アイズ ワイド シャット

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
EWS1「イルミナティ」「フリーメイソン」など何かと話題の的になる『アイズ ワイド シャット』の儀式シーン。

エロティックな表現の限界点を探るのに参考にしたイギリスのTVドラマ『レッド・シューズ・ダイアリー』のオープニング。

800px-FEMMESdapFELICIEN_ROPS
参考にと推奨されたフェリシアン・ロップスの『Le Mannequin(ル・マネキン)』と題された作品。『アイズ…』の世界感に近い。

儀式シーンで使用されたジョセリン・プークの『Masked Ball - Backwards Priests』。

●儀式シーンのリサーチについて

ブライアン・クック(助監督):私はスタンリーによく言ったんだ。「エイドリアン・ラインかトニー・スコット監督を呼んでこのシーンを撮るべきだ。彼らなら撮り方を知ってるよ、スタンリー。でも君は違う!」ってね。それでよく笑いあったものさ。でもね、乱交シーンの撮影日は押しに押したんだ。スタンリーは全然撮ろうという意欲がなかったんだ。ここだけの話、彼の得意分野じゃなかった。複雑で、撮る場所を決めるのも難しかった。しかし、そのためにたくさんのリサーチをした。

アンソニー・フリューイン (キューブリックのアシスタント):G・レグマンという南フランスに住む友人がいた。彼は我々にシュニッツラーの頃のウィーンの秘密結社と性の慣行について多くの情報をくれた。秘密結社の儀式と黒ミサについてのイラストも送ってくれたね、主に19世紀のものを。沢山の儀式のイラストを集めた。現代のものから古代のものまで。レグマンはフェリシアン・ロップスというとても有名ないろんな種類の春画に長けたアーティストを推薦してくれた。

ブライアン・クック:ニコールが海兵といちゃつくシーンでは、焼き増しの写真を使って、彼女にシーンに何を望んでいるか聞いたんだ。「どういう風にしたい?」って。 彼女は(訳者注:写真を見ながら)「いいえ。絶対だめ。これなら。そう。ダメ。それならOK。」 て答えてくれた。

レオン・ヴィタリ (キューブリックのアシスタント):私たちは超えることのできない障害を探してたんだ。ソフトコア・ポルノや『レッド・シューズ・ダイアリー』を見た。どれだけのものを映画で見せられるかを知るためにね。そしてもちろん、シーンに喜んで出てくれる人を探さなきゃならなかった。全てのモデル事務所とダンス教室を当たったよ。問題は彼らが完全に自然でなければならなかったことだ。ボトックス(注射)、豊胸手術は絶対ダメ。これは全ての事務所に明確に伝えた。でも何回か事務所に豊胸手術を受けさせることに同意したこともあった。 ヨランデ・スナイスのダンス会社にも連絡をとった。彼らを何ヶ月も週に1、2回呼んでビデオに撮り、いろんなことを試した。

ヨランデ・スナイス (振付師):モデルたちと多くの時間をリハーサルで過ごしました。スタンリーはエロティックなヴィネットと状況を欲していました。彼が使った言葉は「超現実的」と「挑発的」です。でも「あからさま」は使いませんでした。秘密の大きな豪邸にいる秘密結社の男達とその娼婦たちのシーンだと説明してくれました。

アビゲイル・グッド(謎の美女役):セント・パンクラスにある今は美しいホテルになっている場所を使いました。 荘厳な建物で大きな階段がありました。現実とは思えませんでした。なぜなら奇妙な儀式の動きを何ヶ月もしたからです。 リハーサルのために集まって、アイデアを出し合いました。レオンがそれをビデオに録ってくれて、そのあとスタンリーがフィードバックをくれました。

ジュリエンヌ・デイビス(マンディ役):スタンリーは「こんなものにはならないから」と言って、「突く」ジェスチャーをしました。代わりに、ある種の性的なモダンダンスのようなものになると言っていました。(注:この約束は守られず、のちにより過激なものになった)

