LV

 彼とは25年の付き合いだった。それだけ長い間親しく付き合えば、家族のような気さえした。ただし本物の家族ではなくあくまで境界線があった。純粋に仕事上の関係だ。

 彼は私をアシスタントとして完全に信頼してくれた。家族を信頼するようにね。家族に近い存在だった。驚くほど親切な人だった。仕事以外の時はね。気にかけてくれていた。そういう意味では仕事だけの関係ではなかった。

 気にかけてもらうと私も応えなければと思った。彼の役に立ちたかったから、一度も逆らいはしなかった。一緒に仕事ができたことは大きな名誉だと思ってる。給料なんかには代えられないものだ。もっと個人的な何かだ。私にとってスタンリーはとても大切な人だった。




 2001年にパイオニアからDVDとして発売され、「キューブリックファン必見の1本」と煽ったわりにはキューブリック本人のインタビューがない、制作スタッフの小芝居がウザいと酷評したドキュメンタリーですが、逝去直後に制作された最速のドキュメンタリーとして、今となっては非常に資料性の高い一本となりました。このドキュメンタリーの中に、『キューブリックに魅せられた男』ことレオン・ヴィタリのインタビューがあり、その字幕をテキスト化してみたのが上記です。

 久しぶりに再見してみて興味深く思うのは、同じキューブリックの関係者でも、スタッフや俳優はキューブリックに対して否定的なのに対し(マルコム・マクダウェルもかなり批判的な口調)、キューブリックに近かったレオンやヤン・ハーラン、それに未亡人であるクリスティアーヌは喪失感をあらわにしている点です。それもそのはず、このドキュメンタリーが制作されたのは1998年秋冬頃から1999年7月頃にかけてで、逝去(1999年3月7日)からまだ数ヶ月しか経っていません。彼ら、彼女らの表情や口調からはそれがひしひしと感じられ、観ていてちょっと辛くなりました。

 登場する証言者は以下の通り。DVDはアマゾンやヤフオクでも投げ売り状態ですので、今なら購入しても悪くはないかな、と思っています。

ポール・ジョイス(ドキュメンタリー『スタンリー・キューブリック:見えない男』の監督)
マリット・アレン(『アイズ…』の衣装担当)
アレキサンダー・ウォーカー(映画評論家。キューブリックとは旧知の仲)
ミシェル・シマン(映画評論家。『KUBRICK』の著者)
アラン・ウィブリー(『シャイニング』の特殊効果監督)
ケン・アダム(『博士…』『バリー…』のプロダクションデザイナー)
ジョン・ウォード(『フルメタル…』のステディカムオペレーター)
ブライアン・ピータース(エルスツリー・スタジオ試写室の映写技師)
ポール・ウェルシュ(エルスツリー・スタジオの管理人)
ゴードン・スタインフォース(『シャイニング』の撮影助手)
フレデリック・ラファエル(『アイズ…』の共同脚本執筆者)
テリー・ニーダム(『シャイニング』『フルメタル…』の助監督)
マイケル・ターン(『時計…』のピート役)
マルコム・マクダウェル(『時計…』のアレックス役)
マレー・メルヴィン(『バリー…』のレント牧師役)
フィリップ・ストーン(『時計…』のアレックスの父親、『バリー…』のリンドン家の執事、『シャイニング』のグレイディ役)
ジュリアン・シニア(イギリスのワーナーの宣伝部長)
レオン・ヴィタリ(キューブリックのパーソナルアシスタント。『バリー…』のブリンドン卿、『アイズ…』の赤マント役)
ヤン・ハーラン(『時計…』以降のキューブリック作品の共同プロデューサー。キューブリックの義弟)
ドミニク・ハーラン(『アイズ…』でリゲティのピアノ曲を演奏。ヤン・ハーランの次男)
クリスティアーヌ・キューブリック(『突撃』の少女役。キューブリックの未亡人)


スキャン
20世紀の巨匠 スタンリー・キューブリック [DVD](amazon)