キューブリック関連書籍

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
映画ポスター2

映画ポスター

映画ポスター1

映画の発明から2010年代まで
世界の映画ポスターを芸術的、商業的な観点から探求する


 映画が生まれたのは1895年。リュミエール兄弟が撮影・映写の複合機「シネマトグラフ」を発明したことから始まる。一方、ポスターという宣伝媒体が生まれたのはそのわずか10年前のこと。本書では、現在でもいまだなお作り続けられる『映画ポスター』にスポットを当て、時代の変遷とともにその歴史を振り返える。ポスターデザインを手がけたアーティストやスタイル、映画的なムーヴメント、政治、イデオロギーなどの影響によって、映画ポスターにどんな変化がもたらされたのか? 当時の時代背景とともに紐解いていく。

 チャールズ・チャップリンの演じた放浪者チャーリーは、どのようにしてお馴染みのキャラクターになったのか? あるいは、グレタ・ガルボの神秘的な雰囲気はどのように宣伝されたのか? さらにはブロックバスター映画の歴史、年代ごとのグラフィックデザインの変遷、デジタル時代におけるポスターの役割まで、幅広い観点で映画史に迫っていく。映画、芸術、そして観客を惹きつけるための映画ビジネスを巡る、楽しく興味の尽きない旅に出てみよう。

【本書のポイント】
・1910年代から2010年代までの10年ごとに世界各国で作られた映画ポスターを紹介
・全450点の映画ポスターを掲載
・監督、俳優、デザイナーについて綴るコラムも

【掲載している監督・デザイナー】
D・W・グリフィス/チャールズ・チャップリン/フリッツ・ラング/ステンベルク兄弟/ジョセフ・フォン・スタンバーグ/エリック・ローマン/ビル・ゴールド/マイケル・パウエル/エメリック・プレスバーガー/ジャン・コクトー/ソール・バス/レイノルド・ブラウン/スティーヴン・フランクファート/イングマール・ベルイマン/ヴィクトル・ゴルカ/ロバート・アルトマン/リチャード・アムゼル/スタンリー・キューブリック/ルネ・フェラッチ/ボブ・ピーク/ジョン・アルヴィン/スパイク・リー/ペドロ・アルモドバル/フアン・ガッティ/スティーヴン・スピルバーグ/クリストファー・ノーラン他




 デジタル写真合成が一般化した2000年代以降、映画ポスターはその作品のワンシーンの俳優たちをコラージュしたものばかりになってしまいましたが、映画のポスターはその時代の「トレンド」を写す鏡でもありました。キューブリックはその他大勢の監督とは違い、配給会社の広報に自作の宣伝を任せっきりにするのではなく、全ての広告に細かくチェックを入れていたと言います(全世界の広告全てチェックできていたかといえば、それは不可能だったとは思いますが)。特にポスターは重視していたようで、キューブリックの監修なしに作られることはありませんでした(初期作以外)。それについての考察は以前こちらの記事にまとめております。

 この書籍『時代と作品で読み解く 映画ポスターの歴史』にもキューブリック作品が採り上げられているそうなので、どういう紹介のされ方をしているのか興味深いですが、4,536円と少々お高いのが難点。出版元の玄光社といえばアートやデザイン、イラストレーションで有名な版元ですが、映画目線ではなくアート目線の切り口になるのかもしれません。9月1日にはTSUTAYA TOKYO ROPPONGIにて先行発売イベントを開催するそうですので、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。


時代と作品で読み解く 映画ポスターの歴史(amazon)


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
DSC01503

 この「映画論叢(えいがろんそう)」という雑誌、一般書店ではなかなか入手が難しく、書店での注文かamazonなどのネット通販、もしくは版元である国書刊行会のサイトに頼るしかありません。判型はA5サイズ、ページ数は128ページ、広告も一切ないので1,000円(税別)という価格は仕方ないでしょう。内容もオールド映画ファン向きで、かなり専門的。一般の映画ファンが気軽に手を出すには、なかなか敷居の高い雑誌です。

 その「映画論叢」の第50号に、スタンリー・キューブリック関連の著作で有名な内山一樹氏の最強レポート「『2001年宇宙の旅』を見続けて半世紀」が16ページに渡って掲載されています。その内容はさすがリアムタイムで鑑賞されてきた方の迫真のドキュメントとして、また貴重な資料として非常に読み応えがあります。シネラマでの初公開から凱旋興行と35mm版上映、10年後のリバイバル70mm版上映と35mm版上映、その後1980年代半ばまで続くリバイバル上映、2001年に公開された新世紀版、『午前10時の映画祭』での35mm上映とDCP上映、2015年の『ライブ・シネマ・コンサート』(管理人は内山氏と同日を鑑賞)、そして昨年のアンレストア版70mmからIMAX上映まで、日本での『2001年…』興行について全て言及されています。特に1978年リバイバル時のプリントの品質の不安定さや「バレ(本来見えてはいけない映像が見えてしまっている状態)」への言及は興味深いものがありました。

