シャイニング

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
登壇した、レオン・ヴィタリ、カタリーナ・キューブリック、ヤン・ハーラン、アルフォンソ・キュアロン(左から)。

"This is a seriously cool ghost movie. Don't believe any of the conspiracy theories because it's all s---," she said. "I only said that because I've had some champagne."

Cuaron agreed. "Kubrick would have really gotten a laugh out of all of these conspiracy theories," said the director. "By all reports, he believed in films not to be explained but to be experienced. A little bit like music, he used to say."

〈前略〉

 「この作品はすごくクールな幽霊映画です。陰謀論は信じないでくださいね。なぜなら・・・」とカタリーナは言いました。「私はシャンパンを飲んじゃったので、それしか言えないです」

 キュアロンは同意しました。 「キューブリックは、これら陰謀論のすべてを心底笑い飛ばしたはずです」と監督は述べました。 「伝えられるところによると、彼は映画は説明されるものではなく経験されるべきだと信じていました。音楽に少し似ている、とスタンリーは話していました」

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:The New York Times/2019年5月18日



 カンヌ映画祭の「カンヌ・クラシック」で2019年5月17日、レストアされた4Kシャイニングの記念上映が行われました。プレゼンターはアルフォンソ・キュアロン監督、ゲストはキューブリックの長女カタリーナと、4Kレストア版の監修を担当したレオン・ヴィタリ、プロデューサーのヤン・ハーランです。

 動画を見る限り寂しい客入りだったようです。昨年のカンヌは『2001年宇宙の旅』の70mmアンレストア版がクリストファー・ノーランによって発表・上映されましたが、ゲストは出演俳優のキア・デュリアが登場しました。今回も主演俳優であるジャック・ニコルソン(最近その動向を聞きませんが・・・)が登場していれば話題になったでしょうけど、直接『シャイニング』と関わりのないキュアロンをプレゼンターに仕立て上げたにも関わらず、少々盛り上がりに欠けたようです。

 ファンにとっては「4K化・レストアされた『シャイニング』の143分(144分とも)版のデジタルデータが存在する」という事実だけで興奮ものです。今年の10月1日には米版UHD BDのリリースも決定しているようですし、日本版UHD BDやシネコンやIMAXでの4K上映も期待できます。ワーナーさんには昨年の『2001年』の盛り上がりの事例を参考に、ぜひ全国規模での上映をお願いしたいですね。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
TIMBERLINE
引用元:Raddit/stephenking/A letter sent from the Timberline Lodge (Overlook Hotel) to Stanley Kubrick, explaining why Room 217 was changed to 237 in the film.

・・・すでに217号室を見たいとおっしゃる何人かの観光客がいらっしゃいます。映画が公開され、地元で知られるようになると「バスタブの女性」の肥大化した死体に襲われると観光客が恐れてしまう可能性があります。可能であれば「217」を237、247、または257に変更してください。どれもティンバーライン・ロッジには存在しません。



 キューブリックファンにはおなじみですが、映画『シャイニング』の舞台であるオーバールック・ホテルの外観として使用されたティンバーライン・ロッジが「宿泊客が怖がって泊まりたがらなくなるので、幽霊が出る部屋を217号室から存在しない237号室に変更して欲しい」と依頼したというエピソードを裏付ける、ティンバーライン・ロッジからキューブリックに宛てた手紙が発見され、現在ロンドンで開催中の『スタンリー・キューブリック展』に展示されているそうです。227号室がないところを見ると、それは存在したんでしょう。結局キューブリックは原作の217号室を237号室に変更することにしましたが、その旨を手紙に書き込んでいます。

 そして以下が現在のティンバーライン・ロッジ側の公式コメント。

「宿泊客が217号室に泊まるのを怖がるかもしれないので、キューブリックに217号室を描かないように依頼、存在しない237号室に置き換えました。ですが奇妙なことに、そして多少皮肉なことに217号室はロッジの他のどの部屋よりも頻繁にリクエストされています」

(引用元:ティンバーライン・ロッジ公式サイト/ヒストリーページ


 確かに「皮肉」な話ですね(笑。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




綾野剛さん出演 TVCM「時代遅れ篇」制作秘話

〈中略〉

制作秘話その 2:双子姉妹の演技にも注目!

