DSC01503

 この「映画論叢(えいがろんそう)」という雑誌、一般書店ではなかなか入手が難しく、書店での注文かamazonなどのネット通販、もしくは版元である国書刊行会のサイトに頼るしかありません。判型はA5サイズ、ページ数は128ページ、広告も一切ないので1,000円(税別)という価格は仕方ないでしょう。内容もオールド映画ファン向きで、かなり専門的。一般の映画ファンが気軽に手を出すには、なかなか敷居の高い雑誌です。

 その「映画論叢」の第50号に、スタンリー・キューブリック関連の著作で有名な内山一樹氏の最強レポート「『2001年宇宙の旅』を見続けて半世紀」が16ページに渡って掲載されています。その内容はさすがリアムタイムで鑑賞されてきた方の迫真のドキュメントとして、また貴重な資料として非常に読み応えがあります。シネラマでの初公開から凱旋興行と35mm版上映、10年後のリバイバル70mm版上映と35mm版上映、その後1980年代半ばまで続くリバイバル上映、2001年に公開された新世紀版、『午前10時の映画祭』での35mm上映とDCP上映、2015年の『ライブ・シネマ・コンサート』(管理人は内山氏と同日を鑑賞)、そして昨年のアンレストア版70mmからIMAX上映まで、日本での『2001年…』興行について全て言及されています。特に1978年リバイバル時のプリントの品質の不安定さや「バレ(本来見えてはいけない映像が見えてしまっている状態)」への言及は興味深いものがありました。

 内山氏といえば、キューブリックファンにとっては「バイブル」と言えるムック本『イメージフォーラム増刊号 キューブリック』で有名ですが、実はこのムック、その7割は内山氏の執筆(執筆者の石田タク、中畑薫は実は内山氏)だったそう。また、この記事には1969年に刊行された『キネマ旬報 臨時増刊 世界SF映画大鑑』に『2001年宇宙の旅』のシナリオ採録があり、そこにはボーマンがピアノ(キーボード)を弾くシーンが掲載されているとの情報がありました。そのムックも入手しましたので、後日レポートしたいと思います。

情報提供:元・空想科学少年様


映画論叢 50(amazon)