2001年宇宙の旅

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 「HALには2001年にはともかく、2101年には会えると思いますよ」アーサー・C・クラーク

 動画のタイトルは『アーサー・C・クラーク 宇宙を語る』ですが、本当の番組のタイトルは少し違います(お察しください。汗)。動画の長さは2時間半ありますが、実際は1時間半です。1995年のお正月に公共放送の衛星チャンネルでオンエアされたドキュメンタリー番組です。

 本棚には自著の日本語版があったり、例の「パートナー」と知り合った経緯も告白していますが、とにかくクラークの語りは饒舌で楽しい。『2001年…』の映像もふんだんにあり、キューブリックファンも満足できる内容になっています。

 現在、キューブリックは地球外知的生命体を映像化することに最後まで固執していたことがわかっていますが、キューブリックの逝去前は「キューブリックが宗教的に映画版を、クラークが科学的に小説版を制作した」というのはファンの共通認識でした。しかし、よく考えてみるとキューブリックもクラークも無神論者です。キューブリックの言う「科学的に定義された神」という説明も、結局は地球外知的生命体を映像化できなかったための、いわば「後付け論」でしかなく、キューブリックは「それまで誰も見たことがない異星人を、説得力ある姿で映像化する」という野心に取り憑かれていました。それとは逆にクラークは「私たちの想像力の範囲を超えているで、仄めかす程度でいい」と考えていました(キューブリックの執着ぶりを揶揄するような発言もしている)。最終的にキューブリックは「想像できないものは想像しようがない」と白旗を上げ、クラークの考えに従いましたが、これは「地球外知的生命体をどう描くか?」の話であって、人類と宇宙のありようについては二人の認識(神ではなく異星人)にほとんど違いはなかった、というのが事実のようです。

 このドキュメンタリーから4年後にキューブリックが、10年後にはクラークがこの世を去りました。キューブリックは知っての通りのマスコミ嫌いでしたが、クラークは日本のマスコミにもよく登場していました。このドキュメンタリーもそのうちの一つですので、時間のあるときにでもぜひご覧ください。

 ところで、34分あたりでクラークが予言した「一部のおかしな国」とはどの国のことなんでしょうかね?
 


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
FRAYID

 ファッションブランド「FRAY I.D」から『2001年宇宙の旅』コラボが3月下旬より発売予定で、現在ネットショップで予約を受付中です。なかなかおしゃれで凝ったデザインに仕上がっていると思います。特にアストロノートTシャツは「COMPUTER MALFUNCTION」がいい感じ。

 でもよく見ると、ブラックスクエアTシャツのバックプリントは、プールが通路を歩くカットされたシーンがデザインに採用されています。ワーナーはコラボで使用していい画像を指定しているはずですので、提供画像の中からデザイナーがチョイスしたんだと思いますが、そのデザイナーはこの画像が本編に登場しないカットシーンだとは・・・多分知らないでしょうね。だからと言ってどうということはないのですが、知っている人が見ればちょっと違和感がなきにしもあらずです。

frank_dis

 運営会社は以前ご紹介した「FURFUR」と同じマッシュという会社で、ブランドコンセプトに合わせてコラボする作品を決めている感じ。最近はこういった中価格帯ブランドも、どんどんキューブリックコラボを出してきています。デザイン性が上がれば「デザインが好き」で買う方も増えていくでしょうけど、それが作品を観る・知るきっかけになった、ということであれば全然問題ありません。もしまだ観ていなくても「今度観てみます!」と言えばいいだけです。あまり細かいことは気にせずに、どんどん着る人が増えていってほしいですね。

アストロノートTシャツ
カラー:ホワイト、ブラック
サイズ:F
素材:綿100%
価格:12,100円(税込)

モノリスTシャツ
カラー:ベージュ、黒
サイズ:F
素材:綿100%
価格:12,540円(税込)

ブラックスクエアTシャツ
カラー:ホワイト、ベージュ
サイズ:F
素材:綿100%
価格:9,900円(税込)

プリントシャツ
カラー:ホワイト、ミント
サイズ:F
素材:綿100%
価格:23,100円(税込)

トートバッグ
素材:綿100%
価格:6,600円(税込)

情報提供:ティコさま

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
EQ-YSBHU4AAn3vW

 ユニクロのUTから「SF映画コレクション」として『2001年宇宙の旅』Tシャツが4月中旬に発売決定しました。GUの『2001年…』コラボと社内競合するんじゃないの?という話もありますが、ついにキューブリック作品がUTで登場です。

 以前からファーストリテイリングがキューブリックTシャツを出すならユニクロのUTでは?と思っていたのですが、ここにきてやっと登場。若者向けのGUとの差別化のためか、シンプルでクセのないデザインです。GUは春向けなので生地が厚めですが、UTは今までと同じなら夏向けのペラペラの薄手でしょう。シルエットも通常のTシャツタイプのようですし、これなら若者からシニア層まで幅広く対応できそうですね。

