アイズ ワイド シャット

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
動画の4:11から『アイズ ワイド シャット』吹き替え時の苦労話をされています。



〈前略〉

 森川智之さんは、トム・クルーズの吹替えでも有名なのですが、そのきっかけになったのが、スタンリー・キューブリック監督の『アイズ ワイド シャット』という映画でした。キューブリック監督は、生前、日本語吹替え版の製作を認めていなかったそうです。

 亡くなられたあと、世界中でキューブリック作品をソフト化して売る際に、遺族の許可が出たことによって、はじめて日本語吹替え版が作られることになり、主演のトム・クルーズに声をあてるオーディションに合格したのが森川さんでした。

 この現場が、ものすごく厳しいものだったことを森川さんは振り返っています。

 2時間から2時間半の映画の吹替えを収録するとき、僕らは10時に集まり、お昼休憩をはさんで20時から21時くらいには終わることが多い。遅くなる場合があっても、せいぜい一日がかりです。

 しかし、『アイズ ワイド シャット』は僕だけで1週間かかりました。もちろん1週間といっても、丸々一日収録した日もあれば、他の仕事の都合で5時間しか収録できない日もありました。ただ、5時間かけて台本1頁しか進まなかったり、前回の収録が気に入らないからといって同じ時間をかけて撮り直したりということもありました。

 レオンはアクターズスタジオで学んだ役者でもあります。だからか、僕に対しても同じ役者として接していました。そして、要求もとても高度なものでした。

 一般的にはスタジオの中にマイクが三本ほど立てられていて、三、四人で同時に収録するんですが、『アイズ ワイド シャット』では一人ずつ、しかも動きを交えての収録でした。吹替えの声優は声だけを演じればいいのがふつうですが、ここではそうじゃないんです。ベッドシーンだとスタジオにベッドが置いてあり、トムと同じような格好をしてセリフを話すんです。ベッドに横たわり、映像を見て、マイクに向って話す。いくつものことを同時にやらなくてはいけなくて。僕はしまいにセリフをすべて覚えてしまいました。覚えないとできなかったからです。

 セリフをしゃべると、レオンが言うんです。

「おまえ、今何を考えてしゃべったんだ」


〈以下略〉

(全文はリンク先へ:BLOGOS/2018年5月12日




 ここに登場する「レオン」とは、キューブリックのアシスタントを長年務めたレオン・ヴィタリのことですが、何もここまで・・・(笑。という感じですね。森川氏はこの経験がよっぽど堪えたのか、ことあるたびにこの経験をインタビューなどで応えていますが、「ちょっとレオン張り切りすぎじゃないの?」という気がしないでもないですね。

 レオンがこのアフレコに参加したことによる最大の功績は、ラストシーンのキッドマンのセリフの変更で、上映時は「セックスよ」だった訳が現在のDVD/BDでは「ファック」に変更になっています。管理人個人の解釈ですが、これはダブルミーニングだと思っているので、この変更はそれを裏付けるものだと重要視しているのですが、一般的にはあまりそう思われていないようです。ちなみに上映時の字幕を担当したのは戸田ナントカとかいうよく知らないおばさんです(笑。

 記事は「声優には国語力が必要」とまとめられていますが、「教科者」って何でしょうね?おそらく「教科書」の間違いなんでしょうけど、子供たちの国語力云々以前に、現在の大人たちが書くネット記事の「校正不足」「リサーチ不足」「考察・検証能力不足」の方がよっぽど問題です。少なくとも記事を書いてお金をもらっているライターや編集者さんには、素人ブロガーに突っ込まれないレベルの、正鵠を射た、責任ある記事を書いてほしいものです。


声優 声の職人 (岩波新書)(amazon)
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


マリリン・モンローも映画で着用した「ハンロ」のアンダーウェア、伊勢丹新宿本店に限定ストア

 薄着になるこれからの季節。あなたはどんなアンダーウェアを使っているだろうか。薄着になるからこそ、シルエットの美しいものであってほしいし、汗をかきやすいからこそ、肌触りのいいものであってほしい。

