2001年宇宙の旅

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
thumb_56788_media_image_x584

Cannes Classics to celebrate the 50th anniversary of 2001: A Space Odyssey

Cannes Classics to celebrate the 50th anniversary of Stanley Kubrick’s 2001: A Space Odyssey in Cannes, with world premiere of a 70mm print of the director’s 1968 masterpiece, introduced by filmmaker Christopher Nolan.

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:FESTIVAL DE CANNES:NEWS LETTER/2018年3月18日




 2018年5月8〜19日に開催されるカンヌ映画祭で『2001年宇宙の旅』50周年記念70mmプリント版を上映。続いて5月18日から全米公開そうです。

 この70mmプリント版はオリジナルネガ起こしでクリストファー・ノーランが監修をしていて、ノーランは5月13日のカンヌ・マスタークラスでディスカッションの予定。カンヌにはプロデューサーで義弟のヤン・ハーランと長女カタリーナも参加するそうです。

 5月18日からの全米公開の後にはこのフィルム、当然日本にも廻ってくるんでしょうね!日本のワーナーさん、頼みますよ!!
 
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
『イカリエ-XB1』の公式サイトはこちら



 この『イカリエ-XB1』については以前こちらこちらで記事にしていますが、YouTubeに日本語版予告編がアップされていましたのでご紹介。

 「キューブリックがこの映画を見逃していたとは言わせない・・・」というキャッチコピーが踊っていますが、いや、だから観てますって(笑。というか、キューブリックは『2001年…』の制作にあたり、古今東西のありとあらゆるSF映画を観ていて、『月世界征服』『地球の静止する日』『遊星よりの物体X』『禁断の惑星』『ミクロの決死圏』などの有名作はもちろん、推薦したクラークに文句を言ったというH・G・ウェルズの『来るべき世界』や日本映画の『宇宙人東京に現る』(未確定情報)、旧ソ連謹製の『火を噴く惑星』まで、まさに「リサーチマニア」の面目躍如といったところ。

 当たり前の話ですが「観た=影響を受けた」とは必ずしも言えません。キューブリックのアシスタントだったアンソニー・フリューインは『イカリエ-XB1』の影響については否定的なコメントをしています。とはいえ実際に観ているのだから、宣伝にキューブリックの名前を使うのはまあアリだとしても、原作者の名前を大きく予告編に出さないのはどうかと思います。そう、あの名作SF映画『惑星ソラリス』の原作者、スタニスワフ・レムです。むしろそっちの方がキューブリックより重要じゃないでしょうか? 宣伝部さん、このさびしい再生回数を挽回するためにも「レム」と「ソラリス」の名前は大きく出した方がいいと思いますよ。
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 ドイツ・フランクフルトにある「ドイツ映画博物館(Deutsches Filmmuseum)」で『2001年宇宙の旅』公開50周年展覧会『Kubricks 2001 – 50 Jahre A Space Odyssey』がオープンしました。

 公式サイトのイメージギャラリーを見る限り、過去の『スタンリー・キューブリック展』で展示されたものが多く見受けられるようです。会期は9月16日まで。この間『スタンリー・キューブリック展』はお休みになるようですが、さて次はどこで・・・? いい加減に日本で(以下略。
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 AI漫才になってしまいました。

 スタンリー・キューブリックが監督した、古典SF映画の名作『2001年宇宙の旅』。劇中で木星探査に旅立った宇宙船ディスカバリー号には、人工知能「HAL 9000」が搭載され、乗組員が死ねば自分だけで任務を遂行できると考え暴走してしまいました。

 そんなHAL 9000とボーマン船長との静かな攻防は、映画の見所のひとつとして非常に印象的なシーンでもあります。

 現代では、スマートフォンやスマートスピーカーの中で活躍するAIアシスタントのAmazon Alexaが、とても身近な存在となり人間をサポートしていますよね。

 そしてついに、もしも『2001年宇宙の旅』のHAL 9000がAmazon Alexaだったら? というパロディー動画が登場。トンチンカンっぷりに苦笑いの連続です。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:GIZMODO





 実際にAmazon Alexaにボーマンのセリフを聞かせてのリアクションかは微妙です。おそらくネタ動画ではないでしょうか。ところで管理人は最後のオチに登場したバンドの大ファンなのですが、今じゃ最大のヒット曲にしてもっとも有名なこの曲でも「知らない」っていう人は多そう。この国でいう「ロック」と海外でいう「ロック」の間には明らかに断絶があります。残念ですが「音楽(ロック)は終わって」しまいましたね。
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
サイケデリック感満載のオープニングが時代を感じませます。フォントがやたらかっこいいですね。



共産主義下のチェコで誕生した傑作SF「イカリエ−XB1」5月19日公開決定!

 共産主義下のチェコでつくられた本格SF映画「イカリエ−XB1」のデジタルリマスター版が、5月19日から東京・新宿シネマカリテほかで全国公開されることが決定。あわせて、モノクロームの劇中カットを組み合わせ、「人類はやがて遭う」というコピーを添えたメインビジュアルもお披露目された。

〈中略〉

 密室の中で徐々に狂気に染まっていく乗組員たちのサスペンスフルな人間ドラマと、近未来のユートピア的世界を独創的なスタイルで描き出した「イカリエ−XB1」。インドゥジヒ・ポラーク監督が築き上げたオリジナリティあふれる世界観は、スタンリー・キューブリック監督作「2001年宇宙の旅」にもインスピレーションを与えたという逸話を持つほどだ。今回の上映素材は、16年に4K修復され、同年のカンヌ国際映画祭カンヌ・クラシック部門で脚光を浴びたデジタルリマスター版で、日本では劇場初公開となる

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:映画.com/2018年2月11日




 この『イカリエXB-1』については以前こちらで記事にしています。「キューブリックにインスピレーションを与えた」かどうかは微妙なところですが、観たのは確実ですので、良い面であれ悪い面であれ、参考にしたのは事実でしょう。キューブリックは「良い映画からと同じように、悪い映画からも何かを学ぶことができる」と常々語っていたようです。

 この『イカリエ−XB1』のデジタルリマスター版は、5月19日から東京・新宿シネマカリテほかで全国順次公開されるそうです。DVD/BD化もありそうです。楽しみですね。
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