2001年宇宙の旅

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2018年にフランクフルトで開催された『2001年宇宙の旅展』の様子を納めた動画。ニューヨークの展示もほぼこれを踏襲すると思われます。

‘2001: A Space Odyssey’ Exhibit Coming to Museum of the Moving Image

Calling all Kubrick fans: the Museum of the Moving Image will open its pod bay doors next year for a 2001: A Space Odyssey exhibit. The exhibit will contain the most comprehensive look at the film ever put together in a museum. Costumes, concept art, test footage and more from Stanley Kubrick’s iconic sci-fi epic will be on display starting January 2020.

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:FILM/2019年7月26日




 以前Twitterでキューブリックの長女、カタリーナがチラッとつぶやいていましたが、2020年1月18日から7月19日の期間で『2001年宇宙の旅展』が、ニューヨークの「ミュージアム・オブ・ザ・ムービングイメージ」で開催されることが決定したようです。

 内容はおそらく2018年にフランクフルトで開催された『2001年宇宙の旅展』と同様になると思われますが、追加展示に「グレゴリー・ニコテロ制作の原寸大スペースポッド」「海洋堂のディススカバリー号の完全再現モデル」「白い部屋のインスタレーション」などいくつか考えられますね。

 キューブリックの生まれ故郷であるニューヨークでの初開催になりますが、ニューヨークは『2001年…』の生まれ故郷でもあります。クラークとキューブリックが初めて対面したのも、プロジェクトをスタートさせたのも、キューブリックが手塚治虫に送った手紙の住所もニューヨークでした。キューブリックは1965年の夏頃にニューヨークからロンドンに渡るのですが、再びニューヨークに戻るのは1968年4月の『2001年…』プレミア上映の時。そこで起こった『2001年…』に対する業界人、マスコミ関係者からの屈辱的な反応はファンの方ならよくご存知でしょう。

 この期間中は『スタンリー・キューブリック展』はお休みになるので、日本での開催は早くても来年の夏以降ということになります。開催場所である「ミュージアム・オブ・ザ・ムービングイメージ」の公式サイトはこちら。そのうち公式ページもオープンするでしょう。

・・・いい加減に日本で(何回目か覚えていないくらいの以下略。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 1973年に旧ソ連が制作したSF映画『モスクワ-カシオペア』に『2001年宇宙の旅』の影響が見て取れるのでご紹介。

 旧ソ連の指導部から「宇宙開発のパイオニアたる我が指導部の名にかけて、米帝のSF映画なんぞに負けてたまるか」という大号令が下った・・・かどうかは知りませんが(笑、映像を観る限りなかなか予算のかかった本格SF映画のようです。当時のソ連の子供達はこれを観て熱狂したそうなので、『2001年…』の存在を知らない(公開されていない)とはいえ、プロパガンダ的には成功したんでしょう。

 六角形の通路やHALの目らしき物体が埋め込まれたコンソール、赤い文字が点滅するアラート表現など、ツッコミどころは満載ですが、無重力の表現にはなかなかリアリティがありますね。あらすじは

 遠い宇宙から怪しげな電波が来たので、なんとか現地に到達する計画をソヴィエト政府が画策します。おりしも、亜光速エンジンが開発された関係で、航海中の老齢化を考慮のうえ、十代の子供たちが搭乗することになります。ひとりだけ困ったちゃんが乗り込んでおり、そのバカの誤操作で、宇宙船は超光速推進に移行。その先の旅を続けるか否かの疑問に一同Goサインというところで終わります。この映画の続きは宇宙の十代に描かれています。

(引用元:それ行けB级映画集 GoGo B Movies!『モスクワ-カシオペア Moscow-Cassiopeia Москва – Кассиопея 1973』


とのことですが、この映画の成功に気を良くしたのか、ソ連指導部は翌年の1974年に続編の『宇宙の十代 (Отроки во вселенной)』を制作、公開したそうです。

 以前、キューブリックも『2001年…』制作の参考に観たという、同じくソ連謹製のトンデモSF映画『火を噴く惑星』をご紹介しましたが、この『モスクワ-カシオペア』『宇宙の十代』は日本でDVD化されていません。現在では一周回ってカルト的な人気を博しているそうなので、映画輸入販売会社のみなさまは、公開もしくは円盤化をご検討してみてはいかがでしょうか。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 アメリカのCNNが2019年7月7日からオンエアしているミニシリーズのドキュメンタリー『THE MOVIES』のアニメーションPVに『2001年宇宙の旅』と『バリー・リンドン』が登場しているでご紹介。

