early-monolith-concept-as-a-black-tetrahedron
初期のストーリーボードに描かれたモノリス発掘現場。正四面体で、すでに黒色も検討されている。『前哨』のシーンにかなり近い。

 正四面体とピラミッド(四角錐)の違いは底面が三角形か四角形かの違いです。正四面体はさらに「立体を構成する4つの面の全てが正三角形」という条件があります。そんな細かいことどうでも・・・と思われるかも知れませんが、クラークは正四面体に「立体図形の中で一番単純かつ基本。おおよそ様々な哲学的・科学的思索を生み出した形」という意味を込めているので、ここは間違わないようにしておきたいですね。まあ、当のキューブリックやクラークが便宜上「ピラミッド」と発言するものだから、混乱してしまっていますが。

 そんな正四面体であるモノリス初期案ですが、キューブリックもクラークもこのアイデアが気に入っていたのか、以下のようにかなりの期間、検討された痕跡があります。

4
模型の段階になっても正四面体。

DdIaKf9XkAAwNNK
セットの立て込みが始まっても正四面体。

shonen_magazine
週間少年マガジン1968年3月24日号(公開直前)の『2001年宇宙の旅』特集で掲載されたイラストも正四面体。ネタバレを嫌ったキューブリックが古い資料を渡したのかも知れません。

 結局ルーサイト(アクリル)制作会社が透明な正四面体で作れず、透明なタバコの箱型ならできるという都合で透明の箱型モノリスが完成。それを見たキューブリックが「完全な透明じゃない」とガッカリし、美術監督のトニー・マスターズが「じゃあ黒にしましょう」となって、現在劇中で観ることができるモノリスになりました。クラークの小説版に出てくる「1:4:9(最初の整数1、2、3の自乗)」という箱型モノリスの比率は、クラークが「あとで思いついたもの」と発言しています。つまり「後付け設定」ですね。