アイズ ワイド シャット

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

アイズ ワイド シャット [Blu-ray]


 米人気俳優トム・クルーズ(54)と元妻の女優ニコール・キッドマン(49)が映画で共演し、なんとベッドシーンを演じる企画が持ち上がっている。英紙デーリー・メール(電子版)が報じた。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:東スポWeb/2017年6月18日



 なんだか1999年の『アイズ…』公開当時の扇情報道を彷彿とさせるニュースですね。当時は夫婦だった「クルーズとキッドマンの濃密なベッドシーンがある!」とか「クルーズが女装姿になる!」とかセンセーショナルに報道され、トム・クルーズ人気もあってかキューブリック作品中最高の興行収入を挙げるのですが、評判は「期待はずれ」「ぜんぜんエロくない」「映像は美しいが意味不明」という散々なもの。キッドマンの最後の重要な台詞「ファック」の意味を「セックス」としか理解できず(これは字幕で「セックス」と訳した偉大なる誤訳字幕翻訳家、戸田奈津子女史の多大なる負の功績でもあるのですが)、トンチンカンな論評が「識者」によって一般に流布されてしまった影響も否定できません(現在のDVDやBDは「ファック」と修正されています)。

 キューブリックはセンセーショナリズムしか扱わないイエロー・ジャーナリズムを逆手にとって、それに盲目的に追従する大衆を痛烈に皮肉ってみせた(・・・という解釈もできるという理解でお願いします)のですが、あれから18年も経とうというのに「大衆」というのはちっとも進歩がないですね。ソースもデイリーですし、イエロージャーナリズムの権化たる東スポがこのような配信記事を採り上げるというのも相変わらずです。

 キューブリックがそのジャーナリズムの世界の出身(グラフ誌「ルック」社のカメラマンだった)という事実は、「ジャーナリズムの正体を知るもの」としてキューブリック作品の節々に反映されていると思うのですが、この論点からの批評はあまり聞かれないようです。『2001年…』の箝口令とHALの暴走のくだり、『時計…』での政府や反権力者のマスコミの利用っぷり、『フルメタル…』での軍の情報統制やプロパガンダ、そしてこの『アイズ…』での扇情的な報道(を予測したストーリーテリング)の逆利用。これらはキューブリックのマスコミ不信のなせる技です。自身のプライベートを面白おかしくデマを撒き散らすマスコミに沈黙を貫き通したのも、マスコミの手の内を知るものとして「その手に乗るか」という意思表示でしょう。

 それらに加え、キューブリック作品はそこに描かれた事象を客観的に、冷徹に観察する「ジャーナリスティックな視点」を感じることができます。過去にそれを「「フィクション」を「ドキュメント」するカメラマンの眼」という記事にまとめたのですが、ホームページ時代の1998年に書かれたこの大昔の記事(紋切り型口調が気恥ずかしいですが)を、今頃になってふと思い出してしまいましたね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

アイズ ワイド シャット [Blu-ray]


〈前略〉

それは夢か現実か?『アイズ ワイド シャット』

 開業医ビル・ハーフォード(トム・クルーズ)は、美しい妻アリス(ニコール・キッドマン)と子供にも恵まれ、一見満たされた日々を送っていました。パーティから帰った夜、ビルはひょんなことからアリスの浮気願望を聞いてしまいます。まさか自分の妻にそんな欲望があったとは思わなかったビルはショックを受け、夜の街を彷徨い歩くことに。夜の街でビルを待ち受けていたのは、官能に満ちた不思議な体験の数々。しかしあと一歩を踏み出しきれないビルを笑うかのように、ビルの中ではアリスが浮気をする妄想が膨らみ続けます。

 スタンリー・キューブリックの豪華な映像にトム・クルーズ、と来ればどれだけ華やかなラブロマンスが見られるのか…と思いきや、ビルはなかなか一歩を踏み出すことができない男。行動力あふれる役柄が多い近年のトム・クルーズ作品では、あまり見られない役柄です。お相手には美しい女性たちが揃っている上、出てくる男性たちのうちハンサムで若く社会的地位もあるのはビルだけ。しかしどうしても踏み出すことができない…。そんな庇護欲を誘う演技をぜひご覧ください。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Grapps/2016年10月07日





 キューブリックはトム・クルーズの主演映画『7月4日に生まれて』の演技を見てクルーズをビル役にキャスティングしたそうですが、単なるイケメン俳優から演技派俳優へ脱皮したのもこの頃でした。『アイズ…』の頃(今も)のクルーズは世界一と言っていいほどの高額ギャラ俳優ですが、そのクルーズを1年以上に渡って撮影で拘束し、しかも破格の安値で雇い続けられたのはキューブリックの名声があればこそ。最初は献身的にキューブリックに尽くしていたクルーズも、あまりにも撮影が長期になるにつれ相当なストレスに晒されたようです。まあ、その時間を他作の出演に振り分けていれば何倍、何十倍も稼げていたわけですから、そうなるのも分かる気もしますが。

