フルメタル・ジャケット

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote







セリフや声優のキャスティングなど様々な意見はあるかと思いますが、管理人個人としてはリリースしてくれたことに価値があると思っていますので、評価は避けたいと思います。



 幻とされていた『フルメタル・ジャケット』の日本語吹替版BDがリリースされ、話題になっています。この吹替版はTV放映用ではなく、吹替版として劇場公開を予定していたものです。『フルメタル…』の日本公開は1988年3月ですが、ちょうどその頃のキューブリックのインタビューがありましたので、ここに一部抜粋して引用してみたいと思います。

 (外国語版は)できる限り最高のメンバーに依頼する。ダビング(吹替)版なら、最高のライター、最高の監督に、最高の俳優。スペイン語版でカルロス・サウラに頼んだこともあるよ。スーパーインポーズ(字幕)版、私はこの方が良いのだが、ダビング(吹替)版主体の国が多いのが現状だ。興行者が主張するから仕方なく作ってはいるが。スーパーインポーズ(字幕)版では、英語の話せる優秀な翻訳者に頼むのが第一。今、ドイツ語版では優秀な翻訳者がいる。ジャーナリストだが。日本ではスーパー主体だね。

〈インタビュアーの『フルメタル…』の日本語字幕の批評なので中略〉

 なにしろ日本語のシンタグム(構文法)は、我々(欧米人)には普通じゃない。

(引用先:イメージフォーラム1988年6月号/スタンリー・キューブリック・ロングインタビュー



 以上のように、キューブリックは外国語版にもチェックを怠らなかったのですが、ポイントは2つ。

(1)キューブリックは吹替版より字幕版を好んでいた

(2)字幕であれ、吹き替えであれ優秀な翻訳者にオファーする

となるでしょう。

(1)は吹替が当たり前のアメリカ生まれ、アメリカ育ちのキューブリックにしては意外な感じもしますが、それだけセリフに込めた意味を重要視していたのでしょう。

(2)は、コントロールフリーク(原田氏談)のキューブリックらしいこだわりで、自分が認めた優秀な人材であれば専門の翻訳家でなく、映画監督でもジャーナリストでも構わない、ということでしょう。つまり専門家の「誤訳の女王」はキューブリックのお眼鏡には叶わなかったんですね(笑。

 キューブリックの人材登用の特徴は、優秀であれば専門外の人材でも積極的に採用する点です。役者でさえ素人(『2001年…』の地上管制官、『シャイニング』のバスルームの美女など)を採用するくらいです。脚本も専門の脚本家に頼まず、小説家(もしくは小説家兼脚本家)にオファーするのが常でした。理由は「専門家の手慣れた仕事(手抜き)を嫌がった」「素人の新鮮なアイデアに期待した」などいろいろ考えられますが、どちらにしてもその「素人」がそれ相応の才能や技能を持っていないと相手にしなかったようです。そうやって冷徹に人を切り捨てる態度に立腹した俳優やスタッフも数多く、そのことが多数の敵と、彼らが吹聴する悪口が、誤解や偏見を生む土壌になったと言えるでしょう。

 キューブリック逝去後の『アイズ…』公開時の字幕は、『フルメタル…』でNGを出されたはずの戸田氏が担当しました。キューブリックが存命なら、かなりの高確率で再度原田氏にオファーしたのではないでしょうか。ワーナーの気の利かなさっぷりはあいかわらずですが、結局戸田氏は最後の重要なセリフ「Fuck」を「セックスよ」と単純に訳してしまいました。現在のDVDやBDはレオン・ヴィタリの監修のもと「ファックよ」に修正されています。そんな戸田氏は『アイズ…』でクルーズとキッドマンが来日した際、二人の間に割って入ってニコニコとカメラマンのフラッシュを浴びておりました(怒。

 「使えない奴に限って目立ちたがり屋」みなさんの周りにもほら、心当たりがありませんか?(笑。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
_SL1500_
フルメタル・ジャケット 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]


 11月8日に発売される「【初回限定生産】フルメタル・ジャケット 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ」。スタンリー・キューブリック監督による製作から30周年を記念し、1991年に水曜ロードショーでの放送が予定されていながら、直前になって放送中止となった“幻の日本語吹替音声”が収録される。当時、この日本語字幕・吹替の翻訳と、日本語吹替の演出を担当したのは、映画監督の原田眞人。BDの発売にあたり、原田氏がその経緯や裏話を説明した。

(全文はリンク先へ:AV Watch/2017年11月6日



 日本語吹き替え版はTV用ではなく、映画用だったというのはちょっとした驚きです。そういえばキューブリックは『博士…』を「衝撃の多くをセリフに頼っている」「字幕では面白さが損なわれる映画」と語っていたので、『フルメタル…』も同様に考えていたのかもしれません。『2001年…』や『シャイニング』などのビジュアル重視系は字幕でもOKだが、『博士…』や『フルメタル…』のようにセリフ重視系は吹き替えで、という判断なのでしょう。ただ、ゲルマン・ラテン語系ではない日本語の独自性とその難しさも理解していたようで、『フルメタル…』の頃にやっと日本語吹き替え版を作る体制が整った、ということなのかも知れません。

 そう考えると原田氏が『フルメタル…』の字幕や吹き替え作業で果たした役割は大きい、ということになります。上記の記事からもキューブリックは原田氏に信頼を寄せていたことが伺えます。ちなみに『フルメタル…』公開後のこのインタビューでも字幕の出来の良し悪しを気にしていることからも、キューブリックにとって『フルメタル…』の日本語化は大きな挑戦だったのでしょうね。

