サウンドトラック/コンピレーション

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


A面

1. Main Title "The Shining" (3:27) - 00:00
 メイン・タイトル『シャイニング』/ウェンディ・カーロス&レイチェル・エルキンド
 Rachel Elkind, Wendy Carlos / Wendy Carlos And Rachel Elkind

2. Rocky Mountains (3:01) - 03:30
 ロッキー山脈/ウェンディ・カーロス&レイチェル・エルキンド
 Rachel Elkind, Wendy Carlos / Wendy Carlos And Rachel Elkind

3. Lontano (10:11) - 06:37
 ロンターノ/ジョルジ・リゲティ
 Gyorgy Ligeti / Ernest Bour, Sinfonie Orchester Des Sudwestfunks

4. Music For Strings, Percussion And Celesta (8:07) - 16:49
 弦楽器,打楽器とチェレスタのための音楽/ベラ・バルトーク
 Bela Bartok / Herbert von Karajan, Berlin Philharmonic Orchestra

B面

1. Utrenja (3:33) - 24:53
 ウトレンニャ(キリストの埋葬)〈抜粋〉/クリシュトフ・ペンデレツキ
 Krzysztof Penderecki / Andrzej Markowski, Symphony Orchestra Of The National Philharmonic, Warsaw

2. The Awakening Of Jacob (7:55) - 28:30
 ヤコブの目覚め/クリシュトフ・ペンデレツキ
 Krzysztof Penderecki / Krzysztof Penderecki, Polish Radio National Symphony Orchestra

3. De Natura Sonoris (8:56) - 36:28
 デ・ナトゥラ・ソノリス第2番/クリシュトフ・ペンデレツキ
 Krzysztof Penderecki / Krzysztof Penderecki, Polish Radio National Symphony Orchestra

4. Home (3:09) - 45:29
 ホーム/ヘンリーホールとザ・グリニーグルズ・ホテル・バンド
 Jeff Clakson, Harry Clarkson, Peter Van Steeden / Henry Hall And The Gleneagles Hotel Band

 YouTubeには『シャイニング』のサウンドトラックを自称する動画が数多くアップされているのですが、公式・非公式がごちゃまぜになっているので、どれがどれだかよくわからない混沌とした状況になってしまっています。その点この動画は『シャイニング』公式サウンドトラックのアナログLP盤を流しっぱなしで録画したものなので、公式音源の確認用としてはとても助かります。

 あまりにもワーナーが『シャイニング』のサントラをオフィシャルにデジタル化してくれないものだから、収録曲を確認するにはこういう動画に頼らざるを得ないのが現状です。公式のアナログLP盤はレアアイテム化していますし、しかもレコードプレーヤーを所有している人は現在は少数派ですので仕方ないですね。ただ、ライン録音ではない、ノイズが多いなど決して聴きやすいものではないので、ヘッドホンなどで聴く場合はご注意ください。また、著作権的にかなり厳しい対応を採られる可能性が高いので、視聴するなら今のうちかと思います。その点もご留意の上お楽しみください。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 この記事で『博士…』のサントラをご紹介しましたが、それには収録されていないレア曲『Dr. Strangelove and the Fallouts: Love That Bomb』がYouTubeにアップされていましたのでご紹介。『ストレンジラブ博士と死の灰:愛の爆弾』という人を食ったようなタイトルの通りとってもおちゃらけた曲ですが、けっこう面白い曲なのでリマスターして公式音源化して欲しいですね。

 予告編で最初に流れる笑い声の音源はこれだったんですね。シングルの盤面に「Not For Sale」となっていますので、プロモーション用に製作された曲で、一般には発売されなかったのかもしれません。画像検索でもジャケット写真はヒットしませんでした。

 因みにこのシングルのB面は本編で使用された『ジョニーが凱旋するとき』をアレンジした『Theme from Dr. Strangelove(ザ・ボム・ラン)』です。この音源はCD化されていません。おそらくマスターも残っていないのでは?新録音版が『Dr. Strangelove: Music From The Films Of Stanley Kubrick』に収録されています。

【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
221440673150
Dr. Strangelove And Other Great Movie Themes