ラッセル・トリガー(ダンサー):ヨランデの練習は接触と即興によって成り立っていました。意図的な動きでした。彼女は感覚的なアプローチをしていました。ある時など、他の人と練習している時になど壁と一緒に動いたり、対になったりなどしないといけませんでした。ベッドやソファーを使ったシーンもありました。 プレッシャーと、身体に重なる身体の反発。身体に対するテーブル、壁、小道具などなどです。

ヨランデ・スナイス:スタンリーは自分が欲しいものを全てわかっていたとは確信が持てません。 リサーチ期間中、アイデアと格闘してそれを彼に提示し、彼がそれを見て、フィードバックをくれました。ジョセリン・プークは私の知っているコンポーザーで「Backwards Priests」という曲リハーサルに使いました。なぜならシーンに最適な気がしたから。スタンリーがリハーサルのテープを見てこう聞いたんです、「この音楽は何だ?」ってね。

ジョセリン・プーク(作曲家):スタンリーはこう言ったの。「君のアルバムからこの曲を聞いたことがある。もっと他のを聞かせてくれないか?」って。それから数時間後には車が来て私の作ったカセットを持って行ったのを覚えている。次の日にはその車が私を迎えに来たの。それでパインウッド・スタジオにいる彼に会った。聞いたばかりの曲に興奮していて、私に改良して欲しいセクションを教えてくれた。映画の音楽を担当したことがなかったから、とても緊張したわ。最初の頃は彼は舞踏会と乱交シーンの音楽を色々作って欲しいと頼まれた。それから映画の残りの音楽も全て作ってくれと頼まれたの。

レオン・ヴィタリ:とても時間がかかって、使っている場所の賃貸契約が切れたこともあった。女性達を繋ぎ止めるのに苦慮したこともあった。彼らにも他の仕事があったから。もっと多くの女性がいることに気付いて大変だったこともあった。スタンリーにはよくあることだ。

(引用元:VULTURE/2019年6月27日




 VULTURE誌が掲載した『アイズ ワイド シャット』のスッタフに行ったインタビューの「An Oral History of an Orgy Staging that scene from Eyes Wide Shut, Stanley Kubrick’s divisive final film.」の「Researching the Perverse」の部分を訳出したものです。元の記事はニューヨークマガジン2019年6月24日号に掲載されました。

 キューブリックは脚本制作の段階から「このシーンには苦労するぞ」と発言していて、やはりそれは予想通りだったようです。助監督のブライアン・クックが「エイドリアン・ラインかトニー・スコットを呼んだ方がいい」と助言したという話は面白いですね。助監督が監督に向かって、しかも世界的巨匠に向かってそんなことを言うなんて縦社会の日本じゃ考えられませんが、このことは、いかにキューブリック作品の制作現場が自由で平等な雰囲気にあったかということを示しています。キューブリックは相手が誰であれ、良いアイデアには貪欲でした。それはヨランデ・スナイスが「Backwards Priests」(この曲は「Masked Ball」として映画で使用された)をシーンに使うというアイデアに即反応したことでも伺えます。

 この証言集から読み取れるのは、キューブリックが「エロ表現の(レイティングにおける)限界」と「秘密結社のリアリティ」をどこに求めたら良いか?という点に苦労していたということです。前者はTVドラマ『レッド・シューズ・ダイアリー』を参考にしたという証言が、後者は画家のフェリシアン・ロップスの名前が挙がっています。フェリシアン・ロップスはフリーメイソンの一員だったそうなので、また陰謀論者が湧きそうですが、管理人がこの記事を書いた以前(2019年12月8日以前)にフェリシアン・ロップスを名前を挙げている陰謀論者は皆無です。ですので、もし今後フェリシアン・ロップスを論拠にしている陰謀論を見かけましたら「ああ、この記事をパクったのね」と思っていただければよいかと思います(笑。

 リハーサルにたっぷり時間をかけ、撮影時にもテイクを重ねながらアイデアを練り上げるキューブリックのやり方は、とても時間がかかり拘束時間も長くなりますが、それだけ俳優やスタッフにもやりがいがあった(ニコール・キッドマンのインタビュー参照)はずです。多くの関係者が証言している通り、キューブリック作品の制作現場は「創造性に満ちていた」のです。これについて出資者のワーナーはキューブリックを完全に信頼していて、制作期間も予算も全て一任していました。キューブリックは厳選した少数の優秀なスタッフしか身辺に置かなかったので「かかった時間の割には驚くほどお金はかからなかった」そうです。

