シャイニング

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
PSAU_4
出品されたキューブリック作品のプロップの中では536万円以上と、一番落札予想価格の高い『シャイニング』の斧。

 以前こちらで記事にした、2019年9月30日よ10月1日にロンドンBFI IMAXで開催されるプロップストア・ライブオークションの出品カタログ(PDF)が閲覧、ダウンロードできるのでご紹介。カタログに掲載されているキューブリック作品関係は以下の通り。

PSAU_1

『2001年宇宙の旅』

(3)キース・ハムシャーによる宇宙ステーションVのライティングテスト写真
(複写・限定版)
[予想落札価格500〜700ポンド/67,000〜94,000円]

(4)ロバート・マッコールによる宇宙ステーションVのイラストレーション
(複写・限定版)
[予想落札価格400〜600ポンド/54,000〜80,000円]

PSAU_2

(5)ロバート・マッコールによる月面シーンのイラストレーション
(複写・限定版)
[予想落札価格400〜600ポンド/54,000〜80,000円]

(6)ロバート・マッコールによるディスカバリー号と木星のイラストレーション
(複写・限定版)
[予想落札価格400〜600ポンド/54,000〜80,000円]

(7)キース・ハムシャーによる白い部屋とモノリスのライティングテスト写真
(複写・限定版)
[予想落札価格400〜600ポンド/54,000〜80,000円]

(8)ロバート・マッコールによるディスカバリー号の遠心機のイラストレーション
(複写・限定版)
[予想落札価格400〜600ポンド/54,000〜80,000円]

(9)キューブリック直筆のプロダクションメモ
[予想落札価格1,200〜1,800ポンド/161,000〜241,000円]

(10)プロダクションに使用した台本ファイル
[予想落札価格2,000〜3,000ポンド/268,000〜402,000円]

PSAU_3

『バリー・リンドン』

(96)ライアン・オニールが着用したグレーのコート
[予想落札価格2,000〜3,000ポンド/268,000〜402,000円]

PSAU_4

『シャイニング』

(619)ジャック・ニコルソンが使用した斧
[予想落札価格40,000〜60,000ポンド/5,364,000〜8,046,000円]

PSAU_5

(620)ジャック・ニコルソンが着用したドレスシャツ
[予想落札価格2,000〜3,000ポンド/268,000〜402,000円]

 これ以外にもあるわあるはマニア垂涎のお宝ばかり! 『スター・ウォーズ』『エイリアン』『プレデター』『ゴーストバスターズ』『バットマン』『ギャラクティカ』『ジュラシック・パーク』『ロード・オブ・ザ・リング』『グレムリン』『ジョーズ』『インディ・ジョーンズシリーズ』『007シリーズ』などなど枚挙にいとまがありません。PDF266ページにおよぶこのボリューム感はすごい! オークションに参加する・しないは別にして、ダウンロードして眺めているだけでも幸せな気分に浸れるのでオススメです。

LAU
カタログのダウンロードはこちら。






KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
villege

 『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』『シャイニング』Tシャツがヴィレッジヴァンガードで発売中との情報を聞きつけ、さっそく買ってきました。デザインは『2001年…』1種、『時計…』『シャイニング』がそれぞれ2種、色は全種類白と黒の2種、サイズ展開はS・M・Lの3種、価格は2,000円(税別)です。

 生地は柔らかくもしっかりとしていて、丈夫で着やすそうな肌触り。プリントはGUのものより大きめです。どうやらヴィレヴァンならどこにでも置いてあるわけではなく、現在は下北沢店と渋谷本店だけのようで、入手は店舗に赴くしか今のところ方法はありません。ヴィレヴァンにはネット通販サイトもありますが、人気商品ですので、通販サイトに掲載される前に売り切れてしまえば元も子もありません。売れ行き次第では取り扱い店舗が増える可能性もあるので、最寄りのヴィレヴァンにお問い合わせ窓口が用意されているのでしたら、問い合わせてみるのも良いかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
nope_1
おもちゃ箱をひっくり返したような、様々な映画やおもちゃ、お菓子関係のグッズが壁一面に飾られた店内。つぶさに見ていけば意外な発見があるかも?

