キューブリック関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
theshining
キューブリック版『シャイニング』でトランス一家が「オーバールック・ホテル」へ向かうシーン。

the_shining_1997
スティーブン・キングが監修したTVドラマ版『シャイニング』で同じくトランス一家が「オーバールック・ホテル」へ向かうシーン。キャスティングが違うだけだが、同一シチュエーションでも印象がかなり違う。

 米ワーナーメディアは現地時間16日、作家スティーヴン・キングの傑作小説「シャイニング」に登場する恐怖のホテルを描くドラマシリーズ「オーバールック(原題) / Overlook」を、新動画配信サービス「HBO Max」向けに製作すると発表した。製作総指揮を務めるのは、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のJ・J・エイブラムスだ。

〈中略〉

 また『シャイニング』の前日譚映画『ザ・オーバールック・ホテル(原題) / The Overlook Hotel』が、『わたしを離さないで』のマーク・ロマネク監督によって進行していたが、その後音沙汰がない。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:シネマトゥデイ/2020年4月17日




 以前この記事で第一報をお知らせし、その後進捗がないことから完全にボツったと思われていた『シャイニング』の前日譚『オーバールック・ホテル』ですが、映画ではなく動画配信サービス「HBO Max」のコンテンツとして復活するそうです。しかも製作総指揮がJ・J・エイブラムスで。企画が復活した理由は定かじゃありませんが、脚本が出来上がっていてすぐ制作に取りかかれる、ネームバリューのある作品の前日譚なので視聴率が期待できる、などの理由が想像できます。

 その『オーバールック・ホテル』の内容ですが、以前こちら記事にした映画版の脚本は「キングの原作から取り除かれたという序章と終章に基づき、ホテルの初代オーナーとなる人物、ボブ・T・ワトソンに迫るものになる」とあります。この「ワトソン」とは、キューブリック版の面接シーンでジャック・ニコルソンの隣に座っていたのが、初代オーナーボブ・T・ワトソンの孫のワトソン。TVドラマ版ではジャックにボイラー室の説明をしていたおしゃべりな親父がワトソンです。そのお祖父ちゃんであるオーナーボブ・T・ワトソンの物語・・・果たしてどうなることになりますことやら。もちろん完全に別脚本になる可能性もありますね。

 今のところスティーブン・キングの名前はないようですが、今後何らかの形で参加するかもしれません。そのうちキャスティングやPVが発表になると思いますので、その際にまた記事にしたいと思います。



KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
stanley_kubrick

 スタンリー・キューブリック監督に関する「超マニアック」クイズを作成しました。設問は10問までしか設定できませんでしたので、自主制作の『恐怖と欲望』『非情の罠』、キューブリックが自作と認めていない『スパルタカス』は省きました。

 自分自身のマニア度を客観的に評価できないので、設問の難易度設定には苦労しました。タイトルに「超マニアック」と入れましたが、人によって難易度の感じ方はさまざまだと思います。管理人もTwitterで見かけるこういったクイズに何度か挑戦したことがあるのですが、「激ムズ」といいながらそんなに難しくない(ほとんど答えがわかり、数問だけカンで答えれば全問正解してしまう)ものが多いのですが、当ブログが作る以上、そんなに簡単では「その程度?」と思われるのも嫌なので、キューブリック全作品を一通り観ただけでは全問正解できない程度には難しくしました。また、「ひっかけ問題」もありますので注意してお答えください。

 もちろんこの結果で「キューブリック愛」を測ろうというものではないので、「お遊びのひとつ」程度とお考えいただければいいと思います。それよりも解説を充実させることで、遊んでいただいた方にキューブリックに関する知識を増やしていただけるように配慮したつもりです。ですので、ぜひ解説も読んでくださいね。

 それでは、こちらから皆様の挑戦をお待ちしております!


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
nendoro_alex
予約受付はすでに終了しています。7月に発送予定。

〈前略〉

 最後に榎本氏から、7月の発売を楽しみにしているファンに向けてのメッセージを語ってもらった。

 「時計じかけのオレンジという作品を好きな方、フィギュアを好きな方、キューブリック作品や映画が好きな方、いろんな方々に楽しんでいただける作品を、今後も継続していきたいと思っています。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Game Waich/2020年3月18日




 「ねんどろいどでアレックス?」と驚いた方も、「ねんどろいどってなんぞ?」と思った方もいらっしゃるかと思いますが、管理人的には前者です。もちろん知識として知っていただけで(「雪ミク」でその存在を知った)、特にねんどろいど自体に興味はなかったのですが、そんな私でもポチりそうになりました(結局やめましたが・・・理由は限定生産だったので、本当に欲しい方に買っていただきたかったため)。

