時計じかけのオレンジ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Malcolm_McDowell画像引用:IMDb - Malcolm McDowell

 映画『時計じかけのオレンジ』の暴力的な主人公、アレックス役で世間に強烈な印象を残した俳優マルコム・マクダウェル。かつては若者の怒りを体現する存在だったが、今ではずいぶん穏やかな雰囲気になった。最新作の撮影裏話から、自身のキャリアや人生、そしてアカデミー賞まで、77歳の今だからこそ語れる本音のインタビューをお届けしよう。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:クーリエ・ジャパン/2020年7月31日




 マルコム・マクダウェルは1972年、原作者のアンソニー・バージェスともに『時計じかけのオレンジ』のプロモーションに世界中を飛び回っていました。最初の頃は二人とも映画を支持し、擁護していましたが、マスコミのバッシングが酷くなり、命を脅かす脅迫が自身の身辺まで達するとその態度を急変、一転してキューブリック批判、映画批判を始めます。それをロンドンの自宅で見ていたキューブリックが「裏切り行為」と捉えたであろうことは想像に難くありません。キューブリックは裏切り者には徹底して冷淡な態度を取ります。そうなってしまえばいくらマルコムがキューブリックに親愛の情を感じていたとしていても、無視されるのは当然と言えます。

 もちろん、「自分は安全な場所にいて、自分たちだけ脅迫の危険があるプロモーション活動に従事させている」とマルコムとバージェスが不満に思っていたであろうことも想像できます。しかし脅迫はキューブリックの元にも届いていました。「人間の暴力性を暴いた映画で、人間の暴力性を批判する人たちが、人間の暴力性を露わにして脅迫する」という映画の世界を地でいく現実は、もはや「皮肉」としか言いようがありません。

 マルコムは後年になって『時計…』を再評価し、キューブリックや作品を悪く言うことはなくなりました(撮影でひどい目に遭った、とは語っている)。このインタビューでもそれは伺えるし、キャンペーンやプロモーションでキューブリックの遺族とも顔を合わせています。マルコムはこのインタビューでもわかる通り、ストレートな物言いをする人間です。ここで語った「出演した映画のほとんどは忘れてしまった」とは、「(あまりにもひどいB級映画に出続けたので)思い出したくもない」という、マルコムなりの「ストレートな物言い」だと感じました。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 キューブリックと一緒に仕事ができなかったことを非常に後悔しています。作曲を依頼され、承諾したのですが、彼の律儀さゆえに、ちょうど私が作曲した音楽をミックス中のセルジオ・レオーネ監督に電話をかけてしまったのです。私はもうその仕事を終えていたのですが、レオーネはキューブリックに、私はまだ作曲中だと伝えてしまいました。それでキューブリックはもう頼んできませんでした。このことで『時計じかけのオレンジ』の音楽を作曲することができませんでした。とても残念です。キューブリックはその後二度と連絡してくれなかったのです。



 先日逝去の報が伝えられた、映画音楽の世界で多大な足跡を残したエンニオ・モリコーネですが、キューブリックは『時計じかけのオレンジ』の音楽をモリコーネに依頼していたそうです。ですが、キューブリックが律儀にもセルジオ・レオーネに電話(おそらく「今度モリコーネと一緒に仕事することになったので彼を借りるよ」的な挨拶の電話)したところ、レオーネ監督は「モリコーネはまだ私と仕事中」と応えてしまい、それからモリコーネにキューブリックからの連絡は途絶えてしまったのだそう。

 どうしてレオーネは終わったはずの仕事(『夕陽のギャングたち』の音楽)なのに「まだ私と仕事中」と応えてしまったのでしょう? 理由は「キューブリックにモリコーネを取られるのが嫌だった」「モリコーネは終わったと思っていたが、レオーネは曲のリテイクを考えていた」などいくつか考えられますが、理由はどうであれ、この件でキューブリックがモリコーネに不信感を抱き、連絡を絶ったのだと思います。キューブリックは片手間で自分の作品の仕事をしてもらうのを嫌います。オファーを受諾したからには自作に全力投球をして欲しがるのです。ですので、レオーネの仕事をしながら自作の仕事をしてもらうことを許容できなかったのですが、モリコーネはこの件を非常に悔いているようです。レオーネにしてみれば「やれやれ」だったのかもしれませんが。

 そのレオーネとキューブリックの間にはこんな会話もあったそう。

キューブリックが私に言った。「私はエンニオ・モリコーネのアルバムをすべて持っている。 どうして私はあなたの映画音楽が好きなのか、私に説明してもらえないか?」私は「心配しないで!私は『2001年…』を見るまでリヒャルト・シュトラウスを使うなんて考えつかなかったから」と答えました。(引用:【関連記事】スタンリー・キューブリックが好んだ映画のマスター・リスト(2016年7月25日改訂版)