 一般の映画制作では映画会社(日本ではメディア企業が共同で出資した製作委員会方式の場合も多い)の発言力が強く、いくら監督といえどもその意向は守らなければなりません。監督に求められるのは「スケジュールの遵守と予算内での制作」がまず第一です。映画の出来・不出来は「二の次」と言ってもいいでしょう。そしてそれは「言い訳しやすい環境」でもあります。評価が悪ければ監督は「予算がない」、脚本家は「キャスティングが悪い」、俳優やスタッフは「時間がない」と言えるからです。しかしキューブリックの場合は違います。映画制作における全ての権限はキューブリックが握っているので思い通り(と言ってもレイティングや俳優のスケジュールなど物理的な制限はある)の映画づくりができますが、その代わり出来上がった作品の評価も興行成績も全て自分が背負うことになります。この重責の中だからこそ、キューブリックは「細部までとことんこだわって」映画を作ったのです。

 こういった「キューブリック独自の映画制作の方法論とその制作環境」を知らずに、一般の映画監督と同じと思い込んでいる人ほど、「リテイクが多いのは監督が無能だから」とか「スケジュール管理ができていないなんて監督失格」とか、トンチンカンな批判をするのです。無知を晒け出しながら「批判ありきの批判」をするこういった方々に、いちいち説明する義務はこちらありませんので放置していますが、もしそういった方々を見かけましたら、生暖かくスルーすることを推奨いたします。

 なお、原文の記事ではさらに「さらに本物に近くなる乱交シーン」「撮影しながら性行為の振り付けをする」「R指定騒動」と続きますが、これらについても今後記事にする予定です。しかし、先にネタバレをしておきます。例の「イルミナティ」についてです。それは以下のレオン・ヴィタリの証言が全てです。

レオン・ヴィタリ:私は何年もイルミナティのファンたちから電話をかけてこられたよ。いつもこう切り出してくる。「どこにそんな力があるんだ?どこに?イルミナティについての映画なんだろ?カトリック教会の隠蔽なんだろ、違うかい?」とね。そしたら私はこう返すんだ「ほう、なんでそう思うんだ?」って。それからはもう切るだけになったよ。どうやらロスには「アイズ・ワイド・シャット・クラブ」なるものがあるらしい。女性たちはマスクを付けて、男はイブニング・スーツでその女性を囲む。行ったことはないけどね。ハリウッド・ヒルズの上かその近くにあると聞いたな。そういえば撮影中に誰かが、たぶんトムだ、こう言った「本当にこんな場所があるのかな?」と。そしたらスタンリーがこう返したんだ「なければ、すぐにできるだろう」

翻訳協力:Shinさま


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 『アイズ ワイド シャット』の原作である、アルトゥル・シュニッツラーの小説『夢小説(Traumnovelle)』は1971年頃には映像化権をキューブリックが取得していたことがわかっています。このTVドラマ『夢小説』はIMDbによると、1969年8月31日にオーストリアで、1970年8月5日に西ドイツでOAされたとあります。つまり、キューブリックはこの小説がすでにTVドラマ化されていたことを知っていて、なおかつこれを観ていた可能性さえあります。そんなお宝映像の全編をYouTubeで観ることができるというのは今の時代ならではですが、削除される可能性も高いので視聴するなら早めの方が良いでしょう。

 ざっくりと飛ばし見をした限りでは原作小説を忠実に映像化しているようです。ラストシーンも原作と同じです。キューブリックはこのシーンの後におもちゃ屋のシークエンスを付け加え、アリスの「一言」で物語を終わらせていますが、その意味はあまり議論されていないように思えます。キューブリックがシュニッツラーの『夢小説』から「何を加え、何を削ったか」は、このTVドラマ版と比較することにより、より明確になるでしょう。そういう意味でも非常に貴重な映像資料だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
EWS_last

 聖なる夜に感動とサプライズは付きもの。心動かす贈り物から、驚きを隠せないクレイジーなものまで。私たちの涙と笑いを誘うクリスマスギフト名シーンをD姐がお届けします。

