サウンドトラック/コンピレーション

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mond20011


 MONDOより『2001年宇宙の旅』オリジナルサウンドトラックがアビーロードスタジオでリマスター、45RPMのアナログLP盤2枚組、マシュー・ウッドソンによる独自のアートワークでパッケージされ発売されました。マスターはオリジナルMGM盤ですので『ツァラトゥストラはかく語りき』はカラヤンではなくベーム指揮版の収録になります。

 この45RPMとはどういう意味かというと、通常アナログLPは33RPM(1分間に33回転)のスピードで再生されることを前提に録音されています。つまり、このLPはそれより早い1分間に45回転で録音・再生されるということですが、そのメリットは「再生スピードが早いと音質が良くなる」という点です。もちろんオーディオの音質はレコードの回転数だけで決まるものではなく、アンプやスピーカーなどの出力装置やオーディオルームの形状、機器のセッティングなどの視聴環境にも左右されます。しかし、当然ながら音源であるレコードの音質アップが与える影響はそれらよりも大きいので、この高音質リマスターアナログLP盤は、その希望を叶えるものになるでしょう。

 『2001年…』のサントラといえば、1997年に決定版とも言える2枚組CDが発売されています(これには映画で使用されたカラヤン指揮の『ツァラトゥストラはかく語りき』も収録されている)。一般のファンならばこれを所有しておけば特に問題はありませんが、CDのデジタル音源では満足できないオーディオファンやマニアにとって45RPMでの発売はまさに「福音」と言えますね。

 価格は40ドル、購入は以下のMONDOのサイトからどうぞ。

mond_2001_2
2001: A Space Odyssey - Original Motion Picture Soundtrack
By Various Artists(MONDO)


Side A
01. Atmospheres
Composed by Gyorgy Ligeti
Performed by Ernest Bour Conducting The Sudwestfunk Symphony Orchestra

02. Prelude (Sonnenaufgang) – Also sprach Zarathustra, Op. 30, TrV 176
Composed by Richard Strauss
Performed by Karl Bohm Conducting Berliner Philharmoniker

Side B
03. Requiem For Soprano, Mezzo-Soprano, Two Mixed Choirs & Orchestra
Composed by Gyorgy Ligeti
Performed by Francis Travis Conducting Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks

04. An der schonen blauen Donau, Op. 314 (The Blue Danube)
Composed by Johann Strauss II
Performed by Herbert von Karajan Conductings Berliner Philharmoniker,

Side C
05. Lux aeterna
Composed by Gyorgy Ligeti
Performed by Helmut Franz Conducting Chor des Norddeutschen Rundfunks

06. Gayaneh’s Adagio (Gayane Ballet Suite)
Composed by Aram Il’yich Khachaturian
Performed by Gennadi Rozhdestvensky Conducting Leningrad Philharmonic Orchestra

Side D
07. Aventures
Composed by Gyorgy Ligeti
Performed by Pierre Boulez Conducting Ensemble Intercontemporain with Jane Manning, Mary Thomas, William Pearson


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 当ブログでも繰り返し書いていますが、『シャイニング』のオフィシャルサウンドトラックは公開時(1980年)にワーナーよりアナログ盤LPとしてリリースされて以来、今だにCD化さえされていません。ですので、このように定期的にYouTubeに音源がアップされるのですが、結局は削除ということになってしまいます。となると、この動画もいつまで存在し続けることができるかはわかりません。

 このサントラ盤の詳細についてはこちらでご確認していただくとして、『シャイニング』以外のキューブリック作品のサントラの状況は以下のようになっています。

『恐怖と欲望』
『非情の罠』
『現金に体を張れ』
『突撃』

…サントラ盤なし。ただし、メインタイトルなどは再録音され、コンピレーション『Dr. Strangelove: Music From The Films Of Stanley Kubrick』としてCD化

『博士の異常な愛情』
…サントラ盤はなく、他の映画の曲と合わせたコンピレーション盤。未CD化

『ロリータ』
『2001年宇宙の旅』

…サントラ盤あり。後にボーナストラックを追加しCD化

『スパルタカス』
『時計じかけのオレンジ』
『バリー・リンドン』
『フルメタル・ジャケット』
『アイズ ワイド シャット』

…サントラ盤あり。オリジナルのままCD化

 こうしてみても、『シャイニング』だけがいまだにアナログ盤のみという状況がいかに異常かがよくわかります。版権やレーベルの問題があるのかもしれませんが、ワーナーさんには一刻も早く『シャイニング』のオフィシャルサントラの再リリースをお願いしたいですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


A面

1. Main Title "The Shining" (3:27) - 00:00
 メイン・タイトル『シャイニング』/ウェンディ・カーロス&レイチェル・エルキンド
 Rachel Elkind, Wendy Carlos / Wendy Carlos And Rachel Elkind

2. Rocky Mountains (3:01) - 03:30
 ロッキー山脈/ウェンディ・カーロス&レイチェル・エルキンド
 Rachel Elkind, Wendy Carlos / Wendy Carlos And Rachel Elkind

3. Lontano (10:11) - 06:37
 ロンターノ/ジョルジ・リゲティ
 Gyorgy Ligeti / Ernest Bour, Sinfonie Orchester Des Sudwestfunks

4. Music For Strings, Percussion And Celesta (8:07) - 16:49
 弦楽器,打楽器とチェレスタのための音楽/ベラ・バルトーク
 Bela Bartok / Herbert von Karajan, Berlin Philharmonic Orchestra

