フルメタル・ジャケット

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
FMJパイルが呟く「フル・・メタル・・ジャケット」に、キューブリックは「この作品の全体像はあるか?」とフレデリック・ラファエルに問いかけている。

 原題の『ザ・ショート・タイマーズ』を採用せず、「響きが美しく象徴的だから」と『フルメタル・ジャケット』というタイトルを採用したキューブリック。「響きが美しい」は原題『短期除隊兵(ショート・タイマーズ)』と比較すればすぐ理解できますが(キューブリック曰く「まるで半日しか働かない人みたいじゃないか!」)、「象徴的」とは何を象徴していると考えてのコメントだったのでしょうか?

【フルメタルジャケット弾(full metal jacket / 被覆鋼弾、完全被甲弾)】

 貫通性が高い通常の弾丸。弾芯が金属(メタル)の覆い(ジャケット)で覆われているメタルジャケット弾の一つ。ボール(Ball)とも呼ばれる。ほとんどのフルメタルジャケット弾は、弾芯である鉛をギルディング・メタル(真鍮の一種。混合率は銅95%、亜鉛5%)で覆っている。軍用ライフルでは、目標衝突時の弾頭変形を防ぎ貫通力を高めるため、このフルメタルジャケット弾が使われる。メタルジャケット弾にはフルメタルジャケット弾(弾頭をギルディング・メタルで完全に覆った弾)の他にパーシャルジャケット弾(弾頭の先端部分以外をギルディング・メタルで覆った弾)があり、パーシャルジャケット弾は、目標に衝突した際に露出している弾頭先端が変形し破壊力を増す構造で、主に大型動物のハンティング用に用いられる。ハーグ陸戦条約第23条の「不必要な苦痛を与える兵器、投射物、その他の物質を使用すること」への抵触を避けるなどの人道上の理由から、軍用弾にはフルメタルジャケット弾が用いられる。(引用元:Wikipedia/弾丸


 この解説を読む限り、フルメタルジャケットとは戦場で使用されている通常の銃弾そのもののようです。では、改めてその「銃弾」が象徴するものとは何でしょう?

 映画では冒頭の散髪のシークエンスから、ラストの炎をバックにして行軍するシークエンスまで、徹頭徹尾人間を物としか扱っていないかのような空々しさが漂います。戦場では思想も、哲学も、理想も、絶望も、夢も、未来も、感情も、自由も、真実も、虚構も、そんな人間性を伴うもの全てがまるで悪い冗談にように虚しく通り過ぎてゆくだけ。唯一の現実はただひたすら銃弾によって殺し合うこと。銃弾は一度放たれたら最後、嘘や冗談も言わずただ粛々と命を奪ってゆく。すなわち戦場では「銃弾=真理」なのです。冗談を言わない銃弾。冗談を言う人間(ジョーカー)に真理はない。だから戦場で真理となるには銃弾になる必要があるのです。

 ですが残念ながら、物語中唯一銃弾にならなかった(なれなかった)人間がいます。そう、レナード(パイル)です。実はレナードこそ人間なのです。人としての感情に富み、正直さ、弱さ、優しさに溢れています。劇中唯一本名を与えられていた事からもわかるように、レナードこそ人間の良心、人間性そのものと言って良いでしょう。だから狂った。人間だから、良心があるから狂った。でもそれは戦場では何の役にも立たない不良品。良心を持った銃弾など戦場では使えない。それは当然のように排除の対象となります。キューブリックは劇中唯一このシークエンスだけにタイトルをセリフに載せています。「フル・・メタル・・ジャケット」と呪いのように呟き、自ら銃口を口に銜えるその姿は、人間のままでいたいともがくレナードの最後の抵抗なのです。そして銃弾が脳天にめり込んだ瞬間、レナードは銃弾になることなく人間のまま死んだのです。

 それ以降、人間は誰一人として登場しません。登場するのは人間の形をした銃弾です。あの可哀想に見えるベトコン少女でさえもそれは例外ではありません。少女は知っていました。銃弾になってしまった自分を救えるのは銃弾でしかないことを。ジョーカーも気づいていました。銃弾である自分が、少女が銃弾であり続けることを終わらせられる唯一の存在であることを。それが「血みどろの親密さの共有」。少女は撃ち殺して欲しいと望みました。そして銃弾が体内にめり込んだ瞬間、少女は銃弾から人間へ還り、レナードと同じように死んだのです。

