2001年宇宙の旅

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2001_cut1
カットされたシーンではもっとも有名な、フロイド博士が月面生活を視察するシーン。ここにはキューブリックの二人の娘(長女カタリーナ、次女アンヤ)が出演している。

“The additional footage from 2001: A Space Odyssey has always existed in the Warner vaults. When [director Stanley] Kubrick trimmed the 17 minutes from 2001 after the NY premiere, he made it clear the shortened version was his final edit. The film is as he wanted it to be presented and preserved and Warner Home Video has no plans to expand or revise Mr. Kubrick’s vision.”

 「ワーナーは『2001年宇宙の旅』の追加フッテージを保管庫に収蔵してきました。スタンリー・キューブリックがNYプレミアのあと『2001年…』から17分をカットしたとき、キューブリックは短縮版が最終版であることを表明しました。ワーナーホームビデオは、キューブリックの見解を追加したり修正したりする予定はありません」と語った。

(全文はリンク先へ:BbloomsMag/2017年10月10日




 以前ここで記事にした「カンザス州の保管庫で見つかった」フィルムはワーナーが保管していて、それを公開するつもりはないとワーナーが声明を出したようです。

 キューブリックが制作したキービジュアルを改悪したパッケージを平気でリリースするくせに、こういうところでは律儀にキューブリックの遺志を守ろうとするワーナーには違和感を感じますが、「商売的に一番効果的なタイミングを狙っているだけじゃないの?」と穿った見方もできなくもないですね。「幻の17分間(ファンには19分間として知られていた)のフィルムが見つかった」というニュースが流れたのは2010年の年末でしたが、7年も経ってのプレスリリースには唐突さも感じます。

 そろそろ4K版BDの発売も考えられますし、ワーナーの声明も本編に追加する形じゃなく、特典映像としてリリースする可能性は否定していないように感じます。そうなると嬉しいことは嬉しいですが、この「今になって」の声明発表は「特典映像としての価値がどれほどあるかの観測気球」として発せられたのだとしたら「ワーナーさん商売上手っすね」の一言でも言いたくなりますね。

 カットされたシーンは以下の通り。

・「人類の夜明け」で猿人たちがモノリスに反応するシークエンスの短縮
・オリオン号のドッキングの過程と宇宙ステーションのフッテージ
・ハロッズでフロイドがお土産にブッシュベビーを買うシーン
・クラビウス基地の人工池でスケッチをしている子供たちのシーン
・ディスカバリー号での宇宙飛行士の運動シーンの短縮
・ボーマンがAE35ユニットを倉庫から取り出すシーン
・プールがスペースポッドで離船するシーンのカットとプールの呼吸音の短縮
・HALがプールを殺害する前に無線を切るシーン

・「月を見るもの」が骨を道具として使う方法を思いついた際の、一秒間のモノリスのフラシュバックが「追加」された
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2001_Runabout_1
判別しにくいが、車のシルエットがRunaboutであることがわかる。車の外観のロングショットはデトロイトで撮影された。

maxresdefault
GM(ゼネラル・モータース社)が1964年に発表したコンセプトカー「Runabout」

2001_Runabout_2
カップル(夫婦?)が語り合うシーン。この映像はロンドンで撮影された。

1964_GM_Runabout_Interior_02
Runaboutのフロントパネル。上記の映像と酷似している。

Another 3-wheeled concept car by GM is the “Runabout”. The vehicle had a front wheel that could turn 180 degrees to allow parking in the tightest of spots and the rear end of the car contained two detachable shopping trolleys with wheels that would fold away when the trolley was parked in the vehicle. The Runabout had space for 2 adults in the front and 3 children in the rear. The vehicle was first presented at the General Motors Futurama Exhibit in 1964 at the New York World’s Fair.

 GMのもう一つの3輪コンセプトカーは「Runabout」です。車両には180度回転可能な前輪があり、車後部には停車したときに折り畳まれる車輪付きの取り外し可能な2つのショッピングカートが収納されていました。Runaboutには、前部座席に2人の大人、後部座席背面に3人の子供用座席がありました。この車は1964年ニューヨーク万国博覧会のGeneral Motors Futurama Exhibitで初めて発表されました。

(引用先:3wheelers.com/General Motors




 1964年といえばキューブリックはニューヨークに居住し『2001年…』の制作準備を着々と進めていた頃です。このニューヨーク万国博覧会には後に『2001年…』の制作に参加するダグラス・トランブルが『To the Moon and Beyond』を出品、それを観たキューブリックがトランブルを引き抜いたという経緯があります。キューブリックがこのRunaboutが展示されていたGMのパビリオンまで足を運んだかは不明ですが、資料をごっそり持ち帰ったか、かき集めたであろうことは確実でしょう。

