シャイニング

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
日本版の予告編ではカットされていますが、本国の予告編には0:40に登場しています。

 作家スティーヴン・キングが完成まで実に30年もの月日を費やした同名シリーズを、イドリス・エルバとマシュー・マコノヒー共演で実写化する『ダークタワー』が来年1月に公開。原作小説では現在公開中の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の怖すぎるピエロとも繋がりがあり、本作でも“他作品との繋がり”が劇中で登場するか否かがファンの間で早くも注目が集まっているが、そこで今回、その疑問について語るスティーヴン・キングのコメントがシネマカフェに到着した。

〈中略〉

 原作では『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』で、ピエロ“ペニー・ワイズ”を彷彿とさせたキャラクターが登場しているほか、スタンリー・キューブリック監督で映画化もされた『シャイニング』の象徴的なホテルの写真や、「呪われた町」に登場していた神父が重要な場面に関わっているなど、キングの言葉通り、小説のシリーズには他作品との共有ポイントが随所に散りばめられていることが分かる。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:cinemacafe.net/2017年11月27日




 いやいやいやいやキングさん!『シャイニング』のオーバールック・ホテルを引用するなら、自身が小説執筆時に投宿したスタンリー・ホテルをロケ地にしたTVドラマ版『シャイニング』のホテルを引用すべきでしょう! あれだけキューブリック版を批判しておきながら、こういうところだけちゃっかりと拝借しちゃう(もしくは借用を許す)なんてちょっと調子良過ぎません?

 もうね、こういう態度のキングを見るにつけ、あのキューブリック批判は「批判」ではなく単なる「コンプレックス」「ヤキモチ」「嫉妬」にしか思えません。もういい年なんだし素直に「確かに小説を勝手に改変されたのは腹が立ったけど、やっぱり映画は傑作」と認めたらどうなんでしょう? みっともなさを通り越して哀れみさえ感じてしまいます。

 キングはキングで才能ある小説家(ストーリー・メーカー)ですし、それは世界中にファンがいることで十分証明されています。もうそろそろ大人になって「懐の深さ」を見せてもいいような気がしますね。

 『シャイニング』に登場する「オーバールック・ホテル」のモデルになった、実在する3つのホテルに関する考察はこちらをどうぞ。

Stanley_Hotel
スティーブン・キングが小説『シャイニング』を執筆し、自身が監修したTVシリーズ版のロケ地になった「オーバールック・ホテル」のモデル、「スタンリー・ホテル」

Timlodge
キューブリックの映画版「オーバールック・ホテル」の外観に使用された「ティンバーライン・ロッジ」
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
IMG_1254
サイズはXS。168cm・63kgの管理人は通常Mサイズですが、同じMでもぴったり目を好むので肩幅や身幅はそれと同じくらいでした。ただし丈は少し長め。H&Mのサイズ感は大きめMならS、小さめMならXSを選ぶといい感じ。

IMG_1255
タグに「STANLEY KUBRICK COLLECTION」のロゴ。非正規品はヤフオクなどで簡単に入手できますが、ブログやツイッターのネタにするには抵抗がありました。その点正規ライセンス品は安心感がありますし、プレゼントしても後ろめたくないですね。それに有名ブランドのH&Mですし(笑。



 Twitterで見かけ、面白そうだったので銀座のH&Mで探したのですが、季節外れなのか見つからず、仕方ないのでH&Mのネットショップを探したのですが在庫なし。一旦あきらめたのですが、たまたまネットショップで在庫が復活していたので、すかさず購入しました。メンズ用で価格は1,799円。確かに生地はペラッペラですが、値段が値段なのでまあこんなものでしょう。

 ところで写真には2枚写っていますが、これはクリスマスプレゼント用に購入したものだからです。私的な話で恐縮ですが、管理人の身近には双子の姉妹がいます。その双子にクリスマスにプレゼントするつもりで買いました。ですので、メンズですがサイズは最小のXSになります。女性にはちょっと大きめになりますがこれしかないので仕方ないですね。

 ちなみに姉妹とも『シャイニング』は鑑賞済み。たぶんこんなものをクリスマスにプレゼントされたところで「え〜っ・・・」と微妙に嫌がるだけだと思いますが、その嫌がる反応を楽しみたいと思っています(笑。まあ、部屋着かパジャマくらいにはしてくれるでしょう。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


sacaiとUNDERCOVERの凱旋ショーをプレイバック

 2017年10月20日の夜、「Amazon Fasion “AT TOKYO”」内の特別企画としてsacai(サカイ)とUNDERCOVERの(アンダーカバー)の合同ショー「10.20 sacai / UNDERCOVER」が開催された。舞台となったのは聖徳記念絵画館前に用意された、特設テント。

〈中略〉

 ショーのラストには、ランウェイモデルではなく少女たちが現れるという東京のみの仕掛けも! おそろいのワンピースを着ていながらも、片方の服だけには赤い糸の装飾が……。この双子をはじめ、1stルックに登場したスカートの柄、オープニング曲など、スタンリー・キューブリック監督のホラー映画『SHINING』(1980)からの着想や引用が見られる。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:SPUR.JP/2017年11月2日




 以前この記事でコーチが『シャイニング』のアポロセーターそのままのコレクションを発表したことをお知らせしましたが、今回はUNDERCOVERが『シャイニング』の双子の少女をモチーフにしたコレクションを発表したようです。

 この記事によると、デザインしたのは日本人デザイナーの高橋盾氏だそうですが、これを「デザインした」と言っていいものかどうか疑問に思います。まるっきりそのまんまですからね。コーチのときも思いましたが、ファッション界ではこれを「着想」「引用」と言うそうです。素人からすれば「もろパク」に見えなくもありませんが、ワンピースはリバーシブルになっていて、血は赤い糸の刺繍、裾は垂らしているところが唯一アイデアらしいアイデアでしょうか。まあ素人にはわからない「センス」がどこかに光っているんでしょう。

 コーチのアポロセーターは一般発売がありましたが、こちらはどうでしょう? 買う人は・・・まあ、そんなにはいないでしょうね。

[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 俳優のジェームズ・フランコとクリス・バウアーが、ユニバーサル・スタジオのホラーアトラクション『シャイニング』のジャック・トランスに扮して、何も知らない訪問客をさんざん脅かして楽しんだそうです。

 イケメンのジェームズ・フランコはともかく、頭の毛の薄いクリス・バウアーならジャックのマスクなしでいけるんじゃないの?と思ってしまいましたが、このマスク、なかなか出来がいいですね。これなら日本人がかぶってもそれっぽくなりそう。

 というわけで、日本のUSJの関係者のみなさま、ここをご覧になっていましたら、ぜひ来年のハロウィンにはこのアトラクションを上陸させてください。ホラーファンはもちろん、キューブリックファン、キングファンが大挙として押し寄せるのは確実(?)ですので!
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 『シックスセンス』でおなじみのM・ナイト・シャマラン監督が主催したハロウィンパーティーで、ブルース・ウィルスが『シャイニング』の双子の少女のコスプレを披露してあちこちで話題になっていました。ちなみにこの写真を投稿したのはサミュエル・L・ジャクソンです。

 演じたリサ&ルイーズもリツイートしているので、ご本人ご公認ということですね。これだけ話題になり、公認コスならブルースも満足でしょう(笑。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