 2019年8月18日にオープンして以来、「トイレが怖い!」と話題になっている東京・代々木にある『cafe&DINE in "nope"』に行ってきました。

 入店してすぐ、壁一面に飾られたアメリカントイなどの様々なグッズに圧倒されますが、これはおもちゃをただ「陳列」するのではなく、「壁一面に張り巡らす」をコンセプトに、映画モノを中心とした時代感あふれるアメリカントイで店内を埋め尽くしたから。そして、やっぱり気になるのはシャイニング・カーペットとその先にある「237号室」。ハロランさんにキツく「決して入るな!237号室には何もない!!」と忠告されていましたが、気になるものは気になります。はやる心を抑えて、とりあえずは着席してまずはオーダー。

 メニューは、日本だとあまり食べる機会の少ないフィリーチーズステーキ、マッケンチーズ、チリコンカンなどのアメリカ定番料理がメイン。その中でも特におすすめなのは、フィリーチーズステーキをチーズホットサンドで挟んだフィリーチーズステーキサンド。デザート系ならスニッカーズの味を再現したスニッカーズミルクシェイクや、シネマを意識したポップコーン味のミルクシェイク、キャラメルポップコーンとチュロスをトッピングしたコンセッションミルクシェイクなどで、他ではなかなか味わえないものばかり。これらおいしいお料理やドリンクをゆっくりと味わいながら、「生理現象」が到来するのを待ちましょう。

 「生理現象」を催したら、意を決してトイレへ直行。トイレは入口からして嫌な予感。カーペットもルームナンバーも鍵もエレベーターの階数表示も何かを思い出させます。本来ならキッチンナイフを持っていくべきかもしれませんが、当然ありませんので代わりにハンカチを持参してください。

nope2

 扉を開け、中に入ってみると「嫌な予感」は的中! やっぱりあの方が「おコンバンワ!!」恐怖におののくあの方も!! 60ものドアをぶち壊し、撮影に3日間もかけたという例の顔が扉の裏側からお出迎えしてくれます。こんな顔に睨まれると出るものも引っ込みそうですね。

nope3

 映画でちらっと映るだけのシャワーや、逃げられない窓枠まで完備しているのもすごい。「お願い!ジャック!やめて!!」「ダニー逃げて!隠れるのよ!!」さらに、ファンならトイレに流れる「BGM」も聞き逃せませんよ!

nope4

 というわけで、キューブリックファンであればとっても楽しめるのですが、元ネタを知らないと「単に怖いトイレ」ということになってしまう可能性があります。ですので、「なにこれ!意味わかんない!」と言われたら、「これを観ればわかるよ」と、さりげなく『シャイニング』をオススメして、鑑賞後に再度お店を訪れればより楽しめるでしょう。

 もちろん『シャイニング』ネタばかりでなく、『スター・ウォーズ』『スター・トレック』『スーパーマン』『バットマン』『スパイダーマン』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『E.T.』『グレムリン』などの映画グッズ、様々なトイのクロスオーバー、マイケルやワム!などのポップ・ミュージック、スピルバーグのサインなどなど、店内は80'sであふれかえっています(映画『レディ・プレイヤー1』の世界観と重なったのは偶然だったそうですが、偶然とは言いつつも、ちゃっかりと「3本の鍵」を映画の内容に沿って店内装飾の中に紛れ込ませているそうです)。あの時代を知っている人には懐かしく、知らない人には新鮮に感じる・・・そんな「懐かしき良きアメリカ」にタイムスリップできる、まるで「おもちゃ箱の中」のようなお店です。

 店内のおもちゃは日々増殖中で、シーズンごとに一部模様替えをしたり、公開中の映画に合わせた模様替えも展開予定(バットマン80周年記念に合わせて壁面棚をバットマンで埋め尽くしたり、ハロウィン仕様にするなど)だそうです。『シャイニング』トイレも徐々にパワーアップするとのことですので、キューブリックファンとしても期待できますね。

 お店の場所は代々木ですが、JR・都営大江戸線代々木駅はもちろん、小田急線南新宿駅、そしてJR新宿駅からも南口や新南口を使えば徒歩でアクセスできます。新宿サザンテラスを南に向かって歩き、階段を降りてファミリーマートすぐの信号を右に渡り、目の前の路地を少し歩いた右側のレンガのビルの2階です。

 営業時間は午前11時から午後10時まで、年中無休ですが不定休でお休みの場合もあるので、公式Twitterをチェックしておきましょう。

cafe&DINE in "nope"
東京都渋谷区代々木1-58-7 2F
TEL:03-6276-1983

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
dan_t
キューブリック版『シャイニング』のダニー少年を演じたダニー(ダン)・ロイドの現在の姿と、ダニー少年が大人になった姿を演じたユアン・マクレガー。こうして比較すると悪くないキャスティングですね。

『シャイニング』ダニー少年、続編『ドクター・スリープ』に期待

 スティーブン・キング原作によるホラー映画の傑作「シャイニング」から約40年の歳月を経て、ついに実現したファン待望の続編「ドクター・スリープ」。先ごろUS版予告がお披露目されたのを受け、オリジナル版で今回の主人公ダニー・トランスの幼少期を演じた元子役のダニー・ロイド氏が、米ハリウッド・レポーターのインタビューで続編への期待を語った。

