博士の異常な愛情

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
リッパー将軍

 私がキューブリックの『博士の異常な愛情』で働いていた時のことを話す時によくする話を紹介しょう。我々は皆この映画が素晴らしいものになるというのは知っていた。全力を尽くした。しかし撮影初日は私の人生最悪の日だった。なぜならセリフが全部飛んでしまったからなんだ。シェパートン・スタジオで48回もテイクを撮った時だ。軍服も着て、葉巻もくわえて、セリフ、軍事用語も完璧に覚えたと思っていたのに!  セリフを忘れ始めたんだ!

 頭の中でもちろん「こんなこと今まで何度もあっただろ! 8、10、12回目のテイクの時とかに」と聞こえたよ。しかしこれは20テイク目だ!業界用語でいう「Pickup」(訳者注:アメリカで使われる撮影用語。重要シーンを撮り終えた後の本筋〈アップの会話シーン〉とあまり関係ないシーン〈手、コップ、銃のアップなど〉を撮ることを指す)を撮ってる時だった。一行もセリフを思い出すことができなかったんだ!滝のように汗が流れて、スタッフが拭いてくれたよ。そんな時、素晴らしいことが起こった。

 もうダメだと思って、スタンリーのところに行って、「スタンリー、本当にすまない」と言った。そうしたら、スタンリーが私の人生で聞いた中で一番素晴らしい言葉をくれた。「スターリング、君が状況を打開できないのはわかっている。私がそれを助けてあげることができないのも知ってるだろう。しかし!君の目、顔に浮かぶその恐怖!それが今、我々が求めているものなんだ!まさにジャック・リッパー将軍そのものだ!もしその表情が君に今、宿っていなかったら、我々は数ヶ月後にまた撮り直さないといけないところだった」とね。どう思う? 素晴らしい言葉とは思わんかね? 一生忘れることはない。それから、通りの向こうのブラウンズホテルに行き、ジョニーウォーカーの黒ラベルを2、3杯引っ掛けてスタジオに戻ったら、全てがうまくいったんだ。




 キューブリックは演劇畑出身の監督ではないので、基本的に演技は役者任せであることが多いのですが、キューブリックは『博士…』のリッパー将軍役を、以前『現金に体を張れ』で一緒に仕事をしたスターリング・ヘイドンをキャスティングした時点で「うまくいく」と自信があったのでしょう。同じようにマフリー大統領、マンドレイク大佐、ストレンジラブ博士を演じたピーター・セラーズにもほとんど演技指導はしませんでした(キューブリック曰く「勝手にやらせたら必要な画は撮れていた」)。

 キューブリックは演技について役者から尋ねられると、「何をして欲しいかはわからないけど、何をして欲しくないかはわかる」と説明しています。つまり「アドリブなどを駆使して自分ができる最大限の演技とアイデアを自由に試して欲しい。だが、演技の方向性はこっちでコントロールする」ということだと思います。つまりこのスターリングの場合、スターリングが演じるリッパー将軍の方向性は自分が望んでいるもので素晴らしい。だからスタリーングが今受けているプレッシャーから彼を解放してあげて、より良い演技をしてもらうための環境を整えてあげるのが、この「言葉」の目的だったのだと思います。

 キューブリックは『ロリータ』『博士』での成功体験から、どんどん役者に「自由裁量権」を与えて、より良い演技を(時には100テイク以上を費やしてでも)役者自身に追求させるようになります。ただ、その「自由裁量権」がキューブリックが考えている「方向性」と異なる場合は、その修正指示は自ずと厳しいものになります。『シャイニング』のシェリー・デュバルはこの「方向性のズレ」に苦労した代表格で、シェリーは「演劇的演技」が身に染み込み過ぎていたため(キューブリック曰く「わざとらしく見える」)、キューブリックはそれを排除したかったのです。また『バリー・リンドン』のマリサ・ベレンソンもその「被害者」のひとりで、キューブリックはマリサの気品ある立ち居振る舞いは気に入っていたものの、クイーンズ・イングリッシュを話すことができなかったため、物理的に大鉈を振るい、大幅にセリフを削って黙らせたのです。

