キューブリック関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 アメリカの映画監督であるスタンリー・キューブリックは、「2001年宇宙の旅」「時計じかけのオレンジ」「シャイニング」「フルメタル・ジャケット」など、数々の有名作品を監督してきました。そんなキューブリックが「映画に込めたメッセージ」について解説したムービーが、YouTubeで公開されています。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Gigazine/2018年2月23日



 ファンならよくご存知のエピソードから「ん?」と思うものまでありますが、ひとつ確実なのは「キューブリックの映画は言語ではなく、映像によって伝える情報が多いのも特徴」という点です。キューブリックは「映画は演劇を映像にしたものではない」と考えていて、「映像で表現する」ということに生涯こだわり続けました。それは劇映画処女作『恐怖と欲望』からすでに観て取れるのですが、キューブリックの思っていた様な反響を得られず、次作『非常の罠』から旧来的な劇映画の手法を仕方なく取り入れています。それは『ロリータ』まで続くのですが、『博士…』から本来やりたかった「映像で語る」という表現を徐々に復活させ、それは『2001年…』の成功によってキューブリック作品の「核心」として「確信」に至ります。

 当然ですが「映像で表現する」ということは「言語に頼らない」ということになります。キューブリックは「説明すると魔法(マジック)が消えてしまう」と考えていて、ストーリーを進めるために言語(セリフやナレーション、ボイスオーバーなど)を使用しても、物語のテーマや核心については「映像で語る」ということを徹底しました。それが「キューブリック作品は難解」という印象を与える最大の要因ですが、それは映画を観る際に言語慣れしすぎているためであって、キューブリック作品と対峙するためには、観客がそのスタンスを切り替えなければなりません。「言語志向」で「映像志向」の映画を観ても面白くないばかりか、とんちんかんな批判しかできないでしょう。その典型例が「星新一による『2001年…』批判」だと思います。

 ただ、この「勘違い」はレアケースではなく、フィルマークスを見てもやはり「とんちんかんな批判」は現在でも散見されます。残念ながらキューブリックが考えたほどに観客は「進化」しなかったようですが、大型TVやBDの普及より「名作映画を大画面・高画質で何度も観る」という映画ファンにとって夢のような時代が実現し、キューブリック作品が「正しく」理解されるべき状況は整っていると思います。それは、何度も繰り返される衛星放送での放映や、DVDやBDの普及率が示す通りです。キューブリック作品が未だに「輝き(シャイニング)」を失わないのは、そういった映画を視聴するテクノロジーの進化に適応できる完成度が、すでにキューブリック作品に備わっていたからこそだと考えています。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
サイケデリック感満載のオープニングが時代を感じませます。フォントがやたらかっこいいですね。



共産主義下のチェコで誕生した傑作SF「イカリエ−XB1」5月19日公開決定!

 共産主義下のチェコでつくられた本格SF映画「イカリエ−XB1」のデジタルリマスター版が、5月19日から東京・新宿シネマカリテほかで全国公開されることが決定。あわせて、モノクロームの劇中カットを組み合わせ、「人類はやがて遭う」というコピーを添えたメインビジュアルもお披露目された。

〈中略〉

 密室の中で徐々に狂気に染まっていく乗組員たちのサスペンスフルな人間ドラマと、近未来のユートピア的世界を独創的なスタイルで描き出した「イカリエ−XB1」。インドゥジヒ・ポラーク監督が築き上げたオリジナリティあふれる世界観は、スタンリー・キューブリック監督作「2001年宇宙の旅」にもインスピレーションを与えたという逸話を持つほどだ。今回の上映素材は、16年に4K修復され、同年のカンヌ国際映画祭カンヌ・クラシック部門で脚光を浴びたデジタルリマスター版で、日本では劇場初公開となる

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:映画.com/2018年2月11日




 この『イカリエXB-1』については以前こちらで記事にしています。「キューブリックにインスピレーションを与えた」かどうかは微妙なところですが、観たのは確実ですので、良い面であれ悪い面であれ、参考にしたのは事実でしょう。キューブリックは「良い映画からと同じように、悪い映画からも何かを学ぶことができる」と常々語っていたようです。

