キューブリック関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
academy_museum_concept_2_embed
ギャラリー「想像の世界」※AMPASより引用

 2019年の終わりにオープンするこの新しいスペースは、初期の無声映画からスタンリー・キューブリック『2001年宇宙の旅』のスターゲートへと通じています。

〈中略〉

 2階の展示室は現実とファンタジーをテーマにした2つのギャラリーに分かれています。「現実の世界」は、映画制作者が冷戦と原子力時代、そしてイタリアのネオリアリズムとフランスのヌーベルバーグにどのように反応したかを、 「想像の世界」は、あらゆるタイプのファンタジー映画を追求しています。ふたつのギャラリーをつなぐのはスタンリー・キューブリックの『2001年宇宙の旅』の幻惑的で革新的なスターゲート・シーケンスに触発された通路になる予定です。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Hollywood Reporter/2018年12月4日




 上記の「想像の世界」のイメージボードによると、以前この記事でご紹介した『2001年…』で実際に使用された唯一の現存モデル「アリエス1B宇宙船」、ジュール・ヴェルヌの『月世界旅行』、スピルバーグの『未知との遭遇』のマザーシップなどが展示されるようです。

 他にも東京のアート集団「teamLab」が「Transcending Boundaries」というインスタレーションを開催したり、4階のマリリン・アンド・ジェフリー・カッツェンバーグ・ギャラリーでは、宮崎駿監督作品の回顧展が予定されています。

 リンク先によると映画関連の機材も展示されるようですが、シネラマ用のカメラは初めて見ました。本当に3本のフィルムをセットできるんですね。

 なかなか充実した展示になりそうですが、スターゲートに似せた通路まで作るという、今更ながらのアカデミーの『2001年…』に対する厚遇ぶりに違和感も(笑。1968年のアカデミー賞では『2001年…』に、監督賞も作品賞も脚本賞(クラークは相当悔しがっていた)も贈らなかったくせに、この手のひら返しには違和感ありまくりです。とは言っても、やはり興味をそそる展示物ばかり。映画ファンには定番のロサンゼルスの観光スポットになりそうな予感ですが、だったら贖罪を込めてせめてアカデミー特別賞くらいは、クリスティアーヌが存命のうちに贈ってあげてほしいものです。

 アカデミー映画博物館の公式サイトはこちら
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
バルセロナ現代文化センターで開催中の『スタンリー・キューブリック展』のPV

ドイツを皮切りに世界中を巡回し続けるキューブリック展が現在バルセロナで開催中。

 その封切りから50年たった今も、圧倒的な現代感と未来感を失わず、不朽の名作としてあらゆる世代の映画ファンを魅了し続ける『2001年宇宙の旅(1968)』や『時計じかけのオレンジ(1971)』、『シャイニング(1980)』そして遺作となった『アイズ・ワイド・シャット(1999)』まで、長編映画をはじめ数々の作品を残したニューヨークの映画監督スタンリー・キューブリックの展覧会が現在バルセロナで行われている。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Casa BRUTUS/2018年11月30日




 Web版とはいえ、Casa BRUTUSのようなメジャーな雑誌が、海外で開催中の『スタンリー・キューブリック展』を採り上げるのはいささかびっくりなのですが、今年は『2001年…』の公開50周年だったこともあり、久しぶりにキューブリック周辺が盛り上がった一年になりました。

 1999年3月に逝去後、同年7月に遺作になってしまった『アイズ ワイド シャット』の公開があり、ひとしきり話題になった後、一旦忘れられた形になったキューブリックですが、実はその数年後、キューブリック邸に死蔵されていた数々の貴重な資料が公開になり、それらをまとめて展示する展覧会がドイツの会社によって企画され、2004年からドイツを皮切りに全世界で公開・展示されてきたのがこの『スタンリー・キューブリック展』です。この展覧会は海外では大きな反響を呼び、キューブリック邸に遺されていた残りの資料も2007年にロンドン芸術大学に寄贈され、それら資料をまとめた『The Stanley Kubrick Archives』が刊行されるなど、海外では死後もキューブリックは大きな反響を呼びつづていました。

 ですが、残念ながらその反響は日本には届かず、管理人を始めとした一部のキューブリックファンが騒いでいるのみ、という状態が10年以上も続いて来たのですが、近年再び盛り上がりを見せ、今年の『2001年…』公開50周年でやっと一般レベルまでその盛り上がりが到達した、という印象です。それはこのCasa BRUTUSが『スタンリー・キューブリック展』を記事で採り上げたという事実からも確認できますね。

 これまでの開催地リストはこちら。『スタンリー・キューブリック展』公式サイトはこちら。今更言うまでもないことですが、バルセロナ、ロンドンの次、ぜひ日本でお願いします!
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2001

4万7千本の映画の中で『オズの魔法使い』は、『スター・ウォーズ』を退けて最も影響力のある映画として選出されました。

 トリノ大学の研究者は、興行収入や肯定的なレビューではなく、他の映画で何回引用されたか、何回のスピンオフがあったかよって、映画の影響力を測定するコンピュータプログラムを開発しました。

 彼らは47,000本以上の映画を評価した結果、1939年にリリースされたジュディ・ガーランド主演でクリスマス・ビューの定番作品である『オズの魔法使い』がその名を冠したことに気付きました。それから『スター・ウォーズ』とアルフレッド・ヒッチコックの『サイコ』が続きました。

