時計じかけのオレンジ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 『時計…』で、アレックスの部屋にあった近未来的ターンテーブル(レコードプレーヤー)です。ラストの病室のシーンで、キャスターに乗っていたのもこれになります。『時計…』は予算が厳しかったせいか、極力ロケや既存の商品に頼って撮影されていますが、このターンテーブルも実際に商品として販売されていたものです。メーカーはデヴィッド・ギャモンが設立したトランススクリプト社で、この「トランススクリプト・ハイドロリック・リファレンス・ターンテーブル」は1964年に発売されたものです。

 メーカーのHPによると、1969年にボアハムウッドにあった工場にキューブリックがやってきて、最新のプロジェクトの為にこのターンテーブルを購入できないか訊ねたそうです。そしてデイヴィッドはキューブリックにこの「ハイドロリック・リファレンス・ターンテーブル」を譲ったのだそう。

 「ハイドロリック・リファレンス・ターンテーブル」は劇中では使用させず、代わりに使われたのがミニカセット(マイクロカセットではない。ミニカセットはフィリップ社の規格、マイクロカセットはオリンパスの規格)でした。キューブリックはアナログレコードの後はカセット、しかもミニカセットが普及すると考えていたんですね。しかしこのサイズのテープスピードではオーディオ用としてははあまりにも音質が悪く、普及したのは主にメモ録音用や留守番電話のメッセージ録音用などでした。劇中のようにオーディオ用ミニカセットが発売された事実はなく、第九やリゲティのカセットテープや、セットされたカセットデッキは全て小道具として創作されたものです。しかし世界にはマニアはいるもので、完全再現したレプリカを製作した方がいらっしゃいます。因みに音源はCD化されているので入手は容易です。

 ところでこのターンテーブル、eBayなどでは20〜30万円で入手できます。オーディオマニアなら手が出せない金額ではなさそう。音質云々は日本語での情報がないのでわかりませんが、日本のオーディオマニアにはあまり評価されていないんでしょうか? プロダクトデザインとしての評価がこの値段なら、ちょっと手を出しにくいかも知れないですね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
111

 小説の英語版『時計じかけのオレンジ』の巻末に掲載されていた「ナッドサット言葉辞典」を和訳したものに、映画版で使用された言葉を「※」で追加しました。オレンジ色の言葉が映画版で使用されたものです。表記は「原語(日本語表記)|英語での意味(その和訳)」です。言語のルーツは省略しましたが知りたい方は出典を参照ください。間違いなどありましたら掲示板でご指摘ください。その際は「誠に恐縮アピ・ポリ・ロジー」。



Appypolly loggy(アピ・ポリ・ロジー)|Apology(お詫び)



Baboochka(バブーチカ)|Old woman(老女)
Baddiwad(バッディワッド)|Bad(悪い)
Banda(バンダ)|Band(ギャング)
Bezoomy(ビズムニー)|Mad(狂った)
Biblio(ビブロ)|Library(図書館)
Bitva(ビトバ)|Battle(戦い)
Bog(ボッグ)|God(神様)
Bolnoy(ボルノイ)|Sick(病気)
Bolshy(ボルシャイ)|Big(でかい)
Bratchny(ブラッチニー)|Bastard(クソ野郎)
Bratty(ブラッティ)|Brother(兄弟・友達)
Britva(ブリトバ)|Razor(カミソリ)
Brooko(ブロッコ)|Belly(腹)
Brosay(ブロショイ)|Throw(投げる)
Bugatty(ブガティ)|Rich(豊かな)



Cal(カル)|Shit(クソ)
Cancer(ガン)|Cigarette(タバコ)
Cantora(キャントラ)|Office(事務所)
Carman(カーマン)|Pocket(ポケット)
Chai(チャイ)|Tea(紅茶)
Charlie(チャーリー)|Chaplain(牧師)
Chasha(チャシャ)|Cup(カップ)
Chasso(チャソー)|Guard(守る)
Cheena(チーナ)|Woman(女)
Cheest(チェースト)|Wash(洗う)
Chelloveck(チェロベック)|Fellow(男・人)
Chepooka(チープカ)|Nonsense(ナンセンス)
Choodessny(チューデセニー)|Wonderful(素晴らしい)
Chumble(チャンブル)|Mumble(モグモグ言う)
Clop(クロップ)|Knock(ノック)
Cluve(クルーブ)|Beak(くちばし)
Collocol(コロコル)|Bell(ベル)
Crark(クラーク)|Yowl(啼き声)
Crast(クラスト)|Steal(盗み)
Creech(クリーチ)|Scream(悲鳴)
Cutter(カッター)|Money(小銭)



