バリー・リンドン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
リシェン
※マリサ・ベレンソンと違って「可愛い美しい」タイプのリシェンを演じたダイアナ・コナー。

 バリーが軍を脱走した際、ひと時の宿と安らぎ得るためにこのドイツ人夫人、リシェンと一時期を過ごすことになりますが、実は原作とかなり違います。原作だとバリーがイギリス軍将校と身分を偽るための、精神疾患患者を装う芝居に付き合うなどかなり快活な女性として描かれています。おそらくキューブリックはこの「精神疾患患者を装う芝居」がレイティングで問題になるだろうと判断して、映画では「ホモ将校が沐浴中にその軍服を奪う」というシチュエーションに変更したのではないか、と推察しています。この件に関してキューブリックは

 そこでの問題は、バリーをどうやってイギリス陸軍から解放させるかということだった。それを描いた本の部分は全く長ったらしくて複雑(※戦闘で重傷を負ったフェーケナムと、殴られ怪我をしたバリーがリシェンの家で療養し、傷の癒えたバリーが熱でうなされうわ言を言うフェーケナムを真似て入れ替わり、ドイツ軍に取り入ると言う算段)だった。2人の同性愛の将校の場面の機能は、バリーが脱出するより簡単な方法を提出することだった。これも小説とは違う道を通って、小説と同じ終点へ行き着いている。バリーは書類と、彼に自由への道をもたらすイギリス将校の制服を盗む。この場面は全く説明的だから、喜劇的な状況が作者(※自分のこと)の意図を隠す助けになる。

(引用先:ミシェル・シマン著『キューブリック』※は筆者補足)


とインタビューに応えていますが、「精神疾患患者を装う芝居」を避けたかったのもその一因ではないでしょうか。

 映画ではロウソクの明かりに照らされた非常に繊細で美しいシーンですが、初めはフェーケナムと名乗っているのに、別れ際には本名の「レドモンド(レイモンド)」とバレてしまっているというのは、例のキューブリックの「わかりにくいギャグ」ですね(笑。あまりの映像の美しさに笑うタイミングを失してしまうのですが、それもキューブリックらしいと言えば言えるでしょう。

 ところで、この『バリー…』ではレディ・リンドンを演じたマリサ・ベレンソンの気品ある美しさばかり語られるのですが、個人的にはこのリシェンを演じたダイアナ・コナーの方が好み。初めて『バリー…』を観たとき、あっさりお別れしてしまう展開に「なんてもったいない!」と思ったものです。

 そのダイアナ・コナーは70歳を超えた現在も女優として主にテレビで活躍中だそうです。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






 2017年に結成55周年を迎える、アイルランド伝統音楽・ケルト音楽の最高峰バンド、ザ・チーフタンズ(The Chieftains)の来日が決定。スタンリー・キューブリック監督の『バリー・リンドン』で音楽を担当し、1975年にグラミー賞を受賞。ローリング・ストーンズ、ポール・マッカートニー、ジョニ・ミッチェル、ライ・クーダー、エルヴィス・コステロ、ロジャー・ウォーターズ、ヴァン・モリソン、パヴァロッティ、ジャクソン・ブラウン、アート・ガーファンクル、スティング、ロジャー・ダルトリー、ジョン・ウィリアムズ、ロンドン・シンフォニー・オーケストラ、矢野顕子、忌野清志郎、林英哲(和太鼓)、古謝美佐子、遊佐三森、元ちとせ、とも共演。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Qetic/2017年4月13日




 『バリー・リンドン』のサントラで『愛のテーマ(アイルランドの女)』『パイパーズ・マゴット・ジグ』『海の乙女』の三曲の演奏者としてクレジットされているザ・チーフタンズが来日するそうです。過去に共演しているアーティストの面々は記事の通り豪華ですが、wikiによると当初はその現代的な解釈が批判を浴びていたそう。記事には『バリー…』でグラミー賞、このwikiにはアカデミー賞を受賞とありますが、ソースを確認できませんでした。『バリー…』でアカデミー賞の編曲・歌曲賞の受賞をしたのはレナード・ローゼンマンですので、正確には英語版wikiにあるように「アカデミー賞を受賞した『バリー…』のサントラへの参加で高い評価を受けた」という認識が正しいです。『音楽CD検定公式ガイドブック(下巻)』にはこのような記述がみられますが、非常に誤解を招きやすい表現です。もらってもいないオスカーで評価されても本人たちはちっとも嬉しくないと思いますが。

 『バリー…』のサントラがらみでグラミー賞を受賞したというソースも見つけられませんでした。ただ、バンド自体は他の作品でグラミー賞を何度も受賞しているので評価に揺るぎはないですが、こういった受賞歴の表記はソースをちゃんと確認し、神経質になって欲しいものです。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 2016年7月29日から40年ぶりにイギリスで上映される『バリー…』の再編集予告編がYouTubeで公開されていましたのでご紹介。

 主催はBFI(英国映画協会)ですが「大きなスクリーンで観なければならない」という煽りには笑ってしまいました。日本では昨年キネ旬主催の『スタンリー・キューブリック特集』で全国で公開されましたが、『バリー…』に関しては盛り上がりはいまいちだったような。

 ところでやっぱり気になるのはアスペクト比(笑。この予告編は現行BDと同じ16:9(1:1.78)のようですので、昨年の日本での上映と同じくDCPの1:1.78での上映でしょうね。キューブリックがこだわったヨーロッパビスタでの上映が実現する日は来るんでしょうか?それには紛失したとされるマスターを見つけ出さないといけませんが。ヨーロッパビスタで収録されたDVDは当分手放せそうにないですね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
gp
※特に4話でのこの真横からのドリーショットに意図を感じるのは管理人だけでしょうか?

