nope_1
おもちゃ箱をひっくり返したような、様々な映画やおもちゃ、お菓子関係のグッズが壁一面に飾られた店内。つぶさに見ていけば意外な発見があるかも?

 2019年8月18日にオープンして以来、「トイレが怖い!」と話題になっている東京・代々木にある『cafe&DINE in "nope"』に行ってきました。

 入店してすぐ、壁一面に飾られたアメリカントイなどの様々なグッズに圧倒されますが、これはおもちゃをただ「陳列」するのではなく、「壁一面に張り巡らす」をコンセプトに、映画モノを中心とした時代感あふれるアメリカントイで店内を埋め尽くしたから。そして、やっぱり気になるのはシャイニング・カーペットとその先にある「237号室」。ハロランさんにキツく「決して入るな!237号室には何もない!!」と忠告されていましたが、気になるものは気になります。はやる心を抑えて、とりあえずは着席してまずはオーダー。

 メニューは、日本だとあまり食べる機会の少ないフィリーチーズステーキ、マッケンチーズ、チリコンカンなどのアメリカ定番料理がメイン。その中でも特におすすめなのは、フィリーチーズステーキをチーズホットサンドで挟んだフィリーチーズステーキサンド。デザート系ならスニッカーズの味を再現したスニッカーズミルクシェイクや、シネマを意識したポップコーン味のミルクシェイク、キャラメルポップコーンとチュロスをトッピングしたコンセッションミルクシェイクなどで、他ではなかなか味わえないものばかり。これらおいしいお料理やドリンクをゆっくりと味わいながら、「生理現象」が到来するのを待ちましょう。

 「生理現象」を催したら、意を決してトイレへ直行。トイレは入口からして嫌な予感。カーペットもルームナンバーも鍵もエレベーターの階数表示も何かを思い出させます。本来ならキッチンナイフを持っていくべきかもしれませんが、当然ありませんので代わりにハンカチを持参してください。

nope2

 扉を開け、中に入ってみると「嫌な予感」は的中! やっぱりあの方が「おコンバンワ!!」恐怖におののくあの方も!! 60ものドアをぶち壊し、撮影に3日間もかけたという例の顔が扉の裏側からお出迎えしてくれます。こんな顔に睨まれると出るものも引っ込みそうですね。

nope3

 映画でちらっと映るだけのシャワーや、逃げられない窓枠まで完備しているのもすごい。「お願い!ジャック!やめて!!」「ダニー逃げて!隠れるのよ!!」さらに、ファンならトイレに流れる「BGM」も聞き逃せませんよ!

nope4

 というわけで、キューブリックファンであればとっても楽しめるのですが、元ネタを知らないと「単に怖いトイレ」ということになってしまう可能性があります。ですので、「なにこれ!意味わかんない!」と言われたら、「これを観ればわかるよ」と、さりげなく『シャイニング』をオススメして、鑑賞後に再度お店を訪れればより楽しめるでしょう。

 もちろん『シャイニング』ネタばかりでなく、『スター・ウォーズ』『スター・トレック』『スーパーマン』『バットマン』『スパイダーマン』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『E.T.』『グレムリン』などの映画グッズ、様々なトイのクロスオーバー、マイケルやワム!などのポップ・ミュージック、スピルバーグのサインなどなど、店内は80'sであふれかえっています(映画『レディ・プレイヤー1』の世界観と重なったのは偶然だったそうですが、偶然とは言いつつも、ちゃっかりと「3本の鍵」を映画の内容に沿って店内装飾の中に紛れ込ませているそうです)。あの時代を知っている人には懐かしく、知らない人には新鮮に感じる・・・そんな「懐かしき良きアメリカ」にタイムスリップできる、まるで「おもちゃ箱の中」のようなお店です。

 店内のおもちゃは日々増殖中で、シーズンごとに一部模様替えをしたり、公開中の映画に合わせた模様替えも展開予定(バットマン80周年記念に合わせて壁面棚をバットマンで埋め尽くしたり、ハロウィン仕様にするなど)だそうです。『シャイニング』トイレも徐々にパワーアップするとのことですので、キューブリックファンとしても期待できますね。

 お店の場所は代々木ですが、JR・都営大江戸線代々木駅はもちろん、小田急線南新宿駅、そしてJR新宿駅からも南口や新南口を使えば徒歩でアクセスできます。新宿サザンテラスを南に向かって歩き、階段を降りてファミリーマートすぐの信号を右に渡り、目の前の路地を少し歩いた右側のレンガのビルの2階です。

 営業時間は午前11時から午後10時まで、年中無休ですが不定休でお休みの場合もあるので、公式Twitterをチェックしておきましょう。

cafe&DINE in "nope"
東京都渋谷区代々木1-58-7 2F
TEL:03-6276-1983