2001年宇宙の旅

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
IMG_1573


 書店売りの雑誌がここまでキューブリック作品を採り上げるのはずいぶんと久しぶりだと思います。キューブリック逝去後、2010年頃まではサブカル系雑誌を中心に幾度か採り上げられていましたが、ここ10年くらいはすっかり忘れられた存在になっていました。それだけ今年の『2001年…』関連の盛り上がりがすごかったという証左なのでしょう。

 肝心の特集の内容ですが、全42ページの大特集ですが、オーディオ・ビジュアルの専門誌らしく、その多くが技術的な点にフォーカスしているのは仕方ないところ。特に目新しい一次情報もないので、そういった目的には応えてくれませんが、『2001年…』の4K化を契機に今後4Kや8KのAV機器導入を考えてる方には参考になるのではないでしょうか。

 全チャプターの解説は労作だと思いましたが、モノリスは金属製でなく黒鉛と塗料を混ぜ、それを塗り重ねたものをピカピカに磨き上げて制作したもの。パーカーの万年筆の先はスプリングではなくおそらく小型の原子力(放射性同位体)パケットだと思われますので、ここで補足しておきます。

 特集の各章立てと概要は以下の通り。ご購入の参考にどうぞ。

●特集『2001年宇宙の旅』

・すべては『2001年宇宙の旅』から始まった
 黒田邦雄氏による作品解説

・今、なぜ『2001年〜』なのか
 2018年の『2001年宇宙の旅』
 藤原陽祐氏による70mm上映、IMAX上映、8Kオンエアレポ

 70mmフィルムには「感性情報」が詰まっている
 山下泰司氏によるフィルムアーカイブ冨田美香氏のインタビュー記事

・『2001年宇宙の旅』メディア進化論
 藤原陽祐氏によるLD〜DVD〜BD〜UHDBD、iTunes 4KHRDまでの各メディア解説

・『2001年〜』への異常な愛情
 福井晴敏、添野知生、久保田明、酒井俊之、高津修、西山嘉樹、堀切日出晴 各氏によるコラム

・キューブリック音楽のスコア
 伊藤隆剛氏によるCD4枚組『スタンリー・キューブリックの音楽〜「デイジー」「また会いましょう」から「雨に唄えば」まで』の解説

・画質・音質を極めるならUHDブルーレイ
 藤原陽祐氏によるUHDBD対応機器の解説

・Ultra HD Blu-ray徹底分析〜全チャプター見どころ・聴きどころ解説
 藤原陽祐氏による『2001年…』UHDBD全チャプター解説


HiVi(ハイヴィ)2019年1月号(amazon)


【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
academy_museum_concept_2_embed
ギャラリー「想像の世界」※AMPASより引用

 2019年の終わりにオープンするこの新しいスペースは、初期の無声映画からスタンリー・キューブリック『2001年宇宙の旅』のスターゲートへと通じています。

〈中略〉

 2階の展示室は現実とファンタジーをテーマにした2つのギャラリーに分かれています。「現実の世界」は、映画制作者が冷戦と原子力時代、そしてイタリアのネオリアリズムとフランスのヌーベルバーグにどのように反応したかを、 「想像の世界」は、あらゆるタイプのファンタジー映画を追求しています。ふたつのギャラリーをつなぐのはスタンリー・キューブリックの『2001年宇宙の旅』の幻惑的で革新的なスターゲート・シーケンスに触発された通路になる予定です。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Hollywood Reporter/2018年12月4日




 上記の「想像の世界」のイメージボードによると、以前この記事でご紹介した『2001年…』で実際に使用された唯一の現存モデル「アリエス1B宇宙船」、ジュール・ヴェルヌの『月世界旅行』、スピルバーグの『未知との遭遇』のマザーシップなどが展示されるようです。

 他にも東京のアート集団「teamLab」が「Transcending Boundaries」というインスタレーションを開催したり、4階のマリリン・アンド・ジェフリー・カッツェンバーグ・ギャラリーでは、宮崎駿監督作品の回顧展が予定されています。

