらず、現在まで面々と受け継がれてきたということでしょう。

 人種差別にしろ、格差にしろ、セクハラにしろ、結局のところ「公平(今風でいうならダイバーシティ)」の名の下に「臭いものに蓋」をして見て見ぬ振りをしてきたのが臨界点に達し、表面化しただけですね。インターネットやSNSの発達で個人が意見や主張をしやすい環境が整った影響も大きいでしょう。「分断の時代」とよく言われますが、今も昔も所詮世の中は分断でできているんです。「分断」や「格差」や「差別」があるから人はそれを覆し、より良い生活環境を求めて力を発揮する・・・まるでキューブリックの『時計…』に関するコメント

「みんな偽善的な態度をとるけれど、みんな暴力に惹かれているというのが実情だ。何と言っても、この地球上で最も無慈悲な殺し屋は人類なのだ。」

に通じる話です。

 こういった「美名という仮面を剥ぎ取った下に現れる人間の本質」というのは全てのキューブリック作品に通底するテーマです。キューブリックが生涯をかけて「目を背けるな!」突きつけてきた「人間の本質」が露わになった現代、人類が真に「公平なる美徳心」を獲得するまで「進化」しない限り、キューブリック作品が毀損されることはないですし、このナタリー・ポートマンのコメントにキューブリック作品が引用されているのも単なる偶然ではない、と言えるでしょうね。

[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
日本版の予告編ではカットされていますが、本国の予告編には0:40に登場しています。

 作家スティーヴン・キングが完成まで実に30年もの月日を費やした同名シリーズを、イドリス・エルバとマシュー・マコノヒー共演で実写化する『ダークタワー』が来年1月に公開。原作小説では現在公開中の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の怖すぎるピエロとも繋がりがあり、本作でも“他作品との繋がり”が劇中で登場するか否かがファンの間で早くも注目が集まっているが、そこで今回、その疑問について語るスティーヴン・キングのコメントがシネマカフェに到着した。

〈中略〉

 原作では『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』で、ピエロ“ペニー・ワイズ”を彷彿とさせたキャラクターが登場しているほか、スタンリー・キューブリック監督で映画化もされた『シャイニング』の象徴的なホテルの写真や、「呪われた町」に登場していた神父が重要な場面に関わっているなど、キングの言葉通り、小説のシリーズには他作品との共有ポイントが随所に散りばめられていることが分かる。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:cinemacafe.net/2017年11月27日




 いやいやいやいやキングさん!『シャイニング』のオーバールック・ホテルを引用するなら、自身が小説執筆時に投宿したスタンリー・ホテルをロケ地にしたTVドラマ版『シャイニング』のホテルを引用すべきでしょう! あれだけキューブリック版を批判しておきながら、こういうところだけちゃっかりと拝借しちゃう(もしくは借用を許す)なんてちょっと調子良過ぎません?

 もうね、こういう態度のキングを見るにつけ、あのキューブリック批判は「批判」ではなく単なる「コンプレックス」「ヤキモチ」「嫉妬」にしか思えません。もういい年なんだし素直に「確かに小説を勝手に改変されたのは腹が立ったけど、やっぱり映画は傑作」と認めたらどうなんでしょう? みっともなさを通り越して哀れみさえ感じてしまいます。

 キングはキングで才能ある小説家(ストーリー・メーカー)ですし、それは世界中にファンがいることで十分証明されています。もうそろそろ大人になって「懐の深さ」を見せてもいいような気がしますね。

 『シャイニング』に登場する「オーバールック・ホテル」のモデルになった、実在する3つのホテルに関する考察はこちらをどうぞ。

Stanley_Hotel
スティーブン・キングが小説『シャイニング』を執筆し、自身が監修したTVシリーズ版のロケ地になった「オーバールック・ホテル」のモデル、「スタンリー・ホテル」

