キューブリックを支えたスタッフたち

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 故スタンリー・キューブリック監督の右腕として知られるエミリオ・ダレッサンドロを追ったドキュメンタリー映画『エス・イズ・フォー・スタンリー(原題) / S Is For Stanley』について、アレックス・インファセリ監督が、1月27日(現地時間)ニューヨークのジェームズ・ホテルで語った。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:シネマトゥデイ/2017年2月3日




 キューブリックのパーソナルアシスタント兼運転手のエミリオ・ダレッサンドロについてはこのブログでも何度か採り上げています。この『S Is For Stanley』は書籍『Stanley Kubrick and Me』として刊行されていますが、ドキュメンタリーも制作していたんですね。上記の動画は観ていましたが書籍のPVと勘違いしていました。

 そのドキュメンタリーの監督のインタビューなんですが・・・ちょっと話を盛りすぎていて違和感があります。もちろんキューブリックのプライベートおけるエミリオの役割は小さくなかったですし、キューブリック作品にもスタッフとして参加(『アイズ…』では新聞スタンドのおじさんとしてエキストラ出演)していますが、その役割は主に「使い走り」であって、キューブリックのクリエイティブな側面には全く寄与していないと言っていいでしょう。そもそもエミリオ自身がこのインタビューで映画自体に興味がなかったことを明かしています。

 現在メキシコシティで開催中の『スタンリー・キューブリック展』についても、そこに展示されている品々のほとんどはキューブリック邸の倉庫に眠っていたものなので、ここでもエミリオは貢献していません(キューブリックの指示で整理や管理はしていたかも知れませんが)。それにエミリオとキューブリックが知り合ったのは『時計…』の頃なので、「その頃のキューブリックは、アート映画として評価されていても、興行面では成功を収めていなかったため、ディープな映画ファン以外の知名度はそこそこだったんだ」というコメントにも違和感があります。キューブリック作品にエミリオが多大な影響を与えたような印象を与え、集客に結びつけようとする意図がありありと透けて見えます。

 もちろんこのドキュメンタリーは観たいと思いますし、管理人のようなコアなキューブリックファンには興味深い内容であるのは間違いありません。しかし、そこで語られているのは恐らくキューブリックのプライベートに関することがほとんどだと思われます。ですので、キューブリックの生涯を俯瞰した評伝『映画監督スタンリー・キューブリック』の内容が頭に入っている人でないと楽しめないと思います。ドキュメンタリー映画として公開しても集客は望めないでしょう。

 DVDやBDの特典映像で構いませんので、ぜひ視聴してみたいです。ワーナーには何らかの形でのリリースを期待したいですね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Tony Frewin-1
アンソニー・フリューイン(Wikipedia)
Anthony Frewin(IMDb)

 1965年9月から1968年までと1979年から1999年の23年間、キューブリックのパーソナル・アシスタントとして活躍した。担当したキューブリック作品は『2001年…』『時計…』『シャイニング』『フルメタル…』『アイズ…』の5作品。年代から考えると、フリューインはキューブリックが少し手狭なアボッツ・ミードに住んでいた時代はキューブリックと行動を共にしていない。広大なハートフォードシャーの屋敷に引っ越した際に、キューブリックが再びアシスタントとして雇い入れたのではないかと推察されるが詳細は不明。

 キューブリックの名を騙ったコメディ『アイ・アム・キューブリック』では脚本を、キューブリックのドキュメンタリー『ア・ライフ・イン・ピクチャーズ』ではプロデューサーを担当した。

 1947年、イギリス・ロンドン出身。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 2012年にキューブリックのパーソナル・アシスタント兼運転手、エミリオ・ダレッサンドロの回顧録『キューブリックと私(Stanley Kubrick e me・イタリア語版)』が上梓された際に出演したTVインタビューの動画です。だいたい以下のような内容を話しているようです。


エミリオ:

「(キューブリックと知り合ったのは)巨大なペニスの置物(ザ・ロッキングマシーン)をセット(ロケ地)に届けたことでした」
「その日は道路が凍結していたので、スタッフは高価なアート作品を運ぶのを嫌がりました」
「映画会社から私のタクシー会社に連絡がありました」
「会社は私が元レーシングドライバーだと知っていたので、そんな悪条件でも運転できると考えたのです」
「スタンリーはそのミッションを果たした人物を知りたがりました」
「そして彼と会い、彼との仕事が始まりました」

フィリッポ:

「スタンリーは古い新聞の切り抜きからエミリオが元F1レーシングドライバーだと知りました」
「スタンリーはその件についてエミリオに尋ねました」
「スタンリーはエミリオを非常に魅力的に感じました」
「それから二人の30年間に渡る友情が始まったのです」

エミリオ:

