2001年宇宙の旅

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2001年宇宙の旅 [Blu-ray](amazon)


  題名/2001年宇宙の旅
  原題/2001:A Space Odyssey
 公開日/1968年4月6日(152分、カラー、シネラマ)
日本公開/1968年4月11日
製作会社/MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)
  製作/スタンリー・キューブリック
  監督/スタンリー・キューブリック
  脚本/スタンリー・キューブリック
     アーサー・C・クラーク
  撮影/ジョフリー・アンスワース
     ジョン・オルコット
  編集/レイ・ラヴジョイ
  音楽/リヒャルト・シュトラウス
     ヨハン・シュトラウス
     アラン・ハチャトーリアン
     ギョルギ・リゲッティ
  美術/トニー・マスターズ
     ハリー・レンジ
特撮考案/スタンリー・キューブリック
特殊効果/ウォーリー・ヴィーヴァース
     ダグラス・トランブル
     コン・ペダースン
     トム・ハワード
  出演/キア・デュリア(デヴィット・ボーマン)
     ゲイリーロックウッド(フランク・プール)
     ウイリアム・シルヴェスター(ヘイウッド・フロイド博士)
     ダグラス・レイン(HALの声)
     ダン・リクター(月を見るもの)
     レオナード・ロシター(スミスロフ)
     マーガレット・タイザック(エレナ)
     フランク・ミラー(地上管制官)
     ヴィヴィアン・キューブリック(フロイト博士の娘)
     ほか
  配給/MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)
  受賞/1968年アカデミー賞
     特殊視覚効果賞(スタンリー・キューブリック)受賞



 約400万年前のアフリカ。肉食を知らない人類の祖先「猿人」は絶滅の危機に瀕していた。そんなある夜、群れの眼前に謎の黒い石版「モノリス」が突如として現れ、それに触れた猿人達は「武器を用いる」という啓示を受ける。骨という武器を手に入れた猿人達はバクを撲殺して食肉を得、他の群れを殺して水飲み場を確保し、絶滅の危機からこの星の支配者へと変貌を遂げたのだった。

 西暦1999年、地球衛星軌道上のスペースシャトルにはフロイド博士ただ一人が搭乗していた。彼はある特命を帯びて月へ向かう途中で、それは月面で謎の黒い石版が掘り出されたのでそれを調査せよというものだった。衛星軌道上に浮かぶ宇宙ステーションで月連絡船に乗り換えて月に向かうフロイド博士。月では伝染病発生の噂が流れていたが、それは謎の石盤発掘を他国に悟られないためにアメリカ政府が流したデマだった。月に到着した博士は会議の後、早速発掘現場であるティコ・クレーターに向かう。そこには猿人の前に現れた「モノリス」と同形の物が発掘されていた。やがてモノリスは太陽の光を浴び、謎のノイズを発するのだった。

 西暦2001年、木星へと向かう惑星探査船「ディスカバリー号」の船内。現在活動しているのは船長のデイヴィット・ボーマンと副船長のフランク・プール2人だけで、残りのクルー3人は惑星探査が専門なので人工睡眠中だ。宇宙船の全ての管理を行っていたのはコンピューターHALだ。活動中のクルー2人はHALの監視とマスコミ対応が主な仕事で、退屈ながらも平穏無事な空気が船内に流れていた。突如HALがアンテナの故障を予報した。2人はアンテナの修理を決定し、船外活動を経て問題の発生したユニットを交換する。ところが持ち帰ったユニットには何の異常も見られなかった。悩んだ2人は発生の原因を突き止めようと、問題があると報告されたユニットをアンテナに戻し、実際に故障が発生するか確かめる事にした。しかし同時にもっと深刻な事態であるHALの故障である可能性を考慮し、HALの切断も検討していた。

※ネタバレ注意

 予定通りプールがユニットをアンテナに戻すために船外に出た。するとスペース・ポッドが暴走しプールを弾き飛ばしてしまった。あわてたボーマンは別のポッドでプールを救出する。その間にHALは人工冬眠中の3人を殺害した。ボーマンはプールを抱えポッドで船に戻ってきた。しかしHALは船内に入るのを拒否。読唇術で2人が自身の切断を検討している事を知ったHALは、全ての人間を排除する実力行使に出たのだった。HALに翻意の可能性がないことを悟ったボーマンはプールの遺体を遺棄し、ポッドの扉を爆破するという強硬手段で船内に戻った。すぐにHALのロジック・メモリー・センターにおもむき、切断作業に着手する。その時、突然秘匿されていたビデオ・メッセージが流れ、この旅の本当の目的が告げられた。画面に現れたフロイド博士は、2年前に月で謎の石盤が発掘され、それが地球外知的生命体のものだと判明した事。その石盤が信号を発した先に木星があった事。その調査に5人のクルーとHALが当たる事。そして真の目的はHALにしか知らされていなかった事が告げられた。

