非情の罠

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ballet
『非情の罠』のバレエシーン。踊っているのは当時キューブリックの妻だったルース・ソボトカ。このバレエを実際に日本で観た人がいる、というのは実に羨ましい限りだ。



 この一覧によると1958年3月17日〜3月30日までは新宿コマ劇場、4月1日〜6日までは産経ホールで公演したようです。キューブリックとルースは1955年1月11日に結婚しましたが、1956年10月頃には夫婦関係はかなり怪しい状況になっていました。その後キューブリックはハリスと共にドイツに渡り、『突撃』の制作に取りかかります。それは1957年の春頃まで続き、『突撃』の初公開はベルリンでこの年の6月です。この時点でキューブリックは既にクリスティアーヌと出会っていますので、二人の離婚はもはや決定的です。どちらにしても1958年3月にバレエ団の一員として来日するためには、準備やリハーサルなどを考えると少なくとも1957年の後半にはキューブリックの帰りを待っていたハリウッドを離れ、ニューヨークに戻らなければなりません。この来日公演の記録に旧姓の「ソボトカ」で掲載されているところを見ると、離婚は1957年ということで間違いないと思われます。

 つまりルースとクリスティアーヌは入れ替わる形でルースはハリウッドからニューヨークへ、クリスティアーヌはドイツからハリウッドへ移ったことになります。果たして二人の間で直接の対決はあったのでしょうか? ルースもキューブリックも逝去してしまっている現在、それを証言できるのはクリスティアーヌだけですが、この件に関して何かを語ることは今後もないでしょう。なぜならルースはナチスドイツに故郷のウィーンを追われ、ニューヨークに逃げて来たユダヤ人、クリスティアーヌはそのナチスドイツの宣伝大臣だったゲッペルスのお抱え監督、ファイト・ハーランを叔父に持つナチスに近い立場のドイツ人だからです。そして、完全に真逆の立場である二人の女性の間に挟まれたのが、生まれも育ちもニューヨークのユダヤ系アメリカ人であるキューブリック。なんとも皮肉な運命の巡り合わせとしか言いようがないですね。

 このルースを擁した「ニューヨーク・シティー・バレエ団」の公演の詳細はこちらで確認することができます。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※『非情の罠』のHD映像。一刻も早いBD化を!

 クライテリオンの該当ページによりますと、本国アメリカでは、BD『現金に体を張れ』の特典映像として『非情の罠』はBDで発売済みになっていたようです。独立したパッケージとして発売されていなかったので見逃していました。

 残念ながら日本では『非情の罠』『現金に体を張れ』『突撃』の3作品が未だにBDでリリースされていません。できれば日本では『非情…』は独立したパッケージで発売して欲しいですね。

 ついでにキューブリック作品のDVD/BDの日本での販売権を持つ会社は以下のようになっています。参考までにどうぞ。

『恐怖と欲望』IVC

『非情の罠』20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント

『現金に体を張れ』※20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント

『突撃』※20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント

『スパルタカス』NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

『ロリータ』ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

『博士の異常な愛情』ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

『2001年宇宙の旅』※ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

『時計じかけのオレンジ』※ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

『バリー・リンドン』※ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

『シャイニング』※ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

『フルメタル・ジャケット』※ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

『アイズ ワイド シャット』※ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

2016年12月12日追記:『非情…』『現金…』『突撃』のBDに関して発売元の20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメントに問い合わせてみましたが「Blu-ray化は現在未定でございますが、貴重なご意見として進言いたします」との回答をいただきました。なんともテンプレな対応ですが、現在世界を巡回中の『スタンリー・キューブリック展』の日本開催が決定すれば、なんらかの動きがあるかも知れません。ビジネスとしての判断を優先するのは構いませんが、ファンはBD化を首を長くして待っていることだけはお忘れなく!

情報提供:qmq様


KILLING (CRITERION COLLECTION) [BLU-RAY](amazon)
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 場末のボクサーとダンサーが恋に落ち、ダンスホールの嫉妬深いオーナーから手を取り合って逃げ出すというストーリーの映画を企画するが、実際に主演の二人が恋に落ちてしまい、女優のパトロンでもある映画の出資者がそれを知って激しく嫉妬、そして・・・というサスペンス風味の少し苦いラブストーリー。

 製作する映画がキューブリックの『非情の罠』をモチーフにしているので、そのオマージュがあちらこちらに登場してキューブリックファンならそれだけでも楽しめます。ピーター・コヨーテ
演ずる監督の名前が「スタンリー」、ダン・ショア演じるプロデューサーが「ファリス」(ジェームズ・B・ハリスのもじり)、嫉妬する出資者が「フランク・シルバ」(おそらく『非情…』で悪役のラパロを演じたフランク・シルベラのもじり)という役名というだけでニヤっとできちゃいますね。

 『非情…』では舞台はニューヨークで、撮影はほとんどロケでしたが、この映画では舞台を1950年のハリウッド、全てセット撮影と変更されています。でも、ストーリーラインはほぼ『非情…』と同じで、オマケに映画完成後の試写室で監督が力説する次回作の「泥棒映画」の構想までオマージュするというオチまで、キューブリックファンにとってはとても楽しめる映画となっています。

 ただし、純粋に映画としての完成度は全くの駄作で、主演二人の恋模様とそれに嫉妬する出資者という三角関係も盛り上がらない事甚だしい。正直、キューブリックファン以外は観る価値は全くありません。そんな現実を反映してかDVD化はされてないようです。まあ、このデキならそれも仕方ないとは思いますが。

 管理人はamazonからVHSを購入いたしましたが、VHSの再生環境がある方はレンタル落ちが安価で販売していますし、ご覧になってみるのも一興かと。繰り返しますが、キューブリックファンはとても楽しめますが映画としては全くの駄作ですので、それを覚悟の上ご購入&ご視聴ください。

 IMDbはこちら


img805
ストレンジャーズ・キス [VHS]
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ik2
※クリックで拡大


 キューブリックは是が非でも『非情の罠』をヒットさせたかったのではないかという検証はここここで記事にしていますが、こんな露骨な宣材写真も撮っていたんですね。キューブリックは本人に内緒で無理矢理ラブシーンを撮ろうとデイヴィを演じたジャミー・スミスと画策しましたが、それはケーンに拒否されてしまいました。でも、写真ではこの程度の露出なら許したようです。ケーンは元モデルで、ヴォーグのカメラマン、バート・スターンによってキューブリックに紹介されたのはここで記事にしましたが、その経歴から推察するとケーンはモデル時代にある程度なら露出の経験があったのかも知れません。

 それにしてもキューブリックとエロは切っても切り離せませんね。遺作が『アイズ…』なのもさもありなん、ですね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ts
※デイヴィがマフラーを取り返したシーン。この場所は現在こうなりました。(google map)


 『非情…』で、デイヴィグロリアが待ち合わせたダンスホール「快楽の園」の前の路上のロケ地。ニューヨークの有名な観光名所です。映画のこのシーンには『二つの世界の男(The Man Between)』の広告が映り込んでいますが約10年後に、この映画の主役であるジェームズ・メイソンを『ロリータ』で主役に抜擢するなどこの頃のキューブリックは夢にも思わなかったでしょうね。


非情の罠 [DVD](amazon)



二つの世界の男 [DVD](amazon)
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