Dad(ダッド)|パパ※
Dama(ダーマ)|Lady(女性)
Ded(デッド)|Old Man(老人)
Deng(デング)|Money(お金)
Devotchka(デボチカ)|Girl(女の子)
Dobby(ドッディ)|Good(良い)
Domy(ドーミー)|House(家)
Doobidoob(ドゥービードゥー)| 分かった※
Dook(ドーク)|Ghost(幽霊)
Dook(ドゥーク)|常識※
Dorogoy(ドロブイ)|Valuable(価値のある)
Drat(ドラト)|Fight(喧嘩)
Drencrom(ドレンクロム)|A drug(麻薬の一種)
Droog(ドルーグ)|Friend(仲間)
Droogy(ドルーギー)|(仲間たち)※
Dva(ドヴァ)|Two(2)



Eegra(イーグラ)|Game(ゲーム)
Eemya(イーマ)|Name(名前)
Eggiweg(エッギィウェッグ)|Egg(卵)
Em(エム)|Mum(ママ)



Fagged(ファゲッド)|Tired(つまらない)
Filly(フィリー)|Play(弄ぶ)
Firegold(ファイヤゴールド)|A particular drink(麻薬の一種)
Forella(フォレラ)|Trout(クソババア)



Gazetta(ギャゼッタ)|Newspaper(新聞)
Glazz(グラズ)|Eye(目)
Glazzy(グラジー)|Eyes(両目)※
Gloopy(グルーピー)|Stupid(バカ)
Godman(ゴッドマン)|Priest(聖職者)
Golly(ゴリー)|Unit of Money(お金の単位)
Goloss(ゴロス)|Voice(声)
Goober(グーバー)|Lip(唇)
Gooly(ゴーリー)|To Walk(歩く)
Gorlo(ゴルロー)|Throat(喉)
Govoreet(グブリ)|To speak(話す)
Grazhny(グラジニー)|Dirty(汚い)
Grazzy(グラジー)|Soiled(汚れる)
Gromky(グロムキー)|Loud(うるさい)
Groody(グルーディ)|Breast(胸)
Gruppa(グルッパ)|Group (グループ)
Guff(ガフ)|Laugh(笑う)
Gulliver(ガリバー)|Head(頭)
Guttiwuts(ガディワッツ)|Guts(内臓)



Hen-korm(ヘン・コーン)|Chickenfeed(はした金)
Hi,hi,hi,there(ハイハイハイゼア)|やあみんな※
Horn(ホーン)|To Cry Out(大声で叫ぶ)
Horrorshow(ホラーショー)|Good, well(素晴らしい)
Hound-and-Horny corny (ハウンド・アンド・ホーニーコーニー)|corny(陳腐)



In-out-in-out(インアウト・インアウト)|Sex(セックス)
Interessovat(インタレソバット)|To interest(興味を持つ)
Itty(イッティ)|To go(行く)



Jammiwam(ジャミワム)|Jam(ジャム)
Jeezny(ジーズニー)|Life(人生)



Kartoffel(カートフェル)|Potatoes(ジャガイモ)
Keeshkas(キーシュカ)|Guts(内臓)
Kleb(クレブ)|Bread(パン)
Klootch(クルーチ)|Key(鍵)
Knifey moloko(ナイフィー・モロコ)|麻薬入り牛乳※
Knopka(ノプカ)|Button(ボタン)
Kopat(コパト)|To Dig(掘る)
Koshka(コシュカ)|Cat(猫)
Kot(コット)|Tomcat(オス猫)
Krovvy(クルービー)|Blood(血)
Kupet(クーペット)|To Buy(買う)



Lapa(ラパ)|Paw(前足)
Lewdies (リューディ)|People(人々)
Lighter(ライター)|Crone(複製)
Litso(リッツォ)|Face(顔)
Lomtick(ロムチック)| Slice(スライス)
Loveted(ラブテッド)|Caught(捕えられた)
Lubbilubbing(ラブラビング)|Making love(性行為)
Luscious Glory(ラシャス グローリー)|Hair(髪)