 そんな願いを叶えてくれるアンダーウェアのひとつとして、スイス生まれの高品質アンダーウェアブランド「ハンロ(HANRO)」をおすすめしたい。“シンプルだけど、上質なものを長く大切に愛用してほしい”という願いの込められた「ハンロ」のアンダーウェアは、一度着ると忘れられないほどの着心地。これまで130年以上にわたり、多くのセレブリティを虜にし、スタイリストやモデルなどファッション業界で活躍する人々にも愛されている。

〈中略〉

 そして、スタンリー・キューブリック監督の遺作『アイズワイズシャット』でも「ハンロ」は用いられていた。主演のニコール・キッドマンが、トム・クルーズと絡むメインのシーンで、バストが美しく透けた白いVネックのコットンシームレス・キャミソールを身に着けているが、それもまた「ハンロ」のものだ。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:FASHION PRESS/2018年4月24日




 ニコール・キッドマンがトム・クルーズとの口論のシーンで着用していたスケスケのキャミソールは、この「ハンロ」というブランドのものだそうです。映像を通しても生地の良さは伝わってきましたので、「さぞかしお高いんでしょう?」と思ったら、7,500円(税別)と意外とリーズナブル。まあ、キッドマンが着用したものと同じグレードかどうかまではわかりませんが、あの微妙なスケスケ感にドキドキした人も多かったはず。奥さんや彼女にプレゼントして「アイズ ワイド シャットごっこ」するのも一興かもしれませんが、深夜の新宿をさまようハメになったとしても、当方は責任を持ちません(笑。

 限定ストアは伊勢丹新宿店で5月1日まで。公式サイトはこちら
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mask0
所有者であるコヤスさんから送られれてきた画像の中の1枚。



 『アイズ ワイド シャット』でビル・ハーフォード(トム・クルーズ)が例のパーティーのシーンでつけていたマスクですが、これはベネチアのマスク店「Il Canovaccio」のマスク職人フランコ・チェカモアが1985年に制作したものを、1997年にロンドン・カムデンタウンのマスク店「Joka Masks」で当時『アイズ…』の衣装デザインを担当していたマリット・アレンが入手したものです。その後、プロデューサーのヤン・ハーランが何度かベネチアの「Il Canovaccio」に直接赴き、映画に使用した他のマスク(マンディや赤マントのマスクなど)を含めたいくつかを購入していった、という経緯だそうです。



 上記の動画の記事によると、マスクの型のモデルはガビ(ガブリエル・ジャリッツ)という当時28歳の女性だったため、クルーズが鼻のサイズが合わないと不満を漏らしていたそうです。1998年1月にキューブリックは入手した「Joka Masks」に電話をし、それを修正できるか尋ねましたが不可能だということなので、クルーズの顔を石膏の型にとって仮面を作り直すことを検討しました。しかしそれは実行されなかったので、クルーズはサイズの合わないマスクをつけたまま撮影を続行したのでしょう。

 動画の説明文には「マスクは当時2つ制作された」という記述がありますが、それをマリット・アレン(ロンドンで2つとも入手した?)、もしくはヤン・ハーラン(ヤンが残りのひとつをベネチアで入手した?)が購入したとすれば、撮影用に準備されたものは最低でも2つある(キューブリックがさらに予備を「Il Canovaccio」に作らせた可能性もなきにしもあらず)ということです。その内のひとつは現在世界を巡回中の『スタンリー・キューブリック展』で展示中なので、もうひとつはどこかに存在することになります。

(ヤンは以前「ベネチアまでマスクを買いに行かされた」と愚痴っていたので、キューブリックはアレンがロンドンで見つけてきたマスクを気に入り、その予備が欲しかったか、もしくは誰かに買われるのを嫌がってヤンをベネチアに行かせたのではないか、というのが管理人の推測です)

