IMG_1573


 書店売りの雑誌がここまでキューブリック作品を採り上げるのはずいぶんと久しぶりだと思います。キューブリック逝去後、2010年頃まではサブカル系雑誌を中心に幾度か採り上げられていましたが、ここ10年くらいはすっかり忘れられた存在になっていました。それだけ今年の『2001年…』関連の盛り上がりがすごかったという証左なのでしょう。

 肝心の特集の内容ですが、全42ページの大特集ですが、オーディオ・ビジュアルの専門誌らしく、その多くが技術的な点にフォーカスしているのは仕方ないところ。特に目新しい一次情報もないので、そういった目的には応えてくれませんが、『2001年…』の4K化を契機に今後4Kや8KのAV機器導入を考えてる方には参考になるのではないでしょうか。

 全チャプターの解説は労作だと思いましたが、モノリスは金属製でなく黒鉛と塗料を混ぜ、それを塗り重ねたものをピカピカに磨き上げて制作したもの。パーカーの万年筆の先はスプリングではなくおそらく小型の原子力(放射性同位体)パケットだと思われますので、ここで補足しておきます。

 特集の各章立てと概要は以下の通り。ご購入の参考にどうぞ。

●特集『2001年宇宙の旅』

・すべては『2001年宇宙の旅』から始まった
 黒田邦雄氏による作品解説

・今、なぜ『2001年〜』なのか
 2018年の『2001年宇宙の旅』
 藤原陽祐氏による70mm上映、IMAX上映、8Kオンエアレポ

 70mmフィルムには「感性情報」が詰まっている
 山下泰司氏によるフィルムアーカイブ冨田美香氏のインタビュー記事

・『2001年宇宙の旅』メディア進化論
 藤原陽祐氏によるLD〜DVD〜BD〜UHDBD、iTunes 4KHRDまでの各メディア解説

・『2001年〜』への異常な愛情
 福井晴敏、添野知生、久保田明、酒井俊之、高津修、西山嘉樹、堀切日出晴 各氏によるコラム

・キューブリック音楽のスコア
 伊藤隆剛氏によるCD4枚組『スタンリー・キューブリックの音楽〜「デイジー」「また会いましょう」から「雨に唄えば」まで』の解説

・画質・音質を極めるならUHDブルーレイ
 藤原陽祐氏によるUHDBD対応機器の解説

・Ultra HD Blu-ray徹底分析〜全チャプター見どころ・聴きどころ解説
 藤原陽祐氏による『2001年…』UHDBD全チャプター解説


HiVi(ハイヴィ)2019年1月号(amazon)