kubrick_harris
『現金に体を張れ』の頃のキューブリックとハリス。

 スタンリー・キューブリック監督が書き残していた、3本の映画の構想と見られる脚本の草稿が新たに見つかったと The Guadian が伝えた。

 いずれも1954年から1956年までに書かれたもので、1本目の『マリード・マン(原題)/ Married Man』は35ページにわたるタイプ原稿で手書きのメモも付されている。2本目は『ザ・パーフェクト・マリッジ(原題)/ The Perfect Marriage』と題された、メモ書きといくつかのシーンについて書かれた7ページ分の原稿。3本目は『ジェラシー(原題)/ Jealousy』という、互いに憎悪を抱く夫婦についてタイプと手書きで記された13ページのストーリー原案だ。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:シネマトゥデイ/2019年7月19日




 記事の書き方ですと、まるでルースとの不和をヒントに脚本を書いていたかのように思えますが、時期から考えるとおそらくこれらは『現金に体を張れ』の次の企画として、ドア・シャリーが推薦した『燃える秘密』(のちに『ウィーンに燃えて』のタイトルでアンドリュー・バーキンが映画化)を脚本化する際に書かれたものではないでしょうか。結婚や嫉妬に関するタイトル案は、『燃える秘密』のストーリー(ヨーロッパのリゾート地で旅行中の幼い子を持つ妻が、男に誘惑される)とよく似ています。結局この企画はシャリーがMGMを追い出されることによって頓挫するのですが、1956年には『突撃』の企画が動き始めるので、今となっては特に価値があるものではないでしょう。