 内山氏といえば、キューブリックファンにとっては「バイブル」と言えるムック本『イメージフォーラム増刊号 キューブリック』で有名ですが、実はこのムック、その7割は内山氏の執筆(執筆者の石田タク、中畑薫は実は内山氏)だったそう。また、この記事には1969年に刊行された『キネマ旬報 臨時増刊 世界SF映画大鑑』に『2001年宇宙の旅』のシナリオ採録があり、そこにはボーマンがピアノ(キーボード)を弾くシーンが掲載されているとの情報がありました。そのムックも入手しましたので、後日レポートしたいと思います。

情報提供:元・空想科学少年様


映画論叢 50(amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
DSC01019

 本当に久しぶりのキューブリック関連書籍の邦訳です。2004年に刊行されたクリスティアーヌの秘蔵写真集『スタンリー・キューブリック〜写真で見るその人生』、ポール・ダンカンの『スタンリー・キューブリック』、ヴィンセント・ロブロットの『映画監督スタンリー・キューブリック』以来ではないでしょうか。この原書が上梓された時に記事にしましたが、まさか本当に邦訳していただけるとは思ってもいませんでした。それほどキューブリック関連書籍の邦訳は望み薄だったのです。

 内容は今まで知られてきた『2001年…』制作秘話に新たな証言を加え、それを著者のマイケル・ベンソンが取りまとめ、解説するという構成になっています。登場する主な証言者は以下の通り。

スタンリー・キューブリック…プロデューサー、映画監督
アーサー・C・クラーク…小説家、脚本や小説版執筆、科学アドバイザー
クリスティアーヌ・キューブリック…キューブリックの妻、エイリアンの造形担当
カール・セイガン…「異星人は見せるな」と指南した天文学者
マイク・ウィルソン…クラークのパートナー
ロジャー・キャラス(カラス)…広報担当
スコット・メレデス…クラークの版権代理人
ヘクター・エカナヤケ…クラークのアシスタント
レイ・ラブジョイ…キューブリックの編集担当
ウィリアム・シルヴェスター…俳優(フロイド博士)
コン・ペダーソン…特撮担当
ダグラス・トランブル…特撮担当
ロバート・ガフニー…セカンドユニットの撮影監督
ルイス・ブラウ…キューブリックの弁護士
ウォーリー・ジェントルマン…初期の特撮担当
ダグラス・レイン…俳優(HAL9000の声)
フレッド・オードウェイ…元NASAの技術顧問
ハリー・ラング…元NASAの美術監督
ロバート・オブライエン…MGM代表
キア・デュリア…俳優(デビッド・ボーマン)
ゲイリー・ロックウッド…俳優(フランク・プール)
ヴィクター・リンドン…制作補佐
トニー・マスターズ…美術監督
ボブ・カートライト…初期のセット装飾家
トニー(アンソニー)・フリューイン…キューブリックのアシスタント
アーニ・アーチャー…トニー・マスターズのアシスタント
ウォーリー・ヴィーヴァーズ…特撮担当
ブライアン・ジョンスン…特撮アシスタント
ロバート・ビーティー…俳優(クラビウス基地司令官)
ジェフリー・アンスワース…撮影監督
デレク・クラックネル…第一助監督
ケルヴィン・パイク…カメラオペレーター
デイヴィッド・デ・ワイルド…編集アシスタントでアメリカ試写に同行
ジョン・オルコット…アンスワースの撮影助手、後に撮影監督
ブライアン・ロフタス…特撮担当
アンドリュー・バーキン…アシスタント、後に映画監督
スチュワート・フリーボーン…メイクアップ・アーティスト
ダン・リクター…俳優(月を見るもの)
ビル・ウェストン…スタントマン
トム・ハワード…特撮担当
ピエール・ブーラ…「人類の夜明け」の背景写真撮影担当
コリン・キャントウェル…特撮担当
ヤン・ハーラン…キューブリックの義弟(クリスティアーヌの弟)で後のプロデューサー

上記以外では

リズ・ムーア…スターチャイルドの造形担当
アイヴァー・パウエル…制作アシスタント、カミンスキー博士役
ブルース・ローガン…トランブルのアシスタント、オープニングショットの制作者