B面

1. Utrenja (3:33) - 24:53
 ウトレンニャ(キリストの埋葬)〈抜粋〉/クリシュトフ・ペンデレツキ
 Krzysztof Penderecki / Andrzej Markowski, Symphony Orchestra Of The National Philharmonic, Warsaw

2. The Awakening Of Jacob (7:55) - 28:30
 ヤコブの目覚め/クリシュトフ・ペンデレツキ
 Krzysztof Penderecki / Krzysztof Penderecki, Polish Radio National Symphony Orchestra

3. De Natura Sonoris (8:56) - 36:28
 デ・ナトゥラ・ソノリス第2番/クリシュトフ・ペンデレツキ
 Krzysztof Penderecki / Krzysztof Penderecki, Polish Radio National Symphony Orchestra

4. Home (3:09) - 45:29
 ホーム/ヘンリーホールとザ・グリニーグルズ・ホテル・バンド
 Jeff Clakson, Harry Clarkson, Peter Van Steeden / Henry Hall And The Gleneagles Hotel Band

 YouTubeには『シャイニング』のサウンドトラックを自称する動画が数多くアップされているのですが、公式・非公式がごちゃまぜになっているので、どれがどれだかよくわからない混沌とした状況になってしまっています。その点この動画は『シャイニング』公式サウンドトラックのアナログLP盤を流しっぱなしで録画したものなので、公式音源の確認用としてはとても助かります。

 あまりにもワーナーが『シャイニング』のサントラをオフィシャルにデジタル化してくれないものだから、収録曲を確認するにはこういう動画に頼らざるを得ないのが現状です。公式のアナログLP盤はレアアイテム化していますし、しかもレコードプレーヤーを所有している人は現在は少数派ですので仕方ないですね。ただ、ライン録音ではない、ノイズが多いなど決して聴きやすいものではないので、ヘッドホンなどで聴く場合はご注意ください。また、著作権的にかなり厳しい対応を採られる可能性が高いので、視聴するなら今のうちかと思います。その点もご留意の上お楽しみください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 この記事で『博士…』のサントラをご紹介しましたが、それには収録されていないレア曲『Dr. Strangelove and the Fallouts: Love That Bomb』がYouTubeにアップされていましたのでご紹介。『ストレンジラブ博士と死の灰:愛の爆弾』という人を食ったようなタイトルの通りとってもおちゃらけた曲ですが、けっこう面白い曲なのでリマスターして公式音源化して欲しいですね。

 予告編で最初に流れる笑い声の音源はこれだったんですね。シングルの盤面に「Not For Sale」となっていますので、プロモーション用に製作された曲で、一般には発売されなかったのかもしれません。画像検索でもジャケット写真はヒットしませんでした。

 因みにこのシングルのB面は本編で使用された『ジョニーが凱旋するとき』をアレンジした『Theme from Dr. Strangelove(ザ・ボム・ラン)』です。この音源はCD化されていません。おそらくマスターも残っていないのでは?新録音版が『Dr. Strangelove: Music From The Films Of Stanley Kubrick』に収録されています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
221440673150
Dr. Strangelove And Other Great Movie Themes

1. Theme from Dr. Strangelove (2:17)
 The Laurie Johnson Orchestra

2. Theme from The Victors (My Special Dream) (2:36)
 Sol Kaplan & Orchestra

3. River Kwai March - Colonel Bogey (2:30)
 Morris Stoloff & Orchestra

4. Moonglow - Picnic (3:01)
 Morris Stoloff & Orchestra

5. From Here To Eternity (2:44)
 Morris Stoloff & Orchestra

6. Diamond Head Theme (2:28)
 Johnny Williams Conducting the Columbia Pictures Studio Orch.

7. Damn the Defiant! (3:05)
 Orchestra Conducted by Muir Mathieson

8. Lawrence of Arabia (1:54)
 Orchestra Conducted by Maurice Jarre

9. Theme From Psyche 59 (1:40)
 Orchestra Conducted by K.V. Jones

10. In the French Style (2:14)
 Norman Percival & His Orchestra

11. Barabbas (5:05)
 Orchestra Conducted by Mario Nascimbene

12. Song Without End (The Rakoczy March) (4:02)
 Orchestra Conducted by Morris Stoloff

13. Theme From The Interns (Toss Me a Scalpel) (2:53)
 Leith Stevens & Orchestra



 1964年にモノラル・ステレオの2種類のアナログLPでリリースされた『博士の異常な愛情』唯一のオフィシャルサウンドトラック。

 サントラと言っても『博士…』からは『テーマ(ジョニーが凱旋するとき、あるいはザ・ボム・ラン)』のみであとは『勝利者』、『遠すぎた橋』、『ピクニック』、『地上より永遠に』、『ダイヤモンド・ヘッド』、『戦艦デファイアント号の反乱』、『アラビアのロレンス』、『サイケ59』、『フレンチ・スタイルで』、『バラバ』、『わが恋は終りぬ』、『インターン』のそれぞれテーマ曲を収録したコンピレーション。

 『博士…』は『トライ・ア・リトル・テンダネス』、『テーマ』、『また会いましょう』の3曲しか使用曲がないので、単体でサントラが製作できなかった事情は理解できるが、こんなお座なりなコンピレーションでお茶を濁していたとは驚きだ。それに困った事に映画で使用された『トライ・ア・リトル・テンダネス』の音源はサントラ化されていない。『トライ…』は映画の音源からなんとか抽出できたとしても、『テーマ』は台詞がかぶっていてそれは不可能。となると唯一入手可能なのはこのアナログ盤の音源のみ。しかるべき形でのデジタル化、CD化を早急にお願いしたい。

このページのトップヘ