1. Theme from Dr. Strangelove (2:17)
 The Laurie Johnson Orchestra

2. Theme from The Victors (My Special Dream) (2:36)
 Sol Kaplan & Orchestra

3. River Kwai March - Colonel Bogey (2:30)
 Morris Stoloff & Orchestra

4. Moonglow - Picnic (3:01)
 Morris Stoloff & Orchestra

5. From Here To Eternity (2:44)
 Morris Stoloff & Orchestra

6. Diamond Head Theme (2:28)
 Johnny Williams Conducting the Columbia Pictures Studio Orch.

7. Damn the Defiant! (3:05)
 Orchestra Conducted by Muir Mathieson

8. Lawrence of Arabia (1:54)
 Orchestra Conducted by Maurice Jarre

9. Theme From Psyche 59 (1:40)
 Orchestra Conducted by K.V. Jones

10. In the French Style (2:14)
 Norman Percival & His Orchestra

11. Barabbas (5:05)
 Orchestra Conducted by Mario Nascimbene

12. Song Without End (The Rakoczy March) (4:02)
 Orchestra Conducted by Morris Stoloff

13. Theme From The Interns (Toss Me a Scalpel) (2:53)
 Leith Stevens & Orchestra



 1964年にモノラル・ステレオの2種類のアナログLPでリリースされた『博士の異常な愛情』唯一のオフィシャルサウンドトラック。

 サントラと言っても『博士…』からは『テーマ(ジョニーが凱旋するとき、あるいはザ・ボム・ラン)』のみであとは『勝利者』、『遠すぎた橋』、『ピクニック』、『地上より永遠に』、『ダイヤモンド・ヘッド』、『戦艦デファイアント号の反乱』、『アラビアのロレンス』、『サイケ59』、『フレンチ・スタイルで』、『バラバ』、『わが恋は終りぬ』、『インターン』のそれぞれテーマ曲を収録したコンピレーション。

 『博士…』は『トライ・ア・リトル・テンダネス』、『テーマ』、『また会いましょう』の3曲しか使用曲がないので、単体でサントラが製作できなかった事情は理解できるが、こんなお座なりなコンピレーションでお茶を濁していたとは驚きだ。それに困った事に映画で使用された『トライ・ア・リトル・テンダネス』の音源はサントラ化されていない。『トライ…』は映画の音源からなんとか抽出できたとしても、『テーマ』は台詞がかぶっていてそれは不可能。となると唯一入手可能なのはこのアナログ盤の音源のみ。しかるべき形でのデジタル化、CD化を早急にお願いしたい。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

フル・メタル・ジャケット オリジナル・サウンドトラック [Limited Edition](amazon)



アイズ・ワイド・シャット オリジナル・サウンドトラック [Limited Edition](amazon)


 ワーナー・ミュージックが「フォーエヴァー・サウンドトラック1000」キャンペーンとして第1弾の50タイトルが2014年6月11日、 第2弾の50タイトルが2014年7月9日に発売生産限定の1,000円(税別)で販売開始予定で、現在予約を受付中です。キューブリック作品では『フルメタル…』と『アイズ…』が対象になっています。未入手の方はこの機会に購入を検討されてはいかがでしょうか。旧版と内容に変更はないようですが、インナースリーブ等には若干の変更があるかも知れません。それぞれのサントラのレビューはこちらこちら
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

2
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

Dr. Strangelove: Music From The Films Of Stanley Kubrick (Film Score Anthology)(amazon)


