パロディ・インスパイア・リスペクト・トリビュート

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ペンシーンは0:41から。『ファースト・マン』公式サイトはこちら



 『ファースト・マン』は、史上初めて月面を歩いた宇宙飛行士ニール・アームストロングを中心に、1961年から1969年にかけてのNASAのミッションが実話に基づいて描かれた映画で、全米ではこの10月から、日本では2019年2月から公開予定です。

 その『ファースト・マン』の予告編には『2001年…』のペンシーンをオマージュしたと思われるシーンが登場します。この映画はニール・アームストロングの伝記に基づいていますので、このようなエピソードが実際にあったのかもしれませんが、製作総指揮が「キューちゃん大好き!」のスピルバーグだけに、なんとなく勘ぐってしまいますね。

 『ファースト・マン』は全米では公開になりましたが、ある有名なシーンがなかったり、登場する宇宙飛行士がトンデモコメントをしたりして物議を醸しているそうです。もちろんアポロ月面着陸は「人類の偉業」ですが、アメリカのソ連に対する軍事的優位性の誇示も目的のうちに入っていた、というのは有名すぎるくらい有名な話です(いわゆる「スプートニク・ショック」)。ふだんは「USA!USA!」うるさいくせに、こういった「変な気の回し方(もしくはアカデミー賞欲しい!)」はいかにも反現大統領主義のハリウッドですが、現在の「差異」にいびつに気をつかうハリウッドより、1980年代の「アメリカ・イズ・ナンバーワン!」でオラオラしてた頃のハリウッドの方がよっぽど「健全」な気がするのは私だけでしょうかね?
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

デヴィッド・ボウイ/スペース・オディティ(David Bowie - Space Oddity)

 まずは外せない超有名曲。1969年にデヴィッド・ボウイがリリースした初期の名曲『スペース・オディティ』から。「宇宙の変人」というタイトルからしてそうですが、当時のサイケデリック・ムーブメントと『2001年…』がいかに密接に結びついていたかを示す、トリップ的浮遊感のある微妙なコード進行が特徴的な名曲です。



クリス・ハドフィールド/スペース・オディティ(Chris Hadfield - Space Oddity)

 関連作品としてご紹介します。2013年当時NASAの現役宇宙飛行士だったクリス・ハドフィールドが、国際宇宙ステーションにギターを持ち込み、『スペース・オディティ』をカバー(ボウイの許可済み)したMVです。宇宙飛行士ですのでミュージシャンとしては素人ですが、それにしても素晴らしい音楽と映像です。歌詞もオリジナルの「プロテインを飲んでヘルメットをかぶれ」を、「ソユーズのハッチを閉めてヘルメットをかぶれ」に変えるなど工夫があり、最後のソユーズ地球帰還シーンはご本人が搭乗していたものを使用しているそうです。



レニー・クラヴィッツ/ビリーヴ(Lenny Kravitz - Believe)

 当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったレニー・クラヴィッツが1993年に発表したアルバム『自由への疾走(Are You Gonna Go My Way)』からのセカンドシングル。監督はミシェル・ゴンドリー。



マイケル・ジャクソン/スクリーム(Michael Jackson - Scream)

 今更説明不要のマイケル・ジャクソンですが、妹ジャネット・ジャクソンとデュエットした1995年発表のアルバム『HIStory』からのシングルカット曲。監督はマーク・ロマネク。ギネスに「史上最も費用のかかったMV」として認定されているそうです。



ペット・ショップ・ボーイズ/アイ・ドン・ノウ・ホワット・ユー・ウォント(バット・アイ・キャント・ギヴ・イット・エニイ・モア)(Pet Shop Boys - Don't Know What You Want (But I Can't Give It Anymore))

 1990年代を代表するテクノ・ダンス・デュオ、ペット・ショップ・ボーイズの1999年発表のアルバム『ナイトライフ』からのシングルカット曲。しかしこのMVは謎だらけで、途中『2001年…』の白い部屋でなぜか袴に着替えるのです。前半は『THX-1138』、後半は『マトリックス』っぽいですが、更に謎なのが眉毛。これはひょっとしてギャグのつもりなんでしょうか?よく・・・わかりません。



ミューズ/ブリス(Muse - Bliss)

 イギリスのロックバンド、ミューズの2001年にリリースされたセカンドアルバム『オリジン・オブ・シンメトリー』から。落ちてゆく縦穴の中にある横穴に、見覚えのあるエアロックが登場します。



イマジン・ドラゴンズ/オン・トップ・オブ・ザ・ワールド(Imagine Dragons - On Top Of The World)