このコメント、『時計じかけのオレンジ』でのモリコーネの奪い合いが影響しているのだとしたら、レオーネの若干皮肉めいた言い方も腑に落ちますね。

 その両巨匠に愛されたエンニオ・モリコーネは2020年7月6日に逝去しました。享年91歳。故人のご冥福をお祈りいたします。

情報提供・翻訳協力:Shinさま

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


BiSHアユニ・DのPEDROが全国ツアー開催を発表、無観客ライブ配信の実施も

 BiSHのアユニ・DによるソロバンドプロジェクトPEDROが、全国9都市を回る全国ツアー「LIFE IS HARD TOUR」の開催をトレイラー映像で発表した。

「LIFE IS HARD TOUR」は9月3日の愛知・DIAMOND HALL公演を皮切りに、ファイナルは9月24日に東京・Zepp Tokyoで開催される予定。併せて本日、全国10都市すべてキャンセルになった全国ツアー「GO TO BED TOUR」の無観客ライブ配信の実施も発表された。配信の日時は追って発表される。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:音楽ナタリー/2020年4月17日




 記事にある「BiSH」ですが、ガールズパンクバンドかと思ったらアイドルグループで、「楽器を持たないパンクバンド」がコンセプトだそう。そのBiSHのメンバーであるアユニ・Dによるソロプロジェクトのバンド「PEDRO」が全国ツアーをスタートさせるにあたりPVを発表し、そのPVが『時計じかけのオレンジ』のパロディだった、ということらしいです(合ってます?)。

 過去にもいくつかのアイドルグループが『時計じかけのオレンジ』をオマージュしたMVを発表していますが、その代表格は欅坂46の『Student Dance』でしょうね。もうアイドルがキューブリック・オマージュを発表しても驚かなくなりましたが、予告編というのはちょっと珍しい。

 その元ネタの予告編は以下をどうぞ。よく勘違いされるのですが、この予告編を制作(編集)したのはキューブリックではなくパブロ・フェロというアーティストで、その経緯はこちらで記事にしております。興味のある方はぜひどうぞ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 なんだか懐かしいテイストの歌謡系ロックバンドという感じですが、大阪はこういう「ダサかっこいい」「二の線よりも三の線」系のミュージシャンを多く輩出している印象があります。YouTubeではイエモンの名前が挙がっていますが、ファンクテイストにすればウルフルズの路線に近いですね。

 もちろん『時計じかけのオレたち』というタイトルも彼らなりの「お遊び(照れ隠し)」なんだと思いますし、このMVにもいきなり類似シーンが登場します(オチは真逆ですが。笑)。管理人も大阪に住んだことがありますが、大阪は「カッコいいことがカッコ悪い」「笑いをとった奴が一番偉い」という独特の文化があります(いや、断言しちゃまずいかも。笑)。「世の中に一言言いたいねんけど、はっきり言(ゆ)ったらカッコ悪いやん?せやから、ちょこっと笑い入れとこ」みたいな、そんなちょっとくすぐったい曲ですね。

 東京に対する憧れとコンプレックスと自虐と優越がぐちゃぐちゃな「愛すべき大田舎」大阪。そんな街の出身バンドらしい彼らの今後を注目しておきたいと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
nendoro_alex
予約受付はすでに終了しています。7月に発送予定。

〈前略〉

 最後に榎本氏から、7月の発売を楽しみにしているファンに向けてのメッセージを語ってもらった。

 「時計じかけのオレンジという作品を好きな方、フィギュアを好きな方、キューブリック作品や映画が好きな方、いろんな方々に楽しんでいただける作品を、今後も継続していきたいと思っています。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Game Waich/2020年3月18日




 「ねんどろいどでアレックス?」と驚いた方も、「ねんどろいどってなんぞ?」と思った方もいらっしゃるかと思いますが、管理人的には前者です。もちろん知識として知っていただけで(「雪ミク」でその存在を知った)、特にねんどろいど自体に興味はなかったのですが、そんな私でもポチりそうになりました(結局やめましたが・・・理由は限定生産だったので、本当に欲しい方に買っていただきたかったため)。

 インタビューにある通り、かなりのこだわりと絶好のタイミングをはかってのリリースだったようです。それに引用した通りなにやら含みのある発言も(笑。なんとなくアレかな?と予想はしているのですが、海外でもキューブリック作品はファンコの「POP!」というフィギュアのシリーズで二頭身になっているし、意外とキューブリック作品と「カワイイ」には親和性があるようです。まあ、さすがのキューブリックも自分が命まで脅かされるような脅迫をされる原因を作ったキャラクターが、約50年の時を経て「カワイイ」扱いされるとは夢にも思っていなかったでしょうね。

このページのトップヘ