キューブリックの家族たち

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ballet
『非情の罠』のバレエシーン。踊っているのは当時キューブリックの妻だったルース・ソボトカ。このバレエを実際に日本で観た人がいる、というのは実に羨ましい限りだ。



 この一覧によると1958年3月17日〜3月30日までは新宿コマ劇場、4月1日〜6日までは産経ホールで公演したようです。キューブリックとルースは1955年1月11日に結婚しましたが、1956年10月頃には夫婦関係はかなり怪しい状況になっていました。その後キューブリックはハリスと共にドイツに渡り、『突撃』の制作に取りかかります。それは1957年の春頃まで続き、『突撃』の初公開はベルリンでこの年の6月です。この時点でキューブリックは既にクリスティアーヌと出会っていますので、二人の離婚はもはや決定的です。どちらにしても1958年3月にバレエ団の一員として来日するためには、準備やリハーサルなどを考えると少なくとも1957年の後半にはキューブリックの帰りを待っていたハリウッドを離れ、ニューヨークに戻らなければなりません。この来日公演の記録に旧姓の「ソボトカ」で掲載されているところを見ると、離婚は1957年ということで間違いないと思われます。

 つまりルースとクリスティアーヌは入れ替わる形でルースはハリウッドからニューヨークへ、クリスティアーヌはドイツからハリウッドへ移ったことになります。果たして二人の間で直接の対決はあったのでしょうか? ルースもキューブリックも逝去してしまっている現在、それを証言できるのはクリスティアーヌだけですが、この件に関して何かを語ることは今後もないでしょう。なぜならルースはナチスドイツに故郷のウィーンを追われ、ニューヨークに逃げて来たユダヤ人、クリスティアーヌはそのナチスドイツの宣伝大臣だったゲッペルスのお抱え監督、ファイト・ハーランを叔父に持つナチスに近い立場のドイツ人だからです。そして、完全に真逆の立場である二人の女性の間に挟まれたのが、生まれも育ちもニューヨークのユダヤ系アメリカ人であるキューブリック。なんとも皮肉な運命の巡り合わせとしか言いようがないですね。

 このルースを擁した「ニューヨーク・シティー・バレエ団」の公演の詳細はこちらで確認することができます。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 マサチューセッツ,ボストン出身ポストハードコアバンドIce Nine Killsが新曲 “Enjoy Your Slay feat. Sam Kubrick” のLyric Videoを公開しました。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:ALTERNATIVE PRESS JAPAN/2017年5月27日




 イギリスのデスメタルバンド「Shields」のボーカル兼ギターで活動中のキューブリックの実孫サム・キューブリック(=フィニー)ですが、なかなかインディーズレベルから脱却できないためか、メジャーシーンで活動中のIce Nine Killsの新曲にボーカルとして参加したようです。しかもその曲は『シャイニング』のオマージュ満載。

 『Enjoy Your Slay feat. Sam Kubrick』ってもうキューブリックの孫であるという看板を背負う気マンマンですが、所属するShieldsの方はこれからどうするんでしょう? Youtubeでの再生数がここまで違うと、現実を突きつけられた気がしてなんだかとっても辛いですね。その所属するShieldsのYouTubeチャンネルはこちらになります。どれがサム君かは・・・一目瞭然ですね(笑。

 しかし、キューブリックの孫の活動ぶりを日本語で紹介した記事を初めて見ました。単なる邦訳記事だとしても貴重です。果たして彼らがメジャーになる日が来ることがあるのか? そして来日は!? 今後に注目です。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
stanleykubrick_fra_fi

Stanley Kubrick’s Former French Holiday Home Comes Up for Sale

SELLER: Christiane Kubrick
LOCATION: Domme, France
SIZE: (approx.) 4,300 square feet, 7 bedrooms, 5 bathrooms
PRICE: €1,485,000 / (approx.) US$1,575,000