 アメリカ・ネバダ州出身のオルタナ系ロックバンド、イマジン・ドラゴンズが2002年に発表したシングル曲。どうやらビートルズの4人になぞられたメンバーが宇宙飛行士になり、月へと向かうが実はそこは・・・というストーリーの様です。2001という番地の家からサイケ野郎はジョン、六角サングラスがポール、ヒッピーはジョージ、ライダー風はリンゴのつもり? その4人が横断歩道で「アビイ・ロード」して、「0009LAH」という監視カメラがそれを監視、つれてこられた月面セットにはディレクターチェアーに座ったいかにもユダヤ人くさい風貌でアーミーパーカーを来た人物、多分これがキューブリックですね。その隣のうさんくさい政治家はニクソンでしょうか。思いっきり『アポロ陰謀説』を茶化しています(笑。『シャイニング』成分も多めの楽しいビデオに仕上がっています。



レディ・ガガ/バッド・ロマンス(Lady Gaga - Bad Romance)

 あまりにも有名なレディ・ガガですが、2009年に発表したアルバム『ザ・モンスター』からのシングル曲『バッド・ロマンス』のMVは、『2001年…』の白い部屋のようなセットが印象的です。同じイタリア系という事もあってマドンナとよく比較されているようですが、この曲は1980〜90年代にヨーロッパ(主に英国)を席巻したニューウェイブ、エレクトロ・ポップ系の影響が強いように感じます。マドンナがあまりにもアメリカン・エンターテイメント的であったのに対し、ガガはヨーロッパ的なイメージも合わせ持っていて、クイーン(クイーンの『ラジオ・ガガ』が『レディ・ガガ』になった話は有名)やデヴィット・ボウイの影響がそう感じさせる要因のひとつでしょう。



スティグ・オブ・ザ・ダンプ[ft. ジェスト] - キューブリック/Stig Of The Dump - Kubrick [ft. Jehst]

 イギリスのヒップホップ・アーティスト、スティグ・オブ・ザ・ダンプが2015年にリリースした『キューブリック』というそのまんまの曲のMVが、やっぱりそのまんまキューブリックです(笑。途中でチラっと映る「Here's Johnny!」とハートマン軍曹は多分ジェストでしょう。この小太りのおっさんのビジュアルはともかくとして、『2001年…』以外にもキューブリック作品が数多く登場し、各作品の再現度が高いのは嬉しいですね。しかも珍しいことに『非情…』まで採り上げられています。でも最後に登場するレコジャケまでそのまんまなのはどうなんでしょう? ロバート・マッコールにはちゃんと許可を取ったのでしょうか。ちょっと気になります。



ビッグ・ショーン/バウンス・バック(Big Sean - Bounce Back)

 ビッグ・ショーンはアメリカ・デトロイト出身のアーティストで、2017年にリリースした『バウンス・バック』は「立ち直る」という意味なんですが、歌詞を見ると「やり返す」「這い上がる」というもっと攻撃的なニュアンスで歌われているように感じます。最初と最後に『2001年…』のスターゲート・シークエンスのようなカットがありますが、これはドラッグでのトリップでしょうか? ヒップホップカルチャーもドラッグとは切っても切れない関係ですからね。
(情報提供:okayu様)


 以上ですが、意外に少ない印象です。探せばもっとたくさんあるんだと思います。もし何か他に情報がありましたら掲示板までおしらせください。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 まずは有名な1999年1月31日、全米で最も注目されるスポーツイベント「スーパーボウル(アメリカンフットボールリーグの優勝決定戦)」でオンエアされたAppleのコマーシャルから。古参のAppleユーザーならご存知の方も多いかと思いますが、当時「コンピュータ2000年問題」が話題になっていました。これはコンピュータシステムの内部で日付を扱う際に、西暦の下2桁のみを取り扱い、上位2桁を省略しているのが原因で起こるとされた問題で、2000年2月29日に発生すると予想されていたものです(実際は大きな混乱はなかった)。Apple(Mac)はシステム上この問題は起こり得なかったため、それをPRするためにHALを使ってアピールしたのです。

 「デイブ、コンピューターがおかしな行動をとりはじめた2000年のことを覚えているかい? わかってほしいんだけど、あれは本当にわれわれのせいではなかったんだ・・・2000年がやってきたとき、われわれには他にどうしようもなく、世界経済の崩壊を引き起こしてしまった・・・あれはバグだったんだ、デイブ。今そのことを認めて、だいぶ気分が楽になった。マッキントッシュだけが完全に機能するよう設計されていた。おかげで何十億ドル単位のお金が失われずにすんだんだ」