Malchick(マルチョック)|Boy(少年)
Malenky(マレンキー)|Little(ちょっと)
Maskies(マスキー)| マスク※
Maslo(マスロ)|Butter (バター)
Merzky(メルズキー)|Filthy(不潔な)
Messel(メッセル)|Thought(考え)
Mesto(メスト)|Place(場所)
Millicent(ミリセント)|Policeman(警察官)
Minoota(ミノータ)|Minute(分)
Milk plus(ミルク・プラス)| 麻薬入り牛乳※
Molodoy(モロドイ)|Young(若い)
Moloko(モロコ)|Milk(牛乳)
Moloko plus(モロコ・プラス)|麻薬入り牛乳※
Moodge(ムージ)|Man(人)
Morder(モルダー)|Snout(鼻)
Mounch(マンチー)|Snack(軽食)
Mounch-wunching(マンチー・ウンチング)|軽食を食べている※
Mozg(モズグ)|Brain(脳)
Mum(マム)|ママ※



Nachinat(ナッチナット)|To Begin(始める)
Nadmenny(ナッドメニー)|Arrogant(尊大な)
Nadsat(ナッドサット)|Teenage(10代)
Nagoy(ナゴイ)|Naked(裸)
Naughty,Naughty,Naughty!(ノーチーノーチーノーチー!)|いけないンだ!※
Nazz(ナズ)|Fool(馬鹿)
Neezhnies(ニーズニー)|Underpants(下着)
Nochy(ノチー)|Night(夜)
Noga(ノガ)|Foot(足)
Nozh(ノズ)|Knife(ナイフ)
Nuking (scent) Smelling (of perfume)(ナキング・スメリング)|to smell, take a whiff(匂いを嗅ぐ)



Oddy-knocky(オッディ・ノッキー)|Lonesome(一人ぼっち)
Odin(オディン)|One(1)
Okno(オクノ)|Window(窓)
Oobivat(ウービバット)|To Kill(殺す)
Ookadeet(ウーカビート)|To leave(去る)
Ooko(ウーコ)|Ear(耳)
Oomny(オムニ)|Clever(賢い)
Oozhassny(ウザースニー)|Terrible(ひどい)
Oozy(ウージー)|Chain(鎖)
Orange(オレンジ)|Man(男)
Osoosh(ウースシュ)|To Dry(乾かす)
Otchkies(オチキー)|Eyeglasses(眼鏡)



Pan-handle(パンハンドル)|Erection(勃起)
Pee(ピー)|Father(パパ)
Pee and Em(ピーアンドエム)|両親※
Peet(ピート)|To Drink(飲む)
Pishcha(ピスチャ)|Food(食べ物)
Platch(プラッチ)|To Cry(泣く)
Platties(プラティ)|Clothes(服)
Plenny(プレニー)|Prisoner(囚人)
Plesk(プレスク)|Splash(跳ねる)
Pletcho(プレチョー)|Shoulder(肩)
Plott(プロット)|Flesh(肉体)
Podooshka(ポドーシュカ)|Pillow(枕)
Pol(ポル)|Sex(セックス)
Polezny(ポレズニー)|Useful(役に立つ)
Polyclef(ポリークレフ)|Skeleton key(合鍵)
Pony(ポニー)|To understand(理解する)
Poogly(プーガリ)|Scared (怯えた)
Pooshka(プーシカ)|Gun (銃)
Pop-disk(ポップディスク)|Pop-music disc(ポップレコード)
Prestoopnik(プレストゥプニク)|Criminal(犯罪者)
Pretty Polly(プレティ・ポリー)|Money(大金)
Privodeet(プリヴォディート)|To lead somewhere(どこかに導く)
Prod(プロッド)|To produce(生じる)
Ptitsa(プティッツァ)|Girl(女)
Pyahnitsa(ピャニトサ)|Drunk(酔う)



Rabbit(ラビット)|Work(仕事)
Radosty(ラドシー)|Joy(喜び)
Raskazz(ラスカズ)|Story(物語)
Rasoodock(ラズードックス)|Mind(思案中)
Raz(ラズ)|Time(時間)
Razdrez (ラズドラズ)|Upset(動揺)
Razrez(ラズレズ)|To Rip(破る)
Rooker(ルッカー)|Hand(手)
Right,right(ライト・ライト)|OK※
Rookerfull(ルッカフル)| 雀の涙※
Rot(ロット)|Mouth(口)
Rozz(ロズ)|Policeman(刑事)