 綾野さんの「時代遅れ」を冷笑する美人双子キャスト、鈴木みな(姉)さんとまりあ(妹)さん。綾野さんもお二人のそっくりな風貌に驚きの様子でした。さらにハーフの姉妹と知って、またまた驚く綾野さん。さすが双子なだけに見た目だけでなく、演技の息もぴったりです。綾野さんに「(生感覚レンズ*を)体感します」と言わしめたお二人の透明感のある演技力と存在感が、このCMが持つシュールな世界観を一層盛り立ててくれました。ちなみに、双子タレントは数少ないとのこと。この CM の世界観に見事にマッチするという評価で、オーディションで見事にお二人が選ばれました。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:アルコン公式サイト 綾野剛さん出演 TVCM「時代遅れ篇」制作秘話/2019年4月1日




 ふとTVを観ていたらこのCMが目に飛び込んで来たんで、ちょっと調べてみました。

「CMが持つシュールな世界観」とは『シャイニング』の世界観のことなんで・・・しょうね、やっぱり(笑。このシチュエーションで手を繋ぐ必然性はありませんので、意識しているとしか言いようがありません。シンメトリックな構図にしなかったのは監督さんのこだわり(というか意地)のようなものを感じます。でも、キューブリックファンならニヤッとできますね。

 CMのメイキングムービーはこちら。

【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
theshining2

2019年のカンヌクラシックで4K版『シャイニング』をアルフォンソ・キュアロンが発表します

 今年のカンヌクラシックのラインナップが発表されました。1つの上映会がすぐに注目を集めています。アルフォンソ・キュアロンが『シャイニング』のリマスター版を発表します。

〈中略〉

『シャイニング』の深夜上映

メキシコの監督アルフォンソ・キュアロンによる究極のホラー映画のイベント上映。

『シャイニング』スタンリー・キューブリック監督(1980年・2時間26分・イギリス/アメリカ)

 ワーナーブラザーズのプレゼンテーション4Kリマスタリングは、オリジナルの35mmカメラネガを新しい4Kスキャナーを使用して行われました。マスタリングはワーナーブラザーズ・モーション・ピクチャー・イメージング、カラーグレーディングはジャネット・ウィルソン、キューブリックの元パーソナルアシスタントであるレオン・ヴィタリの監修のもとに行われました。

〈以下略〉

Cannes Classics 2019: Alfonso Cuaron to Present ‘The Shining’ in 4K

This year’s Cannes Classics lineup has been announced, with one screening immediately catching the eye: Alfonso Cuaron presenting the remastered version of “The Shining.” The “Roma” filmmaker will be on hand to introduce Stanley Kubrick’s horror classic, which is in the program alongside “Easy Rider,” three films from Luis Bunuel, Lina Wertmuller’s “Seven Beauties,” two from Milos Forman, and many others.

〈中略〉

Midnight Screening of “The Shining”

The ultimate horror film for an event screening presented by Mexican director Alfonso Cuaron.

“The Shining” by Stanley Kubrick (1980, 2h26, UK / USA)

A Presentation of Warner Bros. The 4K remastering was done using a new 4K scan of the original 35mm camera negative. The mastering was done at Warner Bros. Motion Picture Imaging, and the color grading was done by Janet Wilson, with supervision from Stanley Kubrick’s former personal assistant Leon Vitali.


〈以下略〉

(全文はリンク先へ:IndieWire/2019年4月26日




 昨年のカンヌはクリストファー・ノーランが監修した『2001年宇宙の旅』のアンレストア版が話題でしたが、今年は4K版『シャイニング』の上映が決定したようです。143分の北米版です(記事にありました)。シネコンやIMAXでの上映やBD化も期待できますね。
【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
theshiningt
映画のシーンではありません。再現CGです。

 アーティスト名、マリオカメラによる『シャイニング』の赤いトイレの再現CGです。実写と見間違うばかりのクオリティですが、最近のCGはここまでできるんですね。蛇口の写り込みや銀のお盆などの質感は素晴らしいです。ただ、こぼれたカクテルはいまいちな感じ。やっぱり液体をCGで表現するのは難易度が高いみたいです。昨年大ヒットした『レディ・プレイヤー1』でも、エレベーターから溢れた血はやっぱりCG感ありましたしね。

 途中に登場するキューブリックのディレクター・チェアも再現度が素晴らしい。最後の写真は『2001年…』の頃のものですが、ここまでこだわるなら『シャイニング』の頃のちょっと太った姿の写真の方が良かったように思えます。そして最後の「STANLEY KUBRICK 1928 - ∞」のメッセージには大変共感しました。

 制作は3ds Max + Corona + Vray + After Effectsで行われたそうです。

【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して衆目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

このページのトップヘ