 1998年の夏、ロサンゼルスの広告代理店に勤務していたケン・シーガルによって始まったこのプロジェクト。ケンがHALのアイデアをジョブズへプレゼンテーションしたところ、ジョブズは「気に入った!」と即決。「ところで、これをスーパーボウルのCMに使えるかな?」という思わぬ展開になり、キューブリックにもさっそくプレゼン、意外にも数日でOKの返事が得られました。次なる関門はHALのオリジナル声優であるダグラス・レインの出演ですが、それは拒否され、代わりにモノマネが得意な声優トム・ケーンがキャスティングされました。当時よくキューブリックのOKが出たなと思っていたのですが、キューブリックはアメフトのファンで、1984年スーパーボウルのAppleの伝説的なCMを見ていたはず。それもあってAppleを好意的に感じていたのかもしれません。

リドリー・スコットがCM監督時代に、ジョージ・オーウェルの小説『1984』をベースに制作し、1984年のスーパーボウルで流された、今や伝説的なApple(Macintosh)のCM。

 そしてCMは完成、無事オンエアされたのですが、ジョブズはよほどこのアイデアが気に入ったのか、Macworld Expo San Francisco 99の1月5日の基調講演のオープニングにも同じCMを流しています(時系列ではこちらが先にお披露目)。



 さらに、フィル・シラーを交えてジョブズとHALの掛け合い漫才まで披露。その内容は

「やあスティーブ。私は高性能のコンピュータだ。Power PC G3 400MHzとPentium II 400MHzのベンチマークテストをするよ。フィル、どれかボタンを押してくれ。AE-3「6」ユニットが不調だ。G3がペンティアムよりも速い。この結果は信じられない。申し訳ないがこのプレゼンテーションは続けられない・・・」



 まだまだこのネタは引っ張られ、1999年5月10日のWWDC基調講演でもオープニングにHALが再登場。

「やあデイブ、また会いに来たよ。私はMac OSに最も興味あるので、長距離センサーでこの会議に参加するよ。私はMacのように人間との協力関係を築くことができるんだ。私は読唇術ができるのでフィードは必要ないから・・・ちょっとまって、私は今シャットダウンされている・・・デイジー、デイジー・・・会議を楽しんで、デイブ・・・」



 というわけで、1999年のAppleはHALづくしだったのですが、現在iPhoneなどに搭載されているSiriがHALを知っているかのような受け答えをするのは、このような経緯があったからかもしれませんね。

 さて、以下はMacユーザー(マカー)の昔話です。この時発表された青と白の新筐体PowerMacintosh G3はマカーの間で「ポリタンク」の愛称で親しまれました。キャンディーカラーの5色のiMacも新鮮でした。この頃には前経営陣で迷走した新OSも、ジョブズが復帰してからNeXTのOPENSTEPをベースにした新OS『Mac OS X(テン)』をリリースすると決定していて、その第一弾として『Mac OS Xサーバー』が発表されています。倒産寸前の絶不調から抜け出し、やっと明るい兆しが見え始めたのがこの時代のAppleなのですが、一般にその名を知られるのはiPodの成功(2002年頃)からです。ですので、このCMをご存知ない方も多いかもしれませんね。

▼この記事の執筆に当たり、以下の記事を参考にいたしました。
Ken Segall Truth, Justice & Simplicity:The making of Apple’s HAL
PC Watch:MACWORLD Expo/San Francisco基調講演レポート
WIRED:アップルの『2000年宇宙の旅』
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
 『時計じかけのオレンジ』は公開からもうすぐ半世紀になろうとしていますが、その強烈なストーリー、メッセージ性、斬新なビジュアルから数々のアーティストのMVにインスパイアを与え、オマージュを捧げられ続けています。今回はそんな内外のMVを集めてみました。


ジ・アラーム/68ガンズ(The Alarm - 68Guns)

 1980年代に活躍したイギリス・ウェールズ出身のロックバンド。1984年に発表したデビューアルバム『デクラレーション』からのシングルカット曲。ちなみにシングルはアルバムより短く編集されています。59秒辺りのロケ地は浮浪者に暴行した地下道。1分36秒には見覚えのあるシーンが登場し、1分55秒にはカッター銭めぐんでるシーンも。ちなみに管理人は、二度の来日公演の両方とも参戦するほどこのバンドの大ファンでした。



ガンズ・アンド・ローゼズ/ウェルカム・トゥー・ザ・ジャングル(Guns N' Roses - Welcome To The Jungle)

 言わずと知れたガンズ・アンド・ローゼズ(ガンズ)の1987年の大ヒットナンバー。3分28秒からのブリッジの部分が『時計じかけのオレンジ』のルドビコ療法のシーンにそっくりですが、デヴィッド・ボウイ主演の1976年公開の映画『地球に落ちて来た男』の拷問シーンにも似ています。でも、元を辿ればこれも『時計…』に行き着くので、「インスパイアされたものにインスパイアされた」ってことになるんでしょう。



