バリー・リンドン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Barry_Light
2時間16分頃のシーン。お手元のDVDやBDでご確認を。

 『バリー・リンドン』で、物語後半のレストランのシーンで一瞬だけ窓の外に設置した照明が映り込んでいるというミスが見つかりました。

 キューブリックは自然光照明を使用したことはよく知られていますが、この「自然光照明」という言葉は誤解を受けやすい表現です。ここで言う「自然光照明」とは「自然光しか使っていない照明」という意味ではなく、「自然光を模倣(シミュレート)した照明」という意味で、キューブリックはこの『バリー・リンドン』でも人工照明を多用しています。もちろん有名な蝋燭のシーンでも補助的に照明を使用しています。

 YouTuberなど映像を撮る人が増えてきている現在、いくらカメラの性能がアップしても、照明なしにはまともな映像が撮れないことは周知の事実かと思います。それはキューブリックも同様で、撮影時セッティングに一番時間をかけるのは照明でした。何もこれは秘密にされていたことではなく、照明についてもインタビューなどでたびたび説明していますし、数多くあるドキュメンタリーでも照明を使って撮影するキューブリックの姿が残っています。しかし、どういうわけか「キューブリック=自然光撮影」というワードが一人歩きし、キューブリックや映画に関して無知であるにも関わらず(しかもそれを自覚していないので始末に悪い)、下手に拡散力だけはある泡沫ライターや自称評論家、迷惑系YouTuberなどによって「『バリー・リンドン』は一切の人工照明を使わず撮影した」という現実無視のデタラメ論が拡散され続けています。

 キューブリックの照明に関する考え方は、不満いっぱいでも監督するしかなかった『スパルタカス』と、この『バリー・リンドン』を比較すれば一目瞭然です。

照明1

 『スパルタカス』でのテント内シーンです。篝火は単なる飾りで、強烈な照明が3人の俳優と背景の地図を照らしています。キューブリックはこういったやり方を「ウソくさい」と批判しましたが、当時駆け出しで若造のキューブリックに、ハリウッドのやり方を変えるだけの力は残念ながらありませんでした。

照明2

 『バリー・リンドン』の蝋燭のシーンです。テーブルの蝋燭が3人の俳優の顔を照らし、室内は吊り下げられた蝋燭のシャンデリアで照らされていることになっていますが、おそらく何らかの補助照明は使っていると思われます。ですが、上記の『スパルタカス』よりはるかに「自然」な照明です。

 「バレ」の該当シーンは、午後〜夕暮れを表現するために窓の外に午後の太陽光を模したライトを設置していたのだと思いますが、このバレにキューブリック本人は気づいていたでしょうか? それはわかりませんが、高画質でデジタルリマスターされたメディアで、繰り返し再生される未来を知らず逝去したキューブリックが現在も存命なら、こういった「ミス」はデジタル処理で消させていたと思います(『アイズ…』では映り込んだカメラマンをデジタル処理で消しているが、それがキューブリックの指示であったかどうかは不明)。高精細デジタル化により『バリー…』の美しさ、壮麗さが再評価され、キューブリックの意図した素晴らしい映像を堪能できるようになりましたが、同時にこういった「ミス」も発見しやすくなってしまうという「痛し痒し」な結果に、キューブリックも墓の中で頭をかいているかもしれませんね。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 このザ・レモン・ツイッグス (The Lemon Twigs)というバンド、というか実質はブライアンとマイケルのダダリオ兄弟のユニットだそうで、出身はニューヨーク州ロングアイランド。ジャンル的にはソフトロックやポップロックと言えると思いますが、1960〜80年代のサウンドを彷彿とさせるいわゆるロック・リバイバル系ですね。

 この曲『These Words』は歌詞を読む限り現在のSNS時代を題材にしているようですが、それがなぜ『バリー・リンドン』になるのかはわかりません。単にMVの監督の趣味なんでしょうか? それにしてもしつこいくらいのズームアップ・ズームアウトやロウソクや決闘のシーンなどは、笑ってしまうくらいにキューブリックしています。

 最新MV曲『The One』も聴いてみましたが、ポール・マッカートニー&ウィングス、バッドフィンガー、パイロット、ラズベリーズ、そしてBCRなどを彷彿とさせる70年代パワー・ポップが懐か新しい。こういったサウンドが評価される海外と違い、日本では完全に無視されている現状は悲しい限りですが、日本の「ロック」は完全にガラパゴス化していますので、今後彼らが日本でメジャーになる、などということはないでしょう。いわゆる「好きな人は好き」というニッチなニーズを満たすだけだとは思いますが、せっかく知ったバンドですし、今後の活躍を注目しておきたいと思います。