 このTVの車の映像はGMのお膝元であるデトロイトで撮影されました。ロンドンで『2001年…』の制作に勤しんでいた頃、第二班に指示して撮影させたのです。キューブリックは『2001年…』の制作中はロンドンを離れず、「人類の夜明け」の背景写真やスターゲート・シークエンスのソラリゼーション用の空撮などは第二班に詳細な指示を出し、撮影させていました。車のロングショットは走っているように見えますが、単にズームしているだけのようです。というのも、このRunaboutは駆動系がないモックアップだったそうなので、走るはずがないからです。ニューヨーク万国博覧会は1965年10月17日までですので、閉会後にデトロイトのGMに戻され、それをキューブリックが撮影したのでしょう。ちなみに『2001年…』の宇宙船のセット撮影は1966年1月〜7月頃が最盛期でした。

 カップルのシーンは俳優を車に模した座席に座らせ、ロンドンで撮影したものだそうですが、車の内装がデトロイトで撮影した実物の映像か、ロンドンで組んだセットの映像かまでは判別できません。『ザ・スタンリー・キューブリック・アーカイブ』には車のリア部分にカメラを突っ込んで撮影している写真が掲載されているので、座席だけを制作してそれに俳優を座らせ、その正面にリアプロジェクションで運転席の映像を投影しながら撮影したのではないかと推測します。上記3枚目と4枚目の写真の一致具合からそう判断しました。それらの映像をリアプロジェクションでオリオン号の座席のモニターに表示しながら撮影したのだと思われます。合成はしていないでしょう。理由は映像がアウトフォーカスされ、モニターの前をペンが横切るからです。当時の技術でこの合成は不可能だと思います。

 いずれにしても「『2001年…』唯一の地上屋外シーン」がたったこれだけであったのは、『2001年…』が今に至っても普遍性を獲得し続けている大きな要因になっています。なぜなら地上の屋外シーンにはどうしてもその時代の「空気」が映り込んでしまうからです。地上シーンがかなりの割合を占めていた『2010年』を観ればその事実をヒシヒシと感じるでしょう。キューブリックがそれを意図していたかどうかはわかりませんが、1965年当時に2001年の地球上の風景の極力正確な未来予測なんて難しかったでしょうし、「いや、そのカメラを外に向けるだけだよ(実はそんなに変化はなかった)」と言ったところで誰も(キューブリック本人でさえ)信じなかったでしょう。いわゆる「レトロフューチャー」を感じさせる要素が少ないのも、『2001年…』が畏敬を込めて「Oパーツ」と言われている所以なのでしょうね。

 というわけで、キューブリックも訪れた1964年のニューヨーク万国博覧会の、GMパビリオン『フューチャラマ2』の「レトロフューチャー」感満載の映像をご堪能ください(笑。

[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

英題は『Warning from Space』もしくは『Mysterious Satellite』、監督は島耕二。



 最近、Twitterで『ゴジラ』の本多猪四郎監督宛にキューブリックが贈ったサイン入り『フルメタル・ジャケット』のシナリオ・フィルムブックが古書店で発見され、話題になっていました。


 実はキューブリックは『2001年…』の制作に際し、参考になりそうな古今東西のSF映画を片っ端から観ていて、それは以前この記事この記事でご紹介した通りです。その「片っ端から観たSF映画」の中には日本の作品も含まれてました。そのひとつがこの『宇宙人東京に現る』です。

 ソースは以下になります。

 1957年、アレグサンダー・ウォーカーは、キューブリックのニューヨークのマンションで『突撃』についてのインタビューを行った。インタビューが終わり、ウォーカーが去ろうとすると、映画のフィルムがキューブリック宛に配達されてきた。ウォーカーがその題名を見ると、日本のSF映画だった。ウォーカーはキューブリックに向き直り、「宇宙映画をつくるのか」と尋ねた。キューブリックは「お願いだ。書くことには気をつけてくれ」と言って、ウォーカーを睨みつけた。

(引用先:『映画監督 スタンリー・キューブリック』

In his biography of Stanley Kubrick, author John Baxter traces Kubrick's interest in science fiction films, which led to his 2001: A Space Odyssey, to the Japanese kaiju eiga films of the 1950s, including Warning from Space, with its "nameless two-metre-tall black starfish with a single central eye, who walk en pointe like ballet dancers."
Baxter notes that despite their "clumsy model sequences, the films were often well-photographed in colour ... and their dismal dialogue was delivered in well-designed and well-lit sets."

(引用先:wikipedia/Warning from Space


 1957年といえば『突撃』の撮影とポストプロダクションの年です。その後映画は完成し、ニューヨークでの上映が1957年12月25日から。それに合わせてキューブリックがニューヨークに滞在し、そこにウォーカーがインタビューを申し込んだのなら、時期は1957年の年末だと特定できます。上記wikiには『宇宙人東京に現る』は1957年に英国のBBFCによって『Warning from Space』として英語化された(It was passed for release, anglicized as Warning from Space, by the BBFC in the United Kingdom in 1957)とあります。キューブリックは長年SF映画、それもUFOや宇宙人に関する映画を撮りたがっていたのはよく知られていますので、そのキューブリックの興味を惹き、なおかつこの時期に英語で観ることができた作品なら、上記の「日本のSF映画」とは『宇宙人東京に現る』だと言えるでしょう。また、ジョン・バクスターの『Stanley Kubrick: A Biography』(未邦訳)には「1950年代のいくつかの怪獣映画といっしょに観た」との記述があるそうなので、それに『ゴジラ』が含まれていた可能性があります。