 さて、今回コヤスさんが入手した仮面ですが、「私が入手したのはハリウッドの方からでして、実使用とは言われていないのですが、確かに撮影用に用意されたマスクのいくつかの一つとききました」とのこと。また添えられているメモなどを見ると、その証言を裏付けるようにT.C.(トム・クルーズの略?)、さらに裏面にははっきりと「BILL-CRUISE」「CRUISE」と書かれています。また(B)との記述が撮影用マスクの二つ目(予備)である可能性を示唆しています。更に言えば、仮面の裏にスポンジが貼られていますが、これは「鼻のサイズが合わず不快」と述べていたクルーズの不満に対応するため、仮面を少し浮かせて装着できるようにスタッフが貼った可能性があります。以上の点から素人判断ですが、かなりの確度でこの仮面は本物と考えて良さそうです。また、コヤスさんはクルーズがまとっていたマント(こちらも予備?)も入手されたそうです。

mask1

mask2

mask4

mask3

cloak1

cloak2

 ちなみにこのマスクは「Bill Face」として現在も制作されていて、マスク専門サイト「kartaruga」にて165,00ユーロ(約2万2千円)で入手可能です。もしコヤスさん所有の仮面が本物の撮影用の小道具と正式に認定されたなら、クルーズが触れた(つけた)可能性が高いですし、マントと合わせるとこの価格の数十倍出してでも「欲しい!」という人はいるでしょう。そうなれば某TV局の「鑑定団」に出演できるレベルの、キューブリックファン、トム・クルーズファン垂涎のレア度ということになります。どちらにしても素晴らしいアイテムです。大切に保管なさってください。

情報・画像提供:コヤス様

▼この記事の執筆に当たり、以下の記事を参考にいたしました。
EYES WIDE SHUT MASKS
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 ブリトニー・スピアーズが2016年に発表した『スランバー・パーティー』という曲が『アイズ ワイド シャット』っぽいという情報があったので観てみたのですが・・・仮面をしていないだけで確かに似ていますね。「スランバー」とは「パジャマ」という意味ですが、どう見ても「下着」(笑。こういったエロい深夜パーティーのPVには『アイズ…』が格好のモチーフなんでしょうね。以前こんな曲もありましたしね。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

アイズ ワイド シャット [Blu-ray]


 アカデミー賞のノミネート発表を間近に控え、70ミリプリント版「ダンケルク」が全米50館のIMAX劇場で再上映されるにあたり、同作でメガホンをとったクリストファー・ノーラン監督がプロモーションのため米MTVのポッドキャスト「Happy Sad Confused」に出演。自ら大ファンだと常々公言している巨匠スタンリー・キューブリックにまつわる質問に、ノーランらしい興味深い回答が飛び出した。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:映画.com/2018年1月2日




 『アイズ…』公開をリアルタイムで経験した方はよくご存知ですが、キューブリックの死後、『アイズ…』が勝手に編集されるという噂が流れた際、即座にトム・クルーズが「フィルムは誰にも触らせない」と非難声明を出したことを覚えているはず。このように疑うべくも無く『アイズ…』は「未完成」なのですが、こだわり主義者の権化たるキューブリックの面目躍如のなせる技(笑 なのか、未完成にもかかわらず、あまりにも完成度が高いためにそのことを忘れがちです。

 このノーランのインタビューはその事実を改めて思い出させてくれますが、本人が不在である以上、これ以上はどうしょうもないわけで、それを云々するのは詮ないだけですが、このコメントにはノーランのキューブリックに対する「思い入れの深さ」が伺えて興味深いです。それに

「最初に見た時は、正直期待はずれだと感じたし、あまり好きな作品ではなかった」「その後何度か繰り返し見るうち、「真に偉大な傑作」だと確信するようになった」

というコメントもファンの意見を代表しているようで嬉しいですね。原作にも、当初の脚本にもなかったラストのおもちゃ屋のシークエンスと最後のセリフの意味を、もっとそれぞれが深く考えてみるべきだと管理人は考えています。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