 インタビューにある通り、かなりのこだわりと絶好のタイミングをはかってのリリースだったようです。それに引用した通りなにやら含みのある発言も(笑。なんとなくアレかな?と予想はしているのですが、海外でもキューブリック作品はファンコの「POP!」というフィギュアのシリーズで二頭身になっているし、意外とキューブリック作品と「カワイイ」には親和性があるようです。まあ、さすがのキューブリックも自分が命まで脅かされるような脅迫をされる原因を作ったキャラクターが、約50年の時を経て「カワイイ」扱いされるとは夢にも思っていなかったでしょうね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
予告編も吹き替え版になりました。

〈前略〉

 『アイズ ワイド シャット』の吹替え収録時に、キューブリックの右腕で助監督のレオン・ヴィタリが来日して、彼が吹替えの演出を基本的に全部やっていたんです。レオンといろいろコミュニケーションを取りながら収録しました。そこでの付き合いがあったので、『シャイニング』のメイキングでレオンがダニーへの演技指導をしている昔の映像を見たときに、いろいろと思い返すことがありました。それにユアンの吹替えをずっとやらせていただいていたので、そういうところも絡み合って不思議な縁を感じました。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:スクリーンオンライン/2020年3月16日




 森川さんといえば以前記事にした通り、『アイズ ワイド シャット』のトム・クルーズの吹き替えを担当した際、レオン・ヴィタリの厳しい演技指導に大変な思いをしたエピソードが有名ですが、今回のインタビューでもそれに触れていますね。現在地方で上映中のレオン・ヴィタリのドキュメンタリー『キューブリックに魅せられた男』をご覧になったかどうかはわかりませんが、ぜひ感想を聞きたいものです。この作品を観れば、それだけレオンが必死にこだわった理由が良くわかりますからね。

 『ドクター・スリープ』は昨年年末に公開されましたが、思ったようには稼げなかったようで、早いタイミングでの円盤化や配信は「制作資金回収モード」に入ったということなんでしょう。今更この映画についてあれこれ語ることはありませんが、キューブリックと『シャイニング』の認知度を上げていただいたことに対しては感謝の念しかありません。昨今のキューブリックコラボ人気に一役買っているのは事実ですので、ご覧になっていない方は、これを機会にレンタルや配信でご覧になり、引き続きキューブリック版『シャイニング』をご覧になって、暗喩と寓意に満ちた(こちらこちら参照)映像美あふれる作品をご堪能いただけたらと思います。


ドクター・スリープ(吹替版)(amazon prime video)



ドクター・スリープ ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/3枚組/ディレクターズカット ブルーレイ, ポストカード1枚付) [Blu-ray](amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
39mart_web
梱包は茶封筒にプチプチ、同梱物はお届け明細表と商品確認を促すチラシでした。届いたアクリルキーホルダーは、例によって身近にいる双子の姉妹行きになります。

 サンキューマートは全国津々浦々に店舗があるわけではないので、お近くに店舗がない方はネット通販を利用するしかないのですが、試しに『シャイニング』のアクリルキーホルダーをネット通販を利用して購入してみました。

 サンキューマートは公式WEB SHOP楽天Yahoo!ショッピングに出店していて、今回利用したのは楽天です。購入に大きな違いはないと思いますが、在庫状況がそれぞれ異なる場合もあるようなので、公式になければ他を当たってみるのも手だと思います。ポイントを使いたい、すでにクレジットカード情報など登録してあるので、そのショッピングサイトを利用したいという理由で選ぶのもアリですね。ただ、残念ながらAmazonには出店していないようです。

 注文から到着までの流れは以下の通りです。

(1)2020年3月6日(木)17:20に楽天のサンキューマートWEB SHOPから注文

(2)2020年3月10日(火)10:57に「ご注文受付メール」到着

(3)2020年3月10日(火)15:16に「商品発送のお知らせメール」到着

(4)2020年3月11日(水)午後に商品到着(ポスト投函)

 さて、上記のように注文から「ご注文受付メール」が到着するまで4日もかかっています。これはどうしてなのかわかりませんし、楽天経由だったので処理が遅れたにしてもちょっと時間がかかりすぎでしょう。土日の休日を除いても丸2日も音沙汰なしはちょっと問題です。この点は強く改善を望みたいですね。「商品発送のお知らせメール」から実際に商品が到着するまでは丸一日でした。発送元は大阪、管理人は東京在住ですのでまあ標準的でしょう。結局注文から到着まで一週間近く待たされましたが、もしこれがサンキューマートの通常の発送状況だとすると、注文する側はそれを知っておくべきかと思います。送料280円という安さは魅力ですが、時間的には余裕を持って注文しましょう。

 なお、サンキューマートから送信するメールアドレス「ec_390(アットマーク)390yen.jp」の受信ドメイン「390yen.jp」の受信許可の設定をするように公式サイトでもアナウンスがあります。楽天では「thank-you-mart_3(アットマーク)shop.rakuten.co.jp」という送信メールアドレスでした。迷惑メールに勝手に分類されているのもよくあるトラブルなので、お気をつけください。

このページのトップヘ