 その、キューブリックが与えた「自由裁量権」に、キューブリックの期待以上に応えて見せたのがピーター・セラーズ、マルコム・マクダウェル、ジャック・ニコルソン、リー・アーメイ、そしてこのスターリング・ヘイドンだったのだと思います。

1983年に行われたスターリング・ヘイドンのインタビュー動画。訳したのは10:28から12:06まで。

翻訳協力:Shinさま
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 クラシックフィルム専門の配給会社「パーク・サーカス」によって、2019年5月17日よりイギリスで4K版『博士の異常な愛情』が公開されるそうですが、その予告編がYouTubeにありましたのでご紹介。また、義長女カタリーナ・キューブリックや、義弟でプロデューサーのヤン・ハーランが証言する『Stanley Kubrick Considers The Bomb』という短編ドキュメンタリーも同時上映されるそうです。

 かなり映像がクリアになっていますね。『博士…』はオリジナルネガを紛失してしまったため、キューブリックが状態の良いプリントから一コマ一コマカメラで撮影してコピー、それが現在のオリジナルフィルムですが、それを4K(ひょっとして『2001年…』のように8Kかも)スキャンしてレストア、DCP化したのではないでしょうか。ということは将来の4K版、8K版BDのリリースも予測できますし、おそらくそうなるでしょう。

 2015年にあった『ムービーマスターズ第一弾 スタンリー・キューブリック』という全国限定公開で、『博士…』は池袋の「新文芸坐」だけで上映されました。しかし、残念ながらソースはBD。今回はDCPですのでシネコンでも問題はないはず。上映が決定すれば『2001年…』ほどではないにせよファンが多いこの作品、話題にはなるでしょう。配給権を持つソニーさんにはぜひ日本での4K上映をご検討いただきたいですね。あと、ついでに商品化の許諾も。『博士…』のリッパー将軍Tシャツってあればちょっと欲しいです(笑。

 そのパーク・サーカスのサイトはこちら。プレスリリースはこちらです。

2016年3月29日追記:『博士…』はクライテリオン版BDで4K化(海外版のみ)されていますが、デモ映像を見る限りフィルムグレインが目立ち、4Kにしてはあまり画質が良くありません。今回の4K上映のマスターが新たにスキャンしたものなのか、クライテリオン版をリマスターしたものなのかは今のところ不明です。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
nevil.ping

 スウェーデン発の腕時計ブランド「トリワ(TRIWA)」から、2019年春の新作モデルが登場。2019年3月8日(金)より、ノルディックフィーリング 表参道ギャラリーなどで発売される。定番の「ネヴィル(NEVIL)」シリーズから、今回春の新色として新たにラインナップに加わるのが、1960〜70年代の名作映画から着想を得た一本。 

 「CLOCKWORK NEVIL」は、左右のインナーサークルに反対色であるオレンジとブルーを配置、ストラップには馴染みの良いスエードレザーにライトグレーを乗せて、ポップで軽やかなルックスが魅力。一方の「STRANGELOVE NEVIL」はブラックを基調に、針にブルー、インデックスにオレンジをさりげなく取り入れた、シンプルながら遊び心を感じさせる一本に仕上がっている。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:FASHION PRESS/2018年3月8日




 スウェーデンの腕時計ブランド「トリワ」から『博士の異常な愛情』『時計じかけのオレンジ』にインスパイアされたカラーリングの腕時計「CLOCKWORK NEVIL」「STRANGELOVE NEVIL」が発売されたそうです。価格は37,000円と割とリーズナブル。デザインもカジュアルで20代の大学生か新社会人あたりが購入しそうなイメージ。