Sabog(サボグ)|Shoe(靴)
Sakar(サカール)|Sugar(砂糖)
Sammy(サミー)|Generous(寛容な)
Sarky(サーキー)|Sarcastic(皮肉な)
Scoteena(スコチーナ)|Cow(獣のようなメス牛)
Shaika(シャイカ)|Gang(ギャング)
Sharp(シャープ)|Female(女性)
Sharries(シャーリーズ)|Balls(ボール)
Shest(シェスト)|Pole(ポール)
Shilarny(シラルニー)|Concern(心配)
Shive(シーブ)|Slice, cut(薄く切る)
Shiyah(シーヤー)|Neck(首)
Shlaga(シュラガ)|Club(クラブ)
Shlapa(シュラパ)|Hat(帽子)
Shlem(シュレム)|Helmet(ヘルメット)
Shoom(シューム)|Noise(騒音)
Shoot(シュート)|Fool (馬鹿)
Sinny(シニー)|Movies, film(映画)
Skazat(スカザット)|To say(言う)
Skolliwoll(スコリウォル)|School(学校)
Skorry(スコリー)|Quick, quickly(早く)
Skriking(スクリキング)|Scratching(引っ掻く)
Skvat(スクバット)|To Grab(つかむ)
Sladky(スラブキー)|Sweet(甘い)
Sloochat(スルーチャット)|To happen(起こる)
Slooshy,Slooshied(スルージー、スルーシュ)|To listen, hear(調べ・聴く)
Slovo(スロボ)|Word(言葉)
Smeck(スメック)|Laugh(笑い)
Smot(スモット)|To look(見る)
Sneety(スニーティ)|Dream(夢)
Snoutie(スヌーティ)|Tobacco, snuff(嗅ぎタバコ)
Snuff It(スナッフ イット)|To Die(ぶっ裂く・死にたい)
Sobirat(ソビラット)|To Pick Up(拾う)
Sod(ソド)|Bastard、Sodomite(アナル野郎)
Sodding(ソッディング)|Fucking、Sodomy(クソッタレ)
Soomka(スームカ)|Bag(醜い)
Soviet(ソビエト)|Advice, order(アドバイス、命令)
Spat, Spatchka(スパット、スパチカ)|Sleep(睡眠)
Spoogy(スプーギー)|Terrified(おびえる)
Staja(スタージャ)|State Jail(刑務所)
Starry(スタリー)|Old, ancient(古い)
Steakywakes(ステーキウェイクス)|ステーキ※
Strack(ストラック)|Horror(恐怖)
Synthmesc(シンスメスク)|A particular drug(麻薬の一種)



Tally(トーリー)|Waist(腰)
Tashtook(タッシュトゥック)|Handkerchief(ハンカチ)
Tass(タス)|Cup (カップ)
Tolchock(トルチョック)|To hit(殴る)
Toofles(トーフル)|Slippers(スリッパ)
Tree(ツリー)|Three(3)


Ultra-violence(アルトラバイオレンス)|超暴力※



Vareet(ヴァリート)|To cook up(料理する)
Vaysay(ヴァイセイ)|Washroom, toilet(トイレ)
Veck(ベック)|Guy(男)
Vellocet(ベロセット)|A particular drug(麻薬の一種)
Veshch(ベスチ)|Thing(もの)
Viddy(ビディー)|To see(見る)
Voloss(ボロス)|Hair(髪)
Von (ボン)|Smell (におい)
Vonny(ボニー)|くさい※
Vred(ヴレッド)|To Harm(危害を加える)



Warble(ウォーブル)|Song(歌)
Well,well,well(ウェルウェルウェル)|あれあれあれ※
Welly,welly,welly,welly,welly,welly,well!(ウェリーウェリーウェリーウェリーウェリーウェリーウェル!)|これはこれは!※
Wunching(ウンチング)|食べる※



Yahma(ヤーマ)|Hole(穴)
Yahoody(ヤホーディ)|Jew(ユダヤ人)
Yahzick(ヤジック)|Tongue(舌)
Yarbles(ヤーブル)|Balls, testicles(睾丸)
Yarblockos(ヤーブロッコ)|睾丸野郎※
Yeckate(イェッケト)|To Drive(運転)
Yes?(イエース)|あン?※



Zammechat(ザメチャット)|Remarkable(驚くべき)
Zasnoot(ザスノート)|To Sleep(眠る)
Zheena(ジーナ)|Wife(妻)
Zoobies(ズービー)|Teeth(歯)
Zvonock(ズボノック)|Doorbell(ドアベル)
Zvook(ズブーク)|Sound(響き)

(出典:Nadsat Dictionary Reprinted from the novel "A Clockwork Orange"

[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

時計じかけのオレンジ [Blu-ray]