 リンク先によると映画関連の機材も展示されるようですが、シネラマ用のカメラは初めて見ました。本当に3本のフィルムをセットできるんですね。

 なかなか充実した展示になりそうですが、スターゲートに似せた通路まで作るという、今更ながらのアカデミーの『2001年…』に対する厚遇ぶりに違和感も(笑。1968年のアカデミー賞では『2001年…』に、監督賞も作品賞も脚本賞(クラークは相当悔しがっていた)も贈らなかったくせに、この手のひら返しには違和感ありまくりです。とは言っても、やはり興味をそそる展示物ばかり。映画ファンには定番のロサンゼルスの観光スポットになりそうな予感ですが、だったら贖罪を込めてせめてアカデミー特別賞くらいは、クリスティアーヌが存命のうちに贈ってあげてほしいものです。

 アカデミー映画博物館の公式サイトはこちら
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2001

4万7千本の映画の中で『オズの魔法使い』は、『スター・ウォーズ』を退けて最も影響力のある映画として選出されました。

 トリノ大学の研究者は、興行収入や肯定的なレビューではなく、他の映画で何回引用されたか、何回のスピンオフがあったかよって、映画の影響力を測定するコンピュータプログラムを開発しました。

 彼らは47,000本以上の映画を評価した結果、1939年にリリースされたジュディ・ガーランド主演でクリスマス・ビューの定番作品である『オズの魔法使い』がその名を冠したことに気付きました。それから『スター・ウォーズ』とアルフレッド・ヒッチコックの『サイコ』が続きました。

 このアルゴリズムでは、インターネット・ムービー・データベース(IMDb)のWebサイトをソースとして使用しています。

〈中略〉

影響力のある20の映画

1『オズの魔法使い』(1939)
2『スター・ウォーズ』 (1977)
3『サイコ』(1960)
4『キングコング』(1930)
5『2001年宇宙の旅』(1968)

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:The Telegraph/2018年11月30日




 主観によらない客観的な映画ランキングを作る挑戦としては面白い試みだと思います。まあ、「引用」や「スピンオフ」を「影響力」と言い切ってしまうには若干の問題もありますし、絶対的に正確であるとは言い切れず、掲載作品に偏りのあるIMDbをソースに使っているのは若干疑問が残ります。ですが、こういった情報を大量に集めたり、影響力の判断基準を増やすことによって精度が高まっていく期待はありますね。そうなった時、果たして『2001年…』は現時点の5位という位置を上げるのか、下げるのか。非常に興味があります。ちなみに18位には『博士の異常な愛情』もランキングされています。ぜひこのままプログラムの開発を続けていただいて、年一回くらいでランキングを発表して欲しいですね。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
DSC00810
東京・愛宕山にあるNHK放送博物館。山を登るために設置されたシースルーのエレベータはちょっと怖かったです。

 今回の2018年12月1日、NHK4K・8K開局に合わせ、午後1時10分からOAされた8K版『2001年宇宙の旅』ですが、視聴環境を選ぶか画質確認を選ぶか迷った挙句、クローズドの視聴環境を選んで、東京・愛宕山にあるNHK放送博物館の8Kシアターで視聴してきました。

 NHK放送博物館の8Kシアターは200インチという大型スクリーンですが、リアプロジェクション(スクリーンに背後からプロジェクターで映像投射)です。ですので、もともとアナログで撮影された映像を、8Kネガスキャンとはいえ、その画質を存分に味わう最適の視聴装置とは言えません。ですが照明も暗く落とされ、映画館のようなクローズドな環境(視聴者以外は立ち入り禁止)であるため、集中して作品を鑑賞したい場合には適しています。対して大型8Kテレビで視聴した場合、ドットバイドットで画素自体が発光するという8Kネガスキャンのポテンシャルを確認するには最適な視聴装置です。しかし設置場所はロビーや店頭などのオープンな環境で、画面サイズも80インチがせいぜい。照明の写り込みや他の放送の雑音、通りがかりの視聴者の雑談など、集中して作品を楽しめる環境ではありません。