(全文はリンク先へ:VARIETY/2017年1月18日




 キューブリックがフランス・南西部のドルドーニュ地方に持っていた別荘(約400屐⊃下7、バスルーム5)が売りに出たそうです。出不精で旅行嫌いのキューブリックが海外に別荘を持っていた事実に驚きましたが、これはクリスティアーヌのたっての希望だったのかもしれません。それに、以前から見かけていた写真で、どう見てもセント・オールバンズの自宅に見えないこれら写真が写された場所が特定できました。フランスの別荘での写真だったんですね。

full (5)

full (10)

写真の赤ちゃんがキューブリックの実孫、サムだとすると、撮影されたのは1990年代の始め頃だと分かります。キューブリックの老け方を見ると、その頃と考えて間違いなさそうです。キューブリックの次女アンヤや、三女ヴィヴィアンの姿も確認できます。

 ところで、飛行機嫌いのキューブリックがフランスへの旅行で飛行機を利用したとは思えません。英仏海峡を渡るユーロトンネルの開通は1994年ですが、人目を避けたいキューブリックが電車を利用したとは考えにくい。とすれば、一家がまとまって車で移動したと考えるのが自然で、英仏海峡はフェリーで渡ったのではないでしょうか。ロンドンからドルドーニュ地方まで約1000kmですから、フェリーと高速道路を使えば10〜12時間程度で移動できます。キューブリックがクリスティアーヌに「別荘は自宅から車で1日で移動できる範囲内で」という条件を出したのなら、ドルドーニュ地方がギリギリの距離になります。たとえクリスティアーヌが地中海側の南仏を希望したとしても、キューブリック的にはNGでしょう。自宅大好きのキューブリックが移動のためにホテルに一泊、なんて許しそうにありませんので。

 映画製作しか興味がなく、出不精のキューブリックがこの別荘を利用した頻度はかなり少ない気がします。三人の娘が小さい頃はカリフォルニア〜ロンドン〜ニューヨーク〜ロンドンと移動続きだったので、引越し自体が旅行のようなものでしたが、ロンドンに定住後にできた孫の存在がキューブリックに別荘の取得を思わせた(許可した)のかもしれません。別荘で孫と戯れる写真の中のキューブリックは幸せそうですからね。そのキューブリックも次女も死去し、孫も独立(ヘビメタバンドでギター弾いてます。笑)した現在、この別荘を所有し続ける理由もないでしょうし、ハバナ文書のリークもあって、クリスティアーヌは別荘の売却を判断したのではないでしょうか。

 売値は1,485,000ユーロ(157万5,000ドル=約1億8千万円)。熱心なキューブリックファンが買うのでしょうか?それとも全く関係ないどなたかなのでしょうか?興味は尽きないですね。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
f294e9f5
※『アイズ…』を制作していた頃のキューブリック一家の写真。詳細はこちら

CHRISTIANE KUBRICK

Wilmington Trust (Cayman) Ltd. as trustee of the Christian Kubrick 2000 Trust for Vivian Kubrick

Wilminton Trust (Cayman) Ltd as trustee of Christiane Kubrick 2000 Trust for Katharina Kubrick

Wilminton Trust (Cayman) Ltd as trustee of Christiane Kubrick 2000 Trust for Alexander Philip Hobbs

Wilminton Trust (Cayman) Ltd as trustee of Christiane Kubrick 2000 Trust for Joseph Laurence Hobbs

Wilminton Trust (Cayman) Ltd as trustee of Christiane Kubrick 2000 Trust for Jack Elliot Hobbs

Wilmington Trust (Cayman) Ltd. as trustee of Christiane Kubrick 2002 Trust for Anya Kubrick Finney

Wilmington Trust (Cayman) Ltd. as trustee of Christiane Kubrick 2002 Trust for Sam Finney

The Chase Manhattan Private Bank & Trust Company (Bahamas) Limited, as Trustee of the Christiane Kubrick 2000 Trust for Katharina Kubrick Hobbs