 このように「知る人ぞ知る」映画までチェックしていたキューブリックが、大ヒット作であり、その後の数々のモンスター映画に影響を与えた『ゴジラ』を観ていない可能性は低く、その監督である本多猪四郎の名前を知っていてもおかしくはありません。『フルメタル…』のシナリオ本をサイン付きで贈ったのも本多猪四郎をリスペクトしてのことでしょう。キューブリックが黒澤明の大ファンであったことはよく知られた事実です。また、当時海外で有名とまでは言えなかった手塚治虫に『2001年…』の美術監督をオファーするほど、細かいところまでリサーチしていた(これはもう「偏執狂的リサーチマニア」といっていいほど)キューブリックが、本多猪四郎を知らないはずがありません。キューブリックは人種や国籍に関係なく、「優れたものは優れている」と評価する監督でした(「だから私はそれよりもいいものを作らなければならない」とも語っていた)。本多猪四郎とキューブリックの間に、手紙のやりとりなど直接的な交流があったかどうかはわかりませんが、このように状況証拠を積み上げるだけでもキューブリックのリサーチエリアの広さを伺い知ることがます。もっとも本人は極度の出不精だったので、連絡はいつも電話や電報、手紙(のちにFAX)が主だったようです。

 1964年になるとキューブリックは『2001年…』の制作を本格化させますが、その頃になってもリサーチを欠かしませんでした。そうなると本多猪四郎監督の他のSF映画『地球防衛軍(The Mysterians)』『大怪獣バラン(Varan the Unbelievable)』『宇宙大戦争(Battle in Outer Space)』『妖星ゴラス(Gorath)』なども観た可能性は十分あります。それに、たとえ上映中でなかったとしても配給会社からフィルムを取り寄せて自宅で観ることができたのですから、それこそ(アメリカやイギリスの配給会社が買い取った)世界中のSF映画を観ていたと考えてよさそうです。そう考えれば本多猪四郎をキューブリックが知っていたのはもちろんのこと、「よろしければどうぞ」的に本を贈るくらいのリスペクトを示す関係に疑問を挟む余地などない、と言えるでしょう。

2017年10月16日追記:キューブリックはこの時期に観た多くのSF映画を「絶対的なリアリズムに欠けている」と非難していて「キューブリックが観た=キューブリックが評価した」という意味ではないことに注意してください。キューブリックが片っ端から映画を観る目的の多くはリサーチであったことは知っておくべき事実です。尚、キューブリックが「評価した(気に入っていた)」作品のリストはこちらにご紹介済みです。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2001年宇宙の旅 [Blu-ray](amazon)



フルメタル・ジャケット [Blu-ray](amazon)


 映画館に大規模かつ高品質な音響機器をセッティングし、作品の持つ“音”を大音量で表現する映画祭「丸の内ピカデリー爆音映画祭」(以下、爆音映画祭)が大好評につき、2回目の開催が決定! 10月13日(金)〜11月10日(金)の期間、丸の内ピカデリー3にて実施される。

〈中略〉

■上映作品
『ブレードランナー 2049』『ブレードランナー ファイナル・カット』『ダンケルク』『インターステラー』『インセプション』『フルメタル・ジャケット』『2001年宇宙の旅』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『マッドマックス2』『ハドソン川の奇跡』『ジャージー・ボーイズ』『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』『悪魔のいけにえ』『地獄の黙示録 劇場公開版』『キングスマン』『メッセージ』『あゝ、荒野 <前篇・後篇>』『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』『この世界の片隅に』

期間:10月13日(金)〜11月10日(金)
会場:丸の内ピカデリー3
※各日上映スケジュールは決定次第、公式サイトにて発表

(全文はリンク先へ:Cinema Cafe net/2017年9月22日





 『2001年…』を映画館で鑑賞できる機会は少ないので、未見の方はぜひ・・・は当たり前として、それ以外でもなかなか心惹かれるラインナップ。でもなぜここに『マクロス』? 爆音でミンメイってすごそうですね。

 前回は若干地味なラインナップでしたが、今回は映画史にその名を刻む名作がずらり。前売りで押さえとかないと良席で観れないかも。詳細は順次公表されるそう。公式サイトはこちら。チェックしておきましょう。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
d1
「本物の」ディスカバリー号の撮影用モデルの制作風景。これは全長50フィート(約15m)の巨大モデルだった。

 以前この記事で採り上げたメビウスのディスカバリー号のプラモデルキットですが、発売日が12月31日に決定したようで、現在予約受付中です。『2001年…』に関してはムーンバスやオリオン号がすでに発売になっていますが、こちらの評判も良いようですので期待できますね。モデラーの方は長らく待っていたキット化のはず。手元に届くのはまだちょっと先ですが、楽しみに待ちましょう。


メビウス 1/144 2001年宇宙の旅 ディスカバリー号 プラモデル MOE2001-3(amazon)



メビウス 2001年宇宙の旅 1/55 ムーンバス プラスチックモデルキット MOE2001-1R(amazon)



1/144 2001年宇宙の旅 オリオン号 スペースクリッパー プラモデル(amazon)
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