2001

4万7千本の映画の中で『オズの魔法使い』は、『スター・ウォーズ』を退けて最も影響力のある映画として選出されました。

 トリノ大学の研究者は、興行収入や肯定的なレビューではなく、他の映画で何回引用されたか、何回のスピンオフがあったかよって、映画の影響力を測定するコンピュータプログラムを開発しました。

 彼らは47,000本以上の映画を評価した結果、1939年にリリースされたジュディ・ガーランド主演でクリスマス・ビューの定番作品である『オズの魔法使い』がその名を冠したことに気付きました。それから『スター・ウォーズ』とアルフレッド・ヒッチコックの『サイコ』が続きました。

 このアルゴリズムでは、インターネット・ムービー・データベース(IMDb)のWebサイトをソースとして使用しています。

〈中略〉

影響力のある20の映画

1『オズの魔法使い』(1939)
2『スター・ウォーズ』 (1977)
3『サイコ』(1960)
4『キングコング』(1930)
5『2001年宇宙の旅』(1968)

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:The Telegraph/2018年11月30日




 主観によらない客観的な映画ランキングを作る挑戦としては面白い試みだと思います。まあ、「引用」や「スピンオフ」を「影響力」と言い切ってしまうには若干の問題もありますし、絶対的に正確であるとは言い切れず、掲載作品に偏りのあるIMDbをソースに使っているのは若干疑問が残ります。ですが、こういった情報を大量に集めたり、影響力の判断基準を増やすことによって精度が高まっていく期待はありますね。そうなった時、果たして『2001年…』は現時点の5位という位置を上げるのか、下げるのか。非常に興味があります。ちなみに18位には『博士の異常な愛情』もランキングされています。ぜひこのままプログラムの開発を続けていただいて、年一回くらいでランキングを発表して欲しいですね。