LVinter

──キューブリックが死去してからの『アイズ ワイズ シャット』の編集の経験を教えてください。

 幸運なことに、彼が編集したカットが残っていたんだ。ニューヨークにいるテリー・セメル、ボブ・デイリー、そしてトム・クルーズとニコール・キッドマンに見せるために送ったものがね。音楽なども追加したもの全て入っていた。なのでいつも通りの作業だったんだ。私が何か加えたり、削ったりする余地はなかった。ただアメリカでの検閲を除いてね。皮肉なことさ。イギリスでも他のどの国でも問題なかったのに、いきなり「検閲」だからね。確かに難しかった。しかしそれはキューブリックが生きていた時もそうだったからね。彼はいつもより良いものを作るために闘っていたから。だから彼が亡くなってからも彼のように僕たちは働いたんだ。より良い作品にするために。まさに 「試練」だったよ。彼がなにをあの映画に望んでいるか、ということを理解するというためにね。

──キューブリックが好きだった映画は何だったのでしょうか?彼が『ハード・プレイ』が好きだったというのは本当ですか?

 本当ですよ。スクリューボール・コメディ系の映画がお気に入りだった。あとはマックス・オフリュス監督の『たそがれの女心』も。私も好きな映画だ。美しい技術と、俳優が自由になっているところが素晴らしい。キューブリックは映画のそういう(イングマール)ベルイマン監督的なものが気に入っていたんだ。セリフや意識下のものをとても重要に考えていた。

──『バリー・リンドン』で役をゲットした経緯は?

 『2001年…』と『時計…』を見て、彼と仕事がしたい!と思ったんだ。丁度その時に彼は『バリー・リンドン』の準備中だった。彼が『バリー…』を作ろうと思ったのはロッド・スタイガーがナポレオン(『ワーテルロー』のこと)をやってしまって、同じことをやりたくなかったから。そのおかげで、彼と会えて、一緒に働くことになったんだ。『A.I.』もそう。その時には彼の欲しい特撮の技術がなかったから諦めたんだ。それから時が経って、『シンドラーのリスト』が公開されて大評判になった。彼は気づいたんだ、これはまずいって。なぜならハリウッドでは「もうこっちにはホロコースト映画がある。何でまた同じものを作らなきゃいけない?」って言われるからね。でも考えて欲しい。一千もの恋愛映画があるからって、新たな恋愛映画を作るのをやめるかい?全くおかしな話だよ。まあ、そういう訳でスタンリーはいつも自分の映画を保留にしてたんだ。準備ができたら作ろうという映画がね。『A.I.』のことで言えば、『アイズ…』の撮影が終わった時にスタンリーは言ってくれたんだ、「レオン、どうだい?新しい映画のために数年また働かないか?」って。とても興奮したよ。これはすごいことになる、って思った。待ち遠しかったよ。残念なことに叶うことはなかったけどね・・・。

──現在の映画で、キューブリックが気にいると思う映画はありますか?

 もちろん。『ファントム・スレッド』は気にいると思う。『ROME』、『パンズ・ラビリンス』もね。多くの映画を愛すると思う。もし彼が今も生きていたら、僕たち二人は一緒に毎週末集まって映画を観ただろうね、音がうるさいプロジェクターを使ってね。昔のように。




 今年のカンヌ映画祭に4K版『シャイニング』が上映されましたが、その際にゲストとして招かれたレオン・ヴィタリへの質問をスタンリー・キューブリック公式アカウントで募集していました。そのアンサー動画の訳になります。

 ここでレオンが語っている『アイズ…』のアメリカの検閲のことですが、これは『アイズ…』の乱交シーンに対して、アメリカではR指定(オリジナルのままだとNC-17(X)指定になる可能性があった)を得るために、デジタル修正が加えられてしまった件です。日本ではオリジナルのまま公開されましたが、これについては当時、ファンの間からかなりの批判の声が挙がりました。詳細はこちらでご確認ください。

 また、キューブリックが何らかの形で支持を表明した映画のリストは『スタンリー・キューブリックが好んだ映画のマスター・リスト(2016年7月25日改訂版)』にまとめてありますので、興味のある方はぜひご覧ください。

翻訳協力:Shinさま