博士の異常な愛情

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
映像と音楽とセリフのコラージュで構成されたリプセットの短編『21-87』。こういった「前衛的映像表現」はやがて1960年代後半の「サイケデリック・ムーブメント」に行き着く。



 アカデミー短編アニメーション賞ノミネート作「頭山」の山村浩二監督のスタジオに併設されたギャラリーAu Praxinoscope(東京・奥沢)で、「テオドル・ウシェフ『リプセットの日記』」原画展が開催される。

 ドローイングアニメーション「リプセットの日記」は、49歳で自らの命を絶ったカナダの伝説的映像作家アーサー・リプセットの失われた日記の再現を試みた作品で、破壊へと向う作家の内面を激しい筆致と冷静な視線で描いた作品。リプセットの前衛的な作風はスタンリー・キューブリックやジョージ・ルーカスに影響を与えたと言われており、リプセットの短編「21-87」にインスパイアされたルーカスが、「スター・ウォーズ」でのレイアの独房の番号にそのタイトルを用いたとされる。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:映画.com/2017年12月27日



 アーサー・リプセットについては以前こちらで記事にした通りなのですが、キューブリックはリプセットに『博士の異常な愛情』の予告編の制作を依頼するも断られ、代わりにパブロ・フェロが制作を担当、完成した予告編はリプセットの影響を強く伺わせるものでした。


キューブリックが感銘を受け、『博士…』の予告編をリプセットに依頼するきっかけになった『ベリーナイス・ベリーナイス』。

リプセットに断られたためパブロ・フェロが制作した、多分にリプセットに影響された『博士…』の予告編。

 このように、リプセットに代表される当時の「前衛映画」は、既存の価値観に異を唱える「反体制」や、映像でドラッグ摂取の感覚を再現する「トリップ」と結びつき、やがて強大なうねり「サイケデリック・ムーブメント」として60年代後半を席巻することなります。こういった時代背景を知っていれば「『時計じかけのオレンジ』は『薔薇の葬列』に影響された」という論にいかに根拠がないかすぐ理解できるのですが、そういった「基礎的知識」に欠けたまま確たる根拠もなく、表層的な類似点のみを指摘し、ネットで拡散している現状を非常に危惧しています。『薔薇の葬列』も『時計じかけのオレンジ』も同じサイケデリック・ムーブメントの影響下にある作品です。当時は映画だけでなく音楽、ファッション、ライフスタイルから広告まで、当時のありとあらゆる「表現」がサイケに毒されていました。映画史を語るなら外せないムーブメント「ヌーベルバーグ」や「アメリカン・ニューシネマ」もやはり「前衛」「反体制」「ドラッグ」といった当時の時代背景から生まれてきたものです。しかし、こういった革新的なムーブメントは1970年代に入ると急速に下火になり、1970年代後半から1980年代になると「商業主義」が映画界を席巻、それは現在まで、より強固になって継続されています。

 現在の「映画好き」と自称する人のほとんどがこの「商業主義」映画しか観ていないというのは、「歴史好き」が「戦国時代を知らずに語る」くらい底の浅い行為です。ここに採り上げられているアーサー・リプセットはかなりマニアックな例だとしても、映画好きを公言するならヌーベルバーグやアメリカン・ニューシネマの代表作くらいは押さえておくべきでしょう(『2001年…』は公開当時アメリカン・ニューシネマと呼ばれていました)。キューブリックは取っ掛かりとしてその入り口にいる代表的な監督の一人でしかありません。そのキューブリックでさえマイナー扱いという現在の状況は、嘆かわしいと言うほかないと言えるでしょう。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
jimmyHarris_Page-6
落書きがありますが、誰が書いたのか、どういう意味があるのかは不明です。