Wilmington Trust (Cayman) Ltd. as Trustee of the Christiane Kubrick 2000 Trust for Katharina Kubrick Hobbs

The Chase Manhattan Private Bank & Trust Company (Bahamas) Limited, as Trustee of the Christiane Kubrick 2000 Trust for Alexander Philip Hobbs

Wilmington Trust (Cayman) Ltd. as Trustee of the Christiane Kubrick 2000 Trust for Sam Finney

The Chase Manhattan Private Bank & Trust Company (Bahamas) Limited, as Trustee of the Christiane Kubrick 2000 Trust for Jack Elliot Hobbs

Wilmington Trust (Cayman) Ltd. as Trustee of the Christiane Kubrick 2000 Trust for Anya Kubrick Finney

The Chase Manhattan Private Bank & Trust Company (Bahamas) Limited, as Trustee of the Christiane Kubrick 2000 Trust for Josef Lawrence Hobbs

Wilmington Trust (Cayman) Ltd. as Trustee of the Christiane Kubrick 2000 Trust for Vivian Kubrick

The Chase Manhattan Private Bank & Trust Company (Bahamas) Limited, as Trustee of the Christiane Kubrick 2000 Trust for Sam Finney

The Chase Manhattan Private Bank & Trust Company (Bahamas) Limited, as Trustee of the Christiane Kubrick 2000 Trust for Anya Kubrick Finney

Wilmington Trust (Cayman) Ltd. as Trustee of the Christiane Kubrick 2000 Trust for Josef Lawrence Hobbs

The Chase Manhattan Private Bank & Trust Company (Bahamas) Limited, as Trustee of the Christiane Kubrick 2000 Trust for Vivian Kubrick

Wilmington Trust (Cayman) Ltd. as Trustee of the Christiane Kubrick 2000 Trust for Alexander Philip Hobbs

Wilmington Trust (Cayman) Ltd. as Trustee of the Christiane Kubrick 2000 Trust for Jack Elliot Hobbs


登場人物

クリスティアーヌ・キューブリック…キューブリックの未亡人
カタリーナ・キューブリック…キューブリックの義長女
アレキサンダー・フィリップ・ホッブス…キューブリックの義長女の長男
ジョゼフ・ローレンス・ホッブス…キューブリックの義長女の次男
ジャック・エリオット・ホッブス…キューブリックの義長女の三男
アンヤ・キューブリック・フィニー…キューブリックの次女
サム・フィニー…キューブリックの次女の長男
ヴィヴィアン・キューブリック…キューブリックの三女

家系図はこちら

https://offshoreleaks.icij.org/ 「kubrick」で検索)



 時期は2000年ということなので、ここで記事にした映画制作資金ではなく、どうやら相続税の節税のためにタックス・ヘイブンを利用したにすぎないようです。名前が上がっている全員がキューブリックの遺産を相続する資格がある人たちばかりですからね。各人についてはリンク先をご参照ください。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 かなり紹介が遅れましたが、キューブリックの孫(次女アンヤの一人息子)、サム・キューブリック=フィニーがギタリストとして在籍するデスメタルバンド『SHIELDS(シールズ)』 の『BUT THIS FEELS WORSE』のPVがYouTubeに上がっていましたのでご紹介。

 今回は大体的にサムのデス・ヴォイスがフューチャーされた楽曲です。PVのロケ地は前回と同じくキューブリック邸で、邸内の暖炉の部屋のようです。再生回数を見る限り、彼らの認知度はイギリスでもごくローカルなものに留まっているようですが、ここからブレイクする要素はあるんでしょうか?鼻にピアスしている場合じゃないと思うよ、サム君。

 もしキューブリックファンでデスメタルが好きな方がいらっしゃればこちらで曲を買って応援してあげてください。管理人は・・・遠慮しときます(笑。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