 この『イカリエ−XB1』のデジタルリマスター版は、5月19日から東京・新宿シネマカリテほかで全国順次公開されるそうです。DVD/BD化もありそうです。楽しみですね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
小説『ドクター・スリープ』が刊行された際に制作されたオフィシャル・トレイラー。キューブリックの『シャイニング』との関連性はほとんどありません。



 スティーヴン・キングによる2013年の小説「ドクター・スリープ」が映画化されると、Indiewireなどが報じた。

〈中略〉

 監督は、同じくキング原作のNetflix配信作「ジェラルドのゲーム」を手がけたマイク・フラナガン。彼が、アキヴァ・ゴールズマンによる脚本のリライトも担当する。製作は、「シャイニング」と同じくワーナー・ブラザースが行う。

(全文はリンク先へ:映画ナタリー/2018年1月29日




 スティーブン・キングの小説『シャイニング』の続編、『ドクター・スリープ』については何度か記事にしてきましたが、監督がついに決定したみたいですね。あくまで『ドクター・スリープ』の映画化であって、その内容も『シャイニング』のダニーが大人になってからの物語です。なので『シャイニング』との関連性は薄く、キューブリックの影響云々はあまり考えなくてもよさそうです。まあ、オマージュシーンは仕込んでくる可能性はありますが。

 映画『シャイニング』については前日譚の『オーバールック・ホテル』の企画も進んでいるようです。こちらも気になりますね。


ドクター・スリープ 上(amazon)



ドクター・スリープ 下(amazon)
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
DSC00222
アクセスは東京メトロ銀座線京橋駅、都営地下鉄宝町駅が近いですが、東京駅の八重洲口からも歩けます。



 東京・京橋にある東京国立近代美術館フィルムセンター 7階展示室で開催中の『ポスターでみる映画史Part 3 SF・怪獣映画の世界』を観てきました。キューブリック作品の展示は、

・『博士の異常な愛情』立看板

・『2001年宇宙の旅』ポスター

・『2001年宇宙の旅』レンチキュラー版

・『時計じかけのオレンジ』1979年リバイバル版ポスター

となっていますが、貴重なのはなんといっても『博士…』の立看板。ポスターは見たことがありましたが、立看板は初めて見ました。更に『2001年…』のレンチキュラー版も貴重。「レンチキュラー」とは、見る角度によって絵柄が立体的に見える印刷のことで、昔、下敷きや定規に印刷されていたのを覚えている方も多いはず。絵柄はマッコールのクラビウス基地のイラストが使用されていました。これも存在自体を初めて知りました。全体的には『スター・ウォーズ』関連と、『ゴジラ』『ガメラ』などの日本の特撮映画が充実していた印象。その他のSF映画はファンなら誰もが知る有名作品ばかりなので、そんなに詳しくない方でも楽しめると思います。

 展示は常設展示の『日本映画の歴史』に引き続く形で展示スペースが用意されていましたが、この常設展示も中身が濃く、戦前・戦中・戦後(1950年代まで)の日本映画の歴史をダイジェストで紹介しています。最後に日本のアニメーションの黎明期の展示が少しあり、手塚以前の日本のアニメ映画の歴史を知ることができますので、こちらもおすすめです。

●概要

会場:東京国立近代美術館フィルムセンター 展示室(7階)

会期:2018年1月4日(木)−3月25日(日)

開室時間:11:00am-6:30pm(入室は6:00pmまで)

休室日:月曜日は休室です

観覧料:一般250円(200円)/大学生130円(60円)/シニア・高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、MOMATパスポートをお持ちの方、キャンパスメンバーズは無料