 「キューブリック、ハリス、そしてセブン・アーツ」というキャッチコピーで『ロリータ』の次作、『博士…』を制作中であることを告知する広告(DM?)です。

 セブン・アーツ・プロダクションズとは以前こちらで記事にした、現在のワーナー・ブラザーズになります。同社は『ロリータ』に資金提供しましたが、無事に資金回収することができたのでキューブリックとハリスを信頼し、『博士…』にも再度資金提供したのでしょう。ところがこの直後キューブリックとハリスはコンビを解消、ハリス自身も映画監督を目指すことになります。ハリスは『博士…』をブラックコメディに改変することに反対(現在は「一番好きなキューブリック作品」とインタビューで応えている)していたので、それもコンビ解消の一因になったようです。

 『突撃』の頃までの扱い順は「ハリス、キューブリック」だったのが、『スパルタカス』『ロリータ』を経て「キューブリック、ハリス」になっているのは興味深いですね。それだけキューブリックの知名度が上がった、ということは、資金集めにハリスの力を借りなくてもよくなったということを意味するので、コンビ解消も必然の流れだったのでしょうね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

キューブリック絡みでは、『博士…』とプロットが似ていて制作時期も近かったことから、訴訟問題まで発展(キューブリックが訴えた側)した『未知への飛行』はぜひ押さえておいてほしい一編です。良作です。

 核攻撃や核戦争は起こってほしくないこと。でも万が一、万が一起こってしまったら私たちはどうすればいいのでしょう?

 日本は核攻撃を受けた唯一の国ですが、その悲惨な経験を知る人は年々少なくなってきているので、戦争体験談を聞く機会もうんと減りました。今後、核の脅威を知るならば博物館や展示会に行くことになります。しかし、もっと手っ取り早いのが核戦争をテーマに映画ではないでしょうか。

 というわけで、今回は核攻撃を扱った映画9選をお届けします。

 ちなみに、核実験を描いた作品でまず先に頭に浮かぶのはスタンリー・キューブリック監督の『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのをやめて水爆を愛するようになったか』やジョン・デイリー監督の『ミラクル・マイル』かと思いますが、ここではコメディ要素が強く核の恐怖が伝えきれていない作品は除外しています。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:GIZMODO/2017年8月31日




 ん?核実験? 核戦争もしくは核攻撃ですよね・・・と思ったら、また中川真知子さんですか(呆。この方は、映画関係の翻訳記事のライターさんらしいですが、何度も何度何度もミスをしています。一応メジャーなニュースサイトですから校正ぐらいはちゃんとして欲しいものです。

 で、リストアップされた9作品ですが、管理人が観ていないのは『ラスト・カウント・ダウン 大統領の選択』『原子怪獣と裸女』『スレッズ』です。『原子怪獣と裸女』っていう作品があるんですね。しかもコーマン作品(笑、コーマンといえば、昔テレビで『性本能と原爆戦』っていうなんともアレな(原題は『Panic in Year Zero!』とまともなもの。笑)邦題をつけられた核戦争ものの映画を観たことがあるんですが、こっちもなかなかな迷作でした。

 しかし、チョイスされた作品に一貫性があまり感じられません。原文筆者の単なる好みでしょうか? 私ならここにアニメの『風が吹くとき』を入れますね。デヴィッド・ボウイの主題歌がなんとも重く心に響きます。オススメです。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

サイレント・ランニング ユニバーサル思い出の復刻版 ブルーレイ [Blu-ray](amazon)


サイレント・ランニング
BSプレミアム8月29日(火)午後1時00分〜2時31分

 地球上の植物が絶滅状態となり、わずかに残った木々や生きものたちが宇宙船のドームで育てられていた。ある日、地球から、計画を中止し、ドームを爆破、帰還せよとの指令が届く。植物学者のローウェルは、植物を絶滅させる指令に耐えられず、反乱を起こす…。「2001年宇宙の旅」はじめ、数々の傑作で特撮を手がけたダグラス・トランブルの初監督作品。愛らしいロボットと、ジョーン・バエズのフォークソングが心に残る。