「スタンリーから他の仕事はできるか?と訊かれました」
「私にはあなたがニューヨークの新聞スタンドの販売員のように見える、と」
「OK、それだけなら演りましょう、と言いました」
「この2秒あまりのシーンに2週間かかりました」
「毎晩『エミリオはキオスクに行く」です」
「30分のフィルムテストをやっていました」

「フェリーニの電話の通訳を頼まれた際、私とスタンリーはメモを片手に床に座りました」
「しかし私は彼らが話す(専門的な)内容を理解することができませんでした」
「私はフェリーニが語る内容をなんでも書き留め、英語に翻訳してスタンリーに伝えました」
「その後、スタンリーの回答をフェリーニに伝えました」
「私はその内容を理解できませんでした」

「スタンリーの真実は、プロジェクトを止めたことがないという事です」
「スタンリーはアメリカとヨーロッパ両方のタイムゾーンで働いていました」
「仕事以外の時間はありませんでした。しかし、彼は疲れ知らずでした」
「彼はめったに風邪をひきません。常に体調は良好でした」

(フィリッポによる『2001年…』の解説)
(エミリオによる『時計…』の上映禁止の話)
(フィリッポによる「月面着陸捏造説」の話)

エミリオ:

「キューブリック作品で一番好きなのは『スパルタカス』です。しかしスタンリーは理解しかねていました」
「すべての作品が素晴らしいです。しかし私はそれらを鑑賞する時間がありませんでした。あまりにも長いのです。2時間もあります。」
「私には私の他の仕事があります」

「スタンリーの死は未だに信じられません」
「父が亡くなった時の方がまだましでした」
「スタンリーの死はすべてを壊してしまったのです」

「スタンリーとの30年間は素晴らしかったです」
「私は一日の終わりに、私が行った仕事に対して感謝するスタンリーの笑顔を見ました」
「私は疲れていてもそれが見たいために働き続けました。私はその笑顔が好きでした」



 ここで登場しているフィリッポ・ウリビエリとは、イタリアのキューブリック研究家で、この『キューブリックと私』の共同著者でもあります。フィリッポのサイト『Archivio Kubrick』は有名で、デザインを見てわかるようにiMac時代、2001年にスタートしています。

 このインタビューからもわかるように、非常に心温まるエピソードが満載のようです。是非とも邦訳をお願いしたいですね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 スタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick)監督の死後、もうすぐ20年が経とうとしている。彼は、20世紀の傑作と評価される数々の作品を創りだした、ハリウッド有数の敬愛される映画監督だ。デヴィッド・フィンチャー(David Fincher)、ニコラス・ウィンディング・レフン(Nicolas Winding Refn)など、キューブリックの影響を受けた監督も後を絶たない。だが、キューブリックには未だに謎が多い。周囲からは引き籠りだと思われ、人生のほとんどをハリウッドの外で過ごし、飛行機に乗りたくないため、撮影のほとんどをイギリスやその周辺で済ませるような映画監督だった。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:VICE/2016年8月18日





 キューブリックのプライベート・アシスタント兼運転手だったエミリオ・ダレッサンドロの回顧録『Stanley Kubrick and Me: Thirty Years at His Side』(英語版)の発売に合わせた記事ですが、母国語であるイタリア語版は2012年に上梓されています。エミリオの記事は過去にも何度か採り上げていますが、エミリオがキューブリック専属の運転手になったのは『時計…』で「ザ・ロッキング・マシーン」をロケ現場に運んだのがきっかけでした(その記事はこちら)。

 30年間に渡ってキューブリックのそばにいた人物の貴重な回顧録です。邦訳を期待したですね。


Stanley Kubrick and Me: Thirty Years at His Side(amazon)
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

Stanley Kubrick and Me: Thirty Years at His Side(amazon)

 キューブリックの運転手兼パーソナル・アシスタントのエミリオ・ダレッサンドロが執筆した『Stanley Kubrick and Me』の英語版が2016年5月17日に発売予定で現在予約を受付中です。

 このエミリオ、『アイズ…』では新聞スタンドのおじさんとして出演し、ファンにはすっかりおなじみですが、彼はイタリア人で元レーシングドライバーでした。キューブリックはもちろん彼の(安全)運転技術に惚れ込んで採用したのですが、その人柄から家族からも厚く信頼され、約30年間に渡ってキューブリック家の家族の一員のような存在でした。

 そのエミリオが執筆した『Stanley Kubrick and Me』ですが、母国語のイタリア語版は2012年に上梓されています。その英訳版ということなんですが日本語版の出版はないのでしょうか?どうでもいいライターのどうでもいい本を出版しているヒマとお金があるなら、こういった一次情報の邦訳を是非ともお願いしたいですね。


Stanley Kubrick e me (La cultura) [Kindle版](amazon)

※既発売のイタリア語版はKindle版で入手可能


[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