 木星圏にただ一人到達したボーマンは軌道上に巨大なモノリスを発見し、スペース・ポッドで調査に向かった。すると突然宇宙空間から光が溢れ出し、その中に吸い込まれていった。夢とも現実ともつかない光の回廊を抜けたボーマンは白いホテル風の部屋に到着する。そこには食事もベットも用意されていた。しかし時間の進むスピードが早く、あっという間に年を取り死の床についた。するとそこにモノリスが現れ、手を延ばすとボーマンは胎児(スター・チャイルド)に変貌を遂げ、地球圏へと帰還した。スター・チャイルドとして宇宙に浮かぶボーマン。その瞳が見詰める先には青い地球が光っていた。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。







4
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

「2001年宇宙の旅」オリジナル・サウンドトラック [Soundtrack](amazon)


1. Overture: Atmospheres (Ernest Bour) (2:51)
 序曲 アトモスフェール
 Gyorgy Ligeti / Sudwesfunk Orchestra

2. Main Title: Also Sprach Zarathustra (Thus Spake Zarathustra) (1:43)
 メイン・タイトル:ツァラトゥストラはかく語りき
 Richard Strauss / Herbert Von Karajan, Vienna Philharmonic Orchestra

3. Requiem For Soprano, Mezzo Soprano, Two Mixed Choirs & Orchestra (6:33)
 レクイエム
 Gyorgy Ligeti / Francis Travis, Bavarian Radio Symphony Orchestra

4. The Blue Danube (Excerpt) (5:43)
 美しく青きドナウ(抜粋)
 Johann Strauss II / Herbert Von Karajan, Berlin Philharmonic Orchestra

5. Lux Aeterna (2:56)
 ルクス・エテルナ(聖体拝領唱)
 Gyorgy Ligeti / Clytus Gottwold, Stuttgart Schola Cantorum

6. Gayane Ballet Suite (Adagio) (5:17)
 舞踏組曲「ガイーヌ」~アダージョ
 Aram Khachaturian / Gennadi Rezhdestvensky, Leningrad Philharmonic Orchestra

7. Jupiter And Beyond / Mixed (15:15)
 木星、無限の彼方:レクイエム/アトモスフェール/アヴァンチュール
 Gyorgy Ligeti / Internationale Musikinstitut Darmstardt, Bavarian Radio Symphony Orchestra, Sudwesfunk Orchestra

8. Also Sprach Zarathustra (Thus Spake Zarathrustra) (1:43)
 ツァラトゥストラはかく語りき
 Richard Strauss / Herbert Von Karajan, Vienna Philharmonic Orchestra

9. The Blue Danube (Reprise) (8:20)
 美しく青きドナウ(リプライズ)
 Johann Strauss II / Herbert Von Karajan, Berlin Philharmonic Orchestra

10. Also Sprach Zarathustra (Thus Spake Zarathrustra) (1:43)
 ツァラトゥストラはかく語りき
 Richard Strauss / Ernest Bour, Sudwesfunk Orchestra

11. Lux Aeterna (6:02)
 ルクス・エテルナ(聖体拝領唱)
 Gyorgy Ligeti / Clytus Gottwold, Stuttgart Schola Cantorum

12. Adventures (Unaltered) (10:57)
 アヴァンチュール
 Gyorgy Ligeti / Internationale Musikinstitut Darmstardt

13. Hal 9000 (9:41)
 HAL9000の反乱 (ダイアローグ)



 『2001年…』は、クラークを始め、多くの優秀なスタッフが結集して創った壮大な「思弁映画」で、決してキューブリックの独善でなかった事は、多くの資料で伺うことができる。しかし、こと音楽については、キューブリックはかたくなにこの「セミ・クラッシック」の選曲を曲げなかった。

 キューブリックは当初、ラッシュフィルムにこれら既製曲を選曲し、とりあえずのサウンドトラックとして使用していた。その後正式に『スパルタカス』で一緒に仕事をした、アレックス・ノースにサウンドトラックの製作を依頼し、ノースはそれを完成させ、録音までしたのだが、結局これを使用せず、ラッシュにつけていた音楽をそのまま採用することにしたのだ。(その件でノースは訴訟を起こそうまでしている)

 今日観てみると、どの曲を取ってみても、あまりにもそのシークエンスにぴったりで、今なら何の違和感もなく聴くことができるのだが、'68年当時、SF映画にクラッシックを使うなどという事は到底考えられられなかった。リヒャルト・シュトラウスが高々と進化を謳い上げる「ツァラツゥストラはかく語りき」、青いドナウならぬ「青い地球」の周りで宇宙船がワルツを踊る「美しき青きドナウ」、モノリスの登場を不気味に告げるリゲティの前衛音楽…。『2001年…』の成功は、この大胆な試みの成功も大きな要因であったことは間違いないだろう。