Timlodge
キューブリックの映画版「オーバールック・ホテル」の外観に使用された「ティンバーライン・ロッジ」
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


sacaiとUNDERCOVERの凱旋ショーをプレイバック

 2017年10月20日の夜、「Amazon Fasion “AT TOKYO”」内の特別企画としてsacai(サカイ)とUNDERCOVERの(アンダーカバー)の合同ショー「10.20 sacai / UNDERCOVER」が開催された。舞台となったのは聖徳記念絵画館前に用意された、特設テント。

〈中略〉

 ショーのラストには、ランウェイモデルではなく少女たちが現れるという東京のみの仕掛けも! おそろいのワンピースを着ていながらも、片方の服だけには赤い糸の装飾が……。この双子をはじめ、1stルックに登場したスカートの柄、オープニング曲など、スタンリー・キューブリック監督のホラー映画『SHINING』(1980)からの着想や引用が見られる。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:SPUR.JP/2017年11月2日




 以前この記事でコーチが『シャイニング』のアポロセーターそのままのコレクションを発表したことをお知らせしましたが、今回はUNDERCOVERが『シャイニング』の双子の少女をモチーフにしたコレクションを発表したようです。

 この記事によると、デザインしたのは日本人デザイナーの高橋盾氏だそうですが、これを「デザインした」と言っていいものかどうか疑問に思います。まるっきりそのまんまですからね。コーチのときも思いましたが、ファッション界ではこれを「着想」「引用」と言うそうです。素人からすれば「もろパク」に見えなくもありませんが、ワンピースはリバーシブルになっていて、血は赤い糸の刺繍、裾は垂らしているところが唯一アイデアらしいアイデアでしょうか。まあ素人にはわからない「センス」がどこかに光っているんでしょう。

 コーチのアポロセーターは一般発売がありましたが、こちらはどうでしょう? 買う人は・・・まあ、そんなにはいないでしょうね。

[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
_SL1500_
フルメタル・ジャケット 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]


 11月8日に発売される「【初回限定生産】フルメタル・ジャケット 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ」。スタンリー・キューブリック監督による製作から30周年を記念し、1991年に水曜ロードショーでの放送が予定されていながら、直前になって放送中止となった“幻の日本語吹替音声”が収録される。当時、この日本語字幕・吹替の翻訳と、日本語吹替の演出を担当したのは、映画監督の原田眞人。BDの発売にあたり、原田氏がその経緯や裏話を説明した。

(全文はリンク先へ:AV Watch/2017年11月6日



 日本語吹き替え版はTV用ではなく、映画用だったというのはちょっとした驚きです。そういえばキューブリックは『博士…』を「衝撃の多くをセリフに頼っている」「字幕では面白さが損なわれる映画」と語っていたので、『フルメタル…』も同様に考えていたのかもしれません。『2001年…』や『シャイニング』などのビジュアル重視系は字幕でもOKだが、『博士…』や『フルメタル…』のようにセリフ重視系は吹き替えで、という判断なのでしょう。ただ、ゲルマン・ラテン語系ではない日本語の独自性とその難しさも理解していたようで、『フルメタル…』の頃にやっと日本語吹き替え版を作る体制が整った、ということなのかも知れません。

 そう考えると原田氏が『フルメタル…』の字幕や吹き替え作業で果たした役割は大きい、ということになります。上記の記事からもキューブリックは原田氏に信頼を寄せていたことが伺えます。ちなみに『フルメタル…』公開後のこのインタビューでも字幕の出来の良し悪しを気にしていることからも、キューブリックにとって『フルメタル…』の日本語化は大きな挑戦だったのでしょうね。

 ちなみに原田氏が語る「女性スナイパーが娘(ヴィヴィアン)に似ている」云々の話はあまり気にしなくていいと思います。キューブリックが映画制作に家族を重用したのは事実ですが、ヴィヴィアン以外の家族も手伝わされています。それにスナイパーのくだりは原作通りですからね。さらに言うなら、キューブリックは原作にある「頭部切断シーン」の映像化を試み、その生首の試作さえしています。スナイパーとヴィヴィアンを同一視していたならこんなことはできなかったはず。原田氏はキューブリックと一緒に仕事をした数少ない日本人の一人です。こういった「思い込み論」を語るより、当時の「客観的な事実」をもっと教えて欲しいものです。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