【製作】マイケル・グラスコフ
【監督・特撮】ダグラス・トランブル
【脚本】デリック・ウォッシュバーン、マイケル・チミノ、スティーブン・ボッコ
【撮影】チャールズ・F・ウィーラー
【音楽】ピーター・シッケル
【出演】ブルース・ダーン、クリフ・ポッツ、ロン・リフキン、ジェシー・ヴィント ほか

製作国:アメリカ
製作年:1972
原題:SILENT RUNNING
備考:英語/字幕スーパー/カラー/レターボックス・サイズ



博士の異常な愛情 [Blu-ray](amazon)


博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか
BSプレミアム8月30日(水)午後1時00分〜2時36分

 東西冷戦の時代、正気を失ったアメリカの将軍がソ連への核攻撃を命令。米国大統領や高官たちは、事態を収拾しようとするが、核兵器を搭載した爆撃機は目標に進んでいく…。巨匠スタンリー・キューブリック監督が戦争を痛烈に風刺した傑作ブラックコメディー。ピーター・セラーズが、米国大統領と、英国大佐、そして、兵器開発局長のストレンジラブ博士の3役を見事に演じ、アカデミー主演男優賞にノミネートされた。

【製作・監督・脚本】スタンリー・キューブリック
【原作・脚本】ピーター・ジョージ
【脚本】テリー・サザーン
【撮影】ギルバート・テイラー
【音楽】ローリー・ジョンソン
【出演】ピーター・セラーズ、ジョージ・C・スコット、スターリング・ヘイドン ほか

製作国:アメリカ/イギリス
製作年:1963
原題:DR.STRANGELOVE OR:HOW I LEARNED TO STOP WORRYING AND LOVE THE BOMB
備考:英語/字幕スーパー/白黒/レターボックス・サイズ

(情報元:NHK BSシネマ





 キューブリックファンなら見逃せない『サイレント・ランニング』(詳細はこちら)と『博士…』がNHKのBSプレミアムシネマに登場します。「夏休み最終週の火・水の午後一時から」と覚えておきましょう。楽しみですね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

博士の異常な愛情 [Blu-ray](amazon)


 ロシアのプーチン大統領とアメリカの映画監督オリバー・ストーン氏が、故スタンリー・キューブリック監督の映画「博士の異常な愛情」を一緒に鑑賞していたことが明らかになった。

 6月12日にアメリカの衛星テレビ「ショウタイム」で放送された、ストーン氏制作のドキュメンタリー番組で紹介された。

(全文はリンク先へ:HuffPost Japan/2017年6月13日




 できればストーンではなく、トランプと肩を並べて爆笑しながら観て欲しかったですが、「プーチンが『博士…』を観た」という事実は、キューブリックファンにとってはちょっと意識してしまいますね。今後、核関連のニュースがロシアから流れてくるたびに「『博士…』を観たプーチンがこう言っている」というバイアスが良くも悪くもかかってしまいますので。

 インタファクス通信によると、映画を見終わった後、プーチン氏は「当時と今とでは状況はあまり変わっていない。兵器のシステムがより複雑になったということぐらいで、『報復のための兵器システム』という根本思想は変わっていない」と感想を述べた。

とのことですが、核抑止力が現在の平和の均衡を保っているという一面は疑いもない現実です。しかしその反面、核の暴走の行く末が破滅なら、それを回避するために我々は一体何をすべきか?という問いに、世界の指導者は常に「正解」を出さなければいけません。しかもその「正解」は長い年月が経ち、「歴史」になってみないとわからないというやっかいなものです。もしかしたら映画は、そのやっかいな正解を可能な限り正確に予測する最良の媒体かも知れません。キューブリックが意図したのか、していなかったのかはわかりませんが、いくつかのキューブリック作品がそういった未来予測の役割の一旦を担っているのだとしたら、やはり「キューブリックは天才」(本人は嫌がっていたようですが)という評価は揺るぎないと思わざるを得ませんね。

[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