 キューブリックはこれ以降、既製の音楽を好んで使うようになるのだが、その理由について「編集時に色んなアイデアを試すことができるから」と答えている。なるほど、編集が大好きなキューブリックらしい。

 それまで専門の作曲家が書くスコアを、シーンを盛り上げるために使うものでしかなかったサウンドトラックを、編集や映像とシンクロさせたり、特定のシークエンスで特定の曲を使い、シーンの意味を強調するという方法論は、多くの映画監督や映像作家に影響を与え、今ではキューブリック演出の代名詞にもなっている。

 尚、アナログLP盤も中古市場等で入手可能だが、レーベルの関係からか『ツァラトゥストラはかく語りき』がカール・ベーム指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏が収録されているので注意が必要。写真満載の見開きジャケットが欲しい、日本語解説が読みたいなどのニーズがない限り、このリイシューCDをお勧めする。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

3
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2010年 [Blu-ray](amazon)


 クラークが、あまりにもキューブリック的すぎる『2001年…』に少なからず不満を持っていたことは周知の事実だったが、ここまで『2001年…』とかけ離れた作品になるとは思わなかった。この作品は完全にクラークと『カプリコン・1』や『アウトランド』などで知られるピーター・ハイアムズ監督のセンスであって、キューブリックの『2001年…』とは全く別の物語だと考えなければならない。

 原作では、米ソの軍事的緊張関係はあまり強調されていないかわりに、中国の宇宙船が重要な役割を担って登場している。そういった違いはあるものの、大筋では同じストーリだし、作品全体を覆うトーンも、クラークとハイアムズはかなり似通っている。ハイアムズは「キューブリックと同じことをしたら、致命的な失敗を犯すことになる」と考えていたようで、その判断は正しかったと言えるだろう。

 この作品をキューブリックの『2001年…』に関係なく、単なる「SFエンターテイメント映画」として観れば、決して悪い出来ではなく、クラークも満足していたという。ただ、続編を作るに当たって、舞台を木星にしたために(『2001年…』の小説版は土星。クラークは当時ボイジャーが送ってきた木星の衛星イオの画像を見て、どうしてもイオを舞台にしたかったらしい)、キューブリックの続編として受け取られ、宣伝も「映画『2001年…』の謎が解ける」という売り方をした影響から、混乱を招き、視点が定まらない、中途半端な作品になってしまった感は拭えない。

 当のキューブリックもこの作品にかなりご立腹で、「あいつら全部説明してしまいやがった!説明した途端に全ての意味は失われるのに!」と激怒したと、ラファエルの著書『アイズ ワイド オープン』には書かれている。

 キューブリックが危惧したように、クラークが「説明」してしまったかも知れないが、作品全体を覆うトーンが余りにも違うのが幸いし、『2001年…』の価値が損なわれる事はなかった。やはり、器用だが凡庸な監督と、偉大な巨匠とでは格が違い過ぎた、とい事なのだろう。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 『2001年…』に登場し、余りにも魅力的なキャラであったためか、あっちこっちで引用、ネタ、パロディにされた、恐らく世界で一番有名なコンピュータ。

 HALとは、Heuristically programmed ALgorithmic computer (学習能力をプログラムされたコンピュータ)の略称。しかし、一般にはこの映画の協力企業である、IBMのアルファベットを一文字分だけ前にずらしたもの、 との説が知られている。 クラークは「偶然」を力説するが、当時IBMが映画に全面協力していたのだから、この一致に気付かない訳がない。秘密主義で内容は全く知らせられないまま協力させられられた揚げ句、いざ蓋をあけてみれば自社のロゴを付けたコンピュータが人間と敵対するお話だったなんて事じゃ、IBMもたまったもんじゃない(実際に当時は社員に『2001年…』を見ないようにとのお達しがあったようだ)。そんなIBMの怒りの火消しにやっきになったクラーク先生、というのが実際だったのだろう。

 尚、HALの声は当初ナレーターとして予定されていたダグラス・レインが担当した。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
maxresdefault

 『2001年…』で、月のティコ・クレーターで発見されたモノリスに人類が付けた名称。TMAとは、Tycho Magnetic Anomaly(ティコ磁気異常)の略。因に、木星衛星軌道上で発見されたモノリスは、クラークの小説版によると、当初「TMA-2」と呼ばれたが「ティコ」でも「磁気異常」でもないので「ビック・ブラザー」と呼ばれた。400万年前の地球にあったものや、白い部屋に現れたものは単に「モノリス」と呼ばれている。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