2001_pod1初版DVDのボーマン宇宙遊泳シーン。足元に2本のワイヤーの影が見える。

2001_pod2リマスターDVDの同じくボーマン宇宙遊泳シーン。ワイヤーの影は消されている。

2001_EVA宇宙遊泳シーンの撮影風景。

 『2001年宇宙の旅』で、ボーマンがスペースポッドからAE35ユニットを手に宇宙空間へと乗り出すシーンは、ボーマン(演じたのはキア・デュリアではなくおそらくスタントマン)とスペースポッドをスタジオの天井付近に吊るし、その真下にカメラ置いてレンズを垂直に真上に向けて撮影したものです。この撮影は、スタントマンがたった2本のワイヤーでセーフティーネットもなしに空中に吊るされるという非常に危険なものでした。

 その2本のワイヤーは左上から当たる強烈なライトによってスペースポッドに影として映ってしまっているのですが、『2001年…』の視聴メディアによって、その「影」があったりなかったりしているようです。

 以下はDVD化以降の「影のあり・なし」を調べたものです。

初版DVD……………………影あり
リマスターDVD……………影なし
BD……………………………影なし
DCP…………………………不明
HDリマスターBD…………影あり※
4KUHD……………………影あり※
iTunes 4K・HDR…影あり※
70ミリフィルム上映………影あり
IMAX上映…………………影なし
NHK8K放送………………影あり

 以上の結果から、オリジナルネガには影があるものの、そのままにするか修正するかは、その時修正する当事者の判断にまかされているように思います。もしくは気づいたら消去し、気づかなければそのままという可能性も。70mmは「アンレストア(修復しない)版」という明快な趣旨があったので理解できますが、傷などを修復をしているその他の媒体なら消すのが自然だと思います。もしキューブリックが存命なら消させた可能性が高いですが、どうもワーナー側できっちりコントロールしている訳ではなさそうです。どうしてこんな曖昧な判断になっているのかよくわかりませんが、影を消すなら消す、消さないなら消さないで統一して欲しいものです。

 この問題、海外でも話題になっているかと思い、検索してみましたがヒットしませんでした。こんな細かなことを気にしているのは少数派だとは思いますが、消した・消していないがはっきり分かるという意味では貴重なシーンです。それにしても影が目立ってしまう8Kオンエアで消していなかったのには驚きました。

 なお、「未確認」となっているのは現段階で未入手だったり、未視聴なため確認できなかったためです。私の手元にHDリマスター&4KUHDが届くのは来年になりそうです(入手できても4KUHDの視聴環境はないのですが。泣)ですので、もしここをご覧になっている方で確認できるようでしたら、Twiitter掲示板メールでお知らせくださると幸いです。

2018年12月23日追記:HDリマスターBD、4KUHD、iTunes 4K・HDRには影があるとの報告がありました(※)ご協力くださいました皆さま、ありがとうございました。ということは、これらは全てNHKの8Kスキャンデータのダウンコンバートということでしょうか? となるとIMAXで影がなかった理由がわからないのですが、IMAX版は独自に修正を施したのでしょうか? それともBD、もしくはDCPのデータの流用? 疑問が残ります。

2018年12月24日追記:このワイヤーの影の件は引き続き考察しています。詳細はこちら