theshining2

2019年のカンヌクラシックで4K版『シャイニング』をアルフォンソ・キュアロンが発表します

 今年のカンヌクラシックのラインナップが発表されました。1つの上映会がすぐに注目を集めています。アルフォンソ・キュアロンが『シャイニング』のリマスター版を発表します。

〈中略〉

『シャイニング』の深夜上映

メキシコの監督アルフォンソ・キュアロンによる究極のホラー映画のイベント上映。

『シャイニング』スタンリー・キューブリック監督(1980年・2時間26分・イギリス/アメリカ)

 ワーナーブラザーズのプレゼンテーション4Kリマスタリングは、オリジナルの35mmカメラネガを新しい4Kスキャナーを使用して行われました。マスタリングはワーナーブラザーズ・モーション・ピクチャー・イメージング、カラーグレーディングはジャネット・ウィルソン、キューブリックの元パーソナルアシスタントであるレオン・ヴィタリの監修のもとに行われました。

〈以下略〉

Cannes Classics 2019: Alfonso Cuaron to Present ‘The Shining’ in 4K

This year’s Cannes Classics lineup has been announced, with one screening immediately catching the eye: Alfonso Cuaron presenting the remastered version of “The Shining.” The “Roma” filmmaker will be on hand to introduce Stanley Kubrick’s horror classic, which is in the program alongside “Easy Rider,” three films from Luis Bunuel, Lina Wertmuller’s “Seven Beauties,” two from Milos Forman, and many others.

〈中略〉

Midnight Screening of “The Shining”

The ultimate horror film for an event screening presented by Mexican director Alfonso Cuaron.

“The Shining” by Stanley Kubrick (1980, 2h26, UK / USA)

A Presentation of Warner Bros. The 4K remastering was done using a new 4K scan of the original 35mm camera negative. The mastering was done at Warner Bros. Motion Picture Imaging, and the color grading was done by Janet Wilson, with supervision from Stanley Kubrick’s former personal assistant Leon Vitali.


〈以下略〉

(全文はリンク先へ:IndieWire/2019年4月26日




 昨年のカンヌはクリストファー・ノーランが監修した『2001年宇宙の旅』のアンレストア版が話題でしたが、今年は4K版『シャイニング』の上映が決定したようです。143分の北米版です(記事にありました)。シネコンやIMAXでの上映やBD化も期待できますね。