注:本書の解説より噛み砕いた説明をしています。

 特に注目すべきは、制作当初は単なるアシスタント程度にしか過ぎなかったダグラス・トランブル、アンドリュー・バーキンの成り上がりっぷり、俳優のキア・デュリア、ゲイリー・ロックウッド、ダン・リクターの作品への少なくない貢献度、そしてキューブリックの妻であるクリスティアーヌが、キューブリックを励まし続けた姿です。クリスティアーヌの「内助の功」っぷりは感動的ですらあり、キューブリックが生涯にわたってクリスティアーヌにベタ惚れだったのもよく理解できます。

 ただ、残念な点もあって、クラークに関しての多くが『失われた宇宙の旅2001』の焼き直しであること、著者のマイケル・ベンソンの解説に疑問な点があることです。後者に関してですが、ベンソンは「HALの見た目映像はフェアチャイルド社のレンズ」と解説していますが、フェアチャイルドのレンズであの魚眼映像は撮れません。使用したのはHALのセットに組み込まれていたものと同じニコンの魚眼レンズです(詳細はこちら)。また、モノリスの1:4:9比率を決めたのはトニー・マスターズであるかのような記述がありますが、映画のモノリスは1:4:9ではありません。クラークは「(比率は)あとで思いついたもの」と証言していますので、映画版の比率は美的観点からマスターズが決め、クラークはその比率に意味を持たせるために小説版で1:4:9であると後付けで設定したのではないかと推察しています。

 この他にも気になる点がいくつかあるのですが、それこそ『2001年…』はネット・書籍などを含めれば全世界に研究者がおり、その情報量も膨大ですので、クロスチェックは必要になるかと思います(特にベンソンの推察や考察の部分)。とはいえ多くの関係者の証言、つまり一次情報を集め、それを一冊の書籍にまとめた功績は素晴らしく、それを知るには貴重な資料であることは間違いないでしょう。

 『2001年…』に限らず、キューブリックは独断と独善で作品を作るようなことはなく、多くの優秀なスタッフ(たとえ使い走りでも)の意見に耳を傾け、その才能を評価し、そのアイデアが作品をよくするためなら臨機応変に(クラークはそれを「行き当たりばったり」と評している)採用する柔軟性を持ち合わせていました。つまり役者の台詞だけでなく、制作過程も「アドリブだらけ」だったのです。その顕著な例が「完成した脚本で撮影をするという手法を採らない」ということです。撮影前に一応脚本は形にはなるのですが、それは撮影が進むたびに書き直され、(時には大きく)変更されたりするので、台本係が常にそばに待機しそれを記録、翌日には新しい台本が役者に渡される、といった具合です。キューブリック自身もインタビューで「シナリオの最終決定稿が完成するのは、撮影現場で最後のショットが終わった時だ」と語っています。

 それらアドリブをまとめ上げ、最終的に判断するのはキューブリックですが、その判断にいかに客観性を持たせられるかに苦悩する姿は本書では特に印象に残りました。一般的に「天才(ただし本人はこう呼ばれることを好んでいなかった)」「完全主義者」と呼ばれるキューブリックですが、それ以上に重要なのは多くの優秀なスタッフの才能をまとめ上げる(「才能を搾り取る」と揶揄されることも)天才的な「指揮者(マエストロ)」であったことです。この書によってその理解が一般に広がることを期待したいですね。

 『2001年…』ファン、キューブリックファンには必携の書だとは思いますが、価格が少々高額なのが残念なところ。ですが、この本が売れることによって他のキューブリック関連書籍の邦訳の可能性が高まるので(特に『The Stanley Kubrick Archives』の邦訳を望みたい)、できれば図書館などで借りてすませるのではなく、ファンの皆様にはぜひ購入していただけたらと思います。

 なお。原書のタイトルは『Space Odyssey: Stanley Kubrick, Arthur C. Clarke, and the Making of a Masterpiece(スペースオデッセイ:スタンリー・キューブリックとアーサー・C・クラークはいかにして傑作を作ったか)』です。どうして『2001:キューブリック、クラーク』というタイトルにしたのかは、書店の店頭などで耳目を集めたいがためだとは思いますが、単に3つの単語を並べただけの中途半端な印象しかなく、あまりセンスが良いとは思いませんでした。早川書房さんには邦訳書を出版していただいた感謝の念しかありませんが、この点は残念であったことを付記しておきます。


2001:キューブリック、クラーク(amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
IMG_1573


 書店売りの雑誌がここまでキューブリック作品を採り上げるのはずいぶんと久しぶりだと思います。キューブリック逝去後、2010年頃まではサブカル系雑誌を中心に幾度か採り上げられていましたが、ここ10年くらいはすっかり忘れられた存在になっていました。それだけ今年の『2001年…』関連の盛り上がりがすごかったという証左なのでしょう。

