キューブリック関連作品

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


「反仏映画」として賛否両論を巻き起こした衝撃作が、50年を経て蘇る

 1967年、日本を代表する映画雑誌『キネマ旬報』が例年発表する外国映画年間ベスト・テンにおいて『気狂いピエロ』(ジャン=リュック・ゴダール監督)や『欲望』(ミケランジェロ・アントニオーニ監督)といった名立たる傑作をものともせず圧倒的な差で第1位の栄冠を勝ちとった作品があります。1954年から1962年にかけて行われた、フランスの支配に対するアルジェリアの独立戦争を描いた『アルジェの戦い』(1966製作)です。ユダヤ人の家庭に生まれ、第二次世界大戦中レジスタンス運動のリーダーとして活躍した監督のジッロ・ポンテコルヴォは、ネオ・レアリズモの傑作『戦火のかなた』(ロベルト・ロッセリーニ監督)に感銘を受け映画の世界へ足を踏みいれた人物。ジャーナリスト出身の彼は映画を作るにあたって記録映像を一切使わず、目撃者や当事者の証言、残された記録文書をもとにリアルな劇映画として戦争の実体をドキュメンタリー・タッチで詳細に再現しています。

(引用先:『アルジェの戦い』オフィシャルサイト




 キューブリックが激賞したアルジェリアの独立闘争を描いた映画『アルジェの戦い』がデジタルリマスター・現地原語版で現在全国で上映中(一部終了)です。上映スケジュールや上映館は上記オフィシャルサイトをご覧ください。

 キューブリックはこの『アルジェの戦い』について、

 「すべての映画は、ある意味虚構のドキュメンタリーだ。人はできる限り現実に近づこうとする。しかしそれは現実ではない。非常に上手く映画を作る人々がいる。それらは私を完全に魅了し、そして見事にだまされた。 例えば『アルジェの戦い』。それは非常に印象的だ。」

 さらに長年キューブリックのアシスタントを務めたアンソニー・フリューインは、

 「スタンリーは長い時間にわたって『アルジェの戦い』と、ワイダの『ダントン』について夢中になってしゃべり続けました(それは彼とわめき合うようなものだった)。 1965年9月にスタンリーと仕事を始めたとき、彼は『アルジェの戦い』を観なければ、映画でどんなことができるのか真に理解できない、と語りました。 彼は死の直前でもまだそれに夢中でした」

「【関連記事】スタンリー・キューブリックが好んだ映画のマスター・リスト(2016年7月25日改訂版」より)


と、かなり高評価していたことが伺えます。

 二度ほどDVD/BD化されていますが、現在プレミアがついて、なかなか手を出しにくい価格まで高騰しています。それを考えれば、キューブリックに「観なければ、映画でどんなことができるのか真に理解できない」とまで言わしめたこの名作を、映画館で視聴するめったにないチャンスといえるでしょう。是非とも映画館へ足をお運びください。


アルジェの戦い [DVD](amazon)



アルジェの戦い≪最終盤≫ [Blu-ray](amazon)
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 管理人の『A.I.』に対する評価はここをご覧いただくとして、こんなにもオマージュが込められていたんですね。最初の車のシーンは有名なので知っていましたが、こじつけ臭いのもチラホラあります。まあ、本当のところはスピルバーグしかわからないので、ここでその真偽を検証しても意味はないでしょうから、観る人の判断におまかせするしかないですね。

[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 キューブリックが『突撃』後に監督する予定だったマーロン・ブランド主演の西部劇『片目のジャック』が全編YouTubeで視聴可能となっています。

 wikiによると手続き上の問題があったか何かで著作権処理が行われず、パブリック・ドメインとなったそうなので、削除されることはないでしょう。とは言ってもとってもグダグダで締まりのない物語ですので(詳細はここで)、まあ時間があればどうぞ的にしかお勧めできないんですが。

 マーロン・ブランドはこのあと『ゴッドファーザー』で大復活を遂げるのですが、相変わらずのわがままぶりで周囲と軋轢を起こしてばかり。キューブリックは比較的役者に対しては辛抱強い方(一度キャスティングするとスケジュールが合わなくなったなどの問題がない限り外さない)ですが、そんなキューブリックを持ってしてもこのブランドにはお手上げだったようです。