 「兵士=銃弾=消耗品」。キューブリックは『フルメタル・ジャケット』の前半で銃弾の製造工程を、後半でその浪費っぷりを淡々と描き、そこに「下手な思想性」を付け加えることを慎重に回避しています。加えてキューブリックはその意図を明確にするために、キービジュアルのイラストのヘルメットに7個の「フルメタル・ジャケット」を差し込みました。その数は、本編で死ぬ海兵隊員と同じ「7」であることに、もっと多くの人が気づくべきでしょう。

full_metal_jacket


結論:「フルメタル・ジャケット」とは、かつて人間だった単なる銃弾であり、そして単なる消耗品を指す言葉。その言葉をキューブリックが選んだのは、これこそ「戦争の真理(本質)」と考えたため。

 戦争の是非(反戦・好戦)ではなく、戦争の本当の姿「真理」を象徴するものとして、『フルメタル・ジャケット』というタイトルを選んだキューブリック。それを「戦争・軍隊悪玉論」「ベトナム反戦映画」としてしか語れないのであれば、それはあまりにも視野狭窄的と言わざるを得ないのではないでしょうか。

初出:2013年03月03日
追記:2019年7月14日
加筆修正:2020年8月8日


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
FMJD
貴重なオフショットやプライベートショットが満載です。オーディオコメンタリーも収録。

 『フルメタル・ジャケット』でジョーカーを演じたマシュー・モディーンが本作全米公開日である6月26日を記念して、自身が『フルメタル…』撮影現場の舞台裏を撮影した写真集『フルメタル・ジャケット・ダイアリー』のiPad版を今週末まで無料配布しています。このリンクか、App Storeで「Full Metal Jacket Diary」と検索してください。マシューのツイートによると無料配布は「今週末」とあるだけで、アメリカ時間なのかグリニッジ標準時なのか詳細はわかりません。ですので、お早めのダウンロードをおすすめします。ちなみに管理人は以前240円でセールだった時に購入しました。それ以前の2012年のリリース当初は1,300円でした。書籍版の発売は2002年です。

 その書籍版ですが、こちらは現在も1万円超と少々お高いので未入手です。邦訳版が出れば買いたいと思っていたので、まだ手を出せずにいます。というか、iPod版で満足しています。どうしても書籍(洋書)で欲しいという方はぜひご検討ください。


Full Metal Jacket Diary (英語) ハードカバー – 2005/10/25

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
バーやボウリング場などに設置してあった「ビデオ・ジュークボックス」(お金を入れて好きなMVを流す機械)に登録されていたのはこの映像でしたので、個人的に『黒くぬれ!』といえばこれになります。

 1988年に公開されたスタンリー・キューブリック監督作品『フルメタル・ジャケット』。そのエンディング曲に使用されたザ・ローリング・ストーンズの『黒くぬれ!(Paint It, Black)』ですが、公開当時、映画ファンやロックファンの間ではあまり評判が良くありませんでした。なぜなら当時流行していたベトナム戦争映画では必ずロックが使われていたし、しかもよりによって「誰でも知っている」レベルのありきたりな曲だったからです。

 この使用についてキューブリックは

「ストーリーをまとめたいと思うなら、あの曲を使うよ。また、ローリング・ストーンズはあの頃のシンボルのようなもので、あの曲はちょうどいい時期に世に出てきた。だからあの時代はローリング・ストーンズ抜きには語れないんだ」(引用元:キネマ旬報1988年3月上旬号)

と発言しています。時代の象徴のストーンズという意味はわかりますが、では他の曲ではなくなぜ『黒くぬれ!』なのかはこれではわかりません。一説によるとキューブリックはポップ・ミュージックに疎く、この曲が「有名すぎるぐらい有名な曲」だということを知らなかったのではないか?という話もあります。

 キューブリックにしてはあまりにも安易(たとえ「戦争の真実は権力によって黒く塗りつぶされる」という意図だとしても)ではないか?と考えた管理人は、他に理由があるのではないかと考え、「実はキューブリックはこの『黒くぬれ!』はファースト・チョイスではなかったのでは?」と、以下のような仮説を提唱しています。

