シャイニング

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 『シャイニング』は、1921年のアメリカ独立記念日のパーティーの写真に写り込むジャック・トランスの写真のズーム・アップで終わります。BGMはアル・ボウリー・アンド・ヒズ・バンドの『真夜中、星々と君と』。まずはこういった要素を書き出して、さらにそれをどう解釈するか私論を立ててみました。なお、これは以前この記事で考察した「オーバールックホテルに巣食っている悪霊の正体は、かつてここを聖地としたネイティブ・アメリカンの怨霊」という論に基づいていますので、その点はご了承ください。

(1)写真の日付についての考察[その1]

 1921年のアメリカというのは禁酒法の時代で、一般的には飲酒は禁じられていたという印象がありますが、実はこの禁酒法はとんでもないザル法で、禁酒といいながら一般市民も法律の目をかいくぐってお酒を飲んでいました。それは結局マフィアの資金源となってマフィアの懐を潤し、アルコールに課税できなくなった政府の財政を逼迫させ、マフィアの跋扈によって治安が悪化するという悪い事づくしの悪法でした。

 そんな時代に『オーバールック・ホテル』で開かれたこのパーティー。俗世間から隔絶されたその環境から推察するに、そこに集う人々は上流階級、各界の有名人、政治家、そしてマフィアが秘密に開いた「飲酒ができる」パーティーであったと想像できます。それは「お酒が飲めるぞ!」とジャック・トランスが満面の笑みで写っている事からも推察できます。

(2)写真の日付についての考察[その2]

 7月4日はアメリカ人にとって一番重要な日です。すなわち独立記念日です。しかしそれは大西洋を渡ってきた白人たちにとってであり、元からアメリカ大陸に住んでいたネイティブ・アメリカンにとっては「侵略確定記念日」、すなわち屈服・屈辱の日でしかありません。

(3)BGMについて

 アル・ボウリー・アンド・ヒズ・バンドの『真夜中、星々と君と』という曲ですが、この曲のリリースは1934年2月16日ですので写真の日付とは時系列が合致しません。この事実からこのBGMは物語の舞台である1980年のオーバールック・ホテルで演奏されていると考えなければなりません。すなわち、ウェンディたちが去ったホテルのゴールドルームで、幽霊たちが演奏しているのです。音楽にエコーをかけているのはそのためだと思われます。音楽の後に続くパーティーのノイズは、幽霊たちのパーティーが今も(1980年の)ホテルで続いていることを示唆しています。

 以上の描写から、ジャックが写り込んだ1921年の写真は、ジャックがオーバールックホテルの管理人になる前からこのホテルに存在していることになります。それはつまり「ジャック・トランス」という人物が二人存在していることを意味するものです。

 さて、ここで思い出して欲しいのは「グレイディ」の存在です。アルマンが面接時にジャックに説明したのは「チャールズ・グレイディ」ですが、幽霊として登場したのは「デルバート・グレイディ」でした。ここで「二人のグレイディ」の存在が明らかになります。この二人は顔がそっくりな別人で、ホテルが1970年に採用したのは現世のグレイディ、ジャックの目の前に現れたのは前世のグレイディなのです。それは前世のグレイディが管理人ではなくウェイターで、娘の殺害を覚えていないと答えることからもわかります。

 この考えをジャックに当てはめると、現世の「ジャック・トランス」は迷路で凍りついた死体です。前世の「〇〇〇(名前不明)・トランス」は1921年のパーティーでタキシードをめかしこんで写真に収まっているホテルの管理人です。つまりトランスも二人存在していることになるのです。だからこそジャックが「初めて面接で来たとき、昔来たことがあるような気がした」「どこに何があるのかも覚えてる気がした」という台詞が存在しているのです(コンチネンタル版ではカット)。更に言えばロイドもグレイディもジャックを「ジャック」とは呼ばず「トランス様」と呼びます。つまり彼らにとってジャックは「ジャック・トランス」ではなく「〇〇〇・トランス」(ジャック・トランスの前世)であることを意味しています。

結論:迷路で凍死したジャック・トランスと、1921年のパーティーに写っている〇〇〇・トランスは別人で、後者はジャックの前世の姿である。ホテルに巣食うネイティブ・アメリカンの悪霊の目的は、ホテルの立つ聖地を汚した白人を、その当人だけでなく後世の人間まで呼び寄せて殺害すること。アルマンはそれを知りつつも霊が暴れ出さないよう「いけにえ」を与えることによって悪霊に協力している。それを示すシーンはカットされた病院のシーン(霊がダニーに黄色いボールを渡した事実をアルマンは知っている)である。

 『シャイング』のラストシーンの解釈にはさまざまな論があります(一般的には「ジャック・トランスは邪悪な霊によって自身の精神的弱さを攻撃され、最終的にホテルに取り込まれた」とされています)が、当ブログではとりあえずこれをもって結論としたいと思います。
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 現在公開中の『レディ・プレイヤー1』にはさまざまな映画やゲーム、キャラクターなどのサブカルネタや1980年代ロックネタがぎっしり詰め込まれ、その中でもキューブリックの『シャイニング』は別格に扱われています。スピルバーグとキューブリックの関係は『A.I.』を例に出すまでもなく、今更言うまでもありませんが、なぜこの作品を選んだのかは不思議に思いました。というのもスピルバーグはインタビューで『シャイニング』について、「一度見たきりで、それで最初見たとき、『シャイニング』は好きではなかった」応えていたからです(その後25回見て好きになったとは言い添えていますが)。実は当初、このパートは『ブレードランナー』で行く予定だったのですが、ブレランは続編の制作が決定していたので許可が下りず、次策として選ばれたのが『シャイニング』だったそうです(ソース:THE RIVER/2018年4月21日)。

