rain_d
Douglas Rain as King Henry V in a 1966 Stratford Festival production



 SF映画『2001年宇宙の旅』(1968)でコンピューターHAL 9000の声を担当した俳優のダグラス・レインさんが現地時間11日朝、カナダ・オンタリオにあるセント・メアリーズ・メモリアル病院で亡くなった。90歳での自然死だった。カナダの舞台芸術祭ストラトフォード・フェスティバルの広報が発表した。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:シネマトゥデイ/2018年11月12日





 『2001年宇宙の旅』『2010年』のHAL9000コンピュータの声を担当した、カナダ人俳優、ダグラス・ジェイムス・レインは、2018年11月11日朝、自然死で逝去しました。享年は90歳でした。

 ハリウッド・リポーターの「Douglas Rain, Voice of HAL 9000 in '2001: A Space Odyssey,' Dies at 90」やそのリンク先の「2010 Odyssey Archive/Douglas Rain - The Immortal Voice」には、HALの声録音のエピソードとして「(レインは)1967年後半(末)にニューヨークに飛んで、HALの声を録音するために1日半 、約9時間30分を費やしました」とあります。HALのシーンの撮影は1966年前半ですので、なんと1年半もの間キューブリックはHALの声を決めかねていたことになります。ということは、キューブリックはこの時期渡米していたんですね。翌年の4月には『2001年…』のニューヨークプレミアで渡米していますので、「何回か旅客船で大西洋を横断している」というのは『人類の夜明け』のパートの撮影が終わり、スターゲート・シークエンスをあれこれ試しつつポストプロダクションをしていた、1967年頃のことだったようです。

 AppleのCMにHALを登場させた際、レインはHAL役を拒否しましたが、そのエピソードはこちらにまとめています。また、映画やキューブリックについて公式に語ることはせず、イベントなどにも一切出演しませんでした。「彼はアーティスト」と評されていた通り、ダグラス・レインはカナダのオンタリオ州ストラトフォード・シェイクスピア・フェスティバルで、長期にわたってシェイクスピアからモリエールまでのすべての古典を上演することに成功した、舞台俳優であり監督でした。

 1928年5月9日カナダ・ウィニペグ生まれ。2018年11月11日逝去、享年90歳。故人のご冥福をお祈りいたします。