スパルタカス

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kd

 12月9日に100歳の誕生日を迎えた名優カーク・ダグラスが、自身のキャリアを米バラエティのインタビューで振り返った。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:映画.com/2016年12月12日




 この記事の元記事はここで紹介済みですが、訳記事を映画.comさんが書いていましたので同内容ですがご紹介。

 この「同作の撮影中、終始対立していた2人に対し、一緒にセラピーを受けることをダグラスの妻が提案。そのセラピーで精神科医がキューブリック監督に勧めたのが、「アイズ ワイド シャット」の原作となったアルトゥール・シュニッツラーの小説「夢奇譚」だったという。」の部分がうまく訳せず、スルーしてしまったのですが、そういう意味だったんですね。

 この『アイズ…』の原作を紹介したのは誰か?という話はキューブリックの二番目の妻トーバではないか、など諸説あったのですが、この証言が正しいとするとなかなかのトピックです。ただ、あの小説の内容と二人の確執が精神科医的にどうリンクするのかちょっと理解に苦しみます。他のソースが出てくるまで断定的に考えない方がいいかもしれません。あと、『アイズ…』をカークが「あれは一番ひどい出来だよ」と評するのは予想の範囲内ですね。そういう意味でもこの二人の相性は最悪なんでしょう(笑。

 相性は最悪でも、キューブリックが巨匠の地位を築けたのはこのカーク・ダグラスのおかげであることは間違いありません。そしてそれはキューブリックにとって「乗り越えなければならない壁」であったことも想像に難くありません。もう長い年月が経っていますし、一人はもうすでに鬼籍に入っています。カークには一日でも長く生きて欲しいですね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


Kirk Douglas on Stanley Kubrick: ‘He Was a Bastard’ But Immensely Talented

(全文はリンク先へ:VARIETY/2016年12月8日




 米バラエティ誌のウェブサイトに、12月9日で100歳を迎えたカーク・ダグラスに関する記事がありましたのでご紹介。

 キューブリックが例の「私がスパルタカスだ!」のシークエンスを嫌っていたのに、撮ることを強要したエピソードなどファンにはおなじみの話ですが、そもそもキューブリックはこの『スパルタカス』では雇われ監督の立場でした。キューブリックが本作に参加したのは撮影が始まった後、キャスティングも脚本もスタッフも決定済みで、現場はダグラスの個人プロダクションが牛耳っていました。

 ファンには当たり前の、よく知られた話ですが、「『スパルタカス』に赤狩りで干されていたカーク・ダグラスを起用したスタンリー・キューブリックに並ぶ英断である」などとトンデモツイートする人もいて、浅はかな知識で知ったかぶりするツイッター民にはほとほと困っています。昨今のキュレーションサイトの問題もそうですが、実は一番信頼性が低いネットメディアはツイッターだと思います。アクセス欲しさの刺激的なツイートほど鵜呑みにせずに、常にウラを取るようにしたいですね。

[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

スパルタカス [Blu-ray]


 2016年11月19日(土)のスターチャンネル『名作映画無料放送DAY』で『スパルタカス[復元完全版]』がオンエアされます。時間は18:30から。他のラインナップは、

10:30〜『ローマの休日』※淀川長治さん解説付き
13:00〜『明日に向って撃て!』
15:10〜『史上最大の作戦』※淀川長治さん解説付き

詳細はこちらまで。

 BSやCSなどの有料放送で、キューブリック作品は割と頻繁にオンエアされているようですが、さすがに全てを把握できませんので、無料放送される場合のみ告知したいと思います。因みに以前ここでお知らせした『時計…』の無料放送ではボカシが入っていました。おそらくオンエアに合わせて入れたもので、公開当時に入っていたボカシではないと思われますが、ボカシ入り自体めずらしいので録画しておいてよかったです。今回の『スパルタカス』は特別なバージョンではないと思いますが、日本語吹き替え版BDがリリースされていますので、それをオンエアするのも面白いかも知れませんね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

スパルタカス [Blu-ray]


知られざる天才脚本家 ダルトン・トランボ傑作選

「STAR CHANNEL MOVIES」スターチャンネル30周年記念特別作品『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』公開記念傑作選。『ローマの休日』のほか、『スパルタカス』『パピヨン』など映画史に残る数々の傑作を世に送り出した天才脚本家ダルトン・トランボ。思想信条ゆえにハリウッドから迫害され、偽名でアカデミー賞を2度も受賞した彼の感動の実話を描き、本年度アカデミー賞でも注目を浴びた『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』が7/22(金)に公開となります。その公開に合わせて、トランボの傑作選と日本初登場のドキュメンタリーを放送。彼の苦難と栄光の軌跡を辿ります。

7/17(日) 午前9:30 一挙放送
7/18(祝・月)〜7/22(金) よる9:00
7/25(月)〜7/29(金) 午後ほか 連日放送

スパルタカス[復元完全版](1960)
7/27(水)午後 2:00

(詳細はリンク先へ:スターチャンネル:知られざる天才脚本家 ダルトン・トランボ傑作選



 7月22日から公開中の『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』に合わせた企画のようです。一挙放送は終わってしまいましたが、7月27日に再度オンエアがあります。しかし『スパルタカス』のOA多いですね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

スパルタカス [Blu-ray]


 2016年2月29日(月)午後1:00〜4:16、NHK BSプレミアムにて『スパルタカス』がオンエアされます。

 このプレミアムシネマ、無料(・・・というか受信料として支払わされている)ということもあってよく録画するのですが、かかる作品がワンパターンなのが気になります。「またコレかよ」と思うことも度々。特にオードリー・ヘップバーンの作品はよくOAされます。あとヒッチコックも多いかな。

 なにかと批判の多いNHKですが、受信料を半ば強制的に徴収する以上は、それなりにレベルの高い番組編成をお願いしたいですね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