 昨年劇場公開されて話題になったアニメ『ガールズ&パンツァー』(略称ガルパン)ですが、機会あってTVシリーズ全話鑑賞したところ、いきなり『英国擲弾兵』が流れてきて憤死してしまいました(笑。

 キューブリックファンにとってこの『英国擲弾兵(British Grenadiers)』といえば『バリー…』のイングランド軍の進撃シーンがすぐ思い起こされます。キューブリックはこの当時の横一列の進軍隊形を横移動のドリーショットで追っていますが、このガルパンでも第4話で横からのドリーショット。しかもセリフが「さすが綺麗な隊列を組んでますね」「あれだけ速度を合わせて、隊列を乱さないで動けるのってすごい」ですからね(笑。

 ただ、このガルパンでは、各国の軍歌や行進曲をそのまま使用していますので『バリー…』のパロディを意図したものではなく、必然的にこうなった可能性もあります。2話では『ジョニーが凱旋するとき』も登場しますが、必ずしも『博士…』のシーンを意識したものではありませんでした。まあこういった細かい部分に反応してしまうのがキューブリックファンの哀しい性なのですが、ここまできたら劇場版も観なきゃダメですかね?(笑




[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
s,1200-73c740
※2011年パリで開催されたキューブリック展に展示された『博士…』の核爆弾のレプリカの横に立つケン・アダム。

 ケン・アダム氏(英映画美術監督)10日、ロンドンの自宅で死去、95歳。英BBC放送が11日、報じた。

 ベルリンのユダヤ人家庭に生まれ、ナチス・ドイツの迫害を逃れ家族で英国に移住。第2次大戦中は英空軍に所属した。スパイ映画シリーズ「007」で、敵役の精巧なアジトやボンドカーの緊急脱出シートをデザイン。「英国万歳!」「バリー・リンドン」の2作品でアカデミー賞の美術賞を受賞した。

 過去に「007」で主役のジェームズ・ボンドを演じた英俳優ロジャー・ムーアさんは、ツイッターで「友であり、ジェームズ・ボンド映画のスタイルを確立した男」と追悼した。(ロンドンAFP=時事)。

(引用:時事通信ドットコム/2016年3月12日




 ケン・アダムといえば007シリーズのプロダクション・デザイナーとして有名ですが、キューブリック作品では『博士…』の最高作戦室のセットが特に有名で、海外の追悼記事はそれに触れた記事が多いようです。でも、ケンがアカデミー美術賞を受賞したのは『バリー…』でした。なのでここでは『バリー…』でのケンの仕事ぶりをご紹介します。

 キューブリックが『バリー…』でケンに求めたのは「撮影は全てロケ。尚ロケ地は自宅から90分以内」という無茶振りでした。キューブリックにしてみれば「18世紀の古色蒼然とした雰囲気はセットでは再現不可能」という判断からですが、さすがに自宅から90分以内で全て賄うのは無理。ケンはキューブリックをなんとか解き伏せてアイルランドまでロケツアーを敢行することに。

 いざ遠方ロケという判断なると、キューブリックはそのこだわり主義と出不精を遺憾なく発揮。ありとあらゆるロケ候補地の写真を撮らせてきてはそれを詳細に検討、ロケのための遠征を最小限でなおかつ最大限有効な撮影ができるよう、ケンを始めスタッフに「砂漠のロンメル将軍」のようにミニバスで現地を走り回らせるのでした。

 映画で使われたトランプやバスタブなどの小道具はケンの手によるものですが、ケンは時代考証から得られた知識で創作するのを望んだのに対し、キューブリックは絵画から正確に複製するのを希望、これはこの作品でのケンの役割は創作能力を発揮できるプロダクションデザインではなく、現存しない小道具の正確なレプリカ製作であったことを如実に物語っています。

 これだけでも大概ですが、さらにキューブリックはある日突然「後ろに山がある草原と川を探してこい。それにそこを飛び越える騎兵隊が欲しい」とケンに要求。さすがのケンもこれらキューブリックのプレッシャーに耐えかね、片時も精神安定剤が手放せなかったそうです。

 その甲斐あってかケンは『バリー…』でアカデミー美術賞を受賞。なおかつ95歳まで生きたのですから大往生と言えるでしょうね。

 故人のご冥福をお祈りいたします。
 
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