 このドキュメンタリー、ホストにトム・ハンクスとゲイリー・ゲッツマンを迎え、6回のミニシリーズとして放映中だそうです。以下はそのリストです。

第1話「80年代」(放送日:2019年7月7日)
第2話「90年代」(放送日:2019年7月14日)
第3話「2000年代から今日まで」(放送日:2019年7月21日)
第4話「70年代」(放送日:2019年7月28日)
第5話「60年代」(放送日:2019年8月4日)
第6話「黄金時代」(放送日:2019年8月11日)

 PVに登場している作品は、キューブリック作品以外にも有名すぎるものばかりなので、シネフィル(個人的にはこの呼び方はあまり好きではありませんが)にしてみれば全部わかってあたりまえだとは思いますが、その中で2つもキューブリック作品が採り上げられているのはなんだか嬉しいですね。

 公式サイトはこちら
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
71mhuqfIBiL._SL1390_

スターエーストイズ「デフォリアル『2001年宇宙の旅』ヒトザル」
全高約150mm PVC (ソフビ)製 塗装済み 完成品 フィギュア
スターエーストイズ(Star Ace Toys)

参考価格: ¥7,260
価格:¥6,609
OFF:¥651 (9%)
全高:約150mm
対象年齢 :15才以上

 SF映画の金字塔 「2001年宇宙の旅」 (1968年公開 監督:スタンリー・キューブリック)に登場したヒトザルが「デフォルメ×リアル」がコンセプトのデフォリアルに登場!

『人類の夜明け』のシーンで謎の物体 (モノリス)の影響により動物の骨を道具として使うことを覚えたヒトザルが、嬉々とした表情で動物の骨を断ち砕き続ける、あの印象的なシーンを 2.5頭身 全高 約15cmのソフビフィギュアで再現しました。

商品には動物の骨を模したジオラマベースが附属、劇中のイメージを楽しむことができます。




 以前こちらの記事で、4色の宇宙服フィギュアのデフォリアルが登場したことをお知らせしましたが、今度はなんと「ヒトザル」です。表情はあの骨を砕くシーンにかなり似せていて迫力ありますね。ここまでくると、そのうちスターチャイルドまで商品化されそうな気がします。もしそうなれば「旧人類」「現人類」「新人類」のセットが完成!ですね。

 発売は2019年12月31日です。現在予約受付中。


スターエーストイズ デフォリアル 2001年宇宙の旅 ヒトザル(amazon)
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
71Di5UQkrKL._SL1500_

メビウスモデル 2001年宇宙の旅 HAL9000
全高約34.9cm (実物大)
1/1スケール プラモデル MOE2001-5
メビウスモデル(Mebius Model)

参考価格: ¥8,424
価格:¥6,239
OFF:¥2,185 (26%)

・組み立て塗装が必要なプラモデル。別途、接着剤や工具、塗料等が必要。
・1/1スケール未塗装プラスチック組み立てキット
・完成時サイズ:全高約349mm

・映画「2001年宇宙の旅」に登場する宇宙船、ディスカバリー号の人工知能HAL9000のインターフェイス部分を実物大サイズで再現
・映画でも象徴的に取り上げられたカメラアイの部分を実寸大でモデル化、赤く光るカメラアイはLEDが付属し、ライトアップも可能
・カメラアイはクリアーのダブルレンズパーツの構成で再現、カメラアイ下部のディテールも注意深く詳細に表現
・完成後に机の上に置いておくことができるディスプレイスタンドも付属
・スタンドには映画のロゴも立体的に再現
・※LEDのライトアップには別売りの電池が必要です。
・メビウス・MOEBIUS (アメリカ)輸入プラモデル




 『2001年宇宙の旅』に登場したディスカバリー号やムーンバス、スペースポッドなどのプラモデル化でおなじみのメビウスモデルから、今度はHAL9000の実物大プラモデルが発売されるそうです。カメラアイにはLEDが付属していて赤く光らせることができますが、実際のプロップで使用された「ニコン 1:8 f=8mm 魚眼レンズ 」をどこからか入手してそれを仕込むこだわりさんも現れそうですね。

 実際のプロップは現在ロンドンで開催中の『スタンリー・キューブリック展』で展示されていますが、『ロード・オブ・ザ・リング』で有名なピーター・ジャクソン監督も所有しています(詳細はこちら)。リンク先の動画はプラモの組み立てにも参考になりそうです。購入した方はそれぞれのアイデア次第でいろんな「遊び」ができそうですね。

 発売は2019年9月30日の予定です。

情報提供:無名様


メビウスモデル 2001年宇宙の旅 HAL9000(amazon)
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

このページのトップヘ