*料金は常設の「日本映画の歴史」の入場料を含みます。
*( )内は20名以上の団体料金です。
*学生、シニア(65歳以上)、障害者、キャンパスメンバーズの方はそれぞれ入室の際、証明できるものをご提示ください。
*フィルムセンターの上映企画をご覧になった方は当日に限り、半券のご提示により団体料金が適用されます。

主催:東京国立近代美術館フィルムセンター

(引用先:東京国立近代美術館フィルムセンター「ポスターでみる映画史Part 3 SF・怪獣映画の世界」
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
映像と音楽とセリフのコラージュで構成されたリプセットの短編『21-87』。こういった「前衛的映像表現」はやがて1960年代後半の「サイケデリック・ムーブメント」に行き着く。



 アカデミー短編アニメーション賞ノミネート作「頭山」の山村浩二監督のスタジオに併設されたギャラリーAu Praxinoscope(東京・奥沢)で、「テオドル・ウシェフ『リプセットの日記』」原画展が開催される。

 ドローイングアニメーション「リプセットの日記」は、49歳で自らの命を絶ったカナダの伝説的映像作家アーサー・リプセットの失われた日記の再現を試みた作品で、破壊へと向う作家の内面を激しい筆致と冷静な視線で描いた作品。リプセットの前衛的な作風はスタンリー・キューブリックやジョージ・ルーカスに影響を与えたと言われており、リプセットの短編「21-87」にインスパイアされたルーカスが、「スター・ウォーズ」でのレイアの独房の番号にそのタイトルを用いたとされる。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:映画.com/2017年12月27日



 アーサー・リプセットについては以前こちらで記事にした通りなのですが、キューブリックはリプセットに『博士の異常な愛情』の予告編の制作を依頼するも断られ、代わりにパブロ・フェロが制作を担当、完成した予告編はリプセットの影響を強く伺わせるものでした。


キューブリックが感銘を受け、『博士…』の予告編をリプセットに依頼するきっかけになった『ベリーナイス・ベリーナイス』。

リプセットに断られたためパブロ・フェロが制作した、多分にリプセットに影響された『博士…』の予告編。

 このように、リプセットに代表される当時の「前衛映画」は、既存の価値観に異を唱える「反体制」や、映像でドラッグ摂取の感覚を再現する「トリップ」と結びつき、やがて強大なうねり「サイケデリック・ムーブメント」として60年代後半を席巻することなります。こういった時代背景を知っていれば「『時計じかけのオレンジ』は『薔薇の葬列』に影響された」という論にいかに根拠がないかすぐ理解できるのですが、そういった「基礎的知識」に欠けたまま確たる根拠もなく、表層的な類似点のみを指摘し、ネットで拡散している現状を非常に危惧しています。『薔薇の葬列』も『時計じかけのオレンジ』も同じサイケデリック・ムーブメントの影響下にある作品です。当時は映画だけでなく音楽、ファッション、ライフスタイルから広告まで、当時のありとあらゆる「表現」がサイケに毒されていました。映画史を語るなら外せないムーブメント「ヌーベルバーグ」や「アメリカン・ニューシネマ」もやはり「前衛」「反体制」「ドラッグ」といった当時の時代背景から生まれてきたものです。しかし、こういった革新的なムーブメントは1970年代に入ると急速に下火になり、1970年代後半から1980年代になると「商業主義」が映画界を席巻、それは現在まで、より強固になって継続されています。

 現在の「映画好き」と自称する人のほとんどがこの「商業主義」映画しか観ていないというのは、「歴史好き」が「戦国時代を知らずに語る」くらい底の浅い行為です。ここに採り上げられているアーサー・リプセットはかなりマニアックな例だとしても、映画好きを公言するならヌーベルバーグやアメリカン・ニューシネマの代表作くらいは押さえておくべきでしょう(『2001年…』は公開当時アメリカン・ニューシネマと呼ばれていました)。キューブリックは取っ掛かりとしてその入り口にいる代表的な監督の一人でしかありません。そのキューブリックでさえマイナー扱いという現在の状況は、嘆かわしいと言うほかないと言えるでしょう。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