 ベースになるデザインがあるので、特にキューブリックファンと気づかれないさりげなさはいいですね。「わかる人にはわかる」的なアイテムだと思いますので、プレゼントに最適しょう。男性なら「STRANGELOVE NEVIL」、女性なら「CLOCKWORK NEVIL」でしょうけど、大きめケース(直径40mm)が似合う女性でないと(要するに手首が細くて華奢な人)ちょっと残念なことに。似合う女性は普段から大きめケースの時計をしているので、そういった方なら違和感なくしていただけるでしょう。ただ、カラーリングの意味を内緒にしてプレゼントしたはいいが、あとで映画を観て意味を知って嫌がられないようにしたください(笑。

 取扱店舗はノルディックフィーリング(表参道ギャラリー/新宿/有楽町/名古屋/天神/公式オンラインショップ)、トリワ公式オンラインショップ、その他全国のトリワ取扱店で。公式サイトの商品紹介ページはこちら
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
dr_strangelove_tパブロ・フェロを一躍有名にした、いい加減な手書き感がインパクトを残す『博士の異常な愛情』のタイトルバック。

 キューブリック作品では『博士の異常な愛情』『時計じかけのオレンジ』の予告編の編集やタイトルバック制作を担当したグラフィック・デザイナーのパブロ・フェロ。そのパブロ・フェロがどのようにキューブリック作品に関与したか、それを語ったインタビューがありますので、そのインタビューのキューブリック作品の部分だけ抜粋してみました。



●博士の異常な愛情について

パブロ:そうです。私は(ニューヨークで)コマーシャルを作っていました。新しい編集のスタイルを作ったのが私が人気を得た理由です。それがスタンリーの目にとまりました。彼は私のCMを見て、気に入ったようです。(注:キューブリックはパブロ・フェロの前にアーサー・リプセットに予告編制作の依頼をして断られている)彼は「私はあなたのコマーシャルを気に入ってる。『博士』の予告編を作って欲しい」と言いました。彼は映画を製品のように販売できるからと言いました。私は素晴らしいと言いました。

ーだから予告編が最初だったんですね。どのように依頼が来たのですか?

パブロ:私たちは全てのキャンペーンを担当していましたが、スタンリーは私を説得して6〜7ヵ月間イギリスにとどまらせました。私は彼に「私には会社があるし、コマーシャルの仕事をしなければなりません」と言いました。彼は「あなたはここでもコマーシャルの仕事をすることができます」言いました。 彼はとても楽しいです。私はロンドンに家を持っていて、車が必要なら電話してくれと電話番号を教えてくれました。いつ電話してもすぐ来ます! スタンリーは常に私を必要とはしなかったので、私はロンドンにいる間、いくつかのコマーシャルを作りました。



 『博士…』のタイトル・シークエンスは土壇場でした。それを作る時間はあまりなかった。私がすべての作業を終えた2週間後、彼と私は話し合いました。それはスタンリーと私との会話だった。スタンリーは「人類についてどう思うか?」と私に尋ねました。私は「人類について一つ言えることは、人類が発明した機械のすべてが非常に性的であるということだ」と応えました。私たちは顔を突き合わせて、この「空中給油するB-52のタイトル・シークエンス」が実現しました。もちろんもっと性的に見えるようにできないだろうか?とも。スタンリーはこのアイデアが気に入っていました。スタンリーは自分たちが制作したモデルを使って撮影したいと考えていましたが、ストック映像を当たってみることにしました。飛行機メーカーは自分たちの仕事ぶりを非常に誇らしく思っているだろうと、私は確信しています。彼らは実にあらゆる角度から飛行機を撮影していたからです。

 飛行機同士がくっついて、上下に揺れていた特定のアングルがありました。私はそのようなものを撮影することができるかどうかスタンリーに尋ね、スタンリーはできないと応えました。ストック映像を使用してくださいと。私はストック映像を手に入れ、それをまとめ始めました。そしてその作業を終え、より細かく編集をしようとしていたとき、スタンリーはひとつの曲を持って来ました。『トライ・リトル・ア・テンダネス(ちょっとだけ優しくして)』。私は同意ましたが、驚いたのは音楽は私たちと同じことをやっていたのです! それ(メロディ)は上下に揺れていました。『ちょっとだけ優しくして』 ・・・私は編集で何も調整する必要はありませんでした。

ーどのようにレタリングを制作しましたか?