1. Also Sprach Zarathustra (1:48)
 ツァラトゥストラはかく語りき(2001年宇宙の旅)
 Richard Strauss / Prague Philharmonic Orchestra

2. Main Title (3:41)
 メイン・タイトル(スパルタカス)
 Alex North / Prague Philharmonic Orchestra

3. Ode To Joy (5:35)
 ベートーヴェン交響曲第九番「合唱」第4楽章(時計じかけのオレンジ)
 Ludwig van Beethoven / Prague Philharmonic Orchestra

4. Women Of Ireland (4:31)
 アイルランドの女(バリー・リンドン)
 Traditional / Prague Philharmonic Orchestra

5. Sarabande (4:07)
 サラバンデ(バリー・リンドン)
 Prague Philharmonic Orchestra

6. Full Metal Jacket: Themes (5:15)
 フルメタル・ジャケット:テーマ(フルメタル・ジャケット)
 Abigail Mead / Prague Philharmonic Orchestra

7. Surfin Bird (2:22)
 サーフィン・バード(フルメタル・ジャケット)
 The Trashmen

8. Main Title / Robbery (4:51)
 メイン・タイトル/ザ・ロバリー(現金に体を張れ)
 Gerald Fried / Prague Philharmonic Orchestra

9. Murder 'Mongst The Mannikins (3:30)
 マーダー’マング・ザ・マネキン(非常の罠)
 Gerald Fried / Prague Philharmonic Orchestra

10. A Meditation On War (5:52)
 ア・メディテイション・オン・ウォー(恐怖と欲望)
 Gerald Fried / Prague Philharmonic Orchestra

11. Madness (3:45)
 マッドネス(恐怖と欲望)
 Gerald Fried / Prague Philharmonic Orchestra

12. The Patrol (2:51)
 ザ・パトロール(突撃)
 Gerald Fried / Prague Philharmonic Orchestra

13. March Of The Gloved Gladiators (3:04)
 マーチ・オブ・ザ・グラヴド・グラディエイターズ(デイ・オブ・ザ・ファイト)
 Gerald Fried / Prague Philharmonic Orchestra

14. The Shining: Theme (2:54)
 シャイニング:テーマ(シャイニング)
 Wendy Carlos, Rachel Elkind / Prague Philharmonic Orchestra

15. Midnight, The Stars And You (3:29)
 真夜中、星々と君と(シャイニング)
 The Ray Noble Band with Al Bowlly

16. Lolita: Love Theme (4:34)
 ロリータ:愛のテーマ(ロリータ)
 Bob Harris / Prague Philharmonic Orchestra

17. On The Beautiful Blue Danube (10:05)
 美しく青きドナウ(2001年宇宙の旅)
 Johann Strauss II / Prague Philharmonic Orchestra

18. The Bomb Run (2:12)
 ザ・ボム・ラン(博士の異常な愛情)
 Laurie Johnson / Prague Philharmonic Orchestra

19. We'll Meet Again' (3:05)
 また会いましょう(博士の異常な愛情)
 Hughie Charles, Ross Parker / Prague Philharmonic Orchestra feat: Vera Lynn



 既存曲の『サーフィン・バード』や『真夜中、星々と君と』以外は新録音(「Prague Philharmonic Orchestra」とあるのは全て新録音)でサントラでない事に注意が必要。それでも『拳闘試合…』『恐怖…』『非情…』『現金…』『突撃』のメインテーマが収録されている点は新録音とはいえとても貴重。この5作品のサントラはほぼ入手不可能(存在しない?)だし、再発の可能性もないのでとりあえずこれらを目的に購入するのはありかも知れません。また『博士…』(他の映画音楽と合わせたコンピレーション、記事はこちら。)と『シャイニング』(アナログ盤のみ、記事はこちら)も入手困難なので、こういったサントラの不備がこのようなコンピレーションへのニーズに繋がっています。

 それ以外の『スパルタカス』『ロリータ』『2001年…』『時計…』『バリー…』『フルメタル…』『アイズ…』はオリジナルのサントラ盤が入手可能なのでそちらを買い求める事をお勧めします。それにしても既存曲『また会いましょう』くらい映画で使用されたバージョンを収録して欲しかった。中古市場では価格が高騰しているようですが、その価値があるかどうかよく判断しての購入をお勧めします。

_SL500_SX466_
ミュージック・フロム・ザ・フィルムズ・オブ・スタンレー・キューブリック(amazon)

上記の国内版


2001: Music from the Films of Stanley Kubrick(amazon)

『スパルタカス』の『愛のテーマ』と『アイズ…』の『ジャズスイートNo.2』を加え、『サーフィン・バード』、『真夜中、星々と君と』、『また会いましょう』をカットした再発版。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

このページのトップヘ