 そのクルーズはスピルバーグ作品でも主演(『マイノリティ・リポート』)しているので、その後の撮影現場で「スティーブンはああだった、スタンリーはこうだった」と言っているそうですから、その苦労も少しは報われたと思いたいですね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ews_rainbowtaxi
※ロンドンのパインウッド撮影所に建てられたセット。

ny_reinbow
※セットの元になった実際の風景。場所はニューヨーク・マンハッタンの36 W 8番街通りとマクドゥーガル通りのT字路付近(Google Street View

 キューブリックが『アイズ…』の制作にあたり、ニューヨークとロンドンのありとあらゆる場所の写真を撮らせたことは知っていたのですが、ここまでそっくりに作らせるとは、よっぽどロンドンにニューヨークを持って来たかったんでしょうね。更に言えば、そうまでしても飛行機に乗りたくないという事なんでしょう(笑。

 「リアル」にはとことんこだわるが、だからといって遠いロケは嫌。『バリー…』の際にケン・アダムに「ロケは自宅から90分以内」と無茶振りしたキューブリックらしいやり方ですね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

アイズ ワイド シャット [Blu-ray]


 奇抜なプログラムで全国にファンを持つカナザワ映画祭が十回目の今年でフィナーレを迎える。会場としている金沢市の金沢都ホテル地下にある旧ロキシー劇場が来年以降、再開発で使えなくなるためだ。主催する「かなざわ映画の会」の小野寺生哉代表(40)が「集大成」という今回。十七日〜二十五日まで過去最多の五十六本を上映し、俳優でミュージシャンの内田裕也さんや黒沢清監督らゲストも多彩だ。 (松岡等)

〈中略〉

 今年はナショナリズムや退廃したエロチシズムから暴力、戦争へと向かう時代の流れをテーマにして上映作を選んだ。サム・ペキンパー監督「キラー・エリート」、大島渚監督「愛のコリーダ」、スタンリー・キューブリック監督「アイズ ワイド シャット」、石井聰亙監督「狂い咲きサンダーロード」などのほか、日雇い労働者が暴力団に立ち向かうドキュメンタリー「山谷 やられたらやりかえせ」も。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:中日新聞/2016年9月3日




 カナザワ映画祭といえば2014年に『シャイニング』の全米版と『フルメタル…』を上映した実績のある映画祭ですが、ラストの今年はハジけまくってます(笑)。正直、キューブリックの『アイズ…』が霞んでしまうんじゃないかと思えるほど充実のラインナップぶり。

 『ソドムの市』『意志の勝利』『愛のコリーダ』『マブゼ博士の遺言』『狂い咲きサンダーロード』『ゼイリブ』『炎628』『戦争のはらわた』・・・そしてキューブリックファンにはおなじみのエピソード、『時計…』のアレックス役にマルコム・マクダウェルが抜擢されるきっかけをつくった『if もしも…』も見逃せない。クレーム上等、来るなら来やがれ!的な作品ばかりですが大丈夫なんでしょうか? とってもカルトな空気満載の映画祭。いや、北陸民の本気を見せてもらいました。

 スケジュールやチケットなどは公式ホームページへ。それにしても『カランバ』って・・・イカんでしょ、これは(笑。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

アイズ ワイド シャット [Blu-ray]


〈前略〉

 森川さんは「2001、2年ごろに『アイズ ワイ シャット』の吹き替えをした際、1年近くオーディションを行い、収録も1週間近くかけました。キューブリック監督の右腕のレオン・ヴィタリさんが吹き替えの監修のために来日して、収録の前に面接をした。メッキがはがれる……と焦りましたね。アフレコでは、ベッドシーンではベッドを持ち込んで、寝そべりながら収録するなど普段とは全然違った。役作りについて考えるきっかけになった」と語る。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:MAN TAN WEB/2016年6月18日



 この話は以前にも記事として取り上げましたが、『アイズ…』DVD化の際にレオンが来日していたのは重要だと思います。というのも上映時には「セックスよ」だったラストのセリフがDVDでは「ファック」に変更されているんですよね。管理人はこれをダブルミーニングと解釈しているのですが、その変更を要求したのがレオンだと思われるからです。つまり「セックスよ」だと意味が違う(もしくは不十分)ということですね。

 まあ、そのダブルミーニングの解釈は人それぞれでいいと思いますが、『アイズ…』上映版の字幕を担当したのはあの優秀な戸田奈津子女史です(笑。もう優秀すぎて言葉もありません。ハア・・・。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