〈前略〉

 観た時にびっくりしたと話すのは、巨匠スタンリー・キューブリックの代表作「時計じかけのオレンジ」について。「技術も扱っているテーマもすごくて、完璧な映画だと思いました。と同時に、キューブリックはなんて意地悪な視点で映画を作ったんだろうって(笑)。自分が思っているほど世の中は思い通りになんかいかないんだぞって、ものすごい語り口で言われているみたいで、全能感を持っている若造だった自分に冷や水をぶっかけられるような、そんな気持ちになりました。残酷だけど、どこか滑稽で、それをものすごい美意識でぶつけてくる。エンターテインメントとして見せつけてくる凄みを、まざまざと感じました。性善説と性悪説がありますけど、物語は性悪説から作ったほうが面白いんじゃないかな。意地悪な人が意地悪な映画を作るから面白いものが生まれる。そうであれば、僕ももっと意地悪にならなきゃって思いました(笑)」と、自身の映画作りに対する心境の変化についても分析しました。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:時事ドットコム/2017年3月1日




 CS映画専門チャンネル「ムービープラス」でオンエア中の『この映画が観たい』という番組ですが、過去幾度となくキューブリック作品が取り上げられています。今回は映画監督の大友啓史さんが『時計…』をピックアップ。

 この番組でキューブリック作品を取り上げられる方は結構多いので、まとめてみますと

『シャイニング』
永井豪(漫画家)
角田光代(小説家)

『バリー・リンドン』
鈴木敏夫(アニメプロデューサー)

『時計じかけのオレンジ』
大友啓史(映画監督)

『2001年宇宙の旅』
中川翔子(タレント)
片山右京(レーサー)
小島秀夫(ゲームデザイナー)
萩尾望都(漫画家)
板尾創路(芸人)
衣笠祥雄(元プロ野球選手)

となっています。『時計…』は初登場なんですね。ちょっと意外。

オンエアの予定など、番組HPはこちら
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
acorf
(引用先:getty images:A scene from the movie 'A Clockwork Orange' in 1971 in London, England.January 01, 1971)※一部画像加工済

 まず上記の写真ですが、これは『時計…』のラスト、アレックスが夢想するレイプ・ショーの中の「レイプ・ファンタジー」と呼ばれるシークエンスです。現在視聴できるDVDやBD、2年前全国で開催された『ムービーマスターズ第1弾スタンリー・キューブリック』での上映でもこのシークエンスはカットされていて存在しません。このシーンを見たというsaito氏の証言によると

 私が時計じかけのオレンジを初めて見たのは2001年宇宙の旅の1978年のリバイバルの翌年、恐らく1979年の時計じかけのオレンジのリバイバルだと思われますが、そのときのラストシーンは現在のショット(雪の上で中世風の人々に拍手を受けながらスローモーションで転げている男女)の直前に、(雪の上で中世風の人々に拍手を受けながらスローモーションでカメラに向かって駆けて来る裸の女性を追いかけるアレックス)のカットがあり、そのカットはズームバックで3分割されており、その3分割の間に病室で妄想に浸るアレックスのアップが2回カットバックされるものでした。その後に、現在のラストカットが続いていました。

KUBRICK.Blog.jp BBS『時計じかけのオレンジのラストカットの相違について』より)


という内容だったようです。

 同様の写真は『世界の名画&名優大全集 』(徳間書店:1976年)にも掲載されていて、それがこちらになります。

 また、海外のマルコム・マクダウェルのファンサイト『www.MalcomMcdowell.net』にも同じ記録があり、

On the call sheets this was called 'Rape Fantasy' that's why think this sequence was cut out because it shows Alex chasing the girl down and she looks horrified. It looks like he ripped her clothes off and she is trying to get away. By only showing the girl on top of Alex in the film it makes her look happy and it's consensual. You can't rape someone who is on top of you, they have to want to be there or they could jump off. This way Alex's final line, "I was cured all right" is ambiguous which Kubrick preferred. Was he cured to go back to his raping ways or was he cured to experience physical love?

 これはコールシートでは「レイプ・ファンタジー」と呼ばれていて、アレックスに追いかけられる女の子のシークエンスは、ぞっとするような印象を与えるためカットされたとされている。アレックスは服をむしり取り、襲いかかろうとしているようだ。フィルム上のアレックスの上に女の子を見せることによって、彼女は合意し、幸せであるように見える。あなたはレイプすることはできませんが、ここにいたいと思っていなければいけません。アレックスのセリフの最後の一行の「完全に治ったね」は曖昧です。キューブリックはどちらを好んだのでしょう?アレックスはレイプの方法を取り戻すために治ったのでしょうか。それとも肉体的な愛を経験するために治ったのでしょうか?


