当ブログでも繰り返し書いていますが、『シャイニング』のオフィシャルサウンドトラックは公開時(1980年)にワーナーよりアナログ盤LPとしてリリースされて以来、今だにCD化さえされていません。ですので、このように定期的にYouTubeに音源がアップされるのですが、結局は削除ということになってしまいます。となると、この動画もいつまで存在し続けることができるかはわかりません。

 このサントラ盤の詳細についてはこちらでご確認していただくとして、『シャイニング』以外のキューブリック作品のサントラの状況は以下のようになっています。

『恐怖と欲望』
『非情の罠』
『現金に体を張れ』
『突撃』

…サントラ盤なし。ただし、メインタイトルなどは再録音され、コンピレーション『Dr. Strangelove: Music From The Films Of Stanley Kubrick』としてCD化

『博士の異常な愛情』
…サントラ盤はなく、他の映画の曲と合わせたコンピレーション盤。未CD化

『ロリータ』
『2001年宇宙の旅』

…サントラ盤あり。後にボーナストラックを追加しCD化

『スパルタカス』
『時計じかけのオレンジ』
『バリー・リンドン』
『フルメタル・ジャケット』
『アイズ ワイド シャット』

…サントラ盤あり。オリジナルのままCD化

 こうしてみても、『シャイニング』だけがいまだにアナログ盤のみという状況がいかに異常かがよくわかります。版権やレーベルの問題があるのかもしれませんが、ワーナーさんには一刻も早く『シャイニング』のオフィシャルサントラの再リリースをお願いしたいですね。