 肝心の特集の内容ですが、全42ページの大特集ですが、オーディオ・ビジュアルの専門誌らしく、その多くが技術的な点にフォーカスしているのは仕方ないところ。特に目新しい一次情報もないので、そういった目的には応えてくれませんが、『2001年…』の4K化を契機に今後4Kや8KのAV機器導入を考えてる方には参考になるのではないでしょうか。

 全チャプターの解説は労作だと思いましたが、モノリスは金属製でなく黒鉛と塗料を混ぜ、それを塗り重ねたものをピカピカに磨き上げて制作したもの。パーカーの万年筆の先はスプリングではなくおそらく小型の原子力(放射性同位体)パケットだと思われますので、ここで補足しておきます。

 特集の各章立てと概要は以下の通り。ご購入の参考にどうぞ。

●特集『2001年宇宙の旅』

・すべては『2001年宇宙の旅』から始まった
 黒田邦雄氏による作品解説

・今、なぜ『2001年〜』なのか
 2018年の『2001年宇宙の旅』
 藤原陽祐氏による70mm上映、IMAX上映、8Kオンエアレポ

 70mmフィルムには「感性情報」が詰まっている
 山下泰司氏によるフィルムアーカイブ冨田美香氏のインタビュー記事

・『2001年宇宙の旅』メディア進化論
 藤原陽祐氏によるLD〜DVD〜BD〜UHDBD、iTunes 4KHRDまでの各メディア解説

・『2001年〜』への異常な愛情
 福井晴敏、添野知生、久保田明、酒井俊之、高津修、西山嘉樹、堀切日出晴 各氏によるコラム

・キューブリック音楽のスコア
 伊藤隆剛氏によるCD4枚組『スタンリー・キューブリックの音楽〜「デイジー」「また会いましょう」から「雨に唄えば」まで』の解説

・画質・音質を極めるならUHDブルーレイ
 藤原陽祐氏によるUHDBD対応機器の解説

・Ultra HD Blu-ray徹底分析〜全チャプター見どころ・聴きどころ解説
 藤原陽祐氏による『2001年…』UHDBD全チャプター解説


HiVi(ハイヴィ)2019年1月号(amazon)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
DSC00720
『地球への遠征』が収録された短編集『前哨』と、『2001年宇宙の旅』のアウトテイク集『失われた宇宙の旅2001』



 『地球への遠征』は映画版・小説版『2001年宇宙の旅』の原典になった、アーサー・C・クラークが1953年に発表したの短編小説です。あらすじは銀河の中心から辺境の星、地球に飛来した異星人が、地球の原始的な文明に干渉し、去ってゆくまでの短い物語で、母星の危機に急遽帰らなくてはならなくなった異星人が「懐中電灯」や「ナイフ」などを未開人に残してゆき、これらで知恵をつけた未開人が進化(と読み取れる)、やがてその場所が「バビロン」になったというストーリー。

 現在となってはなんとも「牧歌的」なお話かとは思いますが、キューブリックとクラークは異星人視点で描いたこの物語を、『2001年…』で猿人視点に翻案しました(もちろんクラーク自身の小説版も)。『2001年…』のアウトテイク集『失われた…』に紹介されている『はじめての出会い』『月を見るもの』『星からの贈り物』『地球よ、さらば』は、そのプロセスの中間に当たるストーリーで、物語自体は『2001年…』とほぼ同じ(彼らがスターゲートを通って地球へ訪れていたり、月に警報装置を埋めるシーンなどもある)ですが、猿人視点ではなく異星人視点で語られているのが特徴です。『2001年…』の原典になった小説といえば『前哨』や『幼年期の終わり』がよく語られますが、この『地球への遠征』もそれらと同じくらい知られていなければならない物語です。しかし、ファンの間でもあまり話題になることはないようです。

 以前「『2001年宇宙の旅』の「人類の夜明け(THE DAWN OF MAN)」パートの完全解説」の記事でご紹介した通り、最終的にこのパートは「ナレーション・セリフは一切なし」という判断になりました。そのせいで「難解」「退屈」と言われてしまうリスクを承知の上でもキューブリックは「映像での説明」にこだわったのです。結局のところそれはこの『地球への遠征』を読めばわかる通り、言語や説明的シークエンスで表現してしまうととても陳腐なものになってしまう(キューブリックいわく「魔法に欠ける」)危険性を排除したかったのだと思います。そして、その判断が正しかったことは、『2001年…』の現在まで至る評価の高さが証明していると言えるでしょう。


前哨 (ハヤカワ文庫 SF (607)) (amazon)



失われた宇宙の旅2001 (ハヤカワ文庫SF)(amazon)

このページのトップヘ