フルメタル・ジャケット

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
FMJ_1
画像引用:IMDb - Full Metal Jacket

 1999年に設立された「Military.com」は、軍人や退役軍人、その家族、軍事従事者に関するニュースと情報を提供するWebサイトです。つまり「本物の本家のサイト」ということですね。そのMilitary.comがチョイスした「『フルメタル・ジャケット』に登場する珠玉のセリフ16」という記事がありましたのでご紹介。選ばれし栄光のセリフは以下の通りです。



1.
ハートマン軍曹:「訓練教官のハートマン先任(ガナリー)軍曹である。話し掛けられた時以外口を開くな。口でクソたれる前と後に“サー”と言え。分かったか、ウジ虫ども!」

2.
ハートマン軍曹:「パパの精液がシーツのシミになり、ママの割れ目に残ったカスがお前だ!どこの穴で育った?」

3.
ハートマン軍曹:「カマを掘るだけ掘って、相手のマスかきを手伝う外交儀礼もないやつ。きっちり見張るぞ!」

4.
ハートマン軍曹:「アカのどん百姓め、聖母マリアを敬うと言え!腹ワタつかみ出すぞ!聖母マリアを敬うか?」

5.
ハートマン軍曹:「よし起立!ケツの穴を引き締めろ! ダイヤのクソをひねり出せ!さもないとクソ地獄だ」

6.
ハートマン軍曹:「ケツまくる気か、貴様?! 答えろ!セイウチのケツにド頭突っ込んでおっ死ね!俺の障害物から離れろ!やえちまえ!さっさと降りろ、グズ!タマ切り取ってグズの家系を絶ってやる!とことん鍛え直すぞ!人食い族の巨根が粗チンになろうとも」

7.
ハートマン軍曹:「アホ相手に質問するのはおれの役だ」
カウボーイ:「サー、イェッサー」
ハートマン軍曹:「続けてよろしゅうございますか?」

8.
ハートマン軍曹:「スキンのまま生まれたクソバカか、デブ?努力してこうなったのか?!」

9.
ハートマン軍曹:「貴様のような肉棒(マラ)頭のせいで泥棒がはびこる!」

10.
ハートマン軍曹:「こいつはたまげた。これは何だ!何なんだ、この物体は!答えろ、デブ!」
パイル:「ドーナツです」
ハートマン軍曹:「ドーナツ?」

11.
ハートマン軍曹:「ありがたい名前を忘れるな。0300歩兵隊、よくやった」

12.
ポージ大佐:「唯一の要求は本官の命令を神の啓示として従うこと。ベトナム人を援助するのは、やつらの心に米人が住み解放の時を待っているから。硬式野球の世界だぞ。平和運動熱が滅ぶまで共に耐え抜こう」

13.
アニマルマザー:「しゃべる姿は海兵だ。歩く姿も海兵か?」

14.
クレイジーアール:「大いなる人生がここにある。おれたちは銃を下げ地球を歩く愉快な緑の巨神。今日ぶっ殺した連中は、まれに見る善人どもだった。国に戻ると撃つに値するやつがいなくて寂しいだろうな」

15.
ダナンの売春婦:「ベイビー、あたし燃えてるね。燃えてるね。サービスたっぷりね、遊ぶね?」

16.
ジョーカー:「それじゃアン=マーグレットは中止?」

(引用元:Military.com:The 16 Greatest Quotes From 'Full Metal Jacket'/2020年2月19日




 選ばれているセリフは定番のハートマン軍曹の罵倒からジョーカーの皮肉までさまざまですが、軍関係のサイトだけあって保守色が強いですね。それだけ愛されている証拠だと思いますが、これがリベラル系だとまた違ったチョイスになると思います。そのリベラルからは「反戦映画の傑作」と呼ばれているわけですが、左右両陣営からこれだけ愛されている映画も珍しいのではないでしょうか?(笑。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 人種差別にキビしく、平等に価値がないと言い切る軍曹でさえ唸る美味しさ、ということでしょうか?(笑。