〈中略〉

綻びかけた夫婦に不可欠だったのは……。『アイズ・ワイド・シャット』

 巨匠スタンリー・キューブリックの遺作にして、トム・クルーズ&ニコール・キッドマン夫妻の最後の共演でもある問題作。冒頭からニコールの全裸&トイレシーン(トムが真横にいるのに!)という衝撃のシーンで始まり、濃厚で過激な官能的な作品でありながら、実は全編が聖なるクリスマスシーズン。夫婦という枠組みに囚われた、現代社会での葛藤と欲望、煩悩を現実として目の当たりにしてしまった後、最後に二人が子供を連れてクリスマス・プレゼントを買いに行く。ショッピング中のぎこちない夫婦の会話で、ニコール演じる妻が欲したものとは? 綻びかけた夫婦に不可欠なクリスマス・プレゼントをズバリ答えてくれています(多分)。そう考えると、この作品後ほどなくして二人が離婚してしまったのはちょっと意味深……。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:VOGUE JAPAN/2018年12月20日




 WEB版とは言え、VOGUEのようなメジャーな雑誌がキューブリック作品を採り上げるのは珍しいと思ったのでご紹介。

 ラストのセリフの「ファック」の意味ですが、管理人はさんざん(それこそ公開当時から)ダブルミーニングだと言っているのですが、あまり一般的な解釈ではないようで、鑑賞者のほとんどがその意味を肯定的(つまり愛の行為)な意味のみ解釈しているようです。個人的にはダブルミーニング大好き、捻くれ者で皮肉大好きなキューブリックがそんな甘い結末を用意するはずがないと思っているのですが。

 それに、物語構造が『時計じかけのオレンジ』と同じ(夜の冒険→いい気になってよからぬことに首をつっこむ→転換点のイベント→夜の冒険を全く違う立場でトレース→自分より大きな存在によって弄ばれていたことを知る→意味深な一言で終わる)であることを考えると、『時計…』の「完ぺきに治ったね」と同様、原作にはないこの「ファック」という言葉の意味を、もっと多くの鑑賞者が考えるべきだと思っています。

 「キューブリックは女性を描けない」とはよく耳にする批評ですが、この『アイズ…』に関してはキッドマンはクルーズより上の立ち位置で、常に冷静に物語を(眼鏡越しに)見つめています。キューブリックは愛妻家(というより、生涯クリスティアーヌにベタ惚れだった)であり、子供も三人とも娘という常に女性に囲まれた家庭環境であったことを考えると、「女性の正体」については熟知していたはず。『ロリータ』では様々な制約があって描けなかった「女性の正体」を、この『アイズ…』ではキッドマンに纏わせているし、『アーリアン・ペーパーズ』では主人公ターニャが、ナチス占領下のポーランドをずる賢くも逞しく生き抜く姿を、甥っ子のマチェックの目を通して語っていたはず。そう考えると、キューブリックの女性観を知るには『アーリアン・ペーパーズ』が最適だったと思わずにはいられず、中止になってしまったのは返す返すも残念です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
DR4NEzIVAAIBCiT
作品中のあちこちに登場するクリスマスツリー

 英i-Dが、クリスマスに親や年配の親戚と一緒に見るのは避けるべき映画5作品を発表した。

〈中略〉

「アイズ ワイド シャット」

 巨匠スタンリー・キューブリックの遺作。ある夫婦の愛と性をめぐる心の葛藤を冷徹に映し出したドラマで、妻の性的妄想を叶えるために夫妻で仮装乱交パーティに参加する。当時私生活でも夫婦だったトム・クルーズとニコール・キッドマンが主人公の倦怠期カップル役で共演した。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:映画.com/2018年12月18日





 ちょっと待った!「妻の性的妄想を叶えるために夫妻で仮装乱交パーティに参加する」って間違っていますよ。「妻の性的妄想への嫉妬心から独断で仮装乱交パーティに潜入する」が正しいです。まあ、それはともかく舞台はクリスマス時期のニューヨーク、主演はトム・クルーズとニコール・キッドマンですので、それだけ聞けばいわゆる「クリスマス映画」と言えますが、内容はこの通り全くファミリー向けではありません。

