キューブリック関連書籍

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
DSC00720
『地球への遠征』が収録された短編集『前哨』と、『2001年宇宙の旅』のアウトテイク集『失われた宇宙の旅2001』



 『地球への遠征』は映画版・小説版『2001年宇宙の旅』の原典になった、アーサー・C・クラークが1953年に発表したの短編小説です。あらすじは銀河の中心から辺境の星、地球に飛来した異星人が、地球の原始的な文明に干渉し、去ってゆくまでの短い物語で、母星の危機に急遽帰らなくてはならなくなった異星人が「懐中電灯」や「ナイフ」などを未開人に残してゆき、これらで知恵をつけた未開人が進化(と読み取れる)、やがてその場所が「バビロン」になったというストーリー。

 現在となってはなんとも「牧歌的」なお話かとは思いますが、キューブリックとクラークは異星人視点で描いたこの物語を、『2001年…』で猿人視点に翻案しました(もちろんクラーク自身の小説版も)。『2001年…』のアウトテイク集『失われた…』に紹介されている『はじめての出会い』『月を見るもの』『星からの贈り物』『地球よ、さらば』は、そのプロセスの中間に当たるストーリーで、物語自体は『2001年…』とほぼ同じ(彼らがスターゲートを通って地球へ訪れていたり、月に警報装置を埋めるシーンなどもある)ですが、猿人視点ではなく異星人視点で語られているのが特徴です。『2001年…』の原典になった小説といえば『前哨』や『幼年期の終わり』がよく語られますが、この『地球への遠征』もそれらと同じくらい知られていなければならない物語です。しかし、ファンの間でもあまり話題になることはないようです。

 以前「『2001年宇宙の旅』の「人類の夜明け(THE DAWN OF MAN)」パートの完全解説」の記事でご紹介した通り、最終的にこのパートは「ナレーション・セリフは一切なし」という判断になりました。そのせいで「難解」「退屈」と言われてしまうリスクを承知の上でもキューブリックは「映像での説明」にこだわったのです。結局のところそれはこの『地球への遠征』を読めばわかる通り、言語や説明的シークエンスで表現してしまうととても陳腐なものになってしまう(キューブリックいわく「魔法に欠ける」)危険性を排除したかったのだと思います。そして、その判断が正しかったことは、『2001年…』の現在まで至る評価の高さが証明していると言えるでしょう。


前哨 (ハヤカワ文庫 SF (607)) (amazon)



失われた宇宙の旅2001 (ハヤカワ文庫SF)(amazon)
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
DSC00701
店内の写真や陳列の写真はさすがにNGだと思ったので、フロアガイドを入手してきました。「VINTAGE BOOK」のコーナーに置いてあります。

[FORESIGHT]TASCHEN STANLEY KUBRICK

映画界の金字塔スタンリー・キューブリックの出発点は実は写真だった。NY市立博物館で10月28日(日)まで開催の展覧会に合わせて刊行される同名写真集には『ルック』誌に起用された1946〜50年のフォトグラファーとしての軌跡を収録。

蔦屋書店 銀座店 tel_03-3575-7755

(引用元:EYESCREAM FASHION/2018年6月20日




 キューブリックのルック社時代の写真集『Through a Different Lens:Stanley Kubrick Photographs』が銀座SIX6階にある蔦屋書店 銀座店で取り扱いがあることをこの「EYESCREAM」というサイトで知ったので、確認しに行ってきました。場所は「VINTAGE BOOK」のコーナーで、数冊平積みされた上に見本誌が置いてありました。価格は消費税込みで9,158円。amazonは6,341円ですので割高になりますが、中身を確認してから購入したい方は訪れてみてはいかがでしょうか。

 ちなみに管理人が全ページをダイジェストで紹介した動画はこちら


Stanley Kubrick Photographs: Through a Different Lens(amazon)
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

Through a Different Lens: Stanley Kubrick Photographs(amazon)