 この「キンダーブエノ」、ソニーさんが運営していた輸入食品を扱う雑貨店などで見かけた方もいらっしゃるかと思いますが、好きな方は好きみたいですね。このチョコはイタリアの菓子メーカー、フェレロが販売しているもので、「フェレロ ロシェ」という金色のアルミ箔に包まれたチョコレート菓子はあちこちで見かけるため、そちらをご存知の方も多いかと思います。

 「キンダーブエノ」はそれと違い、お子様向けというか駄菓子的な商品のようです。日本で言えば「ブラックサンダー」でしょうか? なるほど、だからCMもちょっと子供っぽい演技なんですね。そんなこんなでちょっと興味が湧きましたので、銀座にあるその輸入雑貨店で買ってきました。

Bueno

 海外のチョコ菓子にしては甘さも抑えめで、食感も軽くてなかなか美味しかったです。ただ輸入商品なので、270円という値段にはどうしても割高感がありますね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 アメリカ海兵隊制作の新兵勧誘広報映画『これがパリス・アイランドだ!(This is Parris Island)』がYouTubeにありましたのでご紹介。

 『フルメタル・ジャケット』は1968年のテト攻勢が描かれていますので、パリス・アイランドでの訓練シーンはそれより前の1967年の設定だと思います。ですので、この動画は3年のズレがありますが、だいたい同じような雰囲気だったのではないでしょうか。

 キューブリックがこの広報映画を観たか否かは証言がありませんので不明ですが、訓練シーンなどは映画で描かれた風景とそっくりです。特に4:17からのバリカンで頭を刈るシーンは印象的ですので、『フルメタル・ジャケット』のオープニング・シークエンスはこれにインスパイアされたもの(原作には登場せず)かもしれませんね。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ccFMJ

 ハードコアチョコレートから『シャイニング』『時計じかけのオレンジ』『2001年宇宙の旅』に続いて、『フルメタル・ジャケット』のパーカー、Tシャツが現在発売になっています。ところでパーカーの「DO I MAKE YOU NERVOUS?」は本当は「You will not laugh! You will not cry! You will learn by the numbers. I will teach you.(笑ったり泣いたりできなくしてやる!)」のシーンなのですが、原文だと長いのでこちらが選ばれたんでしょうか? 色は全種黒のみですが、黒Tが好きな人には受けそうです。購入は以下のリンクからどうぞ。amazonでも取り扱い中です。

フルメタルジャケットZIPパーカ(DO I MAKE YOU NERVOUS? ブラック)
型番:P-1321MS
サイズ:S、M、L、XL、XXL
8,800円(税込)
※amazonでの取り扱いはこちら

フルメタルジャケット(Hartman ブラック)
型番:T-1320MS
サイズ:160、S、M、L、XL、XXL
4,400円(税込)
※amazonでの取り扱いはこちら

フルメタルジャケット(BORN TO KiLL ブラック)
型番:T-1319MS
サイズ:160、S、M、L、XL、XXL
4,400円(税込)
※amazonでの取り扱いはこちら

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 戦争映画では厳しい訓練教官が登場する映画はいくつもあるのですが、その中でも「狂気的」な訓練教官が登場する映画TOP10を、おなじみのWatchMojo.comがセレクトしています。10位から2位は以下の通り。

10位:ブルースが聞こえる(1988)
9位:フォレストガンプ(1994)
8位:Major Payne(1995)
7位:グローリー(1989)
6位:人生狂騒曲(1983)
5位:パラダイス・アーミー(1981)
4位:ジャーヘッド(2005)
3位:愛と青春の旅だち(1982)
2位:スターシップ・トゥルーパーズ(1982)

 そして1位は・・・まあ言うまでもないですね(笑。2位は唯一SF映画のランクイン。3位も鉄板です。予想できた方も多いのではないでしょうか?

このページのトップヘ