「watch mojo」という映画ファンにはおなじみの映画チャンネルがYouTubeにあるのですが、その日本語版が開設されたらしく、2014年5月20日の記事「【関連動画】映画に於ける偉大なアドリブシーン25」でご紹介した動画「Top 10 Improvised Movie Moments」の日本語版がアップされていたのでご紹介。

 キューブリックに関する多くの誤解の中で、一位二位を争う誤解っぷりでファンを困惑させるものに「キューブリックはアドリブを許さない」というものがあります。実際は全くの真逆で、キューブリック作品はアドリブだらけです。それも映画史に名を残す名アドリブばかりなのですが、それはこの動画で『博士の異常な愛情』『時計じかけのオレンジ』『フルメタルジャケット』『シャイニング』と4作品もキューブリック作品が採り上げられていることでも明らかです(多分に動画制作者の好みが反映されているにしても)。

 キューブリック本人もインタビューで

 (脚本は)リハーサルでも状況に応じて変える。撮影現場で重点の置き方が変わることもあるから、シナリオ(脚本)の最終決定稿が完成するのは、撮影現場で最後のショットが終わった時だ。

 監督にとって、どう撮るかは、むしろ簡単な決定で、楽な仕事だ。重要なのはシュート(撮影)する前の段階で、それは撮影するに足る何事かを起こしえるかへの挑戦なのだ、撮る内容をいかに充実したものにするかだ。

(引用元:イメージフォーラム1988年6月号/スタンリー・キューブリック・ロングインタビュー


と、アドリブの重要性(完成した脚本で撮影するのではなく、脚本を足がかりに撮影現場で台本をアドリブで発展させる)を説明していますが、なぜか映画評論家やキューブリックファンを自称する有名人やコメンテーターはこの一次情報を無視し、キューブリック作品から受ける精緻で計算され尽くしている印象から、「アドリブを許さない」という誤解を信じきっています。「印象」を「事実」として「得意げに語る」人が後をたたないため、いち素人がこんなブログでそれを訂正しなければならないハメになっていますが、もうそろそろ「(初期以外の)キューブリック作品のほとんどはアドリブ」という事実を事実として一般に広く定着してほしいものですね。

追記:動画中の『ダークナイト』のアドリブはデマだそうです。まあ、注意深く見れば爆発のタイミングとカメラの動きが計算され尽くしているのがわかりますので、デマだとわかりそうなものです。