キューブリックは映画化を断念したが、それから32年後の1988年にアンドリュー・バーキンによって映画化された『ウィーンに燃えて(Burning Secret)』の予告編



Unmade Stanley Kubrick Script ‘Burning Secret’ is Going Up For Auction

Acclaimed director Stanley Kubrick died in 1999, but if a bold enough filmmaker comes along, a new movie may be added to Kubrick’s cinematic legacy.

Kubrick co-wrote the script for a movie adaptation of a novella called Burning Secret back in 1956, but the film never got made – not only that, the screenplay was thought to be lost forever. But someone found it earlier this summer, and the Stanley Kubrick Burning Secret script is officially going up for auction later this month. Could his version of the story actually make it to the big screen after all?

Deadline says the long-lost script is going up for auction at Bonhams New York on November 20, 2018, and it’s expected to sell for around $20,000.

キューブリックが制作しなかった『燃える秘密』の脚本がオークションに登場

 著名な映画監督スタンリー・キューブリックは1999年に死亡したが、映画化に挑戦する監督が現れると、キューブリックの映画遺産に新しい作品が追加される可能性がある。

 キューブリックは1956年に『燃える秘密』と呼ばれる小説の映画化のための脚本を共同で執筆したが、その映画は作られなかっただけでなく、永遠に失われたと考えられていた。しかし今夏、誰かがそれを見つけ、今月末にオークションに正式に登場する。結局のところ、キューブリックの脚本バージョンは映画になるのだろうか?

 最終的には2018年11月20日にニューヨークのボンハムズでロング・ロスト・スクリプトのオークションが開催されることになり、約2万ドルの売り上げが予想されている。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Slash Film/2018年11月8日




 キューブリックの幻の脚本が見つかった!と大げさな見出しが踊ったのは今年の7月でしたが、結局たいした価値がないと判明したためか、オークションにかけられることになったそうです。売り上げは2万ドル(約230万円)を予想しているそうですが、そこまで高値が付くかどうか。

 以前、この記事で指摘した通り、この『燃える秘密』はキューブリックが駆け出し(『現金に体を晴れ』〜『突撃』)の頃、MGMが映画化権を持っていた小説の中から選んだだけのもので、本人も「もう一度復活させて映画にする気はない」と明言しています。それにすでに1988年にキューブリックの元アシスタント、アンドリュー・バーキンによって映画化されていますので、新鮮味はないですね。

 おそらくこの脚本をベースに再映画化されることはないでしょうから、資料的価値の観点から語られるのみでしょう。ただ、いくらで落札されたか興味はありますので、結果がわかりましたらまた記事にしたいと思います。