バルセロナ現代文化センターで開催中の『スタンリー・キューブリック展』のPV

ドイツを皮切りに世界中を巡回し続けるキューブリック展が現在バルセロナで開催中。

 その封切りから50年たった今も、圧倒的な現代感と未来感を失わず、不朽の名作としてあらゆる世代の映画ファンを魅了し続ける『2001年宇宙の旅(1968)』や『時計じかけのオレンジ(1971)』、『シャイニング(1980)』そして遺作となった『アイズ・ワイド・シャット(1999)』まで、長編映画をはじめ数々の作品を残したニューヨークの映画監督スタンリー・キューブリックの展覧会が現在バルセロナで行われている。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Casa BRUTUS/2018年11月30日




 Web版とはいえ、Casa BRUTUSのようなメジャーな雑誌が、海外で開催中の『スタンリー・キューブリック展』を採り上げるのはいささかびっくりなのですが、今年は『2001年…』の公開50周年だったこともあり、久しぶりにキューブリック周辺が盛り上がった一年になりました。

 1999年3月に逝去後、同年7月に遺作になってしまった『アイズ ワイド シャット』の公開があり、ひとしきり話題になった後、一旦忘れられた形になったキューブリックですが、実はその数年後、キューブリック邸に死蔵されていた数々の貴重な資料が公開になり、それらをまとめて展示する展覧会がドイツの会社によって企画され、2004年からドイツを皮切りに全世界で公開・展示されてきたのがこの『スタンリー・キューブリック展』です。この展覧会は海外では大きな反響を呼び、キューブリック邸に遺されていた残りの資料も2007年にロンドン芸術大学に寄贈され、それら資料をまとめた『The Stanley Kubrick Archives』が刊行されるなど、海外では死後もキューブリックは大きな反響を呼びつづていました。

 ですが、残念ながらその反響は日本には届かず、管理人を始めとした一部のキューブリックファンが騒いでいるのみ、という状態が10年以上も続いて来たのですが、近年再び盛り上がりを見せ、今年の『2001年…』公開50周年でやっと一般レベルまでその盛り上がりが到達した、という印象です。それはこのCasa BRUTUSが『スタンリー・キューブリック展』を記事で採り上げたという事実からも確認できますね。

 これまでの開催地リストはこちら。『スタンリー・キューブリック展』公式サイトはこちら。今更言うまでもないことですが、バルセロナ、ロンドンの次、ぜひ日本でお願いします!