 次策といえ、けっこうな時間を割いた重要なシークエンスに『シャイニング』を選んだのにはスピルバーグの強い意志を感じます(ある意図・必然も感じますがネタバレになるので、それについては後日)。昨今、クリストファー・ノーランやウェス・アンダーソン、リー・アンクリッチなどの新世代監督がキューブリックへのリスペクトを隠しもせず、露骨に表明することが続いています。そういった後輩監督たちに対して「元祖は俺だ!」「俺はキューブリックと(大変な思いをして)一緒に仕事をしたことがある、数少ない現役監督だ!」「お前たちは会ったことも、話をしたこともないのに出しゃばってくるんじゃない!」(笑)という意志です。偶然にも本年2018年は『2001年宇宙の旅』が公開されて50周年の節目の年。この記念すべき年に「はっきりと」「明確に」キューブリックへのリスペクトを表明したのは、スピルバーグのそんな若い才能への「嫉妬心」「対抗心」があったせいなのかも知れませんね(いや、単なる想像ですけど。笑)。

 ちなみに2012年に管理人が書いたスピルバーグ紹介記事には「小難しい事は他の監督に任せて是非エンターテイメントに徹して欲しい。そうすれば間違いなく第一級の素晴らしい作品を撮ってくれるに違いない」と記しましたが、71歳にしてそれを実現させたスピルバーグ監督に対して、ここであらためて敬意を評したいと思います。

情報提供:okayu様
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
t6d
『Danny & Tony』と題されたフィギィア。2,000台湾ドル(7,300円)で販売中。

個展の紹介動画。



 アーティストのKasing Lung氏が『シャイニング』にインスパイアされた個展『ROOM 237展 2018』を、台北市のWRONGギャラリーにて開催中です。

 紹介が遅くなってしまい、残念ながら開催は明日までです。ダニーのフィギィアは販売もしているそうです。作品を見る限り「怖カワイイ」の作風のようですね。開催概要は以下の通り。公式サイトはこちら

KASING LUNG’S ROOM 237 EXHIBITION 2018 at WRONG GALLERY TAIPEI

開催期間:2018年3月9日(金)〜4月1日(日)
開催場所:靠邊走藝術空間(台北市忠孝東路2段68號2F)
 
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kubac
予想外の高値をつけた米脚本家組合の会員証の出品カタログ掲載ページ。



 20世紀を代表する映画監督、スタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick)氏ゆかりの品々がイタリアで27日、競売にかけられ、落札総額は9万ユーロ(約1200万円)に上った。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:AFP BB News/2018年3月28日




 以前この記事でお知らせしたオークションが開催され、無事終了したようです。注目したジャック・ニコルソン着用ジャケットが1万9,000ユーロ(約250万円)、米脚本家組合(WGA)の会員証は予想を大幅に上回る1万3,000ユーロ(約170万円)、記事にはありませんが『シャイニング』のフィルム(写真を見る限りアウトテイク?)は6,500ユーロ(約85万円)で落札されました。

 総額1,200万円が高いのか安いのか微妙ですが、『2001年…』のアリエス1B宇宙船のモデルが発見され、落札された時のようなインパクトはなかったですね。
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
orc1
『シャイニング』でジャック・ニコルソンが着用したジャケット。オークションのカタログより。

7c7515e1dac88117221362dd1198be2d
エミリオの自宅(倉庫?)にあった時の写真。



 キューブリックのパーソナルアシスタント兼運転手のエミリオ・ダレッサンドロが、キューブリックに出会ったのは『時計…』の制作時ですが、以来キューブリックが急逝するまでキューブリックの主に私生活を支え続けました。キューブリックはそのお礼に映画で使用したプロップや衣装を記念として譲っていて、それらを数多く所有していることはよく知られていました。そのエミリオも御歳76歳。そろそろ身辺整理をしたくなったのか、所有しているプロップや衣装をすべてオークションにかけることにしたようです。中でも注目は『シャイニング』でジャック・ニコルソンが着用したジャケットです。

 ジャック・ニコルソンが『シャイニング』で着用したマーガレット・ハウエルのワインレッドのコーデュロイジャケット。サイズはLです。このジャケットはニコルソンの私物だったそうで、映画でこれを着るんだと聞かなかったそう。仕方ないのでキューブリックは衣装担当だったミレーナ・カノネロに指示をしてコピーを11着用意し、撮影に使用しました。その中でもエミリオが所有しているものはメインで使用されたものだそうです。

 開始価格は10.000ユーロ(約130万円)。他にもファン垂涎のレア・アイテムが続々。本年度アカデミー賞の長編アニメ映画賞と主題歌賞を受賞した『リメンバー・ミー』の共同監督、リー・アンクリッチはキューブリックファンであり、『シャイニング』コレクターでもありますが、そのアンクリッチも虎視眈々と狙っているでしょう。ファン的にはカットされたフィルムが気になりますが、未公開シーンではなく没テイクのように見えます(未公開シーンとの情報もあり)。なるべくならしかるべき組織が落札して、我々ファンが拝める機会を作っていただけると嬉しいですね。

 オークションは2018年3月27日にトリノにて開催。出品カタログはこちら


【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