情報提供:Love cinemaさま

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Lavenham_Guildhall
Lavenham Guildhall(wikipedia)

 『バリー・リンドン」のラストシーン、足を失ったバリーが療養した後アイルランドへ帰国するシーンのロケに使用された、イギリス西部のサフォーク州・ラベンハムにあるギルドホール。

 1529年に羊毛組合(ギルド)が建設した建物で、1689年まで刑務所として使用され、1787年からは作業場として使用されました。1951年にナショナルトラストの財産となり、現在は一般に公開されているそうです。

 ちなみに当時キューブリックが住んでいたエルスツリーのアボッツ・ミードからは車で1時間30分くらい。外出(特に遠出)嫌いのキューブリックもこれなら納得でしょうね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 キューブリックが『バリー・リンドン』を制作するとき、18世紀の再現に異常なまでの執念を燃やした話はよく語られますが、その資料となった画家たちの絵画と、『バリー…』でのシーンを比較した動画がありましたのでご紹介。

 ここに紹介されている画家たちとその絵は、「そのシーンに似た絵を集めた」というものであって、必ずしもキューブリックが「このシーンにはこの絵を参考にした」と断定できるものではありません(それが可能なのはキューブリック本人だけでしょう)。ただ、ウィリアム・ホガースやトマス・ゲインズバラ、ジョン・コンスタブル、ジョシュア・レノルズなどはよく名前の挙がる画家なので、これら18世紀の画家たちの多くの絵画を参考にしたのは間違いないでしょう。

 キューブリックが18世紀の再現に固執したのは、『2001年宇宙の旅』で21世紀の再現(・・・というより、可能な限りの未来予測)に固執したのと同様、作品の陳腐化を怖れたためではないかと考えています。キューブリックは自分の死後も作品は永遠に遺るのだから、自作になるべく長い期間、説得力と生命力を持たせたかったのではないでしょうか。それが成功を収めているのは、昨今のキューブリック作品の再上映や、『スタンリー・キューブリック展』の盛り上がりを見ても明らかです。

 同様の趣旨の動画ですが、こちらも参考にどうぞ。



上記動画で紹介されている絵画とその作者
"La mattina" William Hogarth
“Molly Longlegs” George Stubbs
“Il Campo di Grano” John Constable
“Assembly at Wanstead House” William Hogarth
"Blue Boy" Thomas Gainsborough
“Robert Orme” Joshua Reynolds
“La taverna” William Hogarth
“Mr and Mrs Andrews” Thomas Gainsborough
“Sarah Campbell portrait” Joshua Reynolds
“Penelope Unravelling Her Web” Joseph Wright of Derby.
“Il contratto" William Hogarth
“Morse's Gallery of the Louvre” Johann Joseph Zoffany,
“La passeggiata del mattino” Thomas Gainsborough
“L'incubo” di Johann Heinrich Fussli
“Malvern Hall Warwickshire” John Constable

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
barry_lyndon

 鬼才S・キューブリック監督が18世紀のヨーロッパを舞台に、一人の青年が貴族にまで成り上がり、やがて国を追放されるまでの流転の半生を描いた華麗なる歴史大作。徹底的なリサーチに基づいた美術や衣装、新たに機材を開発し、ろうそくを光源に撮影された繊細で重厚な映像は、究極の映像美の一つとして高く評価されている。ヘンデルやアイルランド民謡を使った音楽も深く印象に刻まれる。アカデミー撮影賞など4部門を受賞。

【製作・監督・脚本】
スタンリー・キューブリック

【原作】
ウィリアム・メイクピース・サッカレー

【撮影】
ジョン・オルコット

【音楽】
レナード・ローゼンマン

【出演】
ライアン・オニール、マリサ・ベレンソン、パトリック・マギー ほか

製作国:ドイツ/イギリス
製作年:1975
原題:BARRY LYNDON
備考:英語/字幕スーパー/カラー/レターボックス・サイズ

(引用元:NHK BSシネマ




 2019年3月7日のキューブリック没後20年に向けて、キューブリック作品のオンエアが続いていますが、今度は『バリー・リンドン』です。録画希望の方は予約とハードディスクの空き容量のチェックを忘れずに。

このページのトップヘ