時計じかけのオレンジ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
aco_mt
セーターやマフラーには、アレックスが大胆にデザインされています。

 キューブリック作品が次々商品アイテム化され、ご紹介が追いつかない状態ですが、今度はニット商品です。これからの季節、ニットは必須アイテムですが、大胆なデザインは着る人と場所を選びそう。メディコム・トイはフィギュアを始めキューブリック関連商品を多くリリースしているメーカーなので、信頼は置けそうですね。商品の詳細は以下の通り。販売はメディコム・トイ直営各店舗、及びオンラインストア各店、他一部店舗だそうです。まだ掲載はありませんが、メディコムトイのオンラインストアはこちらからどうぞ。

KNIT GANG COUNCIL "A CLOCKWORK ORANGE"CREW NECK SWEATER "ALEX" BLACK/ORANGE
●頒布価格各¥27,000(税抜)
●Mサイズ:着丈65cm/身幅50cm/肩幅41cm/袖丈60cm
 Lサイズ:着丈69cm/身幅56cm/肩幅43cm/袖丈62cm
●素材:ACRYLIC 68% WOOL 32%
●カラー:BLACK/ORANGE
●2019年10月発売予定

KNIT GANG COUNCIL "A CLOCKWORK ORANGE"KNIT BLOUSON "ALEX"
●頒布価格各¥32,000(税抜)
●Mサイズ:着丈67cm/身幅67cm/肩幅41cm/袖丈62cm
 Lサイズ:着丈70cm/身幅70cm/肩幅44cm/袖丈64cm
●素材:COTTON 100%
●カラー:ORANGE
●2019年9月発売予定

KNIT GANG COUNCIL "A CLOCKWORK ORANGE"KNIT SCARF "ALEX" BLACK/ORANGE
●頒布価格各¥12,800(税抜)
●サイズ:W1800mm×D400mm
●素材:ACRYLIC70% WOOL30%
●カラー:BLACK/ORANGE
●2019年10月発売予定


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
aco_pani

 キャラクターを使ったストリート系ファッションショップ、「パニカムトーキョー」のウェブストアに『時計じかけのオレンジ』Tシャツが追加され、現在販売中です。サイズはMとL、価格はちょっとお高めの3,132円(税込)、色は黒のみになります。実店舗は池袋P'パルコと渋谷のマルキューのみですので、ネット通販利用が現実的だと思います。販売ページはこちらからどうぞ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
under1920

 以前こちらでご紹介した、『時計じかけのオレンジ』のワンシーンを大胆にプリントしたアンダーカバーの2019-20年秋冬コレクションですが、公式サイトのオンラインストアで販売になっているようです。

 一番無難なキャップでさえ、16,200円(税込)というハイブランドですが、ファンは一定数いるようなので売れるんでしょう。ちなみにアンダーカバーは、2017年のショウで『シャイニング』2019-20年秋冬で『2001年宇宙の旅』、そして今回の『時計じかけのオレンジ』と3年連続でキューブリック作品とのコラボを展開しています。来年は『シャイニング』もしくは『フルメタル・ジャケット』とコラボしたコレクションを発表すると睨んでいますがさて・・・?

 『時計…』コラボのショウの様子は以下の動画をどうぞ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ロンT

 niko and...といえば中堅レディースブランドという印象しかありませんでしたが、メンズラインもあるんですね。グローバルワークと同じ会社が展開しているブランドだそうです。そのniko and...から『時計じかけのオレンジ』ロングTシャツ3種が発売になっています。サイズはM、Lで4,212円(税込)です。

 実店舗でも販売されているそうですが、店舗数が少ないのでネット通販利用が現実的かと思います。ですがお値段はやっぱりちょっとお高め。これから秋にかけてロンTの出番は増えるだろうと思われますが、これにライダースを引っ掛ける、なんていうのも定番ですがカッコいいと思います。

 そのうちセールになりそうな気もしますので、そこまで待ってみるのも一手でしょう。デザインはワーナーが指定しているのか既視感のあるものばかりですが、こればかりは仕方ないですね。

 通販はZOZOが利用できます。販売サイトはこちら

情報提供:ΣATOΣθIさま

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


『モロコ・パンチ』レシピ

・0.5オンスまたは15mlのメスカル(テキーラでも)
・0.5オンスまたは15mlのベネディクティン(ブランデーでも)
・シンプルシロップ1杯
・2ダッシュのオレンジビターズ
・2オンスまたは60mlのラム酒
・3オンスまたは90mlのカルダモンミルク
−シェイクする−
・トップにシャンパン(スパークリングワインでも)
・オレンジのツイストを飾る

カルダモンミルクはあらかじめ作っておくそうで、そのレシピは

・16オンスまたは475mlの牛乳
・16オンスまたは475mlのハーフ・アンド・ハーフ(牛乳とクリームが半分ずつ)
・0.25カップのカルダモンの実
・30分間ゆっくり煮る
・濾す
・冷蔵庫で冷ます

作り方はこちらの動画にもありますが、こちらでは牛乳にカルダモンの実とブラウンシュガーを入れ、沸騰させて濾しています。他にもレシピはありますので、この辺りはお好みで良いようです。カクテル用には冷ましてから冷蔵庫に入れておきます。

 テキーラだのブランデーだのラムだの入っていますが、カルダモンミルクがこのカクテルの味を決めそうです。本物の「モロコ・プラス」は牛乳プラス「ド◯ッグ」ですが、さすがにド◯ッグを使うわけにはいかないので、香辛料カルダモンでその「アルトラバイオレンスへの刺激」を再現しているんでしょう。

 動画の1:58にはグレッグ氏自ら「過去の痛い自分」を晒していますが(笑、このように若い頃に影響を受けたものは、いいオッサンになってもオリジナルカクテルを作ってしまうほどに尾を引いてしまうのです。もう手遅れの方はご愁傷様としか言いようがないですが(自分を含め。笑)、良い子はマネしないようにしましょう。悪い子はこのレシピを参考にオリジナル『モロコ・プラス』カクテルを作ってみてください。

このページのトップヘ