 キューブリックは当初、行軍で『ミッキーマウス・クラブマーチ』歌うシーンに続けて、エンディングに『ミッキーマウス・マーチ』のオリジナルバージョンを使用する予定だったが、ディズニーから許可が下りず、仕方なくセカンンドチョイスとして『黒くぬれ!』を使用した。

 その根拠として、キューブリックは『ミッキーマウス・クラブマーチ』について

『ミッキーマウス・クラブ』の歌は実際に海兵隊員によって歌われたんだよ。もっとも「MICKY MOUSE」ではなく「FUCKED AGAIN」と歌ってたけどね。この『ミッキーマウス・クラブ』の歌を歌ったのは18〜19歳の少年兵で、彼らは数年前までTVで『ミッキーマウス・クラブ』を見ていたんだ。彼らがつい最近まで子供だったことを表現するために入れたんだ」(引用元:キネマ旬報1988年3月上旬号)

とコメントしていて、ベトナムに派遣された兵士の若さ象徴するものとしてこの『ミッキーマウス・クラブマーチ』を捉えていたことが伺えます。このことは原作小説ではより明確で、ジョーカーたちは兵舎に現れるネズミを叩き殺す「ラット・レース」を催し、その死に対して最大級の敬意を持ってこの歌を歌います。また、映画ではダナンの事務所にはジョーカーの背後にミッキーが飾られていました。つまり、キューブリックは「ミッキーマウス=ベトナムに派遣された若い兵士たち」というアイデアを撮影時から持っていたということになります。

MM_FMJ
ダナンの基地に置かれたミッキーマウスの人形。

 そして、このエンディングでのオリジナル版『ミッキーマウス・クラブマーチ』の使用というアイデアは、『時計…』の「劇中で登場人物が歌った曲のオリジナルバージョンをエンディングで流す」と同じですし、『博士…』の「バッドエンドをより際だたせるためにあえて逆の印象を与える曲を使用する」と同じです。つまり「キューブリックお気に入りの手法」ということです。ですが、ディズニーの使用許可が下りず(降りるはずもないですが)、仕方なくセカンドチョイスの『黒くぬれ!』を選択したのではないか?という推論(あくまで)です。

 この推論は随分と前から管理人は提唱し続けているのですが、なかなか関係者の証言に行き当たりません。もちろん全くの的外れである可能性もあるので、何か情報を得次第、追記するか改めて記事にしたいと思います。

 ところで『黒くぬれ!』はサントラには未収録です。よく考えるとストーンズはデッカのアーティスト。キューブリックとデッカで思い出されるのは『2001年宇宙の旅』で使用したカラヤンの『ツァラトゥストラはかく語りき』がデッカ側のNGで、サントラではベーム版に差し替えられた一件です。キューブリックとデッカの関係はこの時もあまり良くなかったのかもしれません。

 なお、『ミッキーマウス・クラブマーチ』は原作にも登場しています。前述した通りネズミの埋葬シーンと、フエの街に突入するシーンで歌われています。これをキューブリックのオリジナルアイデアとして論じる方を度々見受けられますが、原作準拠であることをここに明記しておきます。

『フルメタル・ジャケット』のエンディングシーン。

エンドロールでこの音源が使われている様を想像してみてください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
liberaiders_FMJ

 アパレルブランド、『liberaiders(リベレイダーズ)』より『フルメタル・ジャケット』のジャケット、フーディ、Tシャツが販売中になっています。このブランドのテーマは「ミリタリー、トラベル、ロックンロール、フォトグラフィー」とのことなので、この「ミリタリー」の部分での採用ということなんでしょう。

 公式通販サイトはこちら。もしくは以下のリンクからどうぞ。Ron HermanやJOURNAL STANDARDなどのセレクトショップで取り扱いがあるようですが、売り切れも出ていますので、詳細は取り扱い店舗にお問い合わせください。店舗一覧はこちら

