<サム・メンデス監督が第一次大戦を描いた『1917 命をかけた伝令』(日本公開は2月14日)が、第92回アカデミー賞の撮影賞、録音賞、視覚効果賞の3部門で受賞。全編を「ワンカット」に見せるためのトリックを随所に採用し、最高の映像テクニックで戦争を表現することに成功した>

〈中略〉

 終戦から40年後に発表されたスタンリー・キューブリックの反戦映画『突撃』(1957年)も、カメラを据え付けた台車をレールに載せて移動させる撮影手法で、塹壕戦を指揮する傲慢な将校たちの姿を巧みに描いた。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Newsweek日本版/2020年2月11日




 アカデミー賞でも話題を集めた『1917』ですが、いよいよ今週末公開になります。この作品、キューブリックの『突撃』を引用して解説する記事があちこちで見受けられましたが、この記事もその一つですね。ただ細かいことを言えば塹壕シーンは「台車をレール」ではなく、塹壕の底に板を敷き、その上をカメラを乗せた台車を走らせました。写真も残っています。

POG_T_S

 それはともかく、このシーンでカーク・ダグラスは「周囲や後方の爆発を気にとめることなく、ずんずんと歩き進む」のですが、現在では定番になっている登場人物の「力強さ・勇気」を表現するこの手法、これを最初に撮ったのはキューブリックで、それはこの『突撃』ではないか?という話があります。もし『突撃』以前に同じようなシーンがあるのをご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報ください。