 例年通りですと、同じく4月頃にイオンさんもTシャツの販売を開始し、GW時期に「Tシャツフェスタ」と銘打って安売りセールをします。GUさんも他のキューブリック作品で攻めてくる可能性もあり、もちろん他社さんも黙って見ているだけではないでしょう。780円〜1,500円くらいが一番手を出しやすい価格帯なので、今年もキューブリックTシャツ、期待できそうです。

 昨今のキューブリック・アパレル乱発で「もうキューブリックTでクローゼットがいっぱい」という方もいらっしゃるかも知れません。そういう方は「もう着ないからあげる」とか「安いから買ってあげるよ」など、身近な人にキューブリック作品をさりげなく紹介し、さらに「観ないで着るのもなんだし、今度一緒に観よう」と布教しましょう。まあ、その結果までは責任持てませんけども(笑。

 ユニクロのUT「SF映画コレクション」の紹介ページはこちら。『2001年…』以外だと『エイリアン』がカッコいい。でも「エージェント・スミス」には笑いました。発売が楽しみですね。

09_427942

HAL(バックプリントはディスカバリー号とスペースポッド)
サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL、3XL、4XL
カラー:黒
素材:綿100%
価格:1,500円(税別)

00_427943

モノリス&猿人
サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL、3XL、4XL
カラー:白
素材:綿100%
価格:1,500円(税別)

※XS、XXL、3XL、4XLサイズはオンラインストアのみでの取り扱い。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
academy_mu
公式サイトのプロモーション動画には「アリエス1B宇宙船」も登場。

 一体いつまで待たせるんだ・・・と待ち続けた、ロサンゼルスに開館予定の「アカデミー博物館」の開館日が2020年12月14日に決定したようです。当初は2017年、次に2019年と何度も延期になっていましたので、今回は確実・・・なんでしょうね?

 当ブログでも何回もご紹介している通り、この博物館で展示される予定の『2001年宇宙の旅』で実際の撮影に使用された現存する唯一のモデル、「アリエス1B宇宙船」もしっかりとPVに登場しています。修復は終わっているようで、窓の中もしっかり再現されていますね。

 映画ファンの聖地となり、ロサンゼルスの新たな観光スポットになるには確実でしょうから、いい施設にしたいのはよく分かるのですが、この建物、実は新築ではなく改築なんですよね。元々はメイ・カンパニーというデパートだった建物で、歴史的に価値があるとされたために改築に手間取ったのではないかと予想しています。まあそうだとしても「予定は未定」でしかないのはいかにもアメリカらしいですが。

 場所は、2013年に『スタンリー・キューブリック展』が開催されたロサンゼルスカウンティ美術館(LACMA)の隣。公式サイトはこちら。楽しみですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 老舗映画YouTubeチャンネルの「WachMojo」。そのあまりにも独断と偏見ぶりに、いわゆる一つの「ネタ動画」だと思って見るべきチャンネルではあるのですが、そのMojoの日本版がオープンしたのにはいささか驚きました。これで本家の動画が自動翻訳なしに見れる・・・と思ったのですが、肝心の邦訳動画よりも、日本版独自のサブカル系動画を充実させるなど、思ったより違った方向に走ってしまっているようです。まあ本家も近年はサブカルネタも多く採り上げるようになってはいるんですが、これは単に中の人の好みなんでしょうか?

 それはともかくも、この動画です。タイトルを見て「まさか・・・」と思ったのですが、第1位がその「まさか」でした(笑。でもナレーションは特に何を解説するでもなく、ごくありきたりなもので、だったらどうしてこれを1位に持ってきたのかとても謎です。この動画に採り上げられている作品よりもっと有名な「理解できない映画」なんていくらでもありますからね。まあ、これも単に「中の人の好み」なんでしょう。

 この1位の作品を「面白い」と思っている人は、少なくとも(自分なりには)「理解」はしているはずです。キューブリックは「難解」であっても「理解」できるようには(不親切ですが)作っています。ですので「面白くない」「つまらない」と感じる人は「理解していないから」だということを自覚してほしいといつも思うのです。人間誰しも「理解できないもの」を「面白い」とは思わない(場合が多い)ものです。野球のルールを理解できていない人に、いくら野球の面白さを伝えようとしたところで伝わらないのと同じことです。もちろん理解した上で「つまらない」「面白くない」と批判や批評をするのはアリだと思います。ですが、この作品について語る時、「野球のルールを理解できていない人が、野球を見てつまらないと言っているのと同じレベル」であることは、残念ながら多くの場合に当てはまるのです。ですので「理解し」「面白い」と感じている私たちと話が全く噛み合わない・・・。そんな経験、皆様にも一度はあるのではないでしょうか。

このページのトップヘ