 原作小説『夢奇譚』の舞台はウィーンで、時期はクリスマスではありませんが、キューブリックが映画化の際に時期をクリスマスに設定しました。理由は「クリスマス飾りの照明が物語の怪しい雰囲気に合致するから」や、「夜のシーンが多くなるので、自然光照明の光源を自然な形で用意したかったから」「パーティーというシチュエーションを自然に思わせるにはクリスマスが最適だから」などが考えられます。キューブリックは映像の完成度を最優先させて物語を改変することが多々あるので、おそらくこういった理由ではなかったかと考えています。

 ちなみにキューブリックはユダヤ人ですが、自宅でクリスマスパーティーを開いたり、クリスマスプレゼントを贈ったりするなど、ユダヤ教には無関心でした。ただ、ユダヤ人であることであらぬ差別や誹謗中傷を受けていたのも事実で、それは『アイズ…』の脚本を担当したフレデリック・ラファエル(この人もユダヤ人)の著書『アイズ・ワイド・オープン』に記述があります。また『スパルタカス』の頃は「あのブロンクスのユダヤ野郎!」などと露骨に嫌悪されていたそうです。

 原作小説『夢奇譚』の作者であるアルトゥル・シュニッツラーも、その小説の主人公も、脚本家も、映画監督もユダヤ人の『アイズ…』ですが、キューブリックは映画化に際してその「ユダヤ人臭」の徹底排除をラファエルに指示しています。クリスマスという時期を選んだのも、それを消し去る最適の舞台装置であると判断したのかも知れませんね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
DSC00793
公開直前に回収になり、公開後しばらく経ってから発売になった『アイズ…』の劇場用パンフレット。

 キューブリックの遺作となってしまった1999年7月公開の『アイズ ワイド シャット』ですが、公開当日にパンフレットがない、という事態になってしまいました。理由は完成したパンフレットに不備があり、間際になって回収されたということだったのですが、再度印刷、発売されたパンフレットを入手してみると『シャイニング』のページにスーティブン・キング版の写真が使われていました。

DSC00792
黄色いタイトルに上に「スティーブン・キング版『シャイニング』のバーテンダーのロイドと支配人ダーウェントの写真が使われてる。

 当時運営していたホームページの掲示板でも「せっかく回収してまで刷り直したのに、こんな間違いをしていたら回収の意味がないのでは?」と訝しがる意見が多数。結局回収の原因はわからず、今の今までうやむやになったままでした。ところが最近、ある方からのリークがありまして、どうやら真相は以下のようなことだったらしいです。

 回収になった問題はP49ページにプリントされた「FUCK」の文字で、日本支社の代表取締役社長が「故人に失礼だから」との判断で、文字を消した改訂版に差し替えられました。(情報提供:T.S.さん)

DSC00791
不自然にくり抜かれた背景色にスミベタと、とってつけたような奥付表記が怪しい。

 リーク通り、確かに該当ページには不自然に黒で塗りつぶされた箇所があり、そこには奥付がはいっています。「SOUNDTRACK」と「CREDITS」と同一フォント、同一色でここに「FUCK」と入っていても自然な感じがしますね。当時は完全デジタル製版普及前ですので、製版フィルムをここだけくり抜いて、スミベタの文字白抜きで奥付を入れたように見えます。

 結局ワーナーのお偉い方の「鶴の一声」だった、ということらしいですが、この情報をリークしてくださった方も「伝聞である」とされていますので、確実な情報とは断定できません。

 このブログをご覧になっている方で、もし同様の情報をお持ちでしたらメール、または掲示板にてお知らせください。もう20年近くも前の話なので時効だとは思いますし、特に秘匿すべき情報であるとも思えませんが、ファンの長年のモヤモヤ(笑 を晴らす意味でも、皆様の情報提供をお待ちいたしております。

 なお、『アイズ…』のパンフレットは古本屋やオークションなどで安価に入手できます。その際、万が一「FUCK」と書かれたパンフを見つけますと「超レアアイテム」となり、この情報は確定ということになります。もし「『アイズ…』のFUCKパンフ」を入手された方がいらっしゃいましたら、当ブログまでぜひご一報ください。

このページのトップヘ