パロディ・インスパイア・リスペクト・トリビュート

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
umeda
本棚の奥にあった単行本を引っ張り出してきました。本の扱いが悪いので、カバーが破けてしまっています。

 よくネットで地下街や駅構造の複雑さから「新宿ダンジョン」「渋谷ダンジョン」などと話題になりますが、関西では「梅田ダンジョン」が有名ですね。その話題が挙がるたびに思い出していたのが堀晃氏の短編SF小説『梅田地下オデッセイ』です。

 ストーリーは梅田地下街が白昼突然閉鎖され、残された人々は生き残るために食料を奪い合う暴徒と化して地下街は無法地帯に。さらに地下街を管理するコンピュータが謎のシャッター操作をすることによって、ウメチカがまさしく「梅田ダンジョン」化。そんな中、主人公は地下街からの脱出を試みて阪急プラザ(現在の阪急三番街北館)から南へ向かう・・・というもの。

 発表は1978年ですので、当時の梅田地下街(略称ウメチカ)がベースになっていますが、現在の地下街(Whityうめだと改称)と構造的には大きな変化はありませんので、梅田地下街になじみのある方なら楽しめる小説です。その反面、なじみがないと主人公の位置関係が把握しにくく、ちょっと読みづらいという難点もあります。

 1978年といえば『スター・ウォーズ』の大ヒットに続けてSF映画がブームになっていた頃。切望された『2001年宇宙の旅』のリバイバル公開も全国規模で行われていました。そんなSFブームの真っ最中に発表されたこの作品、作者の堀晃氏は『2001年…』の影響を語っていませんが、「オデッセイ」というタイトルや言葉を話すコンピュータ(ただし女性)、物語の鍵となる新生児など、そこここにその影響が感じられます。

 この『梅田地下オデッセイ』ですが、堀晃氏のホームページで全文無料で公開されています。興味のある方はぜひ一読してみてください。

 余談ですが、この物語のラストシーンの舞台になった堂島地下センターに入口があった「大毎地下劇場」(現在は廃館)という名画座に管理人は入り浸っておりました。友の会会員になれば700円(記憶によれば)で入館でき、2本立て、3本立てを続けざまに観たものです。『シャイニング』『時計じかけのオレンジ』『博士の異常な愛情』を観たのもこの名画座です。この地下街の名物店といえば「インデアンカレー」。甘いけど後でピリッとくるルーに生卵を落とすという独自のスタイルは、ある種の郷愁を誘います。東京でも東京駅丸の内側のビル、TOKIA地下一階に出店していますので、東京であの味を味わってみたいという方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


二時間だけのバカンス/宇多田ヒカル featuring 椎名林檎

 日本を代表する歌姫、宇多田ヒカルの楽曲に椎名林檎がコラボした2016年に発表した曲。宇宙船が『2001年…』の宇宙ステーションVと『さよならジュピター』のTOKYO-IIIを足して2で割ったようなデザインです。到着した木星の衛星には大阪万博のオーストラリア館のような建物があるし、車が砂漠を疾走するシーンは『スター・ウォーズ』に、ホバータイプのキックボードは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のスケートボードに似ています。実はこのMVの監督は椎名林檎の夫である児玉裕一氏です。

 映像は古今東西、様々な映画などからの引用が見られますが、歌詞は不倫とも夫婦愛とも女子友とも受け取れる内容・・・というか、それを狙った感じ。MVとの共通点は「日常からの脱出」という点だけですので、歌詞を特定の解釈をされないよう、わざと極端な非日常感を出したいがために宇宙旅行というシチュエーションを選んだのではないでしょうか。

(情報提供:OPOE様)




天誅/閃靈 CHTHONIC

 台湾のデスメタルバンド、閃靈 CHTHONIC(ソニック)の『天誅』のMVにはいきなり『2001年…』の白い部屋が登場しびっくりしますが、CGなのかセットなのか微妙なところですね。「デスメタル」としましたが正確には「ブラックメタル」だそうですが、その違いはよくわかりません。

 このソニックというバンド、wikiによるとかなり政治的な色彩が強く、一言で言えば台湾独立派のようですが、中国に飲み込まれてしまえば自由な音楽活動など望むべくもないので、まあそうでしょうね。今年2月には東京と大阪でツアーが組まれているそうです。

 その他のオマージュMVは「【オマージュ】『2001年宇宙の旅』にインスパイアされた、もしくはオマージュしたMVのまとめ」という記事にまとめていますので、よろしければこちらもどうぞ。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ODYSSEY VR
『ODYSSEY VR: A Spacetime Trip』のVeeR版はこちら

 昨年大ヒットした映画『レディ・プレイヤー1』で主要な舞台になったVR(ヴァーチャル・リアリティ)ですが、VR版YouTubeとでも呼べそうなプラットフォーム「VeeR VR(ヴィーア)」が昨年から日本でもサービスを開始したそうです。記事を引用すると、

 中国発のグローバルVRコンテンツサービス、「VeeR VR(ヴィーア)」が日本に上陸しました。「Veer VR」は世界中の個人や団体が、360度コンテンツを共有するコミュニティです。アップロードされたコンテンツを幅広いVRヘッドセットやモバイル端末で閲覧できるほか、VRコンテンツの編集機能も備わっています。

(全文はリンク先へ:Mogura VR/2018年7月9日


とのことですが、PCのブラウザではマウスでぐりぐりと360度見回すことができます。明らかに『2001年…』のスターゲート・シークエンスを思わせる映像が出てきますが、動画のタイトルがそもそも『ODYSSEY VR: A Spacetime Trip』ですので言わずもがな、ですし、作者のJosh Gonsalves氏も「キューブリックの『2001年宇宙の旅』にインスパイアされたこの壮大な冒険で、時空を超えてください。」とコメントしています。

 個人的にはヘッドセットなしで視聴できる環境(例えば3Dホログラムスクリーンとか)が整わない限りVRの普及は限定的だと感じていますが、3D映像は大昔からある定番の「未来ガジェットネタ」ですので、いつかは身近な映像メディアとして普及して欲しいですね。

 YouTube版はこちら

【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
レストラン「Luna」のPV

 アイルランドのダブリンにあるレストラン「Luna」のカーペットが「シャイニング・カーペット」、バーマンの制服は「ロイド」と同じデザインだそうなのでご紹介。

luna1

luna2
「シャイニングカーペット」と「バーテンダーのロイド」の制服

 このインスパイアについては公式Twitterが明かしていますので確実です。キューブリックファンで、もしダブリンに行かれる方がいらっしゃいましたら、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 レストラン「Luna」の公式サイトはこちら
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 「宇宙=無重力=美しき青きドナウ」という図式は、それこそうんざりするほど見させられているのですが、今年は『2001年宇宙の旅』公開50周年だったので、「初めて『2001年…』を観た」という方も多かったでしょうし、それによって元ネタを知ったというパターンもあったかと思います。

 事業会社のソフトバンクも「ドナウ」ネタや「ツァラトゥストラはかく語りき」ネタをやっていますし、他社CMでも数え切れないくらい『2001年…』ネタを、それこそ「50年間も」しつづけてきています。それをここでは紹介し切れませんが、今後も「宇宙=無重力=ドナウ」や「何かが登場(もしくは夜明け)=ツァラトゥストラ」はCMその他のネタにされ続けるでしょう。



【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