 結局、NHK放送博物館を選んだのですが、8Kシアターはリアプロジェクションというハンデはあったにせよ、8Kのポテンシャルは随所に感じることができました。例えばオリオン号で浮遊するアトミックペンのシーンですが、ペン軸の「PARKER」の文字を確認することができました。

atomic_pen
※参考画像

 また、スターゲートのマインドベンダーのシーンで、ダイヤモンド型のそれぞれの面の模様がCGかと見まごうばかりにはっきりとクリアに見えました。

SS3
※参考画像

 ただ、全体的にはリアプロジェクションでは「これぞ8Kネガスキャン映像」と感じるまでには至りませんでした。音響も貧弱ですし、映画館のように座席に段差はなく、フラットな床にただ椅子を並べてあるだけです。もちろん「シアター」と言いながら無料の視聴(試聴)会場でしかないので、それはわかっていたのですが、字幕に至っては最前列以外は見えなかったのではないでしょうか。

 このような経緯のため、色調や質感などの細かい検証は、8K映像を8Kテレビによるドットバイドットで見ていないためできませんが、それらの報告はTwitter上にいくつか挙がっていますのでそちらを参考にしてみてください。将来的に予測される8Kのソフト化についてもそれらが参考になると思います。

 最後に報告として、110席満席になったのは12時50分頃、真っ黒の無画面部分には「前奏」「休憩」「終曲」とスーパーが表示されていました。字幕の訳者は木原たけし氏。ほとんどの方はドナウの最後まで着席したままで、放送終了後には拍手(70mmの時ほど盛大ではありませんでしたが)が起こっていました。

 NHKからの正式発表はまだですが、2019年1月3日午後0時30分から再放送も決定しているようですので、今回見逃された方も、次回はお近くのNHKや家電量販店などに足を運んでみてはいかがでしょうか。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 SFの古典的傑作『2001年宇宙の旅』に登場する人工知能HAL 9000型コンピューターは、宇宙飛行士に反旗を翻し、冷酷な印象ばかりを残した。

 HAL 9000に人類が学ぶ点は多い。そして今、HAL 9000にインスピレーションを受けた研究者が、宇宙飛行士を殺したりしない人工知能を開発中だ。

 映画のHALとは違い、そのプロトタイプはシミュレーションされた惑星基地をきちんと管理できたという。

〈中略〉

 「チームやパートナーのNASAは、CASEが制御不能になるような事態は心配していません。プログラムされていないことは実行できないようになっているからです。」(ボナッソ氏)

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:カラパイア/2018年11月28日




 現在「A.I.」と呼ばれているものは「真のA.I.」ではなく、単に大量の情報を瞬時に処理・判断できる能力があるというだけで、今も昔もコンピュータは与えられたプログラム以上のことはできません。HALはいわゆる「シンギュラリティ(技術的特異点・知能爆発)」を迎えたコンビュータであり、「真のA.I.」と呼べるもので、コンビュータ自身が自律的・自主的に判断を下せると言う設定です。ですので、現在はまだ「コンピュータが人間に対して(意図的に)半旗を翻す」などということは現実的に不可能なのですが、コンピュータはその判断の正確さゆえに、プログラムが正しく組まれていないと、人間にとっての不利益を被る場合があります。

 宇宙船に似ている一番身近な乗り物といえば飛行機ですが、コンピュータ(自動操縦装置)の判断とパイロットの判断が相反し、墜落事故に結びついた例はいくつもあります。例えば自動操縦装置は「着陸」と判断し、下降しようとしているのに、パイロットは「着陸中止」を判断し、上昇しようとしてしまってコントロール不能に陥り、墜落してしまった名古屋空港の事故などです。こういった「想定外」の事態に柔軟に対応できない(融通が利かない)のが、良くも悪くもコンピュータの特徴なのですが、この記事を読む限り、そういった事態に対応できる能力があるのかまではわかりませんでした。

 宇宙ではコンピュータに命を預ける局面は地上より多くなるでしょうから、融通が利かないがゆえの事故の可能性は否定できません。近い将来、そういった事故が起こればまた『2001年…』やHALが引き合いに出されるんでしょうけど、コンピュータが「意図的に人間を排除しようとした」という事故(というより殺人事件)でない限り、HALを例えに出すのは不適切です。でもやっぱり「コンピュータが人間を殺した」という表面的な事実だけをあげつらって、例えに出されてしまうんでしょうね・・・と、ここで予想しておきますね(笑。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