No: 760012002
FMJ COACH JACKET

24,000円(税抜)
サイズ:S、M、L、XL
カラー:BLACK、OLIVE

No: 763012002
FMJ PULLOVER HOODIE

18,000円(税抜)
サイズ:S、M、L、XL
カラー:BLUE、BLACK、WHITE

No: 766012002
FMJ001 TEE

8,500円(税抜)
サイズ:S、M、L、XL
カラー:BLACK、WHITE

No: 766022002
FMJ002 TEE

8,500円(税抜)
サイズ:S、M、L、XL
カラー:OLIVE、WHITE、BLACK

No: 766032002
FMJ003 TEE

8,500円(税抜)
サイズ:S、M、L、XL
BLACK、WHITE、BEIGE

情報提供:ハメシロアツシさま

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
FMJ_1
画像引用:IMDb - Full Metal Jacket

 1999年に設立された「Military.com」は、軍人や退役軍人、その家族、軍事従事者に関するニュースと情報を提供するWebサイトです。つまり「本物の本家のサイト」ということですね。そのMilitary.comがチョイスした「『フルメタル・ジャケット』に登場する珠玉のセリフ16」という記事がありましたのでご紹介。選ばれし栄光のセリフは以下の通りです。



1.
ハートマン軍曹:「訓練教官のハートマン先任(ガナリー)軍曹である。話し掛けられた時以外口を開くな。口でクソたれる前と後に“サー”と言え。分かったか、ウジ虫ども!」

2.
ハートマン軍曹:「パパの精液がシーツのシミになり、ママの割れ目に残ったカスがお前だ!どこの穴で育った?」

3.
ハートマン軍曹:「カマを掘るだけ掘って、相手のマスかきを手伝う外交儀礼もないやつ。きっちり見張るぞ!」

4.
ハートマン軍曹:「アカのどん百姓め、聖母マリアを敬うと言え!腹ワタつかみ出すぞ!聖母マリアを敬うか?」

5.
ハートマン軍曹:「よし起立!ケツの穴を引き締めろ! ダイヤのクソをひねり出せ!さもないとクソ地獄だ」

6.
ハートマン軍曹:「ケツまくる気か、貴様?! 答えろ!セイウチのケツにド頭突っ込んでおっ死ね!俺の障害物から離れろ!やえちまえ!さっさと降りろ、グズ!タマ切り取ってグズの家系を絶ってやる!とことん鍛え直すぞ!人食い族の巨根が粗チンになろうとも」

7.
ハートマン軍曹:「アホ相手に質問するのはおれの役だ」
カウボーイ:「サー、イェッサー」
ハートマン軍曹:「続けてよろしゅうございますか?」

8.
ハートマン軍曹:「スキンのまま生まれたクソバカか、デブ?努力してこうなったのか?!」

9.
ハートマン軍曹:「貴様のような肉棒(マラ)頭のせいで泥棒がはびこる!」

10.
ハートマン軍曹:「こいつはたまげた。これは何だ!何なんだ、この物体は!答えろ、デブ!」
パイル:「ドーナツです」
ハートマン軍曹:「ドーナツ?」

11.
ハートマン軍曹:「ありがたい名前を忘れるな。0300歩兵隊、よくやった」

12.
ポージ大佐:「唯一の要求は本官の命令を神の啓示として従うこと。ベトナム人を援助するのは、やつらの心に米人が住み解放の時を待っているから。硬式野球の世界だぞ。平和運動熱が滅ぶまで共に耐え抜こう」

13.
アニマルマザー:「しゃべる姿は海兵だ。歩く姿も海兵か?」

14.
クレイジーアール:「大いなる人生がここにある。おれたちは銃を下げ地球を歩く愉快な緑の巨神。今日ぶっ殺した連中は、まれに見る善人どもだった。国に戻ると撃つに値するやつがいなくて寂しいだろうな」

15.
ダナンの売春婦:「ベイビー、あたし燃えてるね。燃えてるね。サービスたっぷりね、遊ぶね?」

16.
ジョーカー:「それじゃアン=マーグレットは中止?」

(引用元:Military.com:The 16 Greatest Quotes From 'Full Metal Jacket'/2020年2月19日




 選ばれているセリフは定番のハートマン軍曹の罵倒からジョーカーの皮肉までさまざまですが、軍関係のサイトだけあって保守色が強いですね。それだけ愛されている証拠だと思いますが、これがリベラル系だとまた違ったチョイスになると思います。そのリベラルからは「反戦映画の傑作」と呼ばれているわけですが、左右両陣営からこれだけ愛されている映画も珍しいのではないでしょうか?(笑。

このページのトップヘ