image2
当日券はソールドアウト。

image1
上映はハリウッド・ブルーバードにある「エジプシャン・シアター」。

 まずファンの熱気がすごかったです。チケットの写真を撮る人もいて、オープニングのワーナーロゴが出た時から拍手喝采で、非常に楽しい雰囲気で観ることができました。ほとんどの人は何度も観ていますから、ジャック・ニコルソンが「妻と子供も滞在を楽しんでくれますよ」みたいなこと言ったら、観客みんながその後の展開を考えると皮肉に聞こえて笑う、という感じです。日本ではまずない反応で面白かったです。

 映像はとにかく美しい!の一言です。技術的なことは詳しくなく申し訳けありませんが、まず冒頭の空撮ショットから感動しっぱなしでした。 オーバールック・ホテルにカメラが最初に向けられた時、駐車場に人がいるのに気づいたくらい鮮明です。これは私が『シャイニング』を大画面で見るの初めてだったため、今まで気づかなかっただけなのかもしれません。それとエレベーターの溢れ出る血のシーンもすごかった。ここまで赤黒かったかと恐怖しました。237号室の美女からの腐乱した老婆へのシーンはもう何とも言えません、戦慄です・・・。グレイディの赤いトイレの鮮やかさ。ゴールドルームの幽霊たちの衣装、表情、細かく見ることができます。上映時間があっという間に過ぎてしまいました。まるでこの映画を初めて観るような感覚でした。さすが劇場、4Kという感じです。音響もよかったです。心臓の鼓動の音がこんなにも映画を恐ろしくしていたとは気づきませんでした。やはりキューブリック作品は映画館で観るのが一番素晴らしいと改めて思いました。

 タイプライターの色は修正されていません。最初白かグレーぽく見えますが、次登場してからはずっとネズミ色です(※この件についてはこちらの記事を参照)。

 日本でもぜひ公開していただき、全国のキューブリックファン、そして多くの日本人の方々に観ていただきたいと強く思いました。

写真提供・レポート:LA在住 Shin様





 2019年6月16日、ロサンゼルスの「エジプシャン・シアター」で4K版『シャイニング』の上映がレオン・ヴィタリをゲストに迎えて上映されたそうです。それをShinさんが鑑賞され、そのレポートが届きましたのでご紹介します。

 日本で4K上映が可能なのは「109シネマズ大阪エキスポシティ」「109シネマズ川崎」「109シネマズ名古屋」のみですが、昨年の『2001年宇宙の旅』IMAX上映ではエキスポ以外のシネコンでは2Kで上映されました。今年の冬に『シャイニング』の続編『ドクター・スリープ』が公開されますので、それに合わせた4K(2K)版『シャイニング』のIMAX上映は興行的にも、話題性でも十分実現可能だと思います。ひょっとしたらワーナーさんはもう実現に向けて動き出しているかもしれませんが、ぜひ4K(2K)版『シャイニング』の全国規模での上映をお願いしたいです。

 なお、上映冒頭にあったレオン・ヴィタリの質疑応答もShinさんによるレポートが届いています。こちらも後日アップいたしますのでお楽しみに。