 以上の資料から、この「レイプ・ファンタジー」のシークエンスはsaito氏の証言通り、存在していたのは確実でしょう。

 次に、映画評論家の河原畑寧氏のこのコメント

「このスローモーションのレープ・ショー・シーンは日本公開版ではオリジナルよりかなり短くされている」

(キネマ旬報1972年5月上旬号より引用)


にも注目したいと思います。河原畑寧氏は初公開時のパンフレットに寄稿しているので、公開前の試写を観ているのは確実だと思われます。つまり、氏は試写でこの「レイプ・ファンタジー」を観ていて、その後公開版を観てカットされているのを知り、上記のコメントを書いたのだと思います。氏は、当時の日本はポルノに対して世界的にみても厳しい基準を設けていたので、カットされたのは日本公開版だけで世界公開版ではカットされていないと勘違いしたのでしょう。

 以上の証言・資料からある推論が導き出されます。つまり「試写の段階ではレイプ・ファンタジー・シークエンスは存在した」「その後キューブリックの要請によりカットされ、それが決定版になった」という推論です。キューブリックが公開ギリギリまでカットするのはよくあることなので、特に目新しい論ではありませんが、saito氏は初公開時ではなく、リバイバル時にこのシーンを観ています。どうしてこんなことが起こってしまったのでしょうか?

 試写が行われた以上、最低でも1本はレイプ・ファンタジー・シークエンスを含んだフィルムが日本国内に存在していたことになります。その1本、もしくはキューブリックのカットの指示が届く前にプリントした何本かが、何かの手違いで映画館に流通してしまったのでしょう。そしてその後のリバイバル時にはカットの事実は忘れ去られてしまい、レイプ・ファンタジー入りと、なしのフィルムが混ざってしまったままリバイバル上映に回されてしまったのではないでしょうか。

 この「レイプ・ファンタジー入りのフィルム」が何本存在していたのかは分かりませんが、もっと情報が集まれば何か新しい事実が判明するかも知れません。もし「私もレイプ・ファンタジーを観た」という方がいらしゃいましたら、

・ご覧になった年月日(年だけでも)
・ご覧になった映画館(無理なら都市名、もしくは地方名)

こちらの掲示板に情報をお寄せください。尚、掲示板に書き込まれた証言は、レイプ・ファンタジー検証記事に証言者名(情報のソースを明確にするためです。ハンドル名で結構です)も併せて使用させていただきますことを何卒ご了承ください。

 皆様の情報提供をお待ちいたしております。

情報提供:saito様
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ClockworkOrange_EventPage_ExclusiveCollectible_2

 アメリカの映画館チェーン「アラモ・ドラフトハウス・シネマ」で2月21日に『時計じかけのオレンジ』を特別上映するそうです。上記のカッコイイTシャツは前売りチケットの特典です。ここまでクオリティが高いのは、ワーナーに公式に許可を得ているからなのかも知れません。観に行けなくてもいいからこのTシャツだけでも欲しいですね(サイズ展開があるか否かは不明)。

 以下は上映劇場です。公式サイトはこちら

チャンドラー(アリゾナ州) アラモ・ドラフトハウス・チャンドラー
サンフランシスコ(カリフォルニア州) アラモ・ドラフトハウス・ニューミッション
リトルトン(コロラド州) アラモ・ドラフトハウス・リトルトン
カラマズー(ミシガン州) アラモ・ドラフトハウス・カラマズー
カンザスシティ(ミズーリ州)  アラモ・ドラフトハウス・メインストリート
オマハ(ネブラスカ州)  アラモ・ドラフトハウス・ ラ・ビスタ
ニューヨーク(ニューヨーク州) アラモ・ドラフトハウス・ブルックリン
ヨンカーズ(ニューヨーク州) アラモ・ドラフトハウス・ヨンカーズ
オースティン(テキサス州) アラモ・ドラフトハウス・レイクライン
オースティン(テキサス州) アラモ・ドラフトハウス・リッツ
オースティン(テキサス州) アラモ・ドラフトハウス・スローター
ダラス(テキサス州) アラモ・ドラフトハウス・シーダー
エルパソ(テキサス州) アラモ・ドラフトハウス・モンテイロ
ケイティ(テキサス州) アラモ・ドラフトハウス・メーソンパーク
ラレード(テキサス州) アラモ・ドラフトハウス・ラレード
ラボック(テキサス州) アラモ・ドラフトハウス・ラボック
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