2001年宇宙の旅

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Douglas_Trumbull_FMX_2012

〈前略〉

 トランブルが“フィルムメーカーになろう”と思ったのは、「2001年宇宙の旅」撮影中のこと。「まずは、背景のアニメーション・イラストレーターとして作品に関わることになった。それまで映画作品での経験のない僕が、突如キューブリックとの仕事に携わる――ある意味、映画学校に通うようなものだった」と述懐。トランブルは、劇中に登場する全てのスター(星)を担当することになった。

 「キューブリックは、カメラを異なった(1秒24コマ以上の)スピードで上下左右に動かしながら、スターのテスト撮影をしていた。そして、全てのショットを2重投影(ダブル・プロジェクティング)させ、宇宙船の動きに対して、スターの動きがどのように影響を与えるのかを調べていた。それが、あの“スターゲート・シークエンス”の始まりだ。その時から、僕はHFR(ハイ・フレーム・レート)にとりつかれてしまったんだ」

 「監督の手法を今作で変えることができるかもしれない」とトランブルに告げていたキューブリック監督。「(観客を映画に没頭させるために)肩なめショットでとらえたり、馬鹿げたメロドラマの設定にしたり、セリフで全てを説明しなくても、映像だけで観客が夢中になれる映画が作れる」と語っていたそうだ。さらに“観客が宇宙にいる感覚”を目指し、さまざまなショットをとり除く作業を進めていった。「『監督の手法を変えること』という言葉は、今でも耳に残っている。『2001年宇宙の旅』は、約50年前の作品だ。しかし、その手法に触れた僕には、今作が“未来の映画”になるとわかっていた」

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:映画.com/2019年9月12日




 キューブリックが『2001年宇宙の旅』で目指したものは記事の通りですが、ダグラス・トランブルがそれに多大な貢献をしたのは厳然たる事実で、当時それに見合う「賞」を得ていなかったのもまた事実です。「賞」はなくても『2001年…』での仕事ぶりがハリウッドで高く評価されたトランブルは、映画界でのキャリアを切り開いていったのですが、特撮マンとしての彼の評価は高くても、映画制作者としての評価はさほど高くはありません。そういう意味ではトランブルは「チャンスを活かしきる才能」が足らなかったのかな、と思いますし、また、この記事で語られている「ナタリー・ウッド事件」が与えた影響は、表向きで言われている以上に大きかったのではないか、というのを感じさせるインタビューになっています。

 トランブルはその後ハリウッドを離れ、博覧会やテーマパーク向けの映像制作を手がけるようになるのですが、再度「映画制作者」としてのチャンスは結局訪れませんでした。事件の影響や特撮のCG化による時代の変化はあったにせよ、ハリウッドはもう少しトランブルにチャンスを与えても良かったのでは? と思わずにいられません。

 キューブリックはそんなハリウッドの「映画制作以外の雑事」に関わることを避けるために、イギリスに住み続けましたが、そんな身勝手(ハリウッド側から言えば)な行動が許させるほど、キューブリックの才能や力量、影響力はハリウッド中から認められていました。しかし、それを手に入れるために大変な苦労と努力を払ったことはファンなら周知の事実です。一方のトランブルのキャリアは、キューブリックが忌避したまさしく「ハリウッドの闇」によって葬り去られてしまいました。1970〜80年代にかけてのトランブルの名声の高さを覚えているSFファンにとっては、もうちょっと彼の作る映像を映画館で観てみたかった、というのが本音ですね。


ダグラス・トランブルが監督した『ブレインストーム』の予告編。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
手塚眞氏が語る、手塚治虫とキューブリックとのエピソードは5:07から。

 手塚眞氏は過去に幼い頃に父、手塚治虫に連れられて『2001年宇宙の旅』を観に言ったエピソードを語っていましたが、例の「キューブリック手紙事件」に言及したのを初めて見ました。興味深いのは手塚氏自ら「父は『2001年…』から逆影響を受けた」と語っていること。主に宇宙船のデザインなど未来イメージについてですが、それは手塚治虫だけでなく、日本中、いや世界中のクリエーターが影響を受けまくったのは周知の事実です。