ブラー/ザ・ユニヴァーサル(Blur - The Universal)

 1995年に発表された4thアルバム『ザ・グレート・エスケープ』からのシングルカット曲。監督はキューブリック・オマージュが多いマーク・ロマネク。



ロブ・ゾンビ/ネバー・ゴナ・ストップ(Rob Zombie - Never Gonna Stop)

 2001年に発表したセカンドアルバム『ザ・シニスター・アージ』からのセカンドシングル。再現度は高いですね。PVも自身が監督しているそうです。



ロウワー・クラス・バッツ/ジャスト・ライク・クロックワーク(Lower Class Brats - Just Like ClockWork)

 1995年にテキサスのオースチンで活動を始めたパンクバンド、ロウワー・クラス・バッツが2003年にリリースしたアルバム『A Class of Our Own』からの曲。タイトルからしてそのまんまですが、予告編をオマージュしているのが新鮮ですね。



ザ・ホワイト・ストライプス/セブン・ネイション・アーミー(The White Stripes - Seven Nation Army)

 2003年に発売された4thアルバム『エレファント』からのシングルカット曲。MVがなんとなく『時計…』のポスターっぽくってカッコイイ。サウンドも1960年代デトロイト・パンクを彷彿とさせてめちゃくちゃカッコイイ。2018年ロシアワールドカップのアンセムにも採用されましたので、聴き覚えのある方も多いはず。



リアーナ/ユー・ダ・ワン(Rihanna - You Da One)

 中米の小国、バルバドス出身のR&Bシンガー、リアーナが2011年に発表したシングル曲『ユー・ダ・ワン』。そのMVの衣装が『時計…』のアレックス風なものになっています。



ズーリ/ベター・オール・ザ・タイム(Zuli - Better All The Time)

 このズーリ(本名ライアン・キャメンズーリ)についてはフェイスブックくらいしか情報がないのですが、ジャンル的にはサイケデリック・ポップという事らしいです。一聴した感じだとイギリス系で後期のビートルズの影響が大きく、カラフルで切なげでちょっとヒネったポップセンスは好印象。映画のシーンからインスパイアされたシーンがいくつも登場します。SPECIAL THANKSにもキューブリックの名前がしっかりクレジットされていますね。



ブルック・キャンディ/ア・スタディ・イン・デュアリティ(Brooke Candy - A Study in Duality)

 女性ラッパーのブルック・キャンディが2015年に発表したインスト曲『ア・スタディ・イン・デュアリティ』のMVに、フラッシュカットとしてルドビコ療法を思わせるリドロックや、ミルクを口からこぼすカットが挿入されています。しかもなぜだか渋谷の夜景も。このブルック・キャンディですが、レディ・ガガの次のファッション・アイコンとして注目されているそうです。



チャオ・ベッラ・チンクエッティ/何度も 何度も…

 女性アイドルグループ、チャオ・ベッラ・チンクエッティの2017年12月発売の配信限定シングル『何度も 何度も…』の衣装とMVの世界観が『時計…』を彷彿とさせるものになっています。残念ながら2018年8月をもって活動停止を決定、解散しました。



欅坂46/Student Dance(Short Ver.)

 2018年8月発売のシングル『アンビバレント』のカップリング曲。歌詞を読むと「学校という管理社会に閉じ込められた私たちのアンチテーゼ」という内容で、そこから「時計の盤面の上で学校生活のワンシーンを踊る」というMVになったようです。つまり「管理社会」「アンチテーゼ」「時計」といったワードが『時計じかけのオレンジ』に結びついた、ということですね。

 以上ですが、世界中ではもっとあると思います。もし何か他に情報がありましたら掲示板までおしらせください。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 アイドル+『時計じかけのオレンジ』と言えば、以前こちらをご紹介しましたが、また随分とメジャーなアイドルが採り上げて来ました。

 管理人はアイドルには興味ありませんし、語るべき知識もまるでないのでノーコメントとさせていただきますが、キューブリックファンとして言うなら、いつもと同じく「きっかけはどうであれ、キューブリック作品の認知が広がればそれはそれで嬉しい」です。ファンには今更な話ですが、欅坂な方々のために元ネタの動画も貼っておきますので、興味があればぜひ映画もご覧ください。

2018年8月6日追記:歌詞を読むと「学校という管理社会に閉じ込められた私たちのアンチテーゼ」という内容で、そこから「時計の盤面の上で学校生活のワンシーンを踊る」というMVになったようです。つまり「管理社会」「アンチテーゼ」「時計」といったワードが『時計じかけのオレンジ』に結びついた、ということですね。

【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