 このアルゴリズムでは、インターネット・ムービー・データベース(IMDb)のWebサイトをソースとして使用しています。

〈中略〉

影響力のある20の映画

1『オズの魔法使い』(1939)
2『スター・ウォーズ』 (1977)
3『サイコ』(1960)
4『キングコング』(1930)
5『2001年宇宙の旅』(1968)

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:The Telegraph/2018年11月30日




 主観によらない客観的な映画ランキングを作る挑戦としては面白い試みだと思います。まあ、「引用」や「スピンオフ」を「影響力」と言い切ってしまうには若干の問題もありますし、絶対的に正確であるとは言い切れず、掲載作品に偏りのあるIMDbをソースに使っているのは若干疑問が残ります。ですが、こういった情報を大量に集めたり、影響力の判断基準を増やすことによって精度が高まっていく期待はありますね。そうなった時、果たして『2001年…』は現時点の5位という位置を上げるのか、下げるのか。非常に興味があります。ちなみに18位には『博士の異常な愛情』もランキングされています。ぜひこのままプログラムの開発を続けていただいて、年一回くらいでランキングを発表して欲しいですね。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
space_suite


 スタンリー・キューブリック監督によるSF映画の金字塔『2001年宇宙の旅』より、2色の宇宙服がアクションフィギュアになりました。メディコム・トイがおくる人気シリーズ「MAFEX」でのリリースです。

 オレンジVer.、イエローVer.に続き、グリーンVer.とライトブルーVer.が発売です。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:電撃ホビーウェブ/2018年10月27日




 メディコム・トイの『2001年宇宙の旅』宇宙服フィギュアですが、好評だった赤・黄色に続いて青・緑も発売になったようです。「赤の体に緑のヘルメットを付け替えれば、HALのブレインルームに突撃したボーマンを再現できる」と思ってしまいますが、頭は可動しないそうなので、不可能だそうです。

 その緑の宇宙服とヘルメットですが、非常用エアロックの右端に用意してあるのがかろうじてわかります(情報提供:koさま)。こんなところにあったんですね。青はポッドベイに吊るされていますが、不思議なのはディスカバリー号のクルーは5人のはず。なのに宇宙服は4つしか準備されていなかったんでしょうか?まあ、人工冬眠中の三人は科学者なので、EVA担当者用と予備という設定かもしれません。

green
ボーマンの右側(左腕の後ろ)に宇宙服ワンセットがあるのがわかります。

 ディテールの作り込みも良く、評判もなかなか良いようです。赤・黄色も好評につき再生産になったそうですので、この際だから4体セットで揃えてしまいましょう!
 

MAFEX マフェックス SPACE SUIT ORANGE Ver. 『2001: a sapce odyssey』 ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み アクションフィギュア(amazon)



MAFEX マフェックス SPACE SUIT YELLOW Ver. 『2001: a sapce odyssey』 ノンスケール ABS&ATBC-PVC塗装済み アクションフィギュア(amazon)



MAFEX マフェックス No.089 2001年宇宙の旅 スペーススーツ グリーンバージョン 全高約160mm 塗装済み 可動フィギュア(amazon)



MAFEX マフェックス No.090 2001年宇宙の旅 スペーススーツ ライトブルーバージョン 全高約160mm 塗装済み 可動フィギュア(amazon)
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 「watch mojo」という映画ファンにはおなじみの映画チャンネルがYouTubeにあるのですが、その日本語版が開設されたらしく、2014年5月20日の記事「【関連動画】映画に於ける偉大なアドリブシーン25」でご紹介した動画「Top 10 Improvised Movie Moments」の日本語版がアップされていたのでご紹介。

 キューブリックに関する多くの誤解の中で、一位二位を争う誤解っぷりでファンを困惑させるものに「キューブリックはアドリブを許さない」というものがあります。実際は全くの真逆で、キューブリック作品はアドリブだらけです。それも映画史に名を残す名アドリブばかりなのですが、それはこの動画で『博士の異常な愛情』『時計じかけのオレンジ』『フルメタルジャケット』『シャイニング』と4作品もキューブリック作品が採り上げられていることでも明らかです(多分に動画制作者の好みが反映されているにしても)。

 キューブリック本人もインタビューで

 (脚本は)リハーサルでも状況に応じて変える。撮影現場で重点の置き方が変わることもあるから、シナリオ(脚本)の最終決定稿が完成するのは、撮影現場で最後のショットが終わった時だ。

 監督にとって、どう撮るかは、むしろ簡単な決定で、楽な仕事だ。重要なのはシュート(撮影)する前の段階で、それは撮影するに足る何事かを起こしえるかへの挑戦なのだ、撮る内容をいかに充実したものにするかだ。

(引用元:イメージフォーラム1988年6月号/スタンリー・キューブリック・ロングインタビュー


と、アドリブの重要性(完成した脚本で撮影するのではなく、脚本を足がかりに撮影現場で台本をアドリブで発展させる)を説明していますが、なぜか映画評論家やキューブリックファンを自称する有名人やコメンテーターはこの一次情報を無視し、キューブリック作品から受ける精緻で計算され尽くしている印象から、「アドリブを許さない」という誤解を信じきっています。「印象」を「事実」として「得意げに語る」人が後をたたないため、いち素人がこんなブログでそれを訂正しなければならないハメになっていますが、もうそろそろ「(初期以外の)キューブリック作品のほとんどはアドリブ」という事実を事実として一般に広く定着してほしいものですね。

追記:動画中の『ダークナイト』のアドリブはデマだそうです。まあ、注意深く見れば爆発のタイミングとカメラの動きが計算され尽くしているのがわかりますので、デマだとわかりそうなものです。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