パロディ・インスパイア・リスペクト・トリビュート

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 キューブリック・フォロワーでもあるジェームズ・キャメロンが1994年に監督、公開した傑作SFアクション映画『ターミネーター2』ですが、キューブリック作品のオマージュ(したと思われるシーンも含む)がいくつかありますのでそれをご紹介します。

T2_1

 まず、ターミネーターがショットガンをバラの花束の箱に隠していたシーン。これとほぼ同じシーンが『現金に体を張れ』にもあります。

sk_1

 主人公のジョニーが競馬場にショットガンを持ち込んだのもシュワちゃんと同じ方法でした。ちなみに『ターミネーター2』の主題歌を担当したのが「ガンズ・アンド・ローゼス(銃とバラ)」。こことも繋がっていますね。

T2_2

 ダイソンの自宅で子供がラジコンカーで遊ぶシーン。これはこのローアングルを見れば一目瞭然、『シャイニング』のこのシーンを思い出します。

SK_2

 ラジコンカーで遊んでいたダイソンの息子の名前は「ダニー」でした(笑。ここ、キューブリックファンなら笑うところですね。

T2_3

 瀕死のダイソンが爆弾の起爆装置を握っているシーン。このアングルとアップの顔は・・・

Sk_3

 同じく『シャイニング』でハロランがダニーのシャイニングを受け取るシーンにそっくりです。これも意識したのか偶然なのか・・・。上記の「ラジコンカー」の確信犯っぷりから偶然とは考えにくいですね。

 以上ですが、こんな穿った見方をしなくても『ターミネーター2』は十分楽しめる傑作映画です。TVオンエアも何度かされていますし、レンタルでも置いていない店はないと言えるほどの定番作品ですが、「もう何度も観てるよ」という方は、こんな楽しみ方をしてみるのも一興かと思います。ぜひ、一度お試しあれ。


ターミネーター2 特別編(日本語吹替完全版) [Blu-ray](amazon)
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 昨年大ヒットした『君の名は。』のエンディングテーマ『前前前世』で大ブレイクしたRADWIMPSが2013年に発表した『五月の蝿』のPVです。なるほど『シャイニング』ですが、歌詞がとっても血なまぐさいのでそれに合わせた感じですね。

 激しめの三連符が印象的な曲ですが、同じく「激しめ三連符」で以前こんな曲をご紹介しています。同じく『シャイニング』のオマージュで、血なまぐさい世界観も同じ。偶然・・・なんでしょう。同じエモ系ですしね。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
アニマニアックス
もはや「強制的に見たくもない何かを見せて洗脳する」というシーンの定番ギャグと化しています。

 『時計じかけのオレンジ』に登場したルドビコ療法、一般的には「洗脳」(正確には「オペラント条件づけ」詳細はこちら)と解釈されていますが、よほどこのビジュアルイメージが強烈だったせいか、その後の「洗脳」シーンに多大な影響を及ぼしているのはこのカテゴリーでも、これこれなどご紹介した通りです。今回はその本家本元、ワーナーが制作したアニメーション『アニマニアックス』の第86話『A Very Very Very Very Special Show』『Night of the Living Buttons』『Soda Jerk』の中の『Soda Jerk』のエピソードにルドビコ療法が登場していたのでご紹介。

 この『アニマニアックス』ですがwikiによると

 1930年代、ワーナー・ブラザースは3人のアニメーションキャラクター(ヤッコ、ワッコ、ドット)を創作した。しかし彼らはあまりにハチャメチャで、誰にも手に負えなかったため、ワーナーは彼らをスタジオの給水塔に封印してしまう。そして1990年、彼らは給水塔を脱出しあらゆる場所で騒動を繰り広げる。また、世界征服を企む2匹のネズミを描いた「ピンキー&ブレイン」や悪に憧れる3匹のハトを描いた「グッド・フェザーズ」シリーズなども同番組内で放送された。

 だそうですが、このシーズン4のこの話は残念ながら日本未放映。題名でググれば動画を見ることができますが、ミルクシェーキを一気飲みしたワッコのしゃっくりが止まらなくなり、あの手この手で止めようとするのですが、その中で面白くもないボブ・ホープのギャグを無理やり見せてしゃっくりを止めようとするシーンに登場します。『時計…』と同じワーナーだからできたギャグ、というわけではないでしょうけど、今後も定番の洗脳ネタとしてあちこちに登場するんでしょうね。
 
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
outer-alec
海外のブログでも採り上げられてる

 画像検索で偶然見つけたのですが、こんな漫画があったんですね。画は思いっきり手塚治虫ですが、それもそのはず、小室氏は手塚のアシスタント出身だそうです。服装がアレックスなのは、手塚がキューブリックファンであったこと、その手塚が描いた『時計じかけのりんご』の影響などがが考えられますが、1973年といえば『時計…』が公開され、話題にもなっていた時期なので、「管理社会に対する叛逆」というプロットと共に、もろに影響されたのでしょう。

 (19)73年の作品「アウターレック」はコンピューターに管理された独裁社会とそれに反旗を翻す人々を描いた意欲作だったし人気もあった。それなのにこのアウターレック、尻切れトンボのような納得いかないラストで終ってしまった。連載回数もわずか21回。アウターレック終了後、小室孝太郎は漫画界から一時姿を消す。

(引用先:論考:「手塚治虫の後継者になれなかった男、小室孝太郎の悲劇」byオタッキー


 この小室孝太郎氏ですが、wikiによると「ジャンプ専属契約システムの犠牲者」としてマニアの間では有名な存在だそうです。この『アウターレック』突然の打ち切りの後、『つっぱりアナーキー王』が編集部の「SF漫画は2作もいらない」という判断のもとまたもや打ち切りにされ(残ったのが、かの有名な永井豪の『マジンガーZ』。ただし別説あり)、その後もさまざまな圧力により漫画を描かせてもらえなかったようです。代表作は『ワースト』で、単行本化もされているようですが、残念ながらこの『アウターレック』は単行本化されていません。ですので読むには古本屋で本誌を当たるしかないのですが、ネットでは古い漫画を復刻させて広告収入を得る、というビジネスモデルが注目されていますし、何らかの形で陽の目を見て欲しいのもです。

[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 『2001年…』のパロディ広告は、全世界レベルで考えればそれこそ数え切れないほど存在するんでしょうけど、また新たなパロディCMの登場です。スプーンが落ちるシーンに至っては、何もいうことはありません(笑。狂ったロボットの名称が「HTR-1000(Halo Top icecReam 1000?)」なのは、HAL9000のもじりであることは間違いないでしょうね。

 このHALO TOPアイスクリームは、今、全米でもっとも売れているアイスだそうで、低カロリーがセールスポイント。そのうち日本にも上陸するかもしれませんが、その時にこのCMが流れたら密かにニンマリしちゃいましょう(笑。
[ブログランキング参加中]  にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ      

このページのトップヘ