 ちなみに原田氏が語る「女性スナイパーが娘(ヴィヴィアン)に似ている」云々の話はあまり気にしなくていいと思います。キューブリックが映画制作に家族を重用したのは事実ですが、ヴィヴィアン以外の家族も手伝わされています。それにスナイパーのくだりは原作通りですからね。さらに言うなら、キューブリックは原作にある「頭部切断シーン」の映像化を試み、その生首の試作さえしています。スナイパーとヴィヴィアンを同一視していたならこんなことはできなかったはず。原田氏はキューブリックと一緒に仕事をした数少ない日本人の一人です。こういった「思い込み論」を語るより、当時の「客観的な事実」をもっと教えて欲しいものです。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
DK8UKRyWAAA5SeJ
FULL METAL JACKET DIARY


 『フルメタル…』のジョーカー役、マシュー・モディーンが2005年に発表した書籍『フルメタル・ジャケット・ダイアリー(FULL METAL JACKET DIARY)』のiOSアプリ版(1300円)が、セール中につき240円と大幅にお安くなって期間限定で販売中です。

 こちらのリンクで詳細をご確認の上、各iOSデバイスのApp Storeから入手してください。というのもiTunes12.7から、iTunesからApp Storeにアクセスできない仕様に変更されたからです。つまりPCで購入→iOSデバイスにインストールという方法が使えなくなったのです。iOSアプリをPCで管理していた方はご注意ください。

 その『フルメタル・ジャケット・ダイアリー』ですが、マシュー・モディーンが撮影した『フルメタル…』撮影中の数々のオフショットは貴重なものも多く、必見の価値ありです。それぞれの解説文(朗読付き)もなかなか興味深いです。未入手の方は、お得なこの機会にぜひどうぞ。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
_SL1500_
フルメタル・ジャケット 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]


 幻の日本語吹き替え版がBDとなってついに登場します!現在予約受付中。発売予定は2017年11月8日です。

 いやー、ほんとにリリースするとは驚きです。ちなみに吹き替え版の配役は

ジョーカー(マシュー・モディーン):利重剛
アニマル・マザー(アダム・ボールドウィン):菅田俊
エヴァンス(アーリス・ハワード):塩屋俊
エイトボール(ドリアン・ヘアウッド):岸谷五朗
ハートマン(R・リー・アーメイ):斎藤晴彦
レナード(ヴィンセント・ドノフリオ):村田雄浩
その他:矢島健一、渡辺哲、有薗芳記
演出 :原田眞人

(引用先:wikipedia『フルメタル・ジャケット』

となっています。演出に原田氏の名前がありますので、字幕版とかなり近いのではないかとは思いますが、1991年10月23日に日本テレビ『水曜ロードショー』枠でオンエアという暴挙(笑)をしようとしていたので、若干穏当な表現になっていることは十分に予想できます。深夜帯とは言え地上波ですからね。もしそうだとしても、批判は厳に慎んでほしいです。リリースされることに大きな意味がありますので。

 また、amazonには以下の特典の情報が記載されています。

・限定生産商品にしか収録されていなかったドキュメンタリー映像を収録した特典DVDディスク付!
・豪華アウターケース、ミニポスター&スチールカード付!

「限定生産商品にしか収録されていなかったドキュメンタリー映像」というのは『キューブリックの箱(スタンリー・キューブリック・ボクシーズ)』のことでしょうか? これは『フルメタル・ジャケット 製作25周年記念エディション 』に収録済です。あとの豪華アウターケース、ミニポスター&スチールカードにはあまり惹かれませんね。

 ところで、パッケージは未定となっていますが、オリジナルであるフィリップ・キャッスルのイラストを使用するのは大賛成です。現在BDのパッケージに使用しているイラストは戦場カメラマン沢田教一氏のベトナム戦争の写真の無断使用ではないか?とワーナーに問い合わせてそれっきり返事がきません。なんとなく有耶無耶になりつつありますが、オリジナルに戻すなら文句はありません(たとえ黒バックでも)。なぜなら、このキービジュアルはキューブリックが直接関与してフィリップに描かせたものだからです。ですのでなんらかの意図があるのではないかと思い、この記事で考察を試みてみました。これが正しいか否かは私にもわかりませんが、少なくともキューブリックの遺志は尊重すべきだと思います。他の映画監督の作品ように「宣伝部が勝手にデザインした」訳ではないのですから。

 それにしても楽しみです。でも価格は高すぎ。ワーナーさん、商売上手ですねー!!(棒読み)
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 2015年にリリースされたアルバム『ドローンズ』からのプロモーションシングル曲。

 このミューズというバンドは過去にも『博士…』のオマージュとして「タイム・イズ・ランニング・アウト」、『2001年…』のオマージュとして「ブリス」をご紹介していますが、今回は『フルメタル・ジャケット』。歌詞は「お前をサイコ・キラーに作り変えてやる!」というそのまんまな内容で、PVもかなり直球です。

 ブルージーに唸るギターリフとノイジーなベースが大好物な管理人としては、彼らの演っている音楽はものすごく好みなんですが、いかんせん1960年代〜70年代のロックを大量に聴き込んでしまっているので、どうしても元ネタがわかってしまいます。パープルのこれやドアーズのこれなんかがアイデアのベースでしょうね。

 ミューズはグラミー賞を受賞したほどの世界的に有名なロックバンドですが、ガラパゴス化が激しい日本のミュージック・シーンでは全く知られていません。日本でロックバンドといえばバンプに代表される「切ない・爽やか系」が主流ですが、メジャーシーン以外でこういった骨太系ロックバンドもいないわけではない(以前こんなバンドをご紹介しました)ので、「トレンド」などという軽薄なものに流されず、地道に活動を頑張ってほしいものです。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