〈中略〉

 ユアン・マクレガー演じる大人になったダニーが再び奇怪な現象に直面するさまに絡めながら、廊下で三輪車をこぐ幼き日のダニーやバスタブの老婆、血のエレベーターや不気味な双子の姉妹といった、映画「シャイニング」のアイコニックなシーンの数々が、呼び覚まされた忌まわしい記憶として映し出されるUS版予告について、「すごくよく出来た予告で、映画がますます楽しみになったよ」と興奮気味に感想を述べたロイド氏。そして、「キングの原作小説とキューブリックの映画版をどう盛り込むのか、ちょっと心配かつ興味津々だったんだけど、その両方にきちんと敬意を表した作品になっているようだしね」と安堵感をにじませた。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:映画.com/2019年6月21日




 以前にもこの記事を採り上げましたが、再度採り上げたいと思います。

 キューブリック版『シャイニング』のダニー少年を演じたダニー(ダン)・ロイド氏は 1972年10月13日生まれですので現在46歳。一方のユアン・マクレガーは1971年3月31日生まれなので現在48歳。年齢もほぼ同じなので違和感はないですね。『ドクター・スリープ』劇中に少年のダニーが登場しますが、これはダン・ロイド氏ではなく別の子役です。同様に双子の少女もキューブリック版で演じたリサ&ルイーズ・バーンズではありません。オーバールック・ホテルの内装は残された図面などを元に、キューブリック版を完コピしたセットを建てたそうです。キューブリック版の映像の流用は今のところ「血のエレベーター」だけということですが、ネタバレを防ぐために明かしていないだけで、全編公開になればまだあるかもしれません。

 ダン・ロイド(もういい大人なのでダニーではなくダンですね)氏は記事の通り現在は俳優業を引退し、大学で教鞭をとる生物学の教授で4児の父でもあるのですが、Twitterアカウント(アイコンは「アポロセーター」)を所有していて、ファンとも気さくに交流されています。以前「狼男映画『ハウリング』のラストシーン近くにダニーが出演している」という情報を聞きつけ、ご本人に確認を取ったことがあります。その時も丁寧に「僕じゃないよ、髪型は似てるけどね」とコメントしてもらいました。ファンならフォローしておいて損はないアカウントだと思います。

The_Howling_-_Danny_Lloyd
似ているような似ていないような・・・で、ご本人に確認しました。


『ハウリング』のラストシーン。ネタバレしていますので、映画を未見の方はご注意。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 2019年11月29日(金)より全国公開される『ドクター・スリープ』の予告編最終版がアップされました。かなりキューブリック版『シャイニング』に寄せていますが、メインの要素はそれではなく、かなり大雑把な言い方をすれば、この小説、そしてその映画化はあくまで「異能力バトルもの」です。

 この映画化について、特にキューブリック版の映像を引用することについてキングはどう考えているのか、ローリング・ストーン誌にそのコメントが載っていました。

〈前略〉

 スティーブン・キングは、1980年のスタンリー・キューブリックによる脚本の大幅な変更を常に嫌っていましたが、キングは『ドクター・スリープ』の映画製作者が、キューブリックのバージョンの要素を使用することを許可しました。「キューブリックの映画に関する私の問題は、とても “冷たい” ということでした」「この脚本で問題がなかったのは、キューブリックの要素をいくつか抜き出して “暖めた” からです」

〈以下略〉

Stephen King on His New Horror Novel, the ‘Nightmare’ of Trump, and ‘Stranger Things’より
(全文はリンク先へ:Rolling Stone/2019年9月1日


 これはキングがキューブリック版を批判する際のコメント「高級車(お金のかかった映画)だかエンジン(心)がない」と同じ意味ですが、自らが制作したTVドラマ版『シャイニング』の映像を使うよりも、キューブリック版を使う方が興行的に有利だと理解した上でのコメントなので、言い回しが若干穏やかになっています。ですが、どちらにしてもキングはキューブリック版の「冷たさ」を嫌っていたのは事実ですので、キューブリック版を傑作たらしめているその「冷たさ」を排除し、キングの言う「暖かさ」を導入した時点で、この『ドクター・スリープ』はキューブリック版『シャイニング』の続編でないことは明らかです。

 キューブリックの映画化による「冷たさ」を嫌ったのは何もキングだけでなく、アーサー・C・クラークもそうでした。その結果が小説『2010年宇宙の旅』、そしてその映画化の『2010年』ということになります。ですので、この『ドクター・スリープ』については、『2001年宇宙の旅』における『2010年』ぐらいだったらまあ御の字、という感覚で観に行った方が何かと宜しいんじゃないか(キューブリック版の続編と思って観に行くと肩透かしを食らう)、という気がしています。

このページのトップヘ