 以前この記事でお知らせしたキューブリックのルック社時代の写真集『Through a Different Lens:Stanley Kubrick Photographs』ですが、発売が1ヶ月延期になった模様で、現時点での発送は6月10日となっています。その代わり価格も改定され、8,106円→6,633円→6,534円と絶賛値下がり中。予約殺到で増刷がかかり、それに合わせて値段も下がったとか?ハードカバーで332ページとそこそこのボリュームなので期待しているんですが・・・。早く届いてほしいものですね。

 TASCHEN社の公式サイトはこちら
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

Through a Different Lens: Stanley Kubrick Photographs(amazon)


 第一報をこちらでお知らせした、5月3日よりニューヨーク市立博物館で開催されるスタンリー・キューブリックのルック社時代の写真展『Through a Different Lens:Stanley Kubrick Photographs』に合わせて写真集が発刊されるようです。価格は8,106円で、版元はキューブリックファンにはおなじみのTASCHEN社。以前PHAIDON社から『スタンリー・キューブリック ドラマ&影:写真1945‐1950(Stanley Kubrick : Drama & Shadows: Photographs 1945-1950)』という豪華な写真集が発行され、邦訳もされましたがプレミアがついてしまい、現在高止まりしたままです。これの廉価版が発売されるという話もあったのですが、予約できなくなってしまっているので、どうやら中止のようですね。掲載写真など内容はそれとは異なるようですが、今回も邦訳されるかどうかは不明です。

 TASCHEN社の公式サイトはこちら
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
81HUSjQxYzL

 今年(2018年)は『2001年宇宙の旅』公開50周年ですので、様々なイベントやリリースが続いていますが、『ビヨンド〜惑星探査機が見た太陽系』や『ファー・アウト〜銀河系から130億光年のかなたへ』などの著作がある作家・写真家のマイケル・ベンソンが、『2001年…』のメイキング秘話をまとめた『Space Odyssey: Stanley Kubrick, Arthur C. Clarke, and the Making of a Masterpiece(スペースオデッセイ:スタンリー・キューブリックとアーサー・C・クラークはいかにして傑作を作ったか)』を上梓したそうです。

 ワシントンポストの記事を読む限りでは、よく知られたエピソードが紹介されていますが、スターゲート・シークエンスの宇宙(生命)の誕生のパートについて「1965年にニューヨークのブラジャー工場で制作」と解説されています。今までは「マンハッタンにある廃工場で制作され『マンハッタン計画』と呼ばれていた」とまでは紹介されていたのですが、それはブラジャー工場だったんですね。妻のクリスティアーヌは、身なりを構わず、様々な溶剤を落として不可思議な映像制作に夢中になっているキューブリックに対して不満を漏らしていた(臭いとか汚いとか。笑)そうですが、1965年というと制作準備段階でまだ脚本も固まっていない頃。この年の7月にキューブリックは渡英しますが、その前にこの映像は撮影されていたことになります。

 あと、「ボーマンの呼吸音はキューブリック自身の呼吸音を使った」とありますが、これは以前からそういった情報があったものの、確定しても良いようです。アレックス・ノースの音楽を「あとは既成曲と呼吸音でいくからいらない」と拒否したのは編集時、1968年始めの頃のはずなので、俳優シーンの撮影は終了(1966年夏)した後です。1969年公開の『De Sade』に主演しているキア・デュリアを呼吸音のためだけに呼び戻すとは考えにくいので、「自分の思い通りに映画を作りたい」キューブリックが自身の呼吸音を使ったとしても不思議ではありません。ちなみにキューブリックは『フルメタル・ジャケット』でカウボーイの無線の相手、マーフィー(の声)も演じています。

 既知の情報もありますが、新たに取材をしていると思いますしファンなら気になる一冊です。邦訳すればそこそこの部数も望めると思いますので、出版不況と言われる昨今ですが、久しぶりにキューブリック関連本の出版を強く望みたいですね。


Space Odyssey: Stanley Kubrick, Arthur C. Clarke, and the Making of a Masterpiece (英語) ハードカバー(amazon)
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