 その「キューブリック手紙事件」は、長い間「手塚治虫のホラ話」と疑われていました。と、いうのも時系列が合わなかった(手塚治虫の証言通りならキューブリックはまだ『2001年…』の制作に着手していない)からです。それは「【考察・検証】キューブリックが『2001年宇宙の旅』の美術監督を手塚治虫にオファーしたのは本当か?を検証する」の記事で検証した通り、手塚治虫自身が単に1年勘違いしていただけ、ということを証明してみせました。手紙の中身は焼失してしまいましたが、封筒は現存しているので現在この件を疑う人はもういないでしょう。

 このラジオ番組「岡村洋一のシネマストリート」は、かわさきFM(79.1MHz)で毎週月曜日13:00〜15:00放送だそうです。興味のある方は聴いてみてはいかがでしょうか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
SSV

 ネット動画の世界もそろそろ4Kが頻繁に見られるようになってきました。その4KCGで再現した『2001年宇宙の旅』宇宙ステーションV(ファイブ)の動画なのなのですが・・・モデリングの作り込みが甘く、せっかくの4Kを活かしきれていない気がします。シャドウが強すぎですし、窓も光らせて欲しかったですね。ちょっと残念です。

 ところでこの宇宙ステーションVが「作りかけ(未完成)のまま運用」であるというのが、リアルに感じる一因だと思うのですが、このアイデアは『2001年…』が初めてだと思っています。それ以前に例があれば掲示板などでぜひお知らせください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2001SS_S&R

 以前この記事で、

「赤の体に緑のヘルメットを付け替えれば、HALのブレインルームに突撃したボーマンを再現できる」と思ってしまいますが、頭は可動しないそうなので、不可能だそうです。

と書いたのですが、まさかの「HALブレインルーム突撃バージョン」の登場です。

 まあ、ヘルメットの色を変えればいいだけなので、簡単といえば簡単なのでしょうけど、これで赤(ボーマン用)、黄色(プール用)、緑(ボーマンがヘルメットのみ使用)、水色(ポッドベイにかかっていたもの)、そして今回の緑赤とコンプリートですね。4色揃えている方は、ここまできたら全色揃えてみたらいかがでしょうか?

価格は6,380円、現在予約受付中で、発売予定日は2019年11月30日です。


MAFEX マフェックス No.110 SPACE SUIT GREEN HELMET & ORANGE SUIT Ver. 全高約160mm 塗装済み アクションフィギュア(amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2018年にフランクフルトで開催された『2001年宇宙の旅展』の様子を納めた動画。ニューヨークの展示もほぼこれを踏襲すると思われます。

‘2001: A Space Odyssey’ Exhibit Coming to Museum of the Moving Image

Calling all Kubrick fans: the Museum of the Moving Image will open its pod bay doors next year for a 2001: A Space Odyssey exhibit. The exhibit will contain the most comprehensive look at the film ever put together in a museum. Costumes, concept art, test footage and more from Stanley Kubrick’s iconic sci-fi epic will be on display starting January 2020.

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:FILM/2019年7月26日




 以前Twitterでキューブリックの長女、カタリーナがチラッとつぶやいていましたが、2020年1月18日から7月19日の期間で『2001年宇宙の旅展』が、ニューヨークの「ミュージアム・オブ・ザ・ムービングイメージ」で開催されることが決定したようです。

 内容はおそらく2018年にフランクフルトで開催された『2001年宇宙の旅展』と同様になると思われますが、追加展示に「グレゴリー・ニコテロ制作の原寸大スペースポッド」「海洋堂のディススカバリー号の完全再現モデル」「白い部屋のインスタレーション」などいくつか考えられますね。

 キューブリックの生まれ故郷であるニューヨークでの初開催になりますが、ニューヨークは『2001年…』の生まれ故郷でもあります。クラークとキューブリックが初めて対面したのも、プロジェクトをスタートさせたのも、キューブリックが手塚治虫に送った手紙の住所もニューヨークでした。キューブリックは1965年の夏頃にニューヨークからロンドンに渡るのですが、再びニューヨークに戻るのは1968年4月の『2001年…』プレミア上映の時。そこで起こった『2001年…』に対する業界人、マスコミ関係者からの屈辱的な反応はファンの方ならよくご存知でしょう。

 この期間中は『スタンリー・キューブリック展』はお休みになるので、日本での開催は早くても来年の夏以降ということになります。開催場所である「ミュージアム・オブ・ザ・ムービングイメージ」の公式サイトはこちら。そのうち公式ページもオープンするでしょう。

・・・いい加減に日本で(何回目か覚えていないくらいの以下略。

このページのトップヘ