 私は通常の映画のようにレタリングをしようとしましたが、スタンリーは「パブロ、レタリングを見るのか映像を見るのか分からなくなる。両方同時に見えなければ」と言いました。私は思った。ああ、どうすればいい? 私は落書きのようなレタリングを横長や縦長で書いていたのを思い出し、それを試そうと思いました。私たちはテストをし、それは完璧でした! スタンリーは私のレタリングで画面を埋めました。これで飛行機の映像を見ることができるし、同時に文字を見ることができます。



 やらなければならないのは、すべてのレイアウトを作るということでした。最後のレイアウトを作ったとき、スタンリーは私に「あなたの名前はどこですか?」と尋ねました。唯一空いたスペースは2つの文字の隙間にあったので、私はそこに名前を入れました。それを探してみてください。その時以来、スタンリーと働くことはとても素晴らしかった。私は、自分のレタリングが特別なものであるとは決して思いません。 それを気に入っていたたったひとりの人は、スタンリーその人です。


DRSL2
右下のJohn Crewdsonの下にPablo Ferroの名前がある。

●『時計じかけのオレンジ』について

ー『時計じかけのオレンジ』について少しお話しましょう。 当時はスタンリーと仕事をするために英国に戻りました。

パブロ:ええ、ちょうどいいタイミングでの電話でした。 もちろん。

ーこの予告編を含めた別のマーケティングキャンペーンですか?

パブロ:そうです。 私はスタンリーに「予告編に使ってほしいショットがあるかい?」と尋ねました。彼は私を見て「なぜ私に尋ねるんだい?パブロ、 あなたならできるよ」と。私はわかったと言いました。 スタンリーは私がその仕事を終えるまで連れて行きました。そして、私はそれをスタンリーに観せると、彼は「あなたはすごい人だ」と言いました。「予告編は映画より優れている」と。 いえ、これはちょっと言い過ぎですね。 映画は素晴らしいです。

アレン(パブロの息子):私が最近知って驚いたことの一つは、パブロはデイリー(編集用下見フィルム)だけを使いました。なぜなら、スタンリーはネガを触ることを許さなかったのです。

パブロ:ええ、スタンリーはたくさんのテイクを撮るので、たくさんの選択肢がありました。 私はスタンリーが採用したテイクに非常によく似ている最高のアウトテイクを使いました。 『時計…』の予告編は、すべてアウトテイクです。

ーどうやってコンセプトを思いついたのですか?タイポグラフィーと音楽から?

パブロ:私は音楽に影響を受けました。私はすべての音楽が大好きです。レイプシーンの音楽は美しかった、『ウィリアムテル序曲』。スタンリーはそれをスピードアップしたので、そのバージョンを使いました。

アレン:『ウィリアムテル序曲』。乱交シーンに使われました。マルコムは、この2人の女の子をショッピングモールのお店でナンパし、ドラッグをして・・・。

パブロ:私はそれは忘れてしまったが、もう少しスピードアップしました。音楽は私が何をすべきか教えてくれました。私はレタリング(ロゴ)とポスターの女性が好きだった。それらを撮り、ライブショットでグラフィックの動きを作った。通常、私は音楽では編集しません。後から音楽を入れますが、今回それははできません。だから、私がやったことはグリースの鉛筆を取り、ムヴィオラで音楽を再生し、すべてのビートにマークすることでした。

アレン:パブロはシンクロナイザーを使いました。ええ、それは素晴らしいです。私はパブロがしばしばそれを使うのを見ました。

パブロ:私はこのようにしましたーここには 4つのフレームがあるだけです、ここでは8つのフレームを使うことができました。 しかし、それを素早く編集するのは難しかった。カットは次のカットと一致する必要がありました。それはジャンプすることはできません。ゆっくりと移動しなければならないので、映像は左側と右側に移動させます。私は俳優がすべての台詞を学ぶように、映画全体を学んだに違いありません。