 因みに後に『博士…』でコング少佐を演じるスリム・ピッケンズが保安官役で味のある演技をしていますので、キューブリックファン的にはそこは数少ない見所のひとつですね。

[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 ロリータを演じたスー・リオンが役者としての最後の仕事(今のところ)はこちらで紹介した『アリゲーター』でしたが、その2年前に出演したB級ホラー映画『アストラル・ファクター サイキック・マーダーの復讐(The Astral Factor)』の動画がフルでアップされていたのでご紹介。

 ここでのスーの役どころは・・・最初の犠牲者です(笑。それ以上でもそれ以下でもないとってもどうでもいい役なんですが、お色気シーンもありますし、それなりに需要は満たしているかと。それにしても残念ですね。いや、実に残念な◯ッパイ。せめて標準的なモノをお持ちでしたら、『ロリータ』以降の人生にも違った展開があったかも知れないですね。


アストラル・ファクター サイキック・マーダーの復讐 [DVD](amazon)
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 アンソニー・バージェスが書いた小説『時計じかけのオレンジ』に魅了されたのはミック・ジャガーやキューブリックだけでなく、あのアンディ・ウォホールも同じでした。上記の動画は、その小説『時計…』をベースにウォホールが映像化した作品『ヴィニール』の全編です。

 「ベースに…」と書いたのは、1965年当時『時計…』の映像化権を所有していたのはミック・ジャガーだったため、小説をそのまま映像化できませんでした。そのためロナルド・タヴェルによって新たな脚本が作られましたが、ウォホールはその脚本はおろか演出も否定、その結果1時間もの間役者たちがだらだらグダグダと喋り、カンペを見ながら演じ続けるだけの全く意味不明な映画になってしましまいました。

 この「何が起こるかわからないまま、ただカメラを回し続ける」という手法は当時のトレンドだったもので、ウォホールの他の映像作品では6時間もの間ただ眠る男を映し続けた『スリープ』や、エンパイアステートビルの外観をやはり8時間映し続けた『エンパイア』が有名です。かのビートルズも『マジカル・ミステリー・ツアー』でこの手法を試し、やはりグダグダになってしまったため、後に通常の制作方法への軌道修正を強いられています。

 目に見えるもの、耳に聞こえるものすべてをコントロールしたがったキューブリックの対極に、演出も演技も否定し、ただその場の状況を記録し、映し出すだけというこのウォホールの手法があります。

 キューブリックはルック社のカメラマン時代、報道写真という本来ドキュメンタリーであるはずの世界でもヤラセや演出が行われていて、それに本人も加担していたという経験の持ち主です。そのことからキューブリックはカメラであれ録音であれ、いったんその人間が現実の一部を切り取ってしまえばそれはフィクションであり現実ではないとし、「芸術家はその表現にだけ責任を持てば良い」という考えに至ります。だからこそ自身の作品に関わるすべてに干渉し、コントロールしようとしたのです。もちろん当ブログで再三指摘しているキューブリックのアドリブ志向も自身のコントロールの管理下のことです。キューブリックは「コントロールされたカオス」を好むアーティストでした。

 それに対しウォホールは自身さえも「コントロールできないカオス」を好んだアーティストでした。ウォホールは偶然やミス、ハプニングを好み、それらをそのままアートとして紙面や映像に定着させようとしました。その結果、同じ小説を原作にしながら全く肌合いの異なる二つの映像作品が世に産み落とされることになったのですが、二人のアーティストのそれぞれの志向と感性の違いをはっきりと確認できる意味でも、一時間の鑑賞時間は多少苦痛ですが、観ておいて損はない作品だと思います。

▼この記事の執筆にあたり以下の記事を参考にいたしました
第39回イメージライブラリー映像講座
「アンディ・ウォーホルの映画:ミニマリズムからナラティブへ」の記録



Vinyl / The Velvet Underground & Nico [Italian Edition](amazon)
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