EWS1
画像引用:IMDb - Eyes Wide Shut

二度とセ○○スしたくなくなる映画5選

〈前略〉

『アイズ ワイド シャット』

 最後まで聞いてください。この映画は、神秘的で圧倒的な性の力と、それが私たちのすべてを推し進めることについてのものであるはずですが、どういうわけか性行為とセクシュアリティが少し誇張されているように見えます。ニコール・キッドマンのキャラクターは、休暇中に見た素敵な水兵に本当に欲情しましたか? そして、その告白に悩まされたトム・クルーズ演じるキャラクターは、本当に殺人的な性的イルミナティを嗅ぎ回る必要があったでしょうか? 時々、スタンリー・キューブリックのような芸術的な天才が、エロスにはそれだけの価値がないことを見せてくれます。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:The Cut/2020年2月5日




 バレンタインデー特集にこういう記事を載せるニューヨーク・マガジンもどうかと思いますが、そんな記事にちゃっかりとランクインしている『アイズ ワイド シャット』は流石というべきか、なんというか(笑。

 『アイズ…』は非常に曖昧な物語ですが、非常に明確な一言で終わるという、いかにも「キューブリックらしい意地悪な」作品です。キューブリックは愛だの恋だの、そんな人間の表面的な「情緒」を描くことにはあまり興味がなく、人間の本質を鋭く突く描き方を好む映画監督です。それはこの『アイズ…』でも同じで、明るい未来と夫婦の絆の再確認を予感させる原作のラストシーンを改変し、シニカルで意味深な終わり方をさせています。

 ですので、この「二度とセ○○スしたくなくなる」(伏せ字はお察しください。笑)映画という意味においては、「そんな情緒的な気分をぶっ飛ばす何か」がある作品ばかりが選ばれているわけですが、要するに「バレンタインデー(海外では単に「愛の日」という扱い)にカップルで観るにはおすすめできない」ということです。その名誉に預かった(笑)5作品とは以下の通りです。

第1位:『ミッドサマー』
第2位:『ザ・ルーム』
第3位:『アイズ ワイド シャット』
第4位:『ウォッチメン』
第5位:『ローズマリーの赤ちゃん』

 ちなみに第5位に選ばれている『ローズマリーの赤ちゃん』は、キューブリックのお気に入りの作品の一つでした。ただ、キューブリックは鑑賞する側であれば、情緒的でない作品ばかりでなく、情緒的な作品も好んでいます。つまり「観るのは嫌いじゃないけど、自分で作りたいとは思わない」ということだと思いますが、世間一般にありがちな「作った作品=その人の人格」という誤解(というか決めつけ)に悩まされたのはキューブリックも同じですね(『時計…』での脅迫事件などはその最たる例)。まあ、そんなことは自分自身が「創作者(たとえどんなレベルであっても)」になってみれば単なる誤解だと即、理解できることなんですが、創作経験のない人ほど「決めつけ」の傾向があると思うのは、私だけではないと思います。