アレン:それ以来、私はそのような予告編を見たことがありません。

パブロ:私はそれを止める方法を知らなかった。全く止まらないからどかーん!私は観客とそれを見て、観客はすべてのカットに反応していました。

アレン:(笑)音楽と全部、そこでカット!大喜び!それは予想できなかった。

パブロ:私はムヴィオラでリップしたので見直しました!それはとても難しいことです。

アレン:とにかくフィルムでは難しい。

パブロ:誰もが私のやったことを真似しますが、私はまだこの模倣を見たことがありません。



ー映画のオープニングの、さまざまな色のメインタイトルもやったのですか?

パブロ:いいえ、それはしたのはスタンリーです。



(引用元:Art of the TITLE : Pablo Ferro: A Career Retrospective




 パブロ・フェロが『博士…』と『時計…』で素晴らしい仕事をしていたのは知っていましたが、正確にはどの部分を担当したのかはよくわかっていませんでした。このインタビューを読む限り、『博士…』『時計…』とも予告編は全てをパブロ・フェロが担当、タイトルバックはキューブリックとの共同作業だったということがわかります。あと、パブロ・フェロが担当したとわかっているのはコロバ・ミルクバーの壁面のフォントです。『時計…』のポスターなどに使用されているタイトルロゴはフィリップ・キャッスルがデザインしたものですので混同しないようにしたいですね。

 こうして判明してみると、キューブリックはパブロ・フェロの映像センス、特に編集のセンスを高く買っていたことがわかります。あとはオリジナルフォントのデザインですね。手書きでフニャフニャな『博士…』のフォントは、そのままレタリング(清書デザイン)してしまうと背景映像が見えなくなってしまうことを考慮したために出てきたアイデアだったとは。そのレタリングしたフォントとは、映画のエンドクレジットだと想像しています。これについてはTwitterでも同様の指摘がありました。

Strangelove-The-Endこのようにレタリングしてしまえば背景映像が見えなくなってしまうので、一筆書きのフニャフニャなフォントが採用された。

 『時計…』のタイトルバックのフォントもパブロ・フェロの仕事です。以前この記事でキューブリック作品に使われているフォントの特定を試みましたが、この『時計…』のフォントは特定できませんでした。それもそのはず、既製のフォントではなくパブロ・フェロのオリジナルだったのですね。このレタリングのバックに原色の色ベタを使ったのがキューブリックということらしいです。

pablo-ferro

 すでに報じられている通り、パブロ・フェロは2018年11月16日、肺炎の合併症により83歳で逝去いたしました。故人のご冥福をお祈りいたします。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
10
キューブリックファンのみならず、『007』ファンにとっても貴重な資料が見られます。



 『007シリーズ』のプロダクション・デザイナーとして、キューブリック作品では『博士の異常な愛情』と『バリー・リンドン』での美術監督としての仕事で有名な、ケン・アダムの資料を保管した『ケン・アダム・アーカイブ』が、ベルリンのドイツ・キネマテーク映画テレビ博物館(Deutsche Kinemathek Museum fuer Film und Fernsehen)に設置され、公式サイトがオープンしたそうです。

 公式サイトでは『博士…』や『バリー…』でケンが描いた、イメージボードや絵コンテを見ることができます。ケンはドイツ・ベルリン出身ですので、当地にこの施設が開設されるのは順当と言えば順当ですが、ナチスの迫害から逃れ、イギリスに移住し、爵位まで授与された当人は何を思うのでしょうか?ケンはすでに故人ですので、その心情ははかりかねますが、どちらにしても貴重な資料であることは間違いないので、保管施設が設置されたのは喜ばしいことですね。

 『博士…』のアーカイブはこちら、『バリー…』はこちらをどうぞ